FC2ブログ
2021 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. »  2021 03

2016年秋、土曜ドラマ『スニッファー 嗅覚捜査官』

kage

2016/12/03 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★10月22日スタート 

NHK総合 土曜 午後10:00~午後10:45

 スニッファー 嗅覚捜査官

Arika注目1h特殊嗅覚を武器に難事件を追う、異色推理ドラマ!
----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:「The Sniffer」Film.UA(2013年放送/ウクライナ)/脚本:林宏司/脚本:山岡潤平/脚本:真野勝成/演出:堀切園健太郎/演出:橋爪紳一朗/制作統括:磯智明/プロデューサー:Ash Nukui/プロデューサー:Hans Canosa/プロデューサー:John Baca/プロデューサー:Yan Fisher Romanavski

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
華岡信一郎(阿部寛)
人並みはずれた嗅覚で現場に残されたにおいを嗅ぎ、事件解決に協力するコンサルタント。異常に嗅覚が鋭いため、普段は鼻栓をしている変わり者。離婚した恵美との間に娘がいる。

小向達郎(香川照之)
刑事。北千住署の組織犯罪対策課に所属していたが、警視庁特別捜査支援室に着任早々に、変わり者の華岡の世話係を押し付けられる。人情味あふれる性格。ピストル射撃の元五輪代表候補だった。

末永由紀(井川遥)
耳鼻咽喉科の医師。華岡の嗅覚に医学的な興味を持つ。華岡から密かに思いを寄せられている。

片岡恵美(板谷由夏)
華岡の元妻。学生時代を華岡と同じ研究室で過ごし、結婚。しかし、3年で離婚し、現在は養育費をもらい高校生の一人娘を育てている。

上辺一郎(野間口徹)
警視庁特別捜査支援室の室長。FBIで研修を積み、セントプロファイリングと呼ばれる手法を用いた捜査組織を立ち上げる。

小向昌子(吉行和子)
達郎の母。夫を亡くし、洋品店を営みながら女手一つで達郎を育て上げた。50歳になっても独身の息子に、孫の顔が見たいとせがむ。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
阿部寛が嗅覚で事件を解決する異色キャラに! 人気海外ドラマをリメーク! 
2013年にウクライナで制作されて世界的な大ヒットとなったドラマ「THE SNIFFER」を原作に、特殊嗅覚を持つ主人公が、その能力を武器に難事件に挑む刑事ドラマ。本作では舞台を日本に移してリメーク。主人公・華岡信一郎を阿部寛が演じる。特殊な重要犯罪にだけ事件解決のコンサルタントとして呼ばれる、人並み外れた嗅覚を持つ“スニッファー(においを嗅ぐ人)”こと華岡が、香川照之が演じる刑事・小向達郎と共に、軽妙に捜査を進める姿を描く。華岡が思いを寄せる耳鼻咽喉科医師・末永由紀を井川遥、華岡の元妻・片岡恵美を板谷由夏、小向の母親・昌子を吉行和子が演じる。


----------------------------------------------------------------------------------------
【9月28日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
華岡信一郎(阿部寛)は、大物代議士のパーティーが行われた豪華客船に、爆薬を隠して持ち込んだ男をにおいで嗅ぎ当て、事件を未然に防ぐことに成功する。特殊な嗅覚で事件解決に協力するコンサルタントである華岡は、アメリカのFBIではスニッファーと呼ばれていた。一方、警視庁の特別捜査支援室では、着任したばかりの刑事・小向達郎(香川照之)が、正体不明の凶器で要人たちが殺される事件を、華岡と協力して捜査するよう命じられていた。ひねくれ者の華岡の世話係に、人情派の小向が適任だと白羽の矢が立ったためだ。小向は華岡の行動に驚きながらも、現場に残されたにおいから犯人像をあぶり出そうとする。


----------------------------------------------------------------------------------------
【10月19日更新】
■ あらすじ(第1話 10/22放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
国会議員のパーティーが行われた豪華客船で不審な人物をにおいで嗅ぎ当てた男がいる。それは人並み外れた特殊な嗅覚を駆使して事件解決に協力するコンサルタント・華岡(阿部寛)で、米国では‘スニッファー(においを嗅ぐ人)’と呼ばれていた。一方、警視庁に新設された特別捜査支援室では、所轄の組織犯罪対策課から異動してきた刑事・小向(香川照之)が華岡と組むことに。謎の凶器で要人が次々と狙われる事件に挑む。

----------------------------------------------------------------------------------------
【10月26日更新】
■ あらすじ(第2話 10/29放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
オフィス街で狙撃事件が発生する。射殺されたのは、経済界の重鎮だった。犯行現場を訪れた華岡(阿部寛)は、古いライフル銃を使うときに弾に塗る物質・パラフィンのにおいに気付く。かつて競技射撃の代表選手だった小向(香川照之)は、当時の仲間・仙崎(トータス松本)に目星を付け、彼の行方を探る。そんな中、今度は銀行の頭取が撃たれる。現場に残されていたわずかな花の香りを手掛かりに、華岡は事件の真相に迫っていく。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月2日更新】
■ あらすじ(第3話 11/5放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
画家・佐伯雲天の名画がドイツから返還されることになった。報道陣への公開の場に居合わせた華岡(阿部寛)は、絵のにおいから、これを偽物だと主張する。文科省を巻き込んだ大騒動になるが、科学鑑定の結果、絵は本物と証明される。窮地に立たされた華岡は、美術館の館長・塔子(川原亜矢子)が偽物作りに関わっていると疑い、小向(香川照之)と共に調査することに。そんな中、華岡は襲撃を受け、嗅覚が使えなくなってしまう。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月9日更新】
■ あらすじ(第4話 11/12放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
ある宗教施設の中で、教団の女性幹部が殺されるという事件が起きた。教祖の徳大寺照子(黒木瞳)は、旧知の華岡(阿部寛)を呼び出して、教団に潜む裏切り者を嗅覚を駆使して捜し出すよう依頼する。そんな中、新たな事件が教団の内部で発生し、小向(香川照之)たち警察も本格的な捜査に乗り出す。いずれの殺人現場にも、謎の植物の香りが残されていた。華岡はその正体を突き止めようとするが、何者かに命を狙われる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月16日更新】
■ あらすじ(第5話 11/19放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
ニュースキャスター・鹿島(原田泰造)の隠し子・洋一(寺田心)が誘拐される。犯人は身代金1億円を要求。さらに、ニュース番組の放送中に隠し子のことを公表しろと告げる。調査を始めた華岡(阿部寛)は現場に残されたにおいから、犯人は肝臓病を患っていると推測する。小向(香川照之)は捜査協力を求めるが、鹿島は隠し子の存在を認めようとはしない。ニュースの開始時間が迫る中、テレビ局に新たな脅迫状が送られてくる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月23日更新】
■ あらすじ(第6話 11/26放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
華岡(阿部寛)の娘・美里(水谷果穂)が恋人を殺した容疑で逮捕された。娘の無実を信じる華岡は、小向(香川照之)と共に犯行現場に潜入し、残されていたにおいを調べる。すると、美里と被害者の他に、何者かが現場にいたことが分かる。だが、美里はなぜか真相を話そうとしない。そんな中、美里が違法薬物の取引に巻き込まれていた事実が判明。さらに、その黒幕として、刑事の鬼島(尾美としのり)が絡んでいる可能性が浮上する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月30日更新】
■ あらすじ(第7話 12/3放送 ※午後10:00~午後10:54)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
華岡(阿部寛)の自宅に荷物が届けられる。中身はにおいのついたタオルとハンカチ、そして「どっちだ」とだけ書かれた手紙だった。華岡は小向(香川照之)と共に調査に乗り出し、においを手掛かりに監禁されていた会社経営者を救い出す。するとまた、謎の荷物が送り付けられてきた。華岡は宅配業者に成り済ました男(安田顕)の身元を突き止めようとする。そんな中、由紀(井川遥)と華岡の元妻・恵美(板谷由夏)が相次いで姿を消す。
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック