FC2ブログ
2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

※土曜・秋アニメ「ブブキ・ブランキ 星の巨人」

kage

2016/10/01 (Sat)

ジャンル:ファンタジー
 ブブキ・ブランキ 星の巨人

ブブキ・ブランキ 星の巨人 Blu-ray BOX/KADOKAWA メディアファクトリー

¥27,000
Amazon.co.jp

最速放送日:2016年10月1日(土)21:30~(AT-X)

■キャスト
小林裕介、小澤亜李、斉藤壮馬、石上静香、小松未可子、潘めぐみ、津田健次郎、日笠陽子、木村昴、興津和幸、柚木涼香、小山力也、金元寿子、山路和弘、細谷佳正、木島隆一、葉山いくみ、山下大輝、和氣あず未、河西健吾、浅倉杏美、小林ゆう、古川慎、山下誠一郎、本渡楓、三宅健太、浅沼晋太郎

■スタッフ・制作会社
原作:Quadrangle、監督:小松田大全、キャラクターデザイン:コザキユースケ、ブランキデザイン:吉川達哉、ブブキデザイン:あさぎり、シリーズ構成・脚本:イシイジロウ/北島行徳/小松田大全、メカニックデザイン:高倉武史、プロップデザイン:岩永悦宜、サブキャラクターデザイン:尾崎智美、ビジュアルデザイン:有馬トモユキ/瀬島卓也、CGスーパーバイザー:鈴木大介、モデリングディレクター:足立博志、テクニカルディレクター:金田剛久/小嶋理子、アニメーションディレクター:植高正典/石川真平/三村厚史/中村基樹、美術監督・設定:金子雄司、色彩設計:垣田由紀子、撮影監督:池田新助、編集:廣瀬清志、音響監督:明田川仁、音楽:横山克、音楽制作:KADOKAWA 、制作会社:サンジゲン

■ 主題歌
【OP】万流礼央⼦(CV.潘めぐみ)「玲瓏たる純潔は『紅炎』の傀儡を疾らせ、暁天に燦めく証を刻む。」
【ED】種⾂静流(CV.小松未可子)「so beautiful ;- )」

■作品解説
宝島でのブブキ使い達との戦いを潜り抜け、島の落下による未曽有の大被害をブランキ ”王舞”で防いだ東たち。 戦いを繰り広げながらも共に島の落下を防いだ万流礼央子、そして四天王の生死は? 海外ブブキ使いたちと、裏で暗躍する東の双子の妹・薫子の目的は?そして汀の行方は…?

----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)32016年冬アニメとして1クール放送された「ブブキ・ブランキ」の続編
「ブブキ・ブランキ」はアニメスタジオ「サンジゲン」10周年を記念して製作されたアニメ作品。意思を持つ武器「ブブキ」をもつ少年少女たちを描いたバトル・ファンタジーで、5つのブブキが合体した人型巨大生命体「ブランキ」の迫力はフルCGアニメーションで制作された本作ならではの見どころ。「あにぽた」の人気投票企画でも四冠を達成するなど高く評価された。その続編となる「星の巨人」だけに、ファンからの期待値も高い。






----------------------------------------------------------------------------------------
★放送日:2016年10月1日~


Arika報告書v
ひとこと感想。


----------------------------------------------------------------------------------------
評価:☆ 0・0  
物語:0.0 作画:0・0 声優:0・0 音楽:0・0 キャラ:0・0

----------------------------------------------------------------------------------------

「ブブキ・ブランキ」は2016年冬アニメとして1クール放送された「ブブキ・ブランキ」の続編。

独特なタッチで描かれる世界の中、謎のブブキを操って戦う少年少女達のバトルシーンが鮮烈な作品。

見終わったファンの間でも高い人気となったわけだが、1期はやや終わり方が唐突で、少し消化不良という声があったのも事実。

1期が今一つだったの終わり方で正直期待値は低かったけどノリと勢いが良く楽しめた。

1期に比べて作画がCGクサくなくなったというか、かなり自然になった気がする。
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック