FC2ブログ
2020 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 08

(大人の心を揺さぶる絵本)悪いことをして罰があたった子どもたちの話/エドワード・ゴーリー (絵) ヒレア・ベロック(文) 柴田 元幸(訳)

kage

2016/10/11 (Tue)

大人の心を揺さぶる絵本

子どもだけのものにしておくなんてもったいない!

時に心の癒し、時にイマジネーションを刺激する、大人のためのとっておき絵本をご紹介。

ギフトにもお薦め!


アイコンかえる今回の書籍案内人・・・・うろこ

≪その2≫心をリフレッシュさせたいときに、
感性好奇心を刺激する絵本

 悪いことをして罰があたった子どもたちの話
 /エドワード・ゴーリー (絵) ヒレア・ベロック(文) 柴田 元幸(訳)


悪いことをして罰があたった子どもたちの話/河出書房新社

¥1,080
Amazon.co.jp







ArikaかぜちゃんPC3 悪いことをした子どもには残酷な運命が待つという訓話を
ゴーリー風味で味つけした素晴らしくも哀しいものがたり。

母乳から逃げてライオンに食べられた男の子、嘘をついたせいで焼き死んだ女の子・・・など欧米の教訓絵本。物憂げでブラックな独特の世界観からクリエイターの間でもファンが多いゴーリーが、似非教訓物語に挿絵をつけた絵本。短いものは扉絵を含めて3ページ、本編はいち見開きのみというものもある。しかし、奥行きのある世界が広がっている。ベースとなる物語は1907年に刊行され、ゴーリーの挿し絵となったこの絵本が刊行されたのは、2000年のゴーリーの死後の2002年のこと。ヒレア・ベロック(1870-1953)による「子どもたちのための訓誡物語」(1907)には12篇の物語が納められ、そのうちの7篇にゴーリーが絵をつけている。全編に絵がつけられなかったのはゴーリーが亡くなったため、と翻訳者は推理している。これは特に柴田元幸さんの遊び心ある訳が素晴らしい。アルジャーノンのオチで「なんたる不届きアルジャーノン 銃で遊んじゃ 駄目じゃNON!」 ダジャレみたいなこれ、好き。クセになりそうな一冊ケロ♪


関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック