FC2ブログ
2021 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2021 05

(大人の心を揺さぶる絵本)アンドゥ/渡邉良重(著)  高山なおみ(著)

kage

2016/10/15 (Sat)

大人の心を揺さぶる絵本

子どもだけのものにしておくなんてもったいない!

時に心の癒し、時にイマジネーションを刺激する、大人のためのとっておき絵本をご紹介。

ギフトにもお薦め!


アイコンかえる今回の書籍案内人・・・・うろこ

≪その2≫心をリフレッシュさせたいときに、
感性好奇心を刺激する絵本

 アンドゥ/渡邉良重(著)  高山なおみ(著)

アンドゥ/リトル・モア

¥2,376
Amazon.co.jp

アンドゥ 新装版/リトル・モア

¥2,376
Amazon.co.jp

* 本書は、2008年に小社より刊行した『アンドゥ』の表紙新装版です。
本文ページの絵、文章に、内容上の変更はございません。





ArikaかぜちゃんPC3 10万部突破の『ブローチ』から3年。渡邉良重 珠玉の第2弾絵本!
天綴じのこの美しい本の表紙をめくると、ページの中央でふたつに分かれていて、紙を、アン(左) ドゥ(右) アン(左)ドゥ(右)と、交互にめくることで紡がれる、ある女性の物語。紙をめくる行為が、体験として刻まれる造本も、大きな魅力のひとつ。表紙こそ美しく彩られているけれど、中は茶紙にシンプルな色使いで高山さんのイメージとぴったり。パラフィン紙のような手触りの紙に幾度も触れるうちに、どこかへ連れ去られるような不思議な浮遊感を味わえる。「誰かとおなじ自分など いないって/今日とおなじ日などないって」のことばが心に残った。渡邉さんの絵はほんとうに好きだ。女性が喜びそうなお洒落で繊細な大人のアート絵本ケロ☆



著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

渡邉良重
1961年山口県生まれ。グラフィックデザイン会社DRAFTを経て、2012年、アートディレクターの植原亮輔氏と共にキギを設立。独自の世界観で、グラフィック、テキスタイル、D‐BROSをはじめとしたプロダクトのデザイン、「CACUMA」での服のデザインなど幅広く活躍。また、子供用の絵本アプリ「MERRY BOOK ROUND」の開発も手掛け、自身のイラストで3つの物語を2014年1月に公開

高山なおみ
1958年静岡県生まれ。レストランのシェフを経て料理家に。文筆家としての顔も持つ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)










物語を担当したのは、料理家・高山なおみ。
近頃は、文筆家としての活躍もめざましい彼女が、はじめて物語を書下ろしました。

絵を担当したのは、渡邉良重。
女性的な感性を活かした作品は、柔らかい線の中に、力強さが共存しています。
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック