FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

(2016年メディアミックス作品)10月月曜日スタート!秋ドラマ化される原作&コミック「 旧約聖書「創世記」」

kage

2016/10/17 (Mon)

2016年 秋ドラマ(10月~12月)
さる1

2016年に映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!
 ■10月月曜日スタート!秋ドラマ化される原作&コミック

【10月17日(月)放送スタート!】
・ 旧約聖書「創世記」/決定版 図説 旧約・新約聖書 この一冊で聖書がまるごとわかる

ドラマを見る前にチェックするもよし、見た後でじっくり復習するもよし。

合わせて原作本・コミックを楽しんでください!




【10月17日(月)放送】
 旧約聖書「創世記」/関根 正雄 (翻訳)
 決定版 図説 旧約・新約聖書 この一冊で聖書がまるごとわかる!


旧約聖書 創世記 (岩波文庫)/岩波書店

¥842
Amazon.co.jp

決定版 図説 旧約・新約聖書 この一冊で聖書がまるごとわかる!/学研プラス

¥価格不明
Amazon.co.jp

■ドラマタイトル:「カインとアベル」

■放送日:10月17日スタート フジテレビ系 月曜 午後9:00~午後9:54(初回は午後9:00~午後10:09) 

■原作/原案…原案:旧約聖書「創世記」第4章 カインとアベル

■スタッフ
脚本:金沢達也/脚本:阿相クミコ/演出:武内英樹/演出:葉山浩樹/プロデューサー:羽鳥健一/プロデューサー:池田拓也

■主題歌
Hey! Say! JUMP「Give Me Love」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
高田優(山田涼介)
デベロッパー会社「高田総合地所」の社員。成績優秀な隆一にばかり目を掛ける貴行に対して、自分も認めてもらいたいという思いを持っているが、もはや期待はしておらず、半ば諦めに近い感情を抱いている。

高田隆一(桐谷健太)
文武両道の優の兄。高田総合地所の副社長で、自他共に認める次期社長。父に認められたいという一心で、それに応えて生きてきた。しかし、表には出さないが、いかなる時も完璧でなければならないというプレッシャーと常に戦っている。

矢作梓(倉科カナ)
高田総合地所の社員。天真らんまんで、誰とでも仲良くなってしまう性格。仕事に対する情熱や向上心も持ち合わせている。隆一の目的達成のためには労を惜しまない仕事ぶりに、尊敬の念を抱いている。

高田貴行(高嶋政伸)
高田総合地所の社長で、優と隆一の父。完璧主義者で、目的達成のためには手段を選ばない。長男の隆一を溺愛するとともに、絶大な信頼を寄せている。一方、次男の優に対しては何も期待していないが、その創造性の豊かさや感受性の高さには、早くから気付いている。しかしそれは、苦手である会社の会長である父と通ずるものがあると感じており、優に苦手意識を持っている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■ドラマ内容紹介…Hey! Say! JUMP・山田涼介が月9初主演。青年の成長を描くヒューマンラブストーリー 
----------------------------------------------------------------------------------------
カインとアベルとは、旧約聖書「創世記」第4章に登場するアダムとイヴの息子たちの名前。神・ヤハウェから寵愛を受ける弟のアベルとそれに嫉妬する兄・カインの物語を原案に、2016年の東京を舞台に移して展開するヒューマンラブストーリーで、Hey! Say! JUMPの山田涼介が月9初主演を飾る。山田演じる主人公のサラリーマン・高田優が、“愛への渇望”“父に認められたい”という呪縛の中でもがきながら、家族や仕事、そして愛する人とのせめぎ合いや葛藤を通じ、“本当に大切なもの”をその手につかもうとする姿が描かれる。

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
≪原作内容紹介≫
罪を犯して神から追放を受けた人類とその人類に対する神の救いが聖書全体をつらぬく問題であるとすれば,旧約巻頭のこの書こそ、その問題への出発点である。天地の創造、人類のはじまり、楽園追放、ノアの洪水、その子孫の増加、そしてイスラエル民族の祖先たちの罪と罰の記録。次々に壮大な神と人類の物語が展開されてゆく。

【カインとアベル:創世記 4章】
エデンの園を追放されたアダムとエヴァの間に、兄カイン、弟アベルの二人の子供が生まれた。兄カインは土を耕す者となり農作物を、弟アベルは羊飼いとなり肥えた初子を、それぞれ神へ献げるが、神は弟の捧げ物しか受け取らなかった。兄カインはその仕打ちに怒り、弟アベルを殺害する。人類初の殺人である。その行為はすぐに神に知れ、兄カインは呪われ、地上を彷徨い、さすらう者として一生を終えることを告げるが、慈悲で兄カインに出会う者がだれも彼を殺すことのないよう、兄カインに印を付けた。

その後、兄カインはさすらいの旅を続け、エデンの園の東、ノド(さすらいの意)の地に住み、妻を娶る。やがて兄カインとその妻の間にはエノクという子供が生まる。兄カインは町を建て、その町を息子の名前にちなんでエノクと名付け、町は繁栄してゆく。その頃、アダムとエヴァには新たな子供セトが産まれた。

アダムとイヴの息子たちが大事件を引き起こす!
人類最初の殺人は「お肉」が原因で兄による弟殺し!

Arikaアイコン(小)1ドラマの原案となる『カインとアベル』とは、旧約聖書「創世記」第4章に登場する兄弟のこと。アダムとイヴの息子たちの名前。神・ヤハウェから寵愛を受ける弟のアベルとそれに嫉妬する兄・カインの物語。人類最初の殺人の加害者・被害者とされている。親の愛をめぐって生じた兄弟間の心の葛藤等を指すカインコンプレックスは、この神話から名付けられたものである。カインとアベルは兄弟の代名詞でもあり、「運命的な兄弟」を暗示させる言葉として小説および映画『エデンの東』のほか、小野不由美のホラー小説・屍鬼ではカインとアベルが重要なファクターとして登場するなど、この二人の物語を題材にした作品も多い。

別にユダヤ教徒でも、キリスト教徒でもないけれど、聖書自体はとっても面白い本だと思う。天地創造、楽園追放、カインとアベル、ノアの方舟、バベルの塔、ソドムの滅亡(ソドムとゴモラ)、天使の階段(ヤコブの梯子)、自慰行為の語源等々、色んな元ネタの宝庫。最初は適切な入門書から入って、そのあとで聖書そのものにチャレンジするのが良い。っても、聖書について語られてる本は、ものすごくたくさんある。というわけで、今回、読みやすさとフラットさをメインに考えてオススメするのが、この本。『決定版 図説 旧約・新約聖書 この一冊で聖書がまるごとわかる!』。名画の数々で軽く聖書の名場面を紹介「聖書の名場面」からスタートして、「聖書とは何か?」と背景を解説。聖書がどんなものかさっと知りたい人にオススメ!また、文庫本でじっくり読むなら岩波版を推薦。この文庫が他と違うところは本文のほかに詳しい注釈が付せられているところで、解説も同様に詳しいから。ありがたいのはよく言われる複数の執筆者の担当箇所を具体的に節ごとに教えてくれることで、それに従って蛍光ペンで色分けするとどこがヤハウェ資料なのか、どこがエロヒム資料なのか、どこが祭司資料なのか、そのほかの資料なのかが一目瞭然になる。とりあえずあなたがどの宗教を信じているかなど関係なく、勿論無心論者の人も一度は目を通してみるとなかなか面白い発見などもあり有意義だと思う。兄弟殺しや同性愛など多様なテーマが含まれており、現代に通じるところもある。


関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック