FC2ブログ
2020 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29. »  2020 03

2016年秋、火曜ドラマ『プレミアムよるドラマ プリンセスメゾン』

kage

2016/12/13 (Tue)

Arikaシネマ2014b4

★10月25日スタート 

NHK BSプレミアム 火曜 午後11:15~午後11:45

 プレミアムよるドラマ プリンセスメゾン

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:池辺葵「プリンセスメゾン」/脚本:高橋泉/脚本:松井香奈/演出:池田千尋/演出:大橋祥正/制作統括:出水有三/制作統括:齋藤寛朗

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
沼越幸(森川葵)
居酒屋で働く年収250万円の26歳。マンション購入を決め、持井不動産の物件ギャラリーに通い始める。現在は古いアパートに一人暮らし。

伊達政一(高橋一生)
持井不動産のやり手営業マン。マンション購入を真剣に考え、何度もギャラリーに訪れる幸をサポートする。

要理子(陽月華)
持井不動産のマンションギャラリーで受付を担当するベテランの派遣社員。幸が働く居酒屋で偶然再会し、セミナー「女性がマンションを買う会」に誘う。

阿久津マリエ(舞羽美海)
持井不動産のマンションギャラリーで受付を担当する新人の派遣社員。恋人と同棲している。

奥田直人(志尊淳)
持井不動産の新人営業マンで伊達の部下。研修でモデルルームの案内を担当している。たまに関西弁が出る。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
森川葵がNHK初主演! “運命の物件”を探し求める、26歳・居酒屋勤務のヒロインに! 
漫画サイト「やわらかスピリッツ」で連載中の池辺葵の同名作をドラマ化。NHK初主演となる森川葵が、26歳・居酒屋勤務、年収250万円でマンション購入を目標に生きるヒロイン・沼越幸を演じる。“運命の物件”を探し求めてマンションギャラリーに何度も通い、モデルルームを真剣に吟味する幸とともに、マンション購入に対する知識も得られるリアル体験型ドラマ。そんな幸を見守る周囲の人々との、さまざまな出会いも描く。森川は「幸が自分の生きていく道を探すように、私もこのドラマを撮る中で、幸のように強く生きていく道を作り出していけたら」と作品への思いを明かす。そのほか、高橋一生、陽月華、舞羽美海、志尊淳が共演する。



----------------------------------------------------------------------------------------
【10月25日更新】
■ あらすじ(第1話 10/25放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
東京。木造アパートに暮らす幸(森川葵)は居酒屋勤務の26歳。一方、「持井不動産」のマンションギャラリーでは、販売チーフの伊達(高橋一生)、派遣の理子(陽月華)とマリエ(舞羽美海)、新人の奥田(志尊淳)が働いていた。ある日、幸がギャラリーを訪れる。自分の家を持つ目標を立てている幸は、物件を見て回っていたのだ。若く、マンションを買えそうもない幸をいぶかしむ理子だが、その後、幸の勤める居酒屋に偶然立ち寄る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【10月26日更新】
■ あらすじ(第2話 11/1放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
モデルルームではなく実際の部屋が見たい幸(森川葵)は、「持井不動産」の伊達(高橋一生)、理子(陽月華)たちが担当するタワーマンションの部屋を見学。そこからの眺めの素晴らしさに感動する。実は、その部屋には既に購入間近の先客がいたが、その事実を伊達は幸には告げない。理子はそのことを不審に思う。しかし、伊達には思惑があるようだった。そんな中、幸は再びタワーマンションの部屋を見にいくことにする。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月2日更新】
■ あらすじ(第3話 11/8放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
同居していた恋人と別れたばかりで心機一転やり直したいマリエ(舞羽美海)は、転居を考えていた。なかなか自分の住みたい家のイメージがつかめない幸(森川葵)は、持井不動産の伊達(高橋一生)に「家を買えることと、本当に買うことは違う」と言われる。そんな中、幸は理子(陽月華)に誘われ、マリエと3人で伊達が手掛けた物件を訪問。そのマンションには有名漫画家・井川(木野花)が住んでおり、彼女は伊達の最初の客だった。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月14日更新】
■ あらすじ(第4話 11/15放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
理子(陽月華)から、実際に家を買った独身女性の家を見に行くことを勧められた幸(森川葵)は、伊達(高橋一生)ら「持井不動産」のスタッフの案内で勝木(宮本裕子)の家を訪れる。広告代理店で働く勝木の部屋は都心からのアクセスも良く、インテリアも充実していて、内装もぜいたくに手を加えられており、中古物件になっても値崩れしないものだった。しかしその部屋の充実ぶりとは裏腹に、勝木にはどこか陰があった。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月16日更新】
■ あらすじ(第5話 11/22放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
幸(森川葵)の物件探しを巡り伊達(高橋一生)と理子(陽月華)の考え方が食い違う。なるべく新築をという伊達と、中古を中心にという理子。2人は幸のきょうだいという設定で、幸が他社の中古物件を見に行くのに付き添うが、そこでも対立する。同じ頃、幸は落とし物の携帯を拾うが、その持ち主こそ、最初に幸が見に行ったタワーマンションの住人・みずえ(冨手麻妙)だった。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月23日更新】
■ あらすじ(第6話 11/29放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
家を探す幸(森川葵)の元に、郷里からいとこのえつ子(深川麻衣)が訪ねてくる。夫とけんかをし、家を出てきたというえつ子は「持井不動産」のタワーマンションを見てみたいと言い出す。幸からえつ子の案内を頼まれた伊達(高橋一生)と理子(陽月華)は、幸が高校1年生まで東京・月島に住んでいたこと、そして両親が亡くなった後、えつ子の家に引き取られたことを知る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月30日更新】
■ あらすじ(第7話 12/6放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
ついに幸(森川葵)の希望に見合った物件が見つかる。そこは幸にとって悲しい思い出のある地、東京・月島だった。そのことから、伊達(高橋一生)や理子(陽月華)たちは幸に提案することをためらう。だが、奥田(志尊淳)と幸との会話の結果、その物件を提案してみることに。そんな時、幸はいつも仕事の帰り道に通るスナックの店先で、長身のホステス・ヨーコ(高山のえみ)と出会う。

----------------------------------------------------------------------------------------
【12月7日更新】
■ あらすじ(第8話 12/13放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
再び振り出しに戻った幸(森川葵)の家探し。伊達(高橋一生)たちのいるマンションギャラリーも、もうすぐ完売を達成して解散間近。それを知った幸はさみしさを感じるが、仕事の忙しさもあって、次第にギャラリーから足が遠のく。幸は近所にできた新築マンションに住む妊婦と出会うが、妊婦は日々の暮らしに疑問を持ち、幸せそうには見えなかった。そんなとき、幸は大家の藤堂紅(渡辺美佐子)の鬼気迫る姿を見かけ、後を追う。
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック