FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

(2016年メディアミックス作品)10月金曜日スタート!秋ドラマ化される原作&コミック「吉祥寺だけが住みたい街ですか?」

kage

2016/10/21 (Fri)

2016年 秋ドラマ(10月~12月)
さる1

2016年に映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!
 ■10月金曜日スタート!秋ドラマ化される原作&コミック

【10月14日(金)放送スタート!】
・ 吉祥寺だけが住みたい街ですか?/マキヒロチ(著)

ドラマを見る前にチェックするもよし、見た後でじっくり復習するもよし。

合わせて原作本・コミックを楽しんでください!





【10月14日(金)放送】
 吉祥寺だけが住みたい街ですか?/マキヒロチ(著)

吉祥寺だけが住みたい街ですか?(1) (ヤングマガジンコミックス)/講談社

¥価格不明
Amazon.co.jp

吉祥寺だけが住みたい街ですか?(2) (ヤンマガKCスペシャル)/講談社

¥610
Amazon.co.jp

吉祥寺だけが住みたい街ですか?(3) (ヤングマガジンコミックス)/講談社

¥価格不明
Amazon.co.jp

■ドラマタイトル:「吉祥寺だけが住みたい街ですか?」

■放送日:10月14日スタート テレビ東京ほか 金曜 深夜0:52~深夜1:23 

■原作/原案…原作:マキヒロチ「吉祥寺だけが住みたい街ですか?」(講談社)

■スタッフ
脚本:山田あかね/監督:菅井祐介/監督:望月一扶

■オープニングテーマ:あいみょん「生きていたんだよな」
■エンディングテーマ:EGO-WRAPPIN'「That's What I Need」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
重田富子(大島美幸)
東京・吉祥寺で「重田不動産」を経営する双子“重田ツインズ”の妹。恋愛に興味はないが社交的で、男性にはモテる。ジミー・ペイジ好き。

重田都子(安藤なつ)
“重田ツインズ”の姉。内向的な性格で、恋愛にも全く興味がない。ヘビーメタルと黒魔術が大好き。

----------------------------------------------------------------------------------------
■ドラマ内容紹介…街ブラと引っ越しがテーマの新感覚ドラマで、大島美幸と安藤なつが“ツインズ”に 
----------------------------------------------------------------------------------------
街ブラと引っ越しをテーマにした新感覚ドラマで、お笑いトリオ・森三中の大島美幸とお笑いコンビ・メイプル超合金の安藤なつがダブル主演。アンケートなどで住みたい街ナンバーワンに選ばれている東京・吉祥寺を舞台に、さまざまな問題を抱えた登場人物の引っ越しを通して、東京にあるいろいろな街の知られざる魅力を描く。大島と安藤は、吉祥寺で不動産会社を切り盛りする双子の姉妹“重田ツインズ”を演じる。街の魅力をリアルに伝えるため、劇中で内見する部屋は実在の家を使用。さらに、重田ツインズと訪れる街の店も実在し、ツインズと客が街角で触れ合うのも、実際にその街に暮らす人々といったこだわりの演出が見どころ。

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
≪原作内容紹介≫
雑司ヶ谷、五反田、錦糸町、駒澤大学、中野…あなたの”住みたい街No.1”はここにあった! 吉祥寺で不動産を営む重田双子(しげたツインズ)はどこにでもある街へと変わっていく吉祥寺に不満たらたら。なのに、お部屋探しにやって来るのは「住みたい街No.1=吉祥寺」の幻想を抱く女子ばかり!だから、今日も紹介しちゃうんだな“吉祥寺以外”の街を。最旬作家・マキヒロチが描く街ぶらラブな不動産マンガ!

お洒落になりすぎた吉祥寺以外にも、こんな街もありまっせ、的な漫画
Arikaアイコン(小)1本書は、吉祥寺で不動産屋を経営する双子を主人公にして、色んな街や物件を紹介していくという不動産マンガ。いろいろ訳アリで不動産屋さんを訪ねてくる人たち。住みたい街No.1の吉祥寺にこだわるが、主人公でもある不動産屋の姉妹が「吉祥寺、やめちゃおうか」と強引に他の街をオススメする。初めは渋ってたお客さんも最後には少し元気になって新しいスタートを切るという話。 冒頭、バウスシアター閉館の掲示を前に格のある双子の大女が「吉祥寺も終わったな」と嘆息するシーンから始まる。双子は不動産屋を営んでおり、次々に現れる皮相な理由で吉祥寺に住みたがる客を迎えては吉祥寺『以外』の味のある東京の街を進めていく。主人公のの双子女子は案内する途中で、必ず「吉祥寺やめよっか」と言って別の街に連れて行き、その街の魅力を見せ、美味しいカフェだったりタイ焼き屋だったりに立ち寄ってご馳走し、来客にぴったりの物件を引き合わせるというパターンにはめ込みます。ストーリーに乗せた街の魅力やお店の紹介になってます。こんなアプローチがあったのか、とマンガの可能性の広さに驚かされました。 1巻の最後で中野が出てくるのだが、中でも薬師あいロード商店街を推してくるあたり何というか、分かってる。多分吉祥寺を勧めるのはこのマンガの最終回にとってあるのではないか…と思いつつ次はどの町が出てくるかと思わずページを繰ってしまう良作。 それぞれの街に元々あるイメージが、実は駅の片側だけで逆は全然違ったり、都心に意外と静かな街があったりと興味深い。街や物件に求めるものも人それぞれ全然違うし、こんな不動産屋があったらいいな~と思いました。ドラマも楽しみ。 部屋選びの際に1つでもこだわりを持っていうのいいなーと感じた。帰りたいと思えるお部屋って素敵だよね
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック