2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

2016年秋‐2017年冬、土曜ドラマ『キャバすか学園』

kage

2017/01/14 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★10月29日スタート 

日本テレビほか 土曜 深夜0:55~深夜1:25

 キャバすか学園 

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:元麻布ファクトリー/演出:中茎強/演出:辻本貴則/演出:窪田崇/プロデューサー:植野浩之/プロデューサー:渡部智明/プロデューサー:本多繁勝/プロデューサー:堀尾星矢
主題歌:AKB48「ハイテンション」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
さくら(宮脇咲良)
キャバクラ「水族館」のキャスト。源氏名はサメ。マジ女を再建する金を稼ぐため、学校を退学して「水族館」を立ち上げた。うそにまみれた夜の世界に強い抵抗を抱くが、持ち前の強い意志と、マジ女への愛校心でどんな困難にも立ち向かっていく。

センター(松井珠理奈)
マジ女中退後に夜の世界に足を踏み入れ、超人気キャバ嬢となっていた元ヤンキー。さくらたちのマジ女再建計画を知り、キャバクラ「水族館」にキャストとして力を貸す。源氏名はクラゲ。

おたべ(横山由依)
元マジ女の生徒でキャバクラ「水族館」のキャスト。源氏名はまぐろ。普段は穏やかに振る舞っているが、いざという時はドスの効いたたんかを切る。

カツゼツ(兒玉遥)
さくら、おたべらと共にマジ女を退学した、キャバクラ「水族館」のキャスト。源氏名はタイ。常に博多弁でしゃべる元気娘。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
宮脇咲良らAKB48グループメンバーが、あでやかなドレス姿のキャバクラ嬢に! 
AKB48グループのメンバーが多数出演し、けんかに明け暮れる女ヤンキー同士による“マジ”のぶつかり合いと青春の日々を描いたドラマシリーズの第6弾。昨年放送された第5弾では、ヤクザ組織や警察も絡む巨大な闘争が描かれた。待望の新シーズンでは一転、舞台をキャバクラに移し、激しくもきらびやかな女の闘いとともに、シリーズおなじみの熱量の高いストーリーを繰り広げる。劇中では、宮脇咲良、松井珠理奈、横山由依、兒玉遥、渡辺麻友、山本彩らグループの人気メンバーが、あでやかなドレス姿を披露する。


----------------------------------------------------------------------------------------
【10月26日更新】
■ あらすじ(第1話 10/29放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
AKB48グループ出演の「マジすか学園」シリーズ最新作。経営難による母校閉校の危機を救うため、さくら(宮脇咲良)らはナンバーワンキャバ嬢を目指す。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月2日更新】
■ あらすじ(第2話 11/5放送 ※深夜1:05~深夜1:35)
----------------------------------------------------------------------------------------
キャバクラ「水族館」は開店の日を迎える。しかし、さくら(宮脇咲良)は不慣れで接客がうまくいかない。客が早々に帰ろうとすると、席にやって来たセンター(松井珠理奈)が言葉巧みに盛り上げ、いつの間にか店内はにぎわい始める。負けず嫌いのさくらは、ナンバーワンになりたいという思いを新たにする。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月9日更新】
■ あらすじ(第3話 11/12放送 ※深夜1:05~深夜1:35)
----------------------------------------------------------------------------------------
IT企業の社長たちとアフターに行ったさくら(宮脇咲良)たち。カラオケが終わると強引に自宅マンションに誘われ、さくらとおたべ(横山由依)は困惑するが、センター(松井珠理奈)がうまくあしらい、2人を残して自分だけ客に同行する。翌日、センターが休むことになり、「水族館」の面々は不安を隠せない。

※11月19日の放送はお休みです。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月23日更新】
■ あらすじ(第4話 11/26放送 ※深夜1:05~深夜1:35)
----------------------------------------------------------------------------------------
新装開店からしばらく日が経った「水族館」の客入りはまばらに。売り上げの計算をしていた西園寺(筧利夫)は、利益がほとんど出ていないことをさくら(宮脇咲良)らキャバクラ嬢に伝える。そんな中、ある女性が店を訪れる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月30日更新】
■ あらすじ(第5話 12/3放送 ※深夜1:05~深夜1:35)
----------------------------------------------------------------------------------------
店が軌道に乗り始めた矢先、スカウトマンがやって来て、さくら(宮脇咲良)を引き抜こうとする。そんな中、柏木という女性(柏木由紀)が来店し、さくらを指名。彼女は、最近婚約者の植野ヒロシ(山田裕貴)の様子がおかしいことに気付き、さくらの名刺を見て店に来たという。

----------------------------------------------------------------------------------------
【12月7日更新】
■ あらすじ(第6話 12/10放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
店での個人成績はセンター(松井珠理奈)が断トツでトップだった。マジ女のために2000万を貯めることが目標だが、“トップをとりたい”と思っているさくら(宮脇咲良)は複雑な心境。そんな心の内をセンターに見透かされたさくらは「仲間が一緒だから頑張れる」と答えるが、センターは「みんな同じ気持ちだったらいいけど」と気掛かりな言葉を放つ。そんな中、今は占い師となったドドブス(加藤玲奈)が店に現れ、不吉な予言をする。「この店は潰れる…」

その夜、マジック(木﨑ゆりあ)の常連客だった男性がカタブツ(岡田奈々)を指名。マジックは「客を取った」とカタブツに文句を言い二人の間は険悪になる。一方、カタブツに対する辻本(稲葉 友)の独占欲は日増しに強くなり…。一方、ジセダイ(向井地美音)は客のセイヤ(碓井将大)が働くホストクラブを訪れる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【12月10日更新】
■ あらすじ(第7話 12/17放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
松岡(松岡はな)という女の子が店で働きたいとやって来る。西園寺(筧 利夫)はひとまずヘルプで採用し、さくら(宮脇咲良)を教育係に任命する。そんな折、西園寺に会うために校長の毛利(酒井敏也)が来店。彼から借金の返済期限が1ヵ月ほどしかないと聞いたさくら(宮脇咲良)は焦りを感じ始める。誕生日を翌日に控えたウオノメ(高橋朱里)は、常連客に来てもらうよう電話やSNSなどで営業をかけるも反応はイマイチ。さらにウオノメが客を気遣ってお酒の注文を控えていたのを、借金返済に焦りを感じるさくらが注意する。しかしウオノメは、客に無理矢理お金を出させることはできないと反発するのだった。そんな中、「水族館」を見張っていたルーキー(川本紗矢)とツン(武藤十夢)は松岡の姿を見てあることに気づく。

----------------------------------------------------------------------------------------
【12月17日更新】
■ あらすじ(第8話 12/24放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
笹島(梶原 善)の策略で営業停止に追い込まれた「水族館」のメンバーは何もできずに困惑していた。そんな中、さくら(宮脇咲良)とおたべ(横山由依)はセンター(松井珠理奈)から、西園寺(筧 利夫)が警察から犯人だと疑われているキャバ嬢殺しについて話を聞くことに。一方、カツゼツ(兒玉 遥)はジセダイ(向井地美音)がホスト・セイヤ(碓水将大)と会っているのを目撃。ジセダイがホストにかなりのお金を貢いでいると確信したカツゼツはさくらに相談するのだった。 二人の心配も知らずジセダイはホストクラブに。するとそこにスキャンダル(指原莉乃)が来店。セイヤを指名して次々と高額な注文をしていく。 一方、謎の男たちに襲われるさくら。そこにヨガ(入山杏奈)が現れ…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【1月1日更新】
■ あらすじ(第9話 1/7放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
営業を再開した「水族館」だったが、悪いうわさが広まり、以前のような上客は寄り付かなくなってしまい、さくら(宮脇咲良)たちは困惑する。一方、ライバル店の「イケイケタトゥー」では、「水族館」の不調を喜び、調子に乗っているキャバ嬢たちにアントニオ(山本彩)が喝を入れる。そのころ、西園寺(筧利夫)はいまだに警察で取調べを受けていた。

----------------------------------------------------------------------------------------
【1月10日更新】
■ あらすじ(第10話 1/14放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
馬路須加女学園の校長・毛利(酒井敏也)が「水族館」にやって来て、学園の借金を返す期限があと1週間だと告げる。さくら(宮脇咲良)たちは不安を隠せないが、気合を入れ直す。
関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック