FC2ブログ
2019 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 11

(2016秋)水曜日にアニメ化された原作&コミック

kage

2016/10/26 (Wed)

2016年 秋アニメ(10月~12月)
さる1

2016年に映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!
 (2016秋)水曜日にアニメ化された原作&コミック

2016年10月5日(水)
・奇異太郎少年の妖怪絵日記/影山理一
・てーきゅう/ルーツ (著)、 Piyo (イラスト)
・響け!ユーフォニアム北宇治高校吹奏楽部へようこそ/武田綾乃
・ブレイブウィッチーズPrequel オラーシャの大地/築地 俊彦・櫛灘 ゐるゑ (著) 島田 フミカネ (イラスト)
・文豪ストレイドッグス/原作 :朝霧カフカ 漫画:春河35
・魔法少女なんてもういいですから。/双見酔


放送前にチェックするもよし、見た後でじっくり復習するもよし。

合わせて原作本・コミックを楽しんでください!







2016年10月5日放送
ジャンル…コメディ
 奇異太郎少年の妖怪絵日記/影山理一

奇異太郎少年の妖怪絵日記(1巻) (マイクロマガジン・コミックス)/著者不明

¥価格不明
Amazon.co.jp

アニメタイトル:「奇異太郎少年の妖怪絵日記」

最速放送日:2016年10月5日(水)22:33~(TOKYO MX)

■キャスト
奇異太郎:五十嵐裕美
すず(座敷童子):仲田ありさ
狐面の女(妖狐):喜多村英梨
雪娘(雪ん子):長縄まりあ
雪母(雪女):大原さやか

■スタッフ・制作会社
原作:影山理一『奇異太郎少年の妖怪絵日記』 (マイクロマガジン社)、総監督:ひらさわひさよし、シナリオ:WORDS in STEREO、キャラクターデザイン:今岡律之 、制作会社:Creators in Pack

■主題歌
【ED】逢瀬アキラ「茜色クロシェット」
Le Lien「Every time~きらいのはんたい。~」
デスラビッツ「なんで?」
紫苑雪「Ruler」、Confetti Smile「Reflection」、「Misty」

≪あらすじ≫
立ち入り禁止の蔵に入ったことから本宅を追い出され、離れに住むように命じられ た「奇異太郎」。そこで座敷童子の「すず」と出会い、同棲生活?がスタート。 妖狐、雪女、雪娘など、離れには様々な怪異がやってくる。奇異太郎とすずを、時 には笑わせ、時には困らせ、時には絆を深める手伝いを。 怖くない怪異たちとの日常が、今はじまる。

----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1人間や妖怪が数々の難事件を解決したり
季節にあった諸行事を楽しんでいるのを愛でる鑑賞漫画 !

霊感の強い少年・奇異太郎は離れで暮らすことになるが、そこには座敷童の少女・すずが住み着いていた。様々な妖怪を出会う共同生活の日々が始まる…1コマ1ページと変わった漫画。作者いわく元は携帯で見る用に書いていたとか...。基本フキダシはなく、主人公によるナレーションで進む紙芝居風の構成。ミニスカ振袖のすずは可愛く、後半には妖艶な妖狐も登場。他方で他の妖怪については伝来の図像を(時には近年発見の妖怪画も)踏まえてアレンジも交えたデザインに十分な味があり、基本情報もきちんとしたもの。なかなか良かった。1話読み切りで色々な妖怪がでるので妖怪好きには楽しめるんじゃないかな。





ジャンル…コメディ
 てーきゅう/ルーツ (著) Piyo (イラスト)

てーきゅう 10 (アース・スターコミックス)/Piyo

¥価格不明
Amazon.co.jp

アニメタイトル:「てーきゅう(第8期)」

最速放送日:2016年10月5日(水)22:30~(TOKYO MX)

■キャスト
新庄かなえ:三森すずこ
押本ユリ:渡部優衣
高宮なすの:鳴海杏子
板東まりも:花澤香菜
トマリン:小倉唯
近藤うどん子:石原夏織
近藤アネンコフ:喜多村英梨
押本陽太:逢坂良太
田中きなこ:中島由貴
鈴木あやこ:新井田いづみ
佐藤くるみ:小出ひかる
西新井大師西:谷尻まりあ

■スタッフ・制作会社
原作:ルーツ/Piyo「てーきゅう」(コミックアース・スター連載)、監督・脚本・演出・キャラクターデザイン:板垣伸 、制作会社:ミルパンセ

■主題歌
【OP】トマリン(CV.小倉唯)「ニホンゴワカリマセン」
近藤うどん子(CV.石原夏織)「グルテン哀歌(エレジー)」

≪あらすじ≫
亀井戸高校に通う全然普通じゃないテニス部の女の子4人と、その仲間たちが、ボウリングをしたり、お見舞いに行ったり、合コンに行ったり、キャンプしたり、ロボに殴られたりする抱腹絶倒の日常、第10巻。描き下ろし漫画も満載!

----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1テニスをしないテニスマンガ!
表紙絵。個人的には過去最高にかわいい!10巻。Piyo先生の作画が巻を重ねる事に向上していくのが分かるのもまず表紙絵ですね。いったいどこまで上手くなるのでしょう(笑)。内容も笑いのツボに入る回が多く、楽しませていただきました。特に、過去に1回限りだろうと思っていたネタやキャラを拾って来た回が面白おかしくて良かったです。てーきゅうワールドがさらに広がっていきます。サブキャラ増えた分、部員の活躍が減ってきたのは少し寂しいネ。にしてもユリちゃんのパンツの描き込みには並々ならぬ情熱を感じる。 これまで1~10巻まで読ませて頂きましたが、内容の程度や差は色々ありました。しかし、そこには常にルーツ先生のネタの雰囲気や、作風の揺るがないものがあります。人によってはマンネリと評する方もいますが、マンネリっちゃマンネリだけど、内容は安定しているので、安心して楽しむことができます。




ジャンル…学園
 響け!ユーフォニアム北宇治高校吹奏楽部へようこそ/武田綾乃

【TVアニメ化】響け! ユーフォニアム 2 北宇治高校吹奏楽部のいちばん熱い夏 (宝島社文庫)/武田 綾乃

¥713
Amazon.co.jp

アニメタイトル:「響け!ユーフォニアム2」

最速放送日:2016年10月5日(水)24:00~(TOKYO MX)※初回1時間スペシャル放送

■キャスト
黄前久美子:黒沢ともよ
加藤葉月:朝井彩加
川島緑輝:豊田萌絵
高坂麗奈:安済知佳
田中あすか:寿 美菜子
小笠原晴香:早見沙織
中世古香織:茅原実里
中川夏紀:藤村鼓乃美
吉川優子:山岡ゆり
鎧塚みぞれ:種﨑敦美
傘木希美:東山奈央
塚本秀一:石谷春貴
後藤卓也:津田健次郎
長瀬梨子:小堀 幸
黄前麻美子:沼倉愛美
松本美知恵:久川 綾
橋本真博:中村悠一
新山聡美:桑島法子
滝 昇:櫻井孝宏

■スタッフ・制作会社
原作 :武田綾乃(宝島社文庫「響け!ユーフォニアム」シリーズ)、監督:石原立也、シリーズ構成:花田十輝、キャラクターデザイン:池田晶子、シリーズ演出:山田尚子、美術監督:篠原睦雄、色彩設計:竹田明代、楽器設定:髙橋博行、撮影監督:髙尾一也、音響監督:鶴岡陽太、音楽:松田彬人、音楽制作:ランティス、音楽制作協力:洗足学園音楽大学、演奏協力:フレッシュマン・ウィンド・アンサンブル2014、音楽監修:大和田雅洋 、制作会社:京都アニメーション

■主題歌
【OP】TRUE「サウンドスケープ」
【ED】北宇治カルテット「ヴィヴァーチェ!」

≪あらすじ≫
吹奏楽コンクール京都府大会。
そこで見事に金賞を受賞した北宇治高校吹奏楽部は、 次なる舞台・強豪ひしめく関西大会に挑む……!

----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1青春は争い、傷つき、涙し、成長する。銀色に輝くユーフォニアム!
高校の吹奏楽部に所属する女子部員たちの青春物語。高校1年生の春。 中学時代に吹奏楽部だった黄前久美子は、クラスメイトの加藤葉月、川島緑輝とともに吹奏楽部の見学に行く。 そこで久美子は、かつての同級生・高坂麗奈の姿を見かける。葉月と緑輝は吹奏楽部への入部を決めたようだったが、まだ踏み切れない久美子。 思い出すのは、中学の吹奏楽コンクールでの麗奈との出来事だった。 吹奏楽部での活動を通して見つけていく、かけがえのないものたち。 これは、本気でぶつかる少女たちの、青春の物語。なんだけど、『けいおん』みたいな美少女部活ものだと思った? 残念! 『俺ガイル』です……めっちゃギスギスしとる!! これアレだよ、目指せ全国という部活もの的な目標ではなく、友情や恋愛に先輩達との交流や確執、高校生たちの複雑で微妙な人間関係を泳いでいくことが話の主題。そういう意味では物理的な意味でも泳いでいた『Free』と通じるものがあるので、京アニがこの作品を選んだのもある種必然ということなのでしょうね(錯乱) 。シリアス展開にも面食らいつつも、吹奏楽に青春を懸ける久美子たちを凄く眩しく感じました。A部門に入るための全身全霊をかけた椅子の取り合いは、やはり綺麗事じゃ済まないよなと、そんな感じのギスギス感も巧く表現されていたと思います。吹奏楽部の知られざる風物がでてきて面白い。学年を超えたパート争い、香織先輩VS高坂さんの後半は、青春は争い、傷つき、涙し、成長する。銀色に輝くユーフォニアムにその一部始終が映しだされていたのでした。




ジャンル…ミリタリー
 ブレイブウィッチーズPrequel オラーシャの大地
 /築地 俊彦・櫛灘 ゐるゑ (著) 島田 フミカネ (イラスト)


ブレイブウィッチーズPrequel オラーシャの大地 (角川スニーカー文庫)/櫛灘 ゐるゑ

¥691
Amazon.co.jp

アニメタイトル:「ブレイブウィッチーズ」

最速放送日:2016年10月5日(水)25:35~(TOKYO MX)

■キャスト
雁淵ひかり:加隈亜衣
雁淵孝美:末柄里恵
管野直枝:村川梨衣
ニッカ・エドワーディン・カタヤイネン:高森奈津美
ヴァルトルート・クルピンスキー:石田嘉代
アレクサンドラ・I・ポクルイーシキン:原 由実
ジョーゼット・ルマール:照井春佳
下原定子:水谷麻鈴
エディータ・ロスマン:五十嵐裕美
グンドュラ・ラル:佐藤利奈

■スタッフ・制作会社
原作:島田フミカネ&Project World Witches、キャラクター原案:島田フミカネ、監督:高村和宏、企画:菊地剛/工藤大丈、アニメキャラクターデザイン:高村和宏、シリーズ構成:ストライカーユニット、世界観設定・軍事考証:鈴木貴昭、ネウロイデザイン:出雲重機、メカニックデザイン:常木志伸、音響監督:吉田知弘、音響制作:グロービジョン、音楽:長岡成貢、音楽制作:日本コロムビア 、制作会社:SILVER LINK.

■主題歌
【OP】石田耀子「アシタノツバサ」

≪あらすじ≫
1930年代、欧州を中心に突如出現した人類の敵「ネウロイ」。
通常の兵器による破壊が困難なネウロイに対抗できるのは、ウィッチと呼ばれる、特殊な魔法力を持った少女たちだけだった……。

「ブレイブウィッチーズ」は「ストライクウィッチーズ」第1期と第2期の間の物語。

1944年9月、第501統合戦闘航空団「ストライクウィッチーズ」を中心とした連合軍の活躍で、ガリア共和国上空のネウロイの巣が消滅、欧州西部の安全が確保された。
これを機に、連合軍は本格的に欧州中央~東部方面への反攻作戦を計画。
オラーシャ帝国ペテルブルグに基地を構える、第502統合戦闘航空団「ブレイブウィッチーズ」にお出撃の命が下されようとしていた。

人類の希望を背に、勇気あるウィッチ達が、東欧の寒空を駆け巡る。

----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1空飛ぶ乙女たちの防衛白書。
TVアニメ「ブレイブウィッチーズ」前日譚。管野直枝、激戦の空に舞う!

『艦隊これくしょん -艦これ- 陽炎、抜錨します!』手掛けた俊英、築地俊彦が贈るウィッチーズシリーズ最新作。扶桑皇国のエース・ウィッチ管野直枝はペテルブルグに設置された502JFWに招集される。時を同じくして着任したクルピンスキー、ニパに対抗心を燃やした管野は、部隊内で撃墜数を競い合う毎日を過ごしていた。「てめえら、人の獲物を盗るんじゃねえ!」戦果を焦り、連係が上手く取れない3人の前にかつてない超大型ネウロイが襲来し!? TVアニメ前日譚にして、502JFW誕生を描いたもう一つの物語が幕を開ける―。人間同士の争いが占める割合の多いこの502シリーズの役割は大きいかもしれない。話の全体像は把握できてるつもりだけど、詳細に誰が何やってどうなったか個別に把握できてるか聞かれたら怪しいんだけど、天真爛漫な彼女が自分の戦う意味を見出していくという成長譚になっているのは素晴らしい。





ジャンル…アクション
 文豪ストレイドッグス/原作 :朝霧カフカ 漫画:春河35

文豪ストレイドッグス 太宰治と黒の時代 (角川ビーンズ文庫)/朝霧 カフカ

¥605
Amazon.co.jp

文豪ストレイドッグス(11)<文豪ストレイドッグス> (角川コミックス・エース)/春河35

¥価格不明
Amazon.co.jp

アニメタイトル:「文豪ストレイドッグス(第2クール)」

最速放送日:2016年10月5日(水)25:05~(TOKYO MX)

■キャスト
中島 敦:上村祐翔
太宰 治:宮野真守
国木田独歩:細谷佳正
江戸川乱歩:神谷浩史
谷崎潤一郎:豊永利行
宮沢賢治:花倉洸幸
与謝野晶子:嶋村 侑
谷崎ナオミ:小見川千明
福沢諭吉:小山力也
芥川龍之介:小野賢章
中原中也:谷山紀章
梶井 基次郎:羽多野渉
樋口一葉:瀬戸麻沙美
泉 鏡花:諸星すみれ

■スタッフ・制作会社
原作 :朝霧カフカ/漫画:春河35(「ヤングエース」連載)、監督:五十嵐卓哉、シリーズ構成・脚本:榎戸洋司、キャラクターデザイン:新井伸浩、総作画監督:新井伸浩/菅野宏紀、銃器デザイン:片貝文洋、プロップデザイン・サブキャラクターデザイン:ヒラタリョウ、美術監督:近藤由美子、色彩設計:後藤ゆかり、撮影監督:神林剛、編集:西山茂、音楽:岩崎琢、音楽制作:ランティス、音響監督:若林和弘、音響制作:グロービジョン 、制作会社:ボンズ

■主題歌
【OP】SCREEN mode「Reason Living」
【ED】ラックライフ「風が吹く街」

≪あらすじ≫
孤児院を追い出され、 餓死寸前の青年・中島敦が出会った 風変わりな男たち――。 白昼堂々、入水自殺にいそしむ 自殺嗜好の男・太宰治。 神経質そうに手帳を繰る、 眼鏡の男・国木田独歩。 彼らは、軍や警察も踏み込めない 荒事を解決すると噂される 「武装探偵社」の社員であった。 何の因果か、巷を騒がせる 「人喰い虎」退治への同行を 求められる敦だが……。 架空の都市 ヨコハマ。 登場するは、文豪の名を懐く者たち。 その名になぞらえた 異形の力が火花を散らす。 奇怪千万の文豪異能力バトル、ここに開幕!

----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1アニメもかっこいいけど、織田作のかっこよさが光ってた。
もう一度、3人で集まって楽しくお酒を酌み交わして欲しい・・・・

朝霧カフカさんと春河35さんがヤングエースで連載しているマンガ。『文豪ストレイドッグス 太宰治と黒の時代』は、太宰マフィア時代の話。“異能”を使い暗躍する兇悪なポート・マフィア。組織のなんでも屋・織田作之助は、首領直々の命を受け、情報屋・坂口安吾の行方を追うことに。だが、それは史上最年少幹部・太宰治の組織決別へとつながる事件に!?  アニメの黒の時代OAに合わせて再読。画でみて、セリフを聞くと、なお素晴らしい!こんなに、心にしみる話だったのかと…。坂口安吾の株が急上昇した。本編で安吾が出てくるシーンを読み直したい。織田作の戦闘格好いい。規格外の能力者なのにマフィアの最下層構成員で何故か人を殺さない確固とした意志を貫き抗争で親を亡くした孤児を匿いトレンチコートに首元緩めた細い白ストライプの黒シャツにレザーハーネス両肩に装着した天然で真面目なイケメン。控えめに言って最高ですね。黒の時代には、太宰さんにもお友達がいたんだねぇ。現探偵社の太宰はどちらかといえば、人と接する時どんな相手であろうと上からというか精神的優位というかどうも余裕を感じてしまうのだけど、この織田作だけは全くの対等だったと思える。そんな状態のまま逝ってしまった彼は、これからもずっと唯一無二の存在として太宰の中にいるんでしょうね。煙草の煙とともに。 最後の終わり方がなんとも悲しいかな…結局自分が望むように死ねないのはなかなか辛いものがあるなぁ…。でも子供たちがあっさりと死んでて衝撃だった。アニメ見た後だと、安吾の寂しさが好きになる。 はたして探偵社は太宰さんの孤独を埋めてくれているのだろうか。織田作の言葉で人を救う側になった太宰さんは、いつまで光の中に立っていられるのだろう。「人を救う側になれ」……まるで呪いの言葉だ!!





ジャンル…魔法少女
 魔法少女なんてもういいですから。/双見酔

魔法少女なんてもういいですから。(1) (アース・スターコミックス)/双見酔

¥648
Amazon.co.jp

アニメタイトル:「魔法少女なんてもういいですから。セカンドシーズン」

最速放送日:2016年10月5日(水)22:38~(TOKYO MX)

■キャスト
葉波ゆずか:藤田茜
ミトン:若井友希
坂上ちや:大森日雅
だいや:田中美海
篠木真冬:伊藤美来
ポチ:西明日香

■スタッフ・制作会社
原作:双見酔「魔法少女なんてもういいですから。」デジタル版「コミック アース・スター」連載、監督:米田和弘、シリーズ構成・脚本:村上桃子、監修:ふでやすかずゆき、キャラクターデザイン・総作画監督:嶋田和晃、音響監督:長崎行男、音楽:中山真斗、音楽制作:F.M.F

■主題歌
【OP】アース・スター ドリーム「君色に染まる ~アース・スター ドリームver.~」

≪あらすじ≫
葉波ゆずかはある日、ゴミ捨て場で奇妙な小動物・ミトンと出会う。ミトンから授かった腕輪の力で魔法少女に変身できるようになったゆずかだが、よりによってその姿は水着。しかも成り行きでミトンと同居することとなったゆずかだが…。

----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1“こんなの” 拾うんじゃなかった…・。
魔法少女という記号を用いた4コマ系、空気系漫画

まどマギから、日常成分だけを抜き出したような「魔法少女の日常」のお話。日常系漫画には、大きく分けて、かわいさとシュールさをほんのりと湛えたあずまんが系と、萌え一点突破のけいおん系の二つがあるが、本作は前者。あずまんが系の少し毒気ありつつ、ゆったりとした空気感に、魔法少女をメタったネタや緩めの百合、社畜、ネトゲ廃人などのネットネタなど、流行りの記号が上手く組み込まれており、くすりと笑える。魔法少女になってしまったものの変身コスチュームの水着にどうしても馴れないゆずか。 果たして、ゆずかが魔法少女を受け入れられる日は来るのか!? ほのぼの系の中にも、ちょっと毒があり、楽しく可愛い。双見酔さんは相変らずぐだぐだ日常系書かせたら天下一品だなぁと思う。面白かった。

関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック