FC2ブログ
2019 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 01

2016年秋、金曜ドラマ『BS時代劇 子連れ信兵衛2』

kage

2016/12/23 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★11月11日スタート 

NHK BSプレミアム 金曜 午後8:00~午後8:45

 BS時代劇 子連れ信兵衛2

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:山本周五郎「人情裏長屋」(新潮文庫) /脚本:いずみ玲/演出:酒井信行/演出:清水一彦/制作統括:須藤安芸子/制作統括:内田ゆき/制作統括:山本敏彦

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
松村信兵衛(高橋克典)
裏店長屋「十六店」に住む浪人。故人となった浪人・沖石から赤ん坊だった鶴之助を預かり、父親代わりとなって慣れない育児に奮闘する毎日を送る。今では、好きだった酒も断ち、蕎麦屋の屋台を引いて生計を立てている。不思議な人望の持ち主で、剣の腕は一流。

おぶん(小島梨里杏)
長屋の住人で、蕎麦屋の屋台を信兵衛に引き継いだ重助の孫娘。明るくて気立てがよく、男手一つで鶴之助を育てる信兵衛を気遣い、あれこれ世話を焼いている。鶴之助がよく懐いている。

榎戸誠三郎(宮田俊哉)
北町奉行所の同心。経験は浅いが、正義感が強く誠実で仕事熱心。信兵衛を慕い、強く影響を受けている。

本郷美玖(黒谷友香)
本郷道場の跡取り娘で、剣は師範の腕を持つ。父を亡くし、折笠を通じて信兵衛と知り合う。気が強くしっかりしているが、思い込むと止まらないところもある。

折笠五郎左衛門(笹野高史)
折笠道場の主。剣術の腕前はかなりあやしいが、憎めない性格で人の懐に入るのが得意。美玖の窮状を見かねて、信兵衛に紹介する。

小泉道仙(中村嘉葎雄)
町医者。同郷の信兵衛を子どもの頃から知っている。自由奔放な性格で、信兵衛もその影響を受けている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
高橋克典がイクメン侍を熱演。山本周五郎原作の人情時代劇待望の第2シリーズ! 
昨年秋に放送され好評を博した高橋克典主演の人情時代劇が、主要キャストをそのままにシリーズ第2弾として登場。酒好きだがめっぽう腕の立つ浪人・松村信兵衛が、慣れない赤ん坊の子育てに奮闘しながら、市中で起きる問題解決に活躍する姿を痛快に描く。主人公の信兵衛を演じる高橋のほか、小島梨里杏、笹野高史、中村嘉葎雄らおなじみの面々に加え、女剣士・本郷美玖役として黒谷友香が新たに参加する。


----------------------------------------------------------------------------------------
【11月2日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
長屋「十六店(じゅうろくだな)」で暮らす浪人の松村信兵衛(高橋克典)は、預けられた赤ん坊・鶴之助を父親代わりで育てるはめになり、蕎麦屋の屋台を引きながら面倒を見ている。おぶん(小島梨里杏)ら長屋の仲間の助けを借りて、鶴之助はすくすくと成長していた。そんな中、信兵衛は剣術道場師範の折笠五郎左衛門(笹野高史)に頼まれ、気が進まないながらも、とある道場に試合を申し込むことになった。ところがその道場主は、なんと女剣士だった。


----------------------------------------------------------------------------------------
【11月9日更新】
■ あらすじ(第1話 11/11放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
訳あって赤子の鶴之助(伊東瑛進)と2人で暮らす信兵衛(高橋克典)は、剣術道場師範の折笠(笹野高史)に頼まれ、気が進まないながらもある道場に試合を申し込む。道場主は女剣士だった。信兵衛は美玖(黒谷友香)というその娘から、父から引き継いだ道場を売るつもりだと聞かされる。美玖は相思相愛の男が店を出す援助をしたいと願っていた。一方、江戸の町には、老人や女をだまして金を巻き上げる一味がはびこっていて…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月16日更新】
■ あらすじ(第2話 11/18放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
信兵衛(高橋克典)に道場を救われた美玖(黒谷友香)が十六店にやって来る。鶴之助の母になると言い張る美玖におぶん(小島梨里杏)は怒り、信兵衛もへきえき。ある日、信兵衛は往来で若い夫婦・卯之吉(石井智也)とおさと(山下リオ)を浪人から助ける。2人は窃盗を繰り返していたが、改心して信兵衛たちの長屋に住み始める。亡くした子どもを忘れられないおさとを慰める信兵衛。だが卯之吉は、とんでもないことを思い付く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月23日更新】
■ あらすじ(第3話 11/25放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
信兵衛(高橋克典)はおぶん(小島梨里杏)の両親の墓参りに同行し、若い男を見掛けて意外に思う。一方、同心の榎戸(宮田俊哉)は酒問屋に入った盗賊の件を調べている。信兵衛は墓参りで見掛けた男が賊の一味・捨五郎(金井勇太)だと見抜く。だが、捨五郎が逃げ込んだはずの家に住むおつね(中村玉緒)は否定。実はおぶんの祖父・重助(左とん平)とおつねにはつながりがあった。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月30日更新】
■ あらすじ(第4話 12/2放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
過去の殺しの関係者が次々と殺害される。与力・園部(伊吹吾郎)や同心・榎戸(宮田俊哉)が、過去の一件の下手人で島帰りの又八(武田航平)の復讐だと決め付ける中、現場を目撃し怖がる折笠(笹野高史)の用心棒を美玖(黒谷友香)が務めることに。一方、榎戸は園部から直々に指図を受け、事件解決に息巻いていた。疑問を持った信兵衛(高橋克典)は過去の事件に目を向けるが…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【12月7日更新】
■ あらすじ(第5話 12/9放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
信兵衛(高橋克典)のもとを鶴之助の伯母・里緒(櫻井淳子)が突然訪ねてくる。嫁ぎ先の猪熊川家の跡取りとして、鶴之助を養子に迎えたいという里緒に、困惑する信兵衛。鶴之助の父親は自分だという自負と、立派な武家の跡取りになってほしいという思いのはざまで揺れる。一方おぶん(小島梨里杏)と美玖(黒谷友香)は、水茶屋で里緒の夫・猪熊川久右衛門(羽場裕一)の名前を耳にして驚く。どうやら若く可憐な水茶屋の娘に入れあげているらしい。実は久右衛門には若いころに思いを寄せた女がおり、水茶屋の娘は生き写しなのだというが・・・

----------------------------------------------------------------------------------------
【12月14日更新】
■ あらすじ(第6話 12/16放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
小さな商いばかりをねらう、若者たちの窃盗に出くわした信兵衛(高橋克典)。現場にいた「店の客」の鉄平(向井康二)に、弟子にしてくれと、なぜかまとわりつかれる。一方、鶴之助の母になってほしい、と信兵衛から申し込まれた美玖(黒谷友香)は、気持ちを固めることができずにいる。その話をひそかに聞いたおぶん(小島梨里杏)も沈みがちだ。信兵衛は鉄平が窃盗グループの一人であることを察する。金をためて、ある「約束」を守りたいと訴える鉄平に、罪を償うようにとさとす信兵衛。しかし鉄平は、井戸端の小さな白い花を見たとたんに表情を変えて…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【12月21日更新】
■ あらすじ(第7話 12/23放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
大盗賊の親分の、市中引き回しの刑を見物する信兵衛(高橋克典)たち。しかしその親分が盗賊たちに取り返され、乱闘騒ぎの中、榎戸(宮田俊哉)が大けがを負ってしまう。盗賊側で剣をふるっていた剣豪は、美玖(黒谷友香)のかつての知り合い・猿渡(四方堂亘)だった。一方、おぶん(小島梨里杏)は、美玖が鶴之助の母となるものと思い決める。そんな矢先、猿渡がおぶんら女たちを人質に、なんと信兵衛たちの馴染みの居酒屋・丸源に立てこもる。猿渡との交渉に向かう美玖。女たちを救うため、信兵衛と長屋の仲間たちは大作戦を決行する。


関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック