FC2ブログ
2020 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29. »  2020 03

2016年秋、日曜ドラマ『プレミアムドラマ 山女日記~女たちは頂を目指して~』

kage

2016/12/18 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★11月6日スタート 

NHK BSプレミアム 日曜 午後10:00~午後10:50

 プレミアムドラマ 山女日記~女たちは頂を目指して~

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:湊かなえ「山女日記」(幻冬舎文庫)/脚本:吉川次郎/演出:水谷俊之/制作統括:篠原圭/制作統括:杉村治司

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
立花柚月(工藤夕貴)
アラフォーの新米登山ガイド。前職は商社の会社員。登山ガイドとして経験を積む中で、さまざまなトラブルに見舞われつつも成長していく。

木嶋岳志(黄川田将也)
山岳ガイド。柚月よりも年は若いが、ガイドとしては先輩。何かと柚月の世話を焼く。

吉田真守(萩原聖人)
柚月の元婚約者。ゼネコンの建設技師で、柚月が登山ガイドになるきっかけを与える。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
リアル“山ガール”の工藤夕貴主演。湊かなえ原作の“女性のための山ドラマ”! 
登山をする若い女性「山ガール」が流行語となって以降、女性の登山人口が増加している現代。山を登る女性たちが抱える現実の問題やさまざまな思いを描いた湊かなえの小説「山女日記」をベースに、“女性のための山ドラマ”として連続ドラマ化。主演を務めるのは、NHK BS1「実践!にっぽん百名山」でメインMCとして多くの山の魅力を紹介し、実際に難易度が高い峰にも挑戦した登山歴を持つ工藤夕貴。その他、先輩である年下の山岳ガイド・木嶋岳志に黄川田将也、柚月の元婚約者・吉田真守に萩原聖人が扮する。


----------------------------------------------------------------------------------------
【11月2日更新】
■ あらすじ(第1話 11/6放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
アラフォーにして新米登山ガイドの柚月(工藤夕貴)は、初めての単独ツアーガイドに臨む。目指すのは「日本百名山」に数えられている妙高山と火打山で、参加者はデパート勤務の由美(上原多香子)と律子(馬渕英里何)、介護施設職員・美津子(南野陽子)と市役所福祉課職員・神崎(温水洋一)の4人だ。ツアーを開始した柚月は、道中、年下の先輩ガイド・木嶋(黄川田将也)が周囲をうろついていることに気付き、あぜんとする。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月9日更新】
■ あらすじ(第2話 11/13放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
「妙高山と火打山ツアー」の2日目。柚月(工藤夕貴)は、客・美津子(南野陽子)の登山靴をきっかけに、結婚に迷う彼女と神崎(温水洋一)の奇妙な関係を知る。一方、由美(上原多香子)と律子(馬渕英里何)は、性格の相違とそれぞれが抱える問題が原因でついに決裂。そんな彼女たちの‘水先案内’に孤軍奮闘する柚月も、かつての恋人・吉田(萩原聖人)の記憶を呼び覚ます。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月16日更新】
■ あらすじ(第3話 11/20放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
商社に勤める舞子(佐藤藍子)は年下の恋人・大輔(武田航平)と共に北アルプス・唐松岳にやって来る。何事も一番を目指したい彼女は富士山を希望したが、大輔はなぜか応じない。そんな2人は、山で柚月(工藤夕貴)と偶然出会う。実は、柚月と舞子はかつての仕事上のライバル同士だった。突然会社を辞め、ガイドに転身した理由を知りたい舞子は、柚月を無理やり雇うが…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月23日更新】
■ あらすじ(第4話 11/27放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
元同僚・柚月(工藤夕貴)をガイドに、年下の恋人・大輔(武田航平)と共に唐松岳の山頂を目指す舞子(佐藤藍子)。だが途中、思わぬ事故に遭って登頂を断念せざるを得なくなる。何度も1番を目指しながら人生で一度も‘てっぺん’を踏めずにいる舞子は失意に駆られる。そんな舞子に大輔は思わぬ告白をする。登山は初めてのはずの大輔が唐松岳に登るのは実は2度目だった。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月30日更新】
■ あらすじ(第5話 12/4放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
柚月(工藤夕貴)は白馬大池から白馬岳を目指す1泊2日のツアーを担当。姉・美幸(井上晴美)に誘われ参加した希美(佐藤めぐみ)は気乗りがしない。子どもの頃、姉から「雨女」というあだ名を付けられたことにわだかまりを抱いていたからだ。ツアーには姉妹の他にも一癖ある2人の客がいたが、そこに訳ありの女性・富江(丘みつ子)をガイドする木嶋(黄川田将也)も加わり…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【12月7日更新】
■ あらすじ(第6話 12/11放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
「白馬岳ツアー」の二日目、柚月(工藤夕貴)は前日のトラブルで登頂を断念した白馬岳に再びアタックすることを決める。客のしのぶ(片岡礼子)とワケあり中年女性の富江(丘みつ子)にとって、白馬岳の頂を踏むことは、実はそれぞれの人生に大きな意味を持っていた。さらに自立出来ない妹・希美(佐藤めぐみ)と参加した主婦の美幸(井上晴美)の隠された苦悩も露呈。それぞれの思いを抱えて頂きを目指す一行の前に、しかしまたも悪天の兆しが現れ、柚月は登山ガイドとしてかつてない「決断」を迫られる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【12月14日更新】
■ あらすじ(第7話 12/18放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
帽子作りの仕事も順調に滑り出す柚月(工藤夕貴)。行方不明だった夫の遺品が発見された直子(かたせ梨乃)は「下山祝い」を催し、木嶋(黄川田将也)に意外なことを告げる。直子の秘めた悲しみを知り柚月は自分の将来を迷う。かつての恋人・吉田(萩原聖人)との思い出の決着をつけるため柚月は涸沢(からさわ)へ向かう。そこは柚月にとって思い出のつまった「聖地」だった。柚月は木嶋と陽菜(夏菜)たちと涸沢へとたどり着く。
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック