FC2ブログ
2020 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29. »  2020 03

2016年秋、日曜ドラマ『日曜オリジナルドラマ 連続ドラマW 水晶の鼓動 殺人分析班』

kage

2016/12/18 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★11月13日スタート 

WOWOWプライム 日曜 午後10:00~午後11:00

 日曜オリジナルドラマ 連続ドラマW 水晶の鼓動 殺人分析班

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:麻見和史「水晶の鼓動 警視庁殺人分析班」(講談社文庫)/脚本:八津弘幸/監督:内片輝

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
如月塔子(木村文乃)
警視庁捜査一課十一係・巡査部長。正義感が強く、努力を惜しまない性格。連続殺人犯“トレミー”の事件を解決に導いたが、1年たってもその時のトラウマに苦しんでいる。

鷹野秀昭(青木崇高)
警視庁捜査一課十一係・警部補。塔子とコンビを組んで事件を捜査する。トレミー事件を解決したことで、塔子を一人前の刑事として認めるようになった。

早瀬泰之(渡辺いっけい)
警視庁捜査一課十一係・係長。チームリーダーとして捜査を牽引する。部下からの信頼も厚い。

徳重英次(北見敏之)
警視庁捜査一課十一係・巡査部長。温厚で控えめな性格だが、捜査経験が豊富で鋭い人間観察力を持つ。

石倉毅(藤本隆宏)
警視庁捜査一課十一係に新たに加入した警部補。熱血漢で情に厚い。家族思いの一面も。

尾留川圭介(小柳友)
警視庁捜査一課十一係・巡査部長。ムードメーカー的な存在。コンピューターなどの機械関係に詳しい。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
木村文乃主演の本格クライムサスペンス「殺人分析班」シリーズ第2弾! 
昨年夏に放送し好評を博した本格クライムサスペンス「石の繭 殺人分析班」の続編。今作では、原作である麻見和史の「殺人分析班」シリーズの中でも、最も大胆かつ複雑な事件に挑む「水晶の鼓動 警視庁殺人分析班」を映像化する。警視庁捜査一課十一係の刑事・如月塔子役の木村文乃、警部補・鷹野秀昭役の青木崇高らおなじみのキャストが集結し、深紅に染まった部屋での猟奇殺人事件から波紋が広がる、未曽有の危機に挑む。監督は前作と同じく内片輝が務める。


----------------------------------------------------------------------------------------
【11月2日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
警視庁捜査一課十一係の刑事・如月塔子(木村文乃)は、日本中を震撼させた連続殺人犯“トレミー”の事件を解決に導いたが、1年たってもその時に受けたトラウマに苦しんでいた。ある日、深紅に染まった部屋での猟奇殺人事件が発生し、現場に残された手掛かりを基に、塔子や警部補の鷹野秀昭(青木崇高)が捜査を進める。そんな中、見知らぬ男の尾行に気付くが、その男を捕らえようとした瞬間に近くの建物で爆発が起こる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月9日更新】
■ あらすじ(第1話 11/13放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
警視庁刑事・塔子(木村文乃)は、世間を震え上がらせた連続殺人事件を解決に導くも、1年後の今もトラウマに苦しんでいた。ある日、遺体も室内もスプレーで真っ赤に染められ、玄関先に「○×」と書かれた猟奇的殺人事件が発生。被害者は塾講師だ。捜査に当たる塔子と鷹野(青木崇高)が自分たちを尾行する若い男に気付き追跡しようとした瞬間、近くの建物で爆発が起きる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月16日更新】
■ あらすじ(第2話 11/20放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
2件の猟奇殺人事件の犯人が‘オックス’と推測され、犯人を取り逃がした塔子(木村文乃)は自分を責める。片や連続爆破事件は「日革協」なる組織が犯行声明を出していた。そんな中、東京都内の2カ所で同時爆発が発生。塔子は1年前の爆破事件がフラッシュバックする。一方、塔子と鷹野(青木崇高)は第2の被害者周辺を捜査し、第1の事件の被害者とのつながりを発見する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月23日更新】
■ あらすじ(第3話 11/27放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
塔子(木村文乃)を尾行していたのは、公安の人間で、連続爆破と連続殺人に関連があることが判明。しかし、公安からそれ以上の情報は得られない。塔子と鷹野(青木崇高)は、博物館の遺失物から2番目の被害者の手帳を見つけ出し、オックスが次に狙うであろう人物‘N’にたどり着く。塔子たちはNを保護するため指定された別荘へと向かうが、Nは既に瀕死(ひんし)の状態で…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月30日更新】
■ あらすじ(第4話 12/4放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
塔子(木村文乃)は、爆破された五つの建物に共通する「間宮設計事務所」の存在にたどり着く。会社は倒産し、間宮夫婦は行方不明になっていたが、塔子と鷹野(青木崇高)はおいの藤崎(赤堀雅秋)から、爆破されたのが築5、6年の建物だと教えられる。一方、社員の集合写真の中に、見覚えのある男を発見した鷹野は、ついに殺人の対価として爆破が行われている事実に気付く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【12月7日更新】
■ あらすじ(第5話 12/18放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終話】
犯人に最後の爆弾の場所を問い詰める鷹野。しかし、犯人は喉を切ったせいで声が出せない状態になっていた。塔子も説得に当たるが犯人は警察に対する宣戦布告のような驚くべき行動に出る。警察は爆破回避のためにある人物に協力要請をかける中、クライマックスへつながる爆弾のタイマーがカウントダウンを始める……。
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック