FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

今すぐ書店へGO!読み応えたっぷりな夏の文庫フェア2016…幻冬舎文庫(💛恋愛小説)

kage

2016/08/30 (Tue)

夏の文庫フェア2016夏1

8月5日からスタート!!
文庫フェア



冬舎文庫『夏の文庫フェア』。

2015年のテーマ「幻冬舎文庫 心を選ぶ名作100。」

「激しさも、優しさも、切なさも。」をキャッチコピーに掲げ、あなたの夏を、ますますアツくする作品を厳選しました。

キャラクターは、春に引き続き、 EXILE/三代目J Soul Brothersの岩田剛典さん。

春とはまた違った表情の夏の岩田さんは、はじける爽やかさと、男の色気が素敵!!

今年は幻冬舎文庫創刊20周年。

新刊の話題作から、この夏に読んでほしい名作まで100作品以上をラインナップしました。

きっとあなたに合う作品が見つかるはず。

あなたの心を揺さぶる作品はどれ?

この夏も、われらがサポーター・黒猫のモンロヲ君が、全力で応援してくれますよ。


■フェアのジャンル項目


💛恋愛小説


 神々の午睡 /あさのあつこ (著)

神々の午睡/幻冬舎

¥価格不明
Amazon.co.jp

その昔、神と人が共に暮らす世界があった。ある日、雨の神に選ばれたばかりのシムが降らせた恵みの雨が、止まなくなってしまう。姉を心配し、彼女のもとへ向かった弟のリュイは、その原因がシムの恋にあることを知る。彼女は人間の若き細工師に一目惚れをしていた……。恋愛や友情が人間だけのものでなかった頃の、優しく切ない六つの連なる物語。





 週末は彼女たちのもの /島本理生 (著)

週末は彼女たちのもの (幻冬舎文庫)/幻冬舎

¥494
Amazon.co.jp

婚約者に結婚の延期を告げられた女、新しい恋を失ったシングルマザー、彼氏の代役をさせられた大学生、永遠を信じない実業家。そんな男女に突然訪れる新しい恋の予感。信号待ちの横断歩道、偶然立ち寄ったバーのカウンター……。いつでも、どこでも恋は生まれる。臆病なあなたに贈る、人を好きになることのときめきと切なさに溢れた恋愛小説。




 あたしはビー玉/ 山崎 ナオコーラ (著)

あたしはビー玉 (幻冬舎文庫)/幻冬舎

¥648
Amazon.co.jp

「あたしは、女の子!」。十六歳の清順の部屋で突然、ビー玉が喋り出した。幼い頃から好きだった清順。ビー玉はうれしくて、高校にもついていく。でも、教室の彼は退屈そう。アルバイト先の女の子に会う時は心が浮き立つのに―。気難しい男の子とまっすぐなビー玉の女の子が織りなす、青春の恋と戸惑い。大切な時間が詰まった胸が高鳴る高校生小説。




 ほかに誰がいる /朝倉かすみ (著)

ほかに誰がいる (幻冬舎文庫)/幻冬舎

¥617
Amazon.co.jp

「十六歳だった。あのひとに出会うまで十六年もかかってしまったという気持ちは、後悔に少し似ている―」。本城えりが電車の窓越しに、賀集玲子の姿を見初めたのは、高校一年のことだった。玲子に憧れ、近づき、ひとつになりたいと願うえり。その強すぎる思いは彼女自身の人生を破滅へと向かわせてゆく。読み始めたら止まらない、衝撃作。




 さようなら、私 /小川糸 (著)

さようなら、私 (幻冬舎文庫)/幻冬舎

¥576
Amazon.co.jp

中学時代の同級生が自殺した。お別れ会のために帰郷した私は、7年ぶりに初恋の相手ナルヤに再会する。昔と変わらぬ笑顔を向けてくれる彼だったが、私は不倫の恋を経験し、夢に破れ仕事も辞めてしまっていた。そんな私をナルヤが旅に誘い……。会社が嫌い、母親が嫌い、故郷が嫌い。でも、こんな自分が一番嫌いだった。だから私は旅に出ることにした。




 その桃は、桃の味しかしない /加藤 千恵 (著)  おかざき 真理 (イラスト)

その桃は、桃の味しかしない (幻冬舎文庫)/幻冬舎

¥494
Amazon.co.jp

高級マンションに同居する、泰絵とまひる。姉妹でも友達でもない二人の共通点は、同じ男性の愛人であることだった。割り切って始めた共同生活で二人分の食事を淡々と作り続けるうち、泰絵の心境は変化していく――。若い女性から圧倒的な支持を集める恋愛小説の新旗手が「食べること」を通して、叶わない恋と女子の成長を描いた長編小説。




 愛するということ/小池真理子(著)

快感と絶望が全身を貫く、甘美で強烈な恋愛小説。

愛するということ (幻冬舎文庫)/幻冬舎

¥価格不明
Amazon.co.jp

人は人を愛する時、いつもどこかで本当の自分、飾り気のない自分をさらけ出してしまうのだろう。相手に見せたい自分、こんなふうに見てもらいたいと願う自分は、実は常に、中身のない、実体のない、ただの脱け殻にすぎないのだ——。愛の始まりから失恋、絶望、再生までを描く小池文学の決定版、本格恋愛小説。





 君が降る日 /島本理生(著)

君が降る日 (幻冬舎文庫)/幻冬舎

¥576
Amazon.co.jp

恋人の降一を事故で亡くした志保。その車を運転していた降一の親友・五十嵐。彼に冷たく接する志保だったが、同じ哀しみを抱える者同士、惹かれ合っていく(「君が降る日」)。恋人よりも友達になることの難しさと切なさを綴った「野ばら」など、恋の始まりと別れの予感を描いた3編を収録した珠玉の恋愛小説。




韓国No.1ベストセラー小説、日本に上陸!
 愛のあとにくるもの /辻仁成(著)

7日間の再会で、七年間の愛の断絶は取り戻せるのか?

黙々と走る人間の中に潜む、本当の強い意志。

息をのむ、感動のラストシーン。

東京とソウルを舞台に、男の視点を辻仁成が、女の視点を孔枝泳が描く、恋愛小説の傑作誕生!


愛のあとにくるもの (幻冬舎文庫)/幻冬舎

¥535
Amazon.co.jp

韓国ハンギョレ新聞で連載中から圧倒的人気を博し、2005年に韓国の出版社「Sodam&Taeil Publishing House」より出版され、現在、韓国ベストセラー記録更新中の2冊、日本版がついに刊行。韓国KBS、東亜日報、朝鮮日報など韓国マスコミで話題騒然。韓国人気ベストセラー女性作家と、日本の恋愛小説の名手による、日韓・夢のコラボレーション!




 プワゾン/藤堂志津子 (著)

プワゾン (幻冬舎文庫)/藤堂 志津子

¥535
Amazon.co.jp

25歳の恋愛を最後に、ここ十年近く恋をしていなかった。恋は世の多くの女たちが言うほどに素晴らしいものではなく、結婚にしても、ある種のややこしい契約としか考えられない。恋をしなくても、人生の愉しみはたくさんある。むしろ恋への関心を排除してしまったとき、もっと生き易くなる―。さまざまな愛のかたち、結婚を考える傑作小説集。




 真夜中の果物 /加藤千恵 (著)

真夜中の果物(フルーツ) (幻冬舎文庫)/幻冬舎

¥535
Amazon.co.jp

久しぶりに再会した元彼と飲むビールの味、男友達と初めて寝てしまった夜の記憶、不倫相手が帰っていった早朝の電車の音…。まっすぐ進まない恋をしている人にだけ見える景色がある。せつない記憶を切り取った37のショートストーリーに短歌を添えて贈る、『ハニービターハニー』の原点。甘くて苦い恋を描く、人気歌人の処女小説集。




 4U(ヨンユー) /山田 詠美 (著)

4U(ヨンユー) (幻冬舎文庫)/山田 詠美

¥535
Amazon.co.jp

男が長いことつかっていたバスタブの湯は、はたして、スープか? 毒きのこを食べに長野に出かけたマル、彼への桐子の暖かな想いを綴る「4U」。死んだ風変わりな少女の記憶を辿り、デビュー前の自らを思い起こす「眠りの材料」。右手のない渚子、彼女の義兄への激しい想いと、熾烈な自己愛を描く傑作「天国の右の手」他。9つの恋の化学反応(ケミストリー)。




 花祀り /花房観音 (著)

男たちの目に曝され羞恥で硬直する身体に、松ヶ崎の繊細な指が纏わりつく。

京の粋を性を通して描ききった、第一回団鬼六賞大賞受賞作。


花祀り (幻冬舎文庫)/幻冬舎

¥617
Amazon.co.jp

桂木美乃は、京都の老舗和菓子屋『松吉』で京菓子職人の修行をしていた。ある夜、主人の松ヶ崎に連れて行かれた一軒家。座敷では都中の旦那衆が待ちかねていた。「男を知らん女なんぞ、一流にはなれしまへん」。男たちの目に曝され羞恥で硬直する身体に、松ヶ崎の繊細な指が纏わりつく。京の粋を性を通して描ききった、第1回団鬼六賞大賞受賞作。




 アダルト・エデュケーション /村山由佳 (著)

アダルト・エデュケーション (幻冬舎文庫)/幻冬舎

¥648
Amazon.co.jp

「ミズキさんでないと、だめな軀になっちゃうよ」。弟を愛するあまり、その恋人・千砂と体を重ね続けるミズキ。千砂はその愛撫に溺れ――(「最後の一戦」)。女子高のクラスメイト、年下の同僚、叔母の夫、姉の……。欲望に忠実だからこそ人生は苦しい。覚悟を決めてこそ恍惚は訪れる。自らの性や性愛に罪悪感を抱く12人の不埒でセクシャルな物語。




 愛なんか/唯川恵(著)

ビターでセンシュアルな恋愛小説集。

愛なんか (幻冬舎文庫)/幻冬舎

¥535
Amazon.co.jp

平凡な結婚を控えた公美は、偶然出会った男とのセックスで快楽に目覚め、全てを捨てて彼の元へゆき水商売を始める。一年後、かつての婚約者と再会するが……(「ただ狂おしく」)。仕事にも結婚にも答えを見つけられない女たち。人生という長い旅の幸福な結末を求め、覚悟を決めて歩き出す彼女たちの、孤独と痛みを描ききる、ビターな恋愛小説集。


関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック