FC2ブログ
2019 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 01

(散歩が楽しめる文庫:暮らしや日常の中で、散歩が楽しめる文庫5/11)散歩が仕事/早川良一郎(著)

kage

2016/11/08 (Tue)

散歩文庫

散歩、寄り道、道草、散策。

それは日常のささやかで、小さな幸せを見つけた瞬間。

けれどそんな、ちょっとした時間がもてないときもあったりする。

だからそんなときは、文庫や書籍で散歩してみませんか?

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika


せわしなく暮らすのも仕方ないことだけど、ときには、ゆとりが欲しいなんて感じることはありませんか?

そんなあなたに、暮らしや日常の中で、散歩が楽しめる文庫を12冊紹介。

読み終えたら、きっと、心に余裕という、ご褒美もついてきます。



暮らしや日常の中で、散歩が楽しめる文庫5/11

≪作家の散歩随筆③≫

定年後の毎日が輝いてくる微笑ましいおじいちゃんの散策エッセイ!
 散歩が仕事/早川良一郎(著)

散歩が仕事 (文春文庫)/文藝春秋

¥605
Amazon.co.jp

Arikaアイコン(小)1日々、楽しく、小さな幸せをかみしめて、人生を闊歩するコツ
1991年に他界された早川良一郎氏が1982年に書いたエッセイを2014年に文庫化したもの。著者が定年退職後にしたことは、「雨が降らなければ、たいていチョビと散歩に出る」こと。図書館にも行き、銀座にも行く。ときどき戦争のことやサラリーマン時代を思い出したりもする。結構電車で散歩されているんですね。著者が生きた日常の何気ないひとコマを、のんびりゆったり軽妙に、そしてユーモアたっぷりに描いたエッセイ。


著者について
早川 良一郎(はやかわ りょういちろう)1919年3月3日 - 1991年4月26日
随筆家。東京都出身。サラリーマン生活を経て文筆家として活動した。1991年(平成3年)、72歳で死去。
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック