FC2ブログ
2019 12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 02

(散歩が楽しめる文庫:暮らしや日常の中で、散歩が楽しめる文庫11/11)板谷遠足 /ゲッツ板谷(著)

kage

2016/11/14 (Mon)

散歩文庫

散歩、寄り道、道草、散策。

それは日常のささやかで、小さな幸せを見つけた瞬間。

けれどそんな、ちょっとした時間がもてないときもあったりする。

だからそんなときは、文庫や書籍で散歩してみませんか?

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika


せわしなく暮らすのも仕方ないことだけど、ときには、ゆとりが欲しいなんて感じることはありませんか?

そんなあなたに、暮らしや日常の中で、散歩が楽しめる文庫を12冊紹介。

読み終えたら、きっと、心に余裕という、ご褒美もついてきます。



暮らしや日常の中で、散歩が楽しめる文庫11/11

≪イラストエッセイ風旅行記①≫


ゲッツ板谷が毎回予算1万2000円で全国を巡り、能天気に遊びまくった大人の遠足、爆笑珍道中!
 板谷遠足 / ゲッツ板谷(著)

板谷遠足 (角川文庫)/角川書店

¥648
Amazon.co.jp


Arikaアイコン(小)1行ってみたくなる! 大人の遠足が、くだらないからこそ楽しいもの♪
ゲッツ板谷が、『週間SPA!』で連載していた「板谷遠足」を一冊にまとめた本。最近の大人は年中ケータイだのパソコンだのいじって、オンもオフもない。せめて休みの日ぐらいはたまったストレスを発散せよ!と、お手本を示すべく、ゲッツ板谷が毎回「1万2000円の予算内で楽しそうな場所へ遊びに行く」というチャレンジ企画である。訪れた場所は、牛久大仏(茨城県)、ガマランド(茨城県)、夢のカレー(千葉県)、黒部ダム(富山県)、入水鍾乳洞(福島県)、日光アイスバックス(栃木県)、宝川温泉の混浴露天風呂(群馬県)、全国かかし祭(山形県)、『八っ墓村』のロケ地(岡山県)と、節操がない。でも大人の遠足だけに、くだらないからこそ意味がある、何かを得ようとか旅の意味とか考えるな。ってか意味がないことなんてない。やってみればどんなことでも楽しい&おもしろい!! 『出禁上等!』とかに比べると、ゆるいというか、毒気や刺激が少ないけど、でも、その分、じんわり笑えるわびさびというか、ある意味、ゲッツ板谷の新境地(?)が開拓された大人の遠出の散歩本。

関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック