FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

(2016年メディアミックス作品)11月19日に映画公開される原作&コミック

kage

2016/11/19 (Sat)

さる1

2016年に映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!
 ■ 映 画 化 作 品(11月19日全国公開)

11月19日(土)公開
・機動戦士ガンダム THE ORIGIN IV 運命の前夜

・劇場版「暗殺教室 365日の時間」
 ※「殺せんせーQ(クエスト)!」と同時上映

・聖の青春


映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!

映画公開前にチェックするもよし、見た後でじっくり復習するもよし。

合わせて原作本・コミックを楽しんでください!







ジャンル:SF/アクション/ロボット
 機動戦士ガンダム THE ORIGIN IV 運命の前夜  【11月19日公開】

愛蔵版 機動戦士ガンダム THE ORIGIN V シャア・セイラ編 (単行本コミックス)/角川書店(角川グループパブリッシング)

¥2,916
Amazon.co.jp

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1 TV版、映画版では語られることの無かった、ガンダムの前日譚 
日本アニメ史の金字塔「機動戦士ガンダム」にキャラクターデザインとアニメーションディレクターとして参加した安彦良和が、新たな解釈を加えて描いた大ヒット・コミックス『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』の「シャア・セイラ編」は、1stには無かった過去編。演説中に倒れ、帰らぬ人となったジオン・ズム・ダイクン。遺児のキャスバルとアルテイシアはその後どんな過酷な運命をたどるのか・・・? ジオン・ズム・ダイクンが暗殺されるところから始まり、小さいアルテイシアとキャスバル坊や、お母さまが、地位を追われる。色々な人に助けられ、そして兄妹二人は地球へ逃れたりルウムへ行ったり、そんな子供時代の話。ファーストファンなら知らずには置けない「語られる前の物語」が紐解かれます。幼い頃のシャアはどんな少年だったのか? なぜ復讐鬼として爪を研ぐことになってしまったのか? そもそもダイクンの遺児という立場に在りながら、何故シャアを名乗り、ジオン軍に潜り込めたのか? セイラはなぜサイド6に居る事になったのか? 「青い巨星」ランバ・ラルの若い頃の活躍と挫折とは? そしてハモンとの馴れ初めは? タチという若い兵士の事を貴方はご存知でしたか? ザビ家は始めは4兄弟だった?! じゃあ後の一人はどこへ?! 1年戦争の発端となった1週間戦争はどんな戦場だったのか?その戦場での英雄・ランバ・ラルはなぜ冷遇されたのか?・・・などなど、ファーストファンが知りたくてたまらなかった多くの事柄が、安彦先生の物凄く生き生きとした素晴らしい線で描かれています。この巻は、若きシャアの士官学校の入学式で終わる。この巻の唯一知っている場面は、青いワンピースを着たアルテイシアとキャスバル兄ぃさ~ん!の映画にあったあの別れのシーンのみ。 言うまでも無く安彦先生はストーリーテラーとして超一流です。




■映画ストーリー
自ら扇動して起こした「暁の蜂起」後に地球へと向かったシャア・アズナブルは、不思議な力を備えた少女ララァ・スンと出会う。一方、RX-78開発計画を進めようとするアムロ・レイの父テム・レイは、月に亡命したジオンのモビルスーツ開発の鍵を握るミノフスキー博士を追い掛ける。そして月面では、人類史上かつてないモビルスーツの決戦が行われようとしていた。

★映画チェック★
『機動戦士ガンダム』シリーズでアニメーションディレクターなどを務めてきた、安彦良和によるコミック「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」アニメ化第4弾。同シリーズ人気のシャア・アズナブルと妹セイラ・マスの悲劇の原点となる過去を振り返る。ボイスキャストに池田秀一、古谷徹らおなじみの面々が名を連ねる。さまざまな宿命を背負った登場人物たちの過去に絶句。


■スタッフ
原作: 矢立肇 / 富野由悠季
漫画原作・キャラクターデザイン・アニメーションディレクター: 安彦良和
オリジナルメカニカルデザイン: 大河原邦男
メカニカルデザイン: カトキハジメ / 山根公利 / 明貴美加 / アストレイズ
脚本: 隅沢克之
演出: 原田奈奈
総作画監督: 西村博之
メカニカル総作画監督: 鈴木卓也
美術監督: 東潤一
美術設定: 児玉陽平
軍装装備デザイン: 草なぎ琢仁
ディスプレイデザイン: 佐山善則
SF考証: 鹿野司
色彩設計: 安部なぎさ
撮影監督: 葛山剛士
CGディレクター: 井上喜一郎
編集: 吉武将人
音響監督: 藤野貞義
音響効果: 西村睦弘
音楽: 服部隆之
総監督: 安彦良和
製作年:2016年
製作国:日本
日本公開:2016年11月19日
上映時間:1時間8分
配給:松竹
企画・製作:サンライズ

■キャスト(役柄:声の出演)
シャア・アズナブル: 池田秀一
ララァ・スン: 早見沙織
デギン・ソド・ザビ: 浦山迅
ギレン・ザビ: 銀河万丈
ドズル・ザビ: 三宅健太
キシリア・ザビ: 渡辺明乃
ガルマ・ザビ: 柿原徹也
ランバ・ラル: 喜山茂雄
ガイア: 一条和矢
オルテガ: 松田健一郎
マッシュ: 土屋トシヒデ
ヨハン・I・レビル: 中博史
アムロ・レイ: 古谷徹
フラウ・ボゥ: 福圓美里
テム・レイ: 坂口候一
ナレーション: 大塚明夫






ジャンル:学園/コメディ/アクション
 劇場版「暗殺教室 365日の時間」  【11月19日公開】
 ※「殺せんせーQ(クエスト)!」と同時上映


映画チラシ 劇場版 暗殺教室 365日の時間/エイベックス・ピクチャーズ

¥価格不明
Amazon.co.jp

松井優征の大ヒット・コミックスをアニメ化した人気TVアニメの劇場版総集編 
原作者の脚本全面協力により、7年後のクラス会の前日のエピソードが完全新作で追加されている。有名進学校椚ヶ丘中学校の落ちこぼれクラス3年E組にある日、奇妙なタコ型の超生物が担任として現われる。すでに月の7割を破壊した彼は、来年の3月には地球をも破壊すると予告していた。そこで、潮田渚らE組の生徒たちに、この生物の暗殺という極秘任務が託されのだったが…。




■映画ストーリー
謎の超生物、通称・殺せんせーは月を破壊し、さらに翌年3月に地球を破壊すると予告した後、なぜか桐ヶ丘中学校3年E組の担任となる。防衛省は、その落ちこぼれクラスに属する生徒たちに、地球滅亡を阻止するため暗殺者(アサシン)となり、殺せんせーを殺害することを依頼する。彼らは暗殺者と暗殺対象として過ごす中、奇妙な絆で結ばれていき……。

★映画チェック★
松井優征による「週刊少年ジャンプ」連載のコミックを基にしたテレビアニメの総集編に、新しくオリジナルのエピソードを加えた劇場版。月に続いて地球をも破壊すると宣言している謎の超生物・殺せんせーと、地球滅亡を阻止すべく殺せんせー暗殺を目指す中学生たちの卒業までの命懸けの学校生活を活写する。岸誠二監督、ボイスキャストの福山潤や杉田智和らがテレビアニメ版より続投。殺せんせーの過去や、新エピソードでどのような展開が描かれるのかに注目。


■スタッフ
原作: 松井優征
監督: 岸誠二
シリーズ構成・脚本: 上江洲誠
キャラクターデザイン: 森田和明
製作年:2016年
製作国:日本
日本公開:2016年11月19日
上映時間:1時間32分
制作:アニメ「暗殺教室」製作委員会
アニメーション制作:Larche
配給:エイベックス・ピクチャーズ

■キャスト(役柄:声の出演)
殺せんせー: 福山潤
烏間惟臣: 杉田智和
イリーナ・イェラビッチ: 伊藤静
赤羽業: 岡本信彦
磯貝悠馬: 逢坂良太
岡島大河: 内藤玲
岡野ひなた: 田中美海
奥田愛美: 矢作紗友里
片岡メグ: 松浦チエ
茅野カエデ: 洲崎綾
神崎有希子: 佐藤聡美
木村正義: 川辺俊介
倉橋陽菜乃: 金元寿子
潮田渚: 渕上舞
菅谷創介: 宮下栄治
杉野友人: 山谷祥生
竹林孝太郎: 水島大宙
千葉龍之介: 間島淳司
寺坂竜馬: 木村昴
中村莉桜: 沼倉愛美
狭間綺羅々: 斎藤楓子
速水凛香: 河原木志穂
原寿美鈴: 日野未歩
不破優月: 植田佳奈
前原陽斗: 浅沼晋太郎
三村航輝: 高橋伸也
村松拓哉: はらさわ晃綺
矢田桃花: 諏訪彩花
吉田大成: 下妻由幸
律 [自律思考固定砲台]: 藤田咲
堀部糸成: 緒方恵美



ジャンル:その他
  殺せんせーQ(クエスト)!

殺せんせーQ! 1 (ジャンプコミックス 最強ジャンプ)/集英社

¥432
Amazon.co.jp

■内容紹介
殺せんせーがRPGの魔王になって降臨!? 剣と魔法の世界を舞台に、渚やカルマ達の奇妙な冒険が始まる! 『暗殺教室』のスピンオフ漫画が堂々登場!

■映画ストーリー
剣や魔法を学ぶクヌギガオカ魔法学校。勇者を目指す3年E組の潮田渚や茅野カエデ、赤羽業らは、担任となった魔王を討伐することになり……。

★映画チェック★
松井優征の「暗殺教室」のスピンオフで、殺せんせーをはじめとするキャラクターが登場するギャグストーリーを映像化したアニメ。剣や魔法を学ぶクヌギガオカ魔法学校を舞台に、殺せんせーが魔王となり、3年E組の生徒たちが勇者として魔王と対峙(たいじ)する姿を描く。テレビシリーズの助監督を務める仁昌寺義人が監督を担当。潮田渚や茅野カエデ、赤羽業らの不思議な冒険が見どころ。『劇場版 暗殺教室 365日の時間』の同時上映作品。


■スタッフ
原作: 松井優征 / 渡邉築 / 青戸成
総監督: 岸誠二
監督: 仁昌寺義人
シリーズ構成: 上江洲誠
キャラクターデザイン: 山形孝二
製作年:2016年
製作国:日本
日本公開:2016年11月19日
上映時間:10分
制作:「殺せんせーQ!」製作委員会
アニメーション制作:Lerche
配給:エイベックス・ピクチャーズ





ジャンル:ドラマ/青春/伝記
 聖の青春   【11月19日公開】

聖の青春 (角川文庫)/KADOKAWA / 角川書店

¥価格不明
Amazon.co.jp

■内容紹介
純粋さの塊のような生き方と、ありあまる将棋への情熱―重い腎臓病を抱えながら将棋界に入門、名人を目指し最高峰のリーグ「A級」での奮闘のさなか、29年の生涯を終えた天才棋士村山聖。名人への夢に手をかけ、果たせず倒れた“怪童”の歩んだ道を、師匠森信雄七段との師弟愛、羽生善治名人らライバルたちとの友情、そして一番近くから彼を支えた家族を通して描く、哀哭のノンフィクション。第13回新潮学芸賞受賞。

第1章 折れない翼(発病;不思議なゲーム;腕だめし;親族会議)
第2章 心の風景(師匠;奇妙な生活;奨励会;前田アパート;終盤伝説)
第3章 彼の見ている海(デビュー;天才と怪童;一夜の奇跡;殴り合い;初挑戦)
第4章 夢の隣に(自立のとき;よみがえる悪夢;強行退院;ライバルと友情と)
第5章 魂の棋譜(帰郷;手術;鬼手;宇宙以前へ)

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1病を患いながらも、名人を目指した一人の棋士。
あの羽生善治も恐れた、怪童の短い人生を綴った一冊  

村山九段は幼い頃から腎ネフローゼを患い、それに苦しみながら名人を目指して将棋を指し続けました。のちに膀胱がんが見つかり手術。NHK杯決勝で羽生善治四冠に敗れ、その5カ月後の1998年8月8日に死去しました。29歳でした。病を患いながらも、名人を目指した一人の棋士。あの羽生善治も恐れた、怪童の短い人生を綴った一冊。 私は、子供の頃に、偉人の話しが書かれた本を、たくさん読みましたが、歳を重ねた今、しかも同世代の人物の話から、何を感じるか。人が生きるということは、誰かの心に残り、その考えは受け継がれるのだろうということ。それは、短い人生であれば濃く、長い人生であれば重いのではないでしょうか。ひとりの生き様、棋士としての強さや一貫した生き方。師匠やお母さんとのやりとりでは涙が出ました。 とにかく、グイグイと生きることの意味を正面から問いかける素晴らしい本でした。聖の少年時代や、亡くなる直前の描写など、号泣しながら読み通しました。大崎さん、まさに熱筆と言っていい作品です。自分なんてと投げやりになっている若者に読んでほしい一冊かも。生きているだけで丸儲けなんですから…。




■映画ストーリー
幼少期から難病を患う村山聖は、入退院を繰り返す中で将棋と出会い、15歳で森信雄に師事する。10年後、名人になる夢をかなえるべく上京した聖(松山ケンイチ)は周囲に支えられながら将棋に全力を注ぎ、七段に昇段したころ、同世代で名人のタイトルを獲得した羽生善治に激しいライバル心を抱く。さらに将棋に没頭する聖だったが、がんが彼の体をむしばんでおり……。

★映画チェック★
29歳の若さでこの世を去った天才棋士・村山聖の生涯をつづる大崎善生のノンフィクションを、松山ケンイチ主演で映画化。幼いころより患う難病と闘いながら将棋の道を突き進んだ村山の壮絶な人生を、羽生善治をはじめとする同世代の棋士との死闘や、彼を支える師匠や両親たちの愛を通して描く。『宇宙兄弟』などの森義隆がメガホンを取り、『マイ・バック・ページ』などの向井康介が脚本を担当。大幅な体重増量など徹底した役作りに挑んだ松山の熱演が光る。


■スタッフ
原作: 大崎善生
監督: 森義隆
脚本: 向井康介
主題歌: 秦基博
製作年:2016年
製作国:日本
日本公開:2016年11月19日 (丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか)
上映時間:2時間4分
配給:KADOKAWA
企画・制作:グラスホッパー
制作プロダクション:RIKIプロダクション

■キャスト(役柄:俳優)
村山聖: 松山ケンイチ
羽生善治: 東出昌大
江川貢: 染谷将太
橘正一郎: 安田顕
荒崎学: 柄本時生
村山伸一: 北見敏之
橋口陽二: 筒井道隆
村山トミ子: 竹下景子
森信雄: リリー・フランキー










関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック