FC2ブログ
2019 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 01

≪文学世界、絢欄たる美㈠≫谷崎潤一郎全集(全26巻)/谷崎潤一郎(著)

kage

2016/12/01 (Thu)

谷崎潤一郎の世界a

谷崎潤一郎の没後51年目の2016年。

明治・大正・昭和の長きにわたる作家生活で、

数多くの傑作を生み出した文豪の魅力をひもとく21冊をご紹介。

耽美にして繊細、それが私が谷崎潤一郎に抱くイメージです。

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

文学世界、絢欄たる

 谷崎潤一郎全集(全26巻)/谷崎潤一郎(著)

谷崎潤一郎全集 - 第一巻/谷崎 潤一郎

¥7,344
Amazon.co.jp

内容
●刺青「刺青」「麒麟」「少年」「幇間」「秘密」「象」「信西」
●羹「羹」
●悪魔「悪魔」「続悪魔」「The Affair of Two Watches」「朱雀日記」
●単行本未収作品・雑纂「彷徨」「'風」「Dream Tales」ほか


Arikaアイコン(小)1半世紀に渡る豊饒な世界を完全網羅!
谷崎潤一郎は、1886-1965年まで生きた小説家。デビュー作『刺青』から絶筆『七十九歳の春』にいたるまで、作品を執筆時期ごとにまとめた全集が没後50年を迎えた2015年5月から刊行スタートし全26巻から成る文豪谷崎の全集です。豪華な箔押しの函、赤と黒の栞ひもなど、装丁の細部まで谷崎の世界観と美意識が行き渡る充実したコレクションです。


関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック