2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

2017年冬、日曜ドラマ『視覚探偵 日暮旅人』

kage

2017/03/19 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★1月22日スタート 

日本テレビ系 毎週日曜 午後10:30~午後11:25(初回は午後10:00~午後11:25)

 視覚探偵 日暮旅人

Arika注目1h「僕……視えるんです!」
聴覚・嗅覚・味覚・触覚……、五感のうち四つの感覚を喪った男、日暮旅人。

小説『探偵・日暮旅人』シリーズは、匂い、味、感触、温度、重さ、痛みなど“目に見えないモノ”を視る力を持ち、探し物専門の探偵事務所を営む探偵・日暮旅人(ひぐらし たびと)が“愛”を探す物語です。本作は、2010年9月にシリーズ第1弾となる『探偵・日暮旅人の探し物』を刊行。探偵・日暮旅人と、さまざまな登場人物たちが織りなす人間模様が深い感動を呼び、現在シリーズ9冊を刊行、累計発行部数50万部を超えるベストセラーとなっています。2016年12月22日には、シリーズ最新第10弾『探偵・日暮旅人の残り物』が刊行予定です。

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作 :山口幸三郎『探偵・日暮旅人の探し物』メディアワークス文庫/脚本:福原充則/チーフプロデューサー:西憲彦/プロデューサー:荻野哲弘(日本テレビ)、神康幸・小林美穂(オフィスクレッシェンド)/演出:堤幸彦/制作協力:オフィスクレッシェンド/製作著作 :日本テレビ

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
■探し物探偵事務所


┣探偵:日暮 旅人(松坂桃李)
目に見えないモノを視ることができる探偵。ある事件をきっかけに、聴覚・嗅覚・味覚・触覚を失う。残された視覚が進化し、人には見えないものが見える特殊能力を得る。25歳。

┣保育園児:百代 灯衣(住田萌乃)
血のつながりはない旅人の娘。血のつながらない旅人を実の親以上に慕っている。6歳。

┣探偵秘書:雪路 雅彦(濱田岳)
お調子者だが、面倒見がよく地元のチンピラに慕われる。旅人の目を気遣う。24歳。

┣チンピラ:鶴田 亀吉(上田竜也)
大金を稼ぐため福岡から上京するが、一文無しに。雪路らに雇われ仕事を手伝う。24歳、
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■のぞみ保育園


┣園長先生(木野花)
20年前に埋めたタイムカプセルを見つけるよう、旅人に依頼する。

┣保育士:山川 陽子(多部未華子)
灯衣が通う保育園の保育士。正義感が強く、何かと人におせっかいを焼く。旅人と灯衣の力になろうとする。25歳。

┣保育士:小野 智子(木南晴夏)
陽子の先輩。明るくあっけらかんとした性格で、合コンが趣味。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

刑事:増子 すみれ(シシド・カフカ)
ずうずうしい性格の女刑事。ドラック売買の手荒な捜査で、陽子を誤認逮捕してしまう。

医師:榎木 渡(北大路欣也)
診療所医師。旅人の主治医。旅人のことを幼い頃から知る者。旅人の目の具合を気遣っている。65歳。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
松坂桃李演じる、異色探偵が連ドラで復活! 
「僕・・・・・・視えるんです」。聴覚・嗅覚・味覚・触覚……、五感のうち四つの感覚を喪った男、日暮旅人。唯一残ったのは、研ぎ澄まされた視覚。匂い、味、感触、温度、重さ、痛み。彼は、これら目に見えないモノを“視る”ことで事件を解決する、探し物専門の不思議な探偵。そんな彼の探偵事務所に舞い込む依頼は、一筋縄では見つからない、ワケありの探し物ばかり。でも、最もワケありなのは、日暮旅人 本人だった・・・。目に見えないものを“視る”探偵・日暮旅人が探すのは“愛”かそれとも・・・。

小説『探偵・日暮旅人』シリーズを原作とするドラマは、2015年11月に日本テレビ系『金曜ロードSHOW!』特別ドラマ企画で『視覚探偵 日暮旅人』を放送。大好評を博し、今回の連続TVドラマ化が実現しました。特別ドラマ企画に出演したキャスト陣も、引き続き連続TVドラマへ出演が決定。主人公・日暮旅人を松坂桃李さんが、ヒロイン・山川陽子を多部未華子さんが演じます。また、旅人の相棒・雪路には濱田岳さん、血のつながりはない旅人の娘を住田萌乃さん、旅人の主治医・榎木を北大路欣也さんが演じます。演出は、『20世紀少年』『SPEC』『真田十勇士』などで知られる堤幸彦監督が手掛けます。『探偵・日暮旅人』シリーズはドラマ化の他、小説本編やスピンオフ作品のコミカライズも行われており、『月刊コミック電撃大王』、『月刊ASUKA』などで連載、コミックスも好評発売中。


----------------------------------------------------------------------------------------
【2016年12月19日更新】
■ あらすじ(第1話  2017/1/22放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
旅人(松坂桃李)の相棒・雪露(濱田岳)は、榎木渡(北大路欣也)から旅人が自らの視覚を酷使し過ぎたため、失明の危機にあると告げられる。そんな中、旅人らはヤクザの村山(桐山漣)から、事務所の”ある物”を盗んだ金庫破りの犯人を捜し出してほしいと依頼される。さらに、陽子(多部未華子)の勤める保育園の園長(木野花)からも、タイムカプセルを捜してほしいと依頼を受ける。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年1月22日更新】
■ あらすじ(第2話  2017/1/29放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
旅人(松坂桃李)は、キャバクラで働く恵理(入山法子)から、2日前に行方不明になった5歳の娘・さくら(川北のん)の捜索を頼まれ、雪路(濱田岳)とアパートの住人に聞き込みを開始。住人の狭川(栗原類)と凛子(矢田亜希子)には話を聞けたが、江園(今野浩喜)はさくらがいなくなった日から消息不明らしい。その頃、灯衣(住田萌乃)が黙って家を抜け出し、一緒にいた亀吉(上田竜也)と居合わせた陽子(多部未華子)は慌てる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年2月4日更新】
■ あらすじ(第3話  2017/2/5放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
旅人(松坂桃李)の事務所を挙式間近の川辺(福田悠太)が訪れ、婚約者がふさぎ込んでいる原因を探ってほしいという。その婚約者が愛歌(国仲涼子)だと知り、雪路(濱田岳)は驚く。実は、雪路の父は大物参議院議員・照之(伊武雅刀)で、愛歌は住み込みの使用人。しかも、愛歌は雪路の12歳上の異母兄・勝彦(眞島秀和)と恋人同士だったが、16年前、勝彦が突然、家出。その後、山で遺書が見つかり、自殺と処理されていた。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年2月11日更新】
■ あらすじ(第4話  2017/2/12放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
陽子(多部未華子)は智子(木南晴夏)に誘われ、婚活パーティーへ。ところが、参加者のヒカル・レイ(三浦貴大)と意気投合し、2人で会場を後にした智子が、翌日、無断欠勤し連絡が取れなくなる。陽子は捜索願を出す一方、旅人(松坂桃李)に頼ろうとする。しかし、疲れ切った旅人は眠りから覚めず、雪路(濱田岳)が協力することに。その頃、増子(シシド・カフカ)ら警察も、ドラッグの売人として浮上したヒカルを追っていて…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年2月18日更新】
■ あらすじ(第5話  2017/2/19放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
 榎木(北大路欣也)から、旧友の娘・静香(三吉彩花)が大ファンだというミュージシャン・犬飼(吉田栄作)の捜索依頼が舞い込む。旅人(松坂桃李)は耳が不自由な静香と手話で会話。そして雪路(濱田岳)と亀吉(上田竜也)は、麻薬売買の元締め・リッチー(北村有起哉)と遭遇し、犬飼がその配下の売人だと知る。一方、増子(シシド・カフカ)は、リッチーの配下の別の売人・川村(三浦貴大)の体内から検出されたあるドラッグに注目して…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年2月25日更新】
■ あらすじ(第6話  2017/2/26放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
旅人(松坂桃李)に墨東署の白石(吹越満)が接近。その正体に気付いていた旅人は、両親を殺した犯人を捜し出すよう、逆に白石を脅す。一方、雪路(濱田岳)は増子(シシド・カフカ)から、自分の父と旅人の父の関係や誘拐事件について聞かされ衝撃を受ける。その頃、探偵事務所の下にあるキャバクラの新人ホステス・ハルカ(ともさかりえ)とジュン(高橋メアリージュン)と顔を合わせた旅人は突然気を失い、店に運び込まれる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年3月5日更新】
■ あらすじ(第7話  2017/3/5放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
旅人(松坂桃李)とけんかした雪路(濱田岳)が出て行き、陽子(多部未華子)は灯衣(住田萌乃)から、2人を仲直りさせてほしいと頼まれる。その頃、ホステスのハルカこと灯果(ともさかりえ)が事務所に姿を現した。20年前、旅人を監禁した一人が灯果だった。しかし、灯果は期待する情報を何も持っておらず、旅人はいら立つ。しかも旅人は灯果のもう一つの顔に気付く。一方、増子(シシド・カフカ)は白石(吹石満)に不審を抱いて…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年3月12日更新】
■ あらすじ(第8話  2017/3/12放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
旅人(松坂桃李)は一同を前に、自分の過去とこれまでの経緯を打ち明ける。衝撃を受けた雪路(濱田岳)や陽子(多部未華子)たちは、「両親を殺した相手を捜し出し、復讐する」と宣言する旅人を思いとどまらせようとするが、旅人の決意は固い。一方、白石(吹越満)には、息子の昇一(中川翼)を誘拐した相手からドラッグ「ロスト」を持ってくるようメールが届く。旅人の仕業だと思い込んだ白石は、帰宅途中だった陽子を拉致するが…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年3月17日更新】
■ あらすじ(第9話  2017/3/19放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
両親を殺した人物を知った旅人(松坂桃李)が姿を消し、陽子(多部未華子)は復讐に向かったと確信。一方、榎木(北大路欣也)が灯衣(住田萌乃)と留守番をする事務所には、照之(伊武雅刀)の秘書と鳥羽組のヤクザが現れ、「山田手帳」を捜し回る。榎木は発砲されて負傷するものの、手帳を守りきる。そして、手帳を託された雪路(濱田岳)は、ある作戦に出た。その頃、旅人は雪路家の別荘で、ついに両親殺しの犯人と対峙(たいじ)する。
関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック