2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

2017年冬、火曜ドラマ『ホクサイと飯さえあれば』

kage

2017/03/14 (Tue)

Arikaシネマ2014b4

★1月24日スタート 

TBS系 毎週火曜 深夜1:28~深夜1:58)

 ホクサイと飯さえあれば

Arika注目1h主演は上白石萌音、監督は「孤独のグルメ」の宝来忠昭!
東京・北千住を舞台に、料理上手な女子大生の自炊ライフを描く

同作は、鈴木小波さんによる同名漫画を原作としています。いかに安く、おいしく、幸せを感じながら食べるかという創意工夫の自炊ライフを描いた“グルメもの”の作品です。しかし同作がフィーチャーしているのは“グルメのD.I.Y.”。例えば炊飯器や鍋が無くてもおいしいご飯を炊けるということや、お金をかけずとも少しの手間でごちそうが誕生するというような生活の知恵が満載の作品です。しかもドラマ「孤独のグルメ」シリーズの宝来忠昭監督がメガホンを取るというのだから、これはもう期待しかない!

主人公・山田文子(通称:ブン)を演じる上白石萌音さんは映画「舞妓はレディ(2014年)」で映画初主演を務め、「ちはやふる-上の句/下の句-(2016年)」に出演、大ヒットロングラン公開中のアニメ映画「君の名は。」ではヒロイン・宮水三葉の声優に挑戦しました。上白石さんは「こんなに愛らしくて、まっすぐな女の子を演じることができてとても幸せです。食べるシーンがないという、とても珍しい食ドラマなのですが、皆さんの心を温められるような、そしてお腹がグ~と鳴ってしまうような……ほかほか美味しいドラマをお届けできるように、ホクサイと一緒に頑張ります!」とコメントしています。原作漫画の単行本は3巻まで刊行されており、最新刊4巻は2016年12月20日発売。

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:鈴木小波「ホクサイと飯さえあれば」(講談社「ヤングマガジンサード」)/脚本:土城温美/脚本:北川亜矢子/監督:宝来忠昭・柴田啓佑/プロデューサー:森谷雄

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
山田文子(上白石萌音)
通称・ブン。大学進学のために上京し、北千住で一人暮らしを始める。人見知りで妄想癖がある。ウサギに似たぬいぐるみ・ホクサイと生活している。ご飯へのこだわりが強い。

有川絢子(池田エライザ)
ブンの大学の同級生。通称・ジュン。コミュニケーション能力の高いおしゃれ女子。おいしいご飯にとにかく目がなく、おいしいご飯を作れる人を尊敬している。

柑田川永太郎 (前田公輝)
絢子の幼なじみで、千住高校の新任教師。担当教科は国語で、編み物部の顧問。“金八先生”に心酔している。通称・ろーちゃん。

ホクサイ
ブンが大事にしているぬいぐるみ。ござる口調で文子にアドバイスする。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
上白石萌音が連続ドラマ初主演! 創意工夫した自炊ライフを描くグルメドラマ 
鈴木小波の同名コミックを原作に、人見知り女子大生の自炊ライフを描くグルメドラマ。大学進学を機に上京し、一人暮らしを始めたばかりの主人公・ブンこと山田文子を、注目の若手女優・上白石萌音が演じる。東京の下町・北千住で、ウサギに似たぬいぐるみのホクサイと一緒に暮らす文子が、どんなに忙しくてお金がなくても、野菜・たんぱく質・炭水化物のバランスが取れたアイデア満載の一品料理を作り、平凡ながら幸せな日常を過ごすストーリーが描かれる。グルメドラマながら食べるシーンが一切ないという異色の内容も見どころとなる。


----------------------------------------------------------------------------------------
【2016年12月19日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
大学進学のために上京し、下町・北千住で一人暮らしを始めた大学生のブンこと山田文子(上白石萌音)。人見知りで、ウサギに似たぬいぐるみ・ホクサイと会話するなど妄想癖もあるブンのこだわりは、料理だけはきちんと作ること。どんなにお金がなくて忙しくても、いかに安く、おいしく、幸せを感じて食べるかを大切にしている。文子は、野菜・たんぱく質・炭水化物をバランスよく、しかし、面倒なので基本的には1品で済ませようと、アイデア満載のレシピに挑戦。時にはトラブルにも巻き込まれるが、ホクサイがいて、おいしいご飯されあれば毎日が幸せな文子のハッピーライフがスタートする。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2016年12月19日更新】
■ あらすじ(第1話  2017/1/24放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
人一倍料理へのこだわりを持つ大学生・文子(上白石萌音) は、一人暮らしを始めることになる。それをきっかけに、文子はお金や時間がなくてもアイデアを駆使し、栄養バランスのいいごちそうを作ることを決意する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年1月25日更新】
■ あらすじ(第2話  2017/1/31放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
デッサンに取り組み空腹になったブン(上白石萌音)は、ジュン(池田エライザ)の誘いを断り買い出しへ。自宅に戻ると居間では謎の少年・凪がくつろいでいた。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年2月4日更新】
■ あらすじ(第3話  2017/2/7放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
教授に説教され落ち込んだブン(上白石萌音)。落ち込んだまま出かけたデッサンの練習で新米教師・柑田川永太郎(前田公輝)に出会いモデルを頼むことに。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年2月11日更新】
■ あらすじ(第4話  2017/2/14放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
二つの料理を同時進行で作ったブン(上白石萌音)は大失敗する。奮闘しているとジュン(池田エライザ)の幼なじみの男子が現れ、人見知りなブンは慌てる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年2月18日更新】
■ あらすじ(第5話  2017/2/21放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
母親とけんかをしたブン(上白石萌音)は、おいしい卵料理の妄想で調子を戻す。しかしいたずらをしかけた凪(桜田ひより)のせいでブンの機嫌は再びどん底に。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年2月25日更新】
■ あらすじ(第6話  2017/2/28放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
ジュン(池田エライザ)が手編みのマフラーと格闘する姿を目撃したブン(上白石萌音)。乙女の恋する姿に憂いを感じるが、自身も留年の危機で頭を悩ます。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年3月5日更新】
■ あらすじ(第7話  2017/3/7放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
ジュン(池田エライザ)がブン(上白石萌音)に料理を教えてほしいと頭を下げる。包丁を握ったことがないジュンに指導するブンだが思わず手伝ってしまう。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年3月12日更新】
■ あらすじ(第8話  2017/3/14放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
朝からご機嫌にギョーザを作るブン(上白石萌音)。しかしジュン(池田エライザ)からある事実を知らされ不穏な状況に。そして、いつもはツッコミを入れるホクサイ(声:梶裕貴)に異変が。
関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック