2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

2017年冬、木曜ドラマ『就活家族~きっと、うまくいく~』

kage

2017/03/09 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

★1月12日スタート 

テレビ朝日系 毎週日曜 午後9:00~午後9:54)

 就活家族~きっと、うまくいく~

Arika注目1h崩壊し始めた家族が就職活動!?

平穏だった日常がふとしたことで狂い始めた家族

転落していくそれぞれの人生

秘密を抱えたこの家族に明日はあるのか…?


父は大手企業の人事部長、母は私立中学の国語教師、宝飾メーカーに就職した娘と就職活動中の息子。平穏に見えていた家族がふとしたきっかけで崩壊し始める――いったん狂い始めた歯車は歯止めが効くことなく、次第にあらぬ方向へと向かっていく…。

高齢化社会の到来とともに雇用継続年齢が引き上げられていく一方で、終身雇用制の崩壊や、非正規雇用の増加など雇用形態の多様化が進み、学生や若者たちの間では仕事に対する意識にも変化が…。しかし未だ肩書がモノを言う風潮にある日本に於いては、所属する会社名や立場で人を判断しがち。これまでの固定概念と、現実とのギャップに苦しむことも少なくありません。

 2017年1月、そんな時代に一石を投じるドラマ『就活家族』が誕生!
 主演に三浦友和、その妻役に黒木瞳、娘役に前田敦子、息子役に工藤阿須加を迎え、「人にとって仕事とは何なのか?」「人はなぜ働くのか?」、ひいては「生きることとはどういうことか?」をユーモラスに、ときにミステリアスに問いかけます。

 ズバリ、テーマは就職活動=“就活”。家族全員がそろって就職活動をすることになる、というかつてない展開に陥った家族によるジェットコースター・ホームドラマがこの冬、幕を開けます!

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:橋本裕志/音楽:江口貴勅/監督:秋山純(テレビ朝日)、落合正幸、常廣丈太(テレビ朝日)/ゼネラルプロデューサー:黒田徹也(テレビ朝日)、内山聖子(テレビ朝日)/プロデューサー:船津浩一(テレビ朝日)、下山潤(ジャンゴフィルム)/制作協力:ジャンゴフィルム/制作著作:テレビ朝日

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------

■富川家


・平穏な一家だったが、あることをきっかけに転落してしまう。

┣富川洋輔(とみかわ・ようすけ)………三浦友和
大手鉄鋼メーカー・日本鉄鋼金属で人事部長として働くエリートサラリーマン。信念を持って仕事と向き合い、長年会社のために尽くしてきた。現在は新卒採用とリストラ勧告という厄介だが責務の重い仕事を請け負っている。融通が利かず不器用な面があるので、同期と比べると出世が遅れているが、部下からの信頼は厚い。しかしようやく役員に手が届きそうというところで信念を曲げた仕事をしてしまい…?

┣富川水希(とみかわ・みずき)………黒木瞳
洋輔の妻。マイホームの購入を夢見ている。花が好きで庭に花を植えたいと思っている。おっとりした笑顔がチャームポイントだが、家族のためとなれば頼りになる一面も。仕事は私立中学の国語教師。生徒や保護者からの信頼も厚かったが…?

┣富川栞(とみかわ・しおり)………前田敦子
富川家の長女。父親を持ち上げてはお小遣いをもらうなど、気楽に人に頼ったりするちゃっかりしたところがある。宝飾メーカーで働いているがセクハラに悩み、部署異動を願い出る。しかしその異動先は想像以上に過酷な部署だった!

┣ 富川光(とみかわ・ひかる)………工藤阿須
加富川家の長男。就職活動に苦労中の三流大学生。周囲の学生が次々内定をもらっていく中、焦燥感を感じている。痴漢を捕まえようとするなど正義感が強く、真面目な性格だが、父親譲りの不器用な性格と自分で決めたことに関しては頑固な面が玉にキズ。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


国原耕太(くにはら・こうた)………新井浩文
『国原就活塾』塾長。就職活動に行き詰まる光に声をかけ塾に勧誘する。「就活に必要なテクニックはすべて教える」「志望企業に送り込んでやる」と言葉巧みに誘い、入塾料の30万円を払わせるなど、就活に苦しむ学生に付け込む悪徳就活塾の塾長。

中原綾子(なかはら・あやこ)………山本未來
栞が勤めるジュエルDの外商部一課のやり手の課長。以前、真壁と付き合っていたため、栞が異動してきて複雑な関係に…?

戸川加奈(とがわ・かな)………中川知香
就職活動をしている大学生。富川光と共に、悪徳就活塾で就活について学んでいる。真面目な性格で何事に対しても一生懸命なのだが、面接など肝心なところで失敗してしまうことも多く、なかなか内定を獲得できずにいる。光が就活に一生懸命取り組む姿に素直に影響を受けながら、前向きに就活に取り組んでいく。

夏野久美(なつの・くみ)………キムラ緑子
洋輔の高校の同級生で、自分の夢だった小さな洋菓子店を経営している。同窓会で久しぶりに洋輔と再会し…。

真壁雄斗(まかべ・ゆうと)………渡辺大
ジュエルD外商部一課の社員。商品管理部でセクハラに悩む栞の相談に乗り、外商部一課への異動を取り計らう。以前は、上司の中原綾子と付き合っていたが、栞の積極的なアピールで、三角関係に…?

川村優子(かわむら・ゆうこ)………木村多江
日本鉄鋼金属のリストラ対象社員。洋輔に会社に残りたいと伝えてくる。もともとは、洋輔の部下で洋輔を密かに慕っている。その思いが叶わない中で、親身になってくれる洋輔を窮地に追い込むような行為を…。

天谷五郎(あまや・ごろう)………段田安則
会社にリストラされたことを家族に言えず、通勤しているフリをして公園で途方に暮れる洋輔に声をかけてきた男。実はこの男も同じ境遇の公園仲間…。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
三浦友和×黒木瞳が夫婦役! 
突然生活が一変したエリートサラリーマンの運命は?

本作の主人公・富川洋輔(とみかわ・ようすけ)を演じるのは三浦友和! テレビ朝日系では土曜ワイド劇場『はみだし弁護士・巽志郎シリーズ』や2夜連続ドラマスペシャル『最も遠い銀河』(2013年2月)など数々の作品で主演を務めてきた三浦ですが、連続ドラマとしては今作が初主演となります。
 
三浦が演じる富川洋輔は大手鉄鋼メーカーで新卒採用とリストラを担当する人事部長。信念を持って会社のために尽くし、ついに役員昇進も目前。しかしある出来事がきっかけで、それまで築き上げてきたものすべてが崩れ去ってしまいます。
 
出演するドラマでの圧倒的な存在感、見る者を惹き付けてやまない芝居には定評のある三浦が、ある日突然苦境に立たされたエリートサラリーマンの苦悩を見事に描き出すことでしょう!

そして洋輔の妻・富川水希(とみかわ・みずき)役には黒木瞳! 2013年に同枠で放送された『おトメさん』で初めての姑役に挑んで以来のテレビ朝日ドラマ出演となります。黒木が演じる水希はおっとりとした性格でありながら、「家族のため」となれば頼りになる一面も持ち合わせる私立中学の国語教師。念願だったマイホームの購入を夢見ていた矢先に衝撃的な出来事に直面します。

映画『Mr.インクレディブル』(2004年)の日本語吹替版で夫婦役を演じた三浦と黒木がテレビドラマで初の夫婦役に挑戦! ますます円熟味を増し、幅広い層からの支持を得るふたりがどんな夫婦像を見せてくれるのか――『就活家族』はこの冬の注目作となること間違いなしです!


----------------------------------------------------------------------------------------
【2016年12月22日更新】
■ あらすじ(第1話  2017/1/12放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
大手鉄鋼メーカーの人事部長として新卒の採用とリストラ勧告という重い役割をこなしていた富川洋輔(三浦友和)に、とうとう役員昇格の話が舞い込んでくる。昇進の報告を聞いた 洋輔の妻・水希(黒木瞳)は喜び、家が欲しいと相談する。一方、就職活動に苦戦していた 洋輔の長男・光(工藤阿須)は、OB訪問の帰り道、電車の中で痴漢と間違われてしまう。また、宝飾メーカーで働く長女の栞(前田敦子)は、所属する部署内のセクハラに悩み、部署移動を願い出る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年1月15日更新】
■ あらすじ(第2話  2017/1/19放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
意外な人物から身に覚えのない罪により内部告発されたことで、自宅待機を言い渡された洋輔(三浦友和)はがくぜんとし、水希(黒木瞳)にも言い出せない。さらに社長の的場(中丸新将)から子会社への出向を打診された洋輔は、その場で退職を決断する。栞(前田敦子)は真壁(渡辺大)の口利きで、念願の外商部一課への異動が決まった。一方、光(工藤阿須加)は「就活塾」の塾長・国原(新井浩文)に誉められ、次第に自信を付けていく。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年1月20日更新】
■ あらすじ(第3話  2017/1/26放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
洋輔(三浦友和)はある人物を介して、その叔父の会社社長と会い、再就職がほぼ決まる。栞(前田敦子)は、自社の宝石を売るため、セレブが集まる婚活クラブに入会。パーティーで医師と出会い、デートの約束をする。そんな中、就活塾で自信をつけた光(工藤阿須加)がついに内定をもらった。洋輔はブラック企業だと入社に反対するが、光は聞く耳を持たない。一方、水希(黒木瞳)は内申書取り違えの件で佐藤家を毎日のように訪ねるが…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年1月29日更新】
■ あらすじ(第4話  2017/2/2放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
同窓会に出席した洋輔(三浦友和)は、久美(キムラ緑子)らと再会。しかし、直前に思わぬ場所で見掛けた水希(黒木瞳)のことが気になってしまう。真壁(渡辺大)と中原(山本未來)との仲を疑う栞(前田敦子)は、真壁に直接問いただす。一方、栞からやりたいことにこだわれと助言された光(工藤阿須加)は、ネットエントリーも不可能だった有名出版社を訪ねることに。そんな中、成り行きで水希に出張すると言ってしまった洋輔は…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年2月4日更新】
■ あらすじ(第5話  2017/2/9放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
家族に失業のことを言いそびれた洋輔(三浦友和)は、天谷(段田安則)に紹介された清掃のアルバイトを続けている。水希(黒木瞳)は家庭訪問の件で、校長・原口(矢島健一)ばかりか同僚からも孤立。その足は、真咲(長田成哉)のいるホストクラブへと向いてしまう。一方、栞(前田敦子)は退職願を提出。そんな中、洋菓子店を営む久美(キムラ緑子)に頼まれ、業務提携の契約の場に同席した洋輔は、久美からある提案をされて…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年2月11日更新】
■ あらすじ(第6話  2017/2/16放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
洋輔(三浦友和)と水希(黒木瞳)が激しくぶつかり合い、富川家はぎくしゃくとするばかり。水希はホストクラブや友人との温泉旅行に癒やしを求め、一方で洋輔は自営で企業コンサルタントをやってみようと決断する。そんな折、再就職先の資料をマンションのポストに直接投函しに来た優子(木村多江)と出くわした水希は、何の疑いも持たず、家に上げる。一方、国原(新井浩文)が新たなネタを手に入れ、洋輔に接触してくる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年2月18日更新】
■ あらすじ(第7話  2017/2/23放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
洋輔(三浦友和)と水希(黒木瞳)の亀裂はますます深まり、栞(前田敦子)と光(工藤阿須加)は心配する。そんな折、洋輔が清掃の仕事で派遣されたのは、古巣のニッテッコー本社だった。しかもそこで、自分を陥れて役員になった綿引(神保悟志)と出くわす。水希にはアルバイト先の生花店の店長(ウダタカキ)から正社員にならないかとの話が舞い込む。一方、洋輔が現在住むマンションの転売に動きだし、新居を諦めた水希と大げんかになる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年2月25日更新】
■ あらすじ(第8話  2017/3/2放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
新居に一人で寝泊まりする洋輔(三浦友和)に、思い掛けない好条件の就職話が舞い込む。一方、生花店の正社員になった水希(黒木瞳)は、本社の商品開発チームへの推薦を打診され、離婚を具体的に考え始める。やっと連絡がついた水希から、マンションを処分して資産を分けたいと言われた洋輔は驚き、就職のことを切り出せない。そんな洋輔に天谷(段田安則)が、水希と直接会って引き止めないと、一生後悔すると助言する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年3月5日更新】
■ あらすじ(第9話  2017/3/9放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
家族の食事会を急な仕事で欠席した洋輔(三浦友和)は、マンションに残された離婚届にぼうぜん。水希(黒木瞳)は、生花店で責任ある仕事を任され、多忙な日々を送っていた。一方、栞(前田敦子)は転職先で壁にぶつかり、一緒に暮らす真壁(渡辺大)にも不審を抱く。光(工藤阿須加)は、アルバイトをする出版社の取材で、国原(新井浩文)の就活塾の悪徳ぶりを暴くことになり、葛藤していた。そんな中、洋輔はインド行きの決断を迫られて…。
関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック