2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

2017年冬、木曜ドラマ『嫌われる勇気』

kage

2017/03/16 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

★1月12日スタート 

フジ系 毎週木曜 午後10:00~午後10:54(初回は午後10:00~午後11:9)

 嫌われる勇気

Arika注目1hアドラー心理学を読み解く物語!
『嫌われる勇気-自己啓発の源流「アドラー」の教え』(以下、『嫌われる勇気』という)とは、心理学者アルフレッド・アドラーの思想を、物語にしてまとめた自己啓発書です。2013年に出版され、累計発行部数は100万部超え。テレビでも紹介されるほど大ヒットしました。この書籍を原案に、孤高の女刑事の活躍を描く。

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原案 : 岸見一郎、古賀史健『嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え』/演出 : 池澤辰也、及川拓郎、星野和成/脚本 : 徳永友一/音楽 : 得田真裕/企画 : 渡辺恒也、橋爪駿輝/プロデューサー : 目黒正之、井元隆佑

主題歌 : 大塚愛「私」
----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
■警視庁刑事部捜査一課8係


・蘭子が所属している部署。余裕ぶった態度で自分勝手に振り舞う蘭子を良く思わない人間が多い。

庵堂蘭子(あんどう らんこ) …香里奈
『嫌われる勇気』の肝とも言える、アドラー心理学を体現する女主人公。独身、彼氏なしの警視庁刑事部捜査一課8係の刑事。若干32歳にして、難事件を次々と解決に導いてきた実績を持つ桜田門のエース。組織になじまない一匹狼タイプで、周囲の意見には耳を貸さず、常に自分が信じる道を行きます。時には、上司や捜査本部の方針に反することもありますが、本人はそれを悪いこととは感じていない。他人からの評価や評判を一切気にせず、自己中心的だと言われても全くひるまない、アドラー心理学を地で行く、いわば“アドラー女子”。その振る舞いと他人にこびない態度、そして圧倒的な検挙率の高さを自慢するでもないその余裕ぶった態度に、男性社会である警察組織では彼女をよく思わない人間も多くいます。一言で言えば“嫌われている”。

青山年雄(あおやま としお) …加藤シゲアキ(NEWS)
蘭子とコンビを組むことになる刑事。28歳。正義感が強く、子供の頃から刑事に強烈なあこがれを持っていた。人に対して常に明るく接するも、実は優柔不断で心配性。蘭子とは真逆に、他人にどう思われているかがとても気になる“嫌われたくない男”。念願かなって捜査一課に異動となり、蘭子とバディを組むことになるのですが、自分勝手な動きが多く、何も説明してくれない蘭子に振り回され、彼女のことが心底嫌いになる。青山は、アドラー心理学になじみのない視聴者の目線を担い、蘭子と行動を共にすることで、アドラー心理学を学び、一歩ずつ成長していく影の主人公。


■帝都大学


・蘭子の母校。蘭子は大文字のゼミに所属し、アドラー心理学について学んだ。

┣大文字哲人(だいもんじ てつと)…椎名桔平
「犯罪心理学」を専門としている、帝都大学文学部心理学科の教授・大文字哲人。52歳。事件の犯人像に関する情報を警視庁に提供している特別コンサルタントで、これまでもいくつかの難事件で警察に捜査協力してきた実績があり、警察庁・警視庁内部には彼の信奉者も多い。アドラー心理学を含め、犯罪心理以外の心理学も一通り習得しており、人間の裏側にある悪の側面を知っているためか、どこか厭世(えんせい)的で皮肉屋。分析を求められれば心理学に基づいて、ズバズバと相手の誤りを指摘する毒舌家でもある。蘭子が大学2年の時、アドラー心理学の本を夢中になって読む彼女を見て興味を持ち、自分のゼミに誘いました。蘭子のことを理解できない青山に、アドラー心理学の存在を教える“すべてを知る男”。


半田 陽介…升毅

小宮山 正明…戸次重幸

浦部 義孝…丸山智己

三宅 隆俊…桜田通

相楽樹:相馬 めい子 役

正名僕蔵:梶 準之助 役

岡崎紗絵:村上 由稀菜 役

飯豊まりえ:間雁 道子 役

寿大聡:土方 登志郎 役

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
刑事ドラマに大胆アレンジ 主演は香里奈 ! 
女優の香里奈が主演する。心理学者のアルフレッド・アドラーによるシリーズ累計180万部超の大ベストセラー『嫌われる勇気』(ダイアモンド社)を原案に刑事ドラマとして大胆にアレンジ。香里奈は、嫌われる勇気を持った“アドラー女子”で主人公の庵堂蘭子(32)を演じ、共演にはNEWSの加藤シゲアキ、椎名桔平らが起用された。  『アドラー心理学』とは「人間の悩みは、すべて対人関係の悩みである」という考えのもと、自分の課題と他者の課題を切り離す「課題の分離」によって対人関係の悩みから解き放たれることを説く。他者から嫌われることを恐れない「嫌われる勇気」を持ちえたとき、人は初めて自分だけの人生を歩みはじめることができる…。 そんな『アドラー心理学』を地でいく蘭子は独身、彼氏なしの警視庁刑事部捜査一課8係の刑事。若干32歳にして、難事件を次々と解決に導いてきた実績を持つ。組織になじまない一匹狼タイプで、周囲の意見には耳を貸さず、常に自分が信じる道を行くが、その振る舞いと他人にこびない態度、そして圧倒的な検挙率の高さを自慢するでもないその余裕ぶった態度に、男性社会である警察組織では嫌われている…という役どころです。加藤が演じるのは捜査一課で異動してきたばかりで蘭子とコンビを組むこととなる青山年雄(28)役。蘭子とは真逆に、他人にどう思われているかがすごく気になる“嫌われたくない男”である青山は自分勝手な動きが多く、何も説明してくれない蘭子に振り回され、彼女のことが心底嫌いに…。そんな青山に、『アドラー心理学』の存在を教える変わり者の心理学科教授・大文字哲人(52)を演じるのが椎名。青山は『アドラー心理学』になじみのない視聴者の目線を担って、蘭子と行動を共にすることで、『アドラー心理学』を学び、一歩ずつ成長していく影の主人公となる。

実際に原案本を読んだという香里奈は「心理学というと難しい印象ですが、読んでいくにつれ、“本来、自分がこうだったらいいな、楽になるのにな”という理想的な考え方が述べられていたり、“あぁ、こういう考え方もあるのか”と新しい発見があったりして、少し気が楽になれました」と影響を受けた様子。

同局連ドラ主演は『私が恋愛できない理由』(2011年10月クール)以来5年ぶりとなるが「話の内容、キャラクターは全く違いますが、私は変わらず、いつも通りいい緊張感を持って、スタッフ、キャストの皆様に力を貸していただきながらいい作品をみんなでつくっていきたいです」と意気込んでいる。




----------------------------------------------------------------------------------------
【2016年12月19日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
主人公は、独身で彼氏なしの警視庁刑事部捜査一課で刑事として働く庵堂蘭子。難事件を解決してきた実績を持つ蘭子は「アドラー心理学」の思想である“嫌われる勇気”を持っており、周りの意見に左右されず、他人の評価も気にしない。一方で蘭子とコンビを組むのは、他人にどう思われるかが気になる“嫌われたくない男”の青山年雄。視聴者と同じ目線で、「アドラー心理学」について学びながら少しずつ成長していく。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2016年12月19日更新】
■ あらすじ(第1話  2017/1/12放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
鋭い観察眼を持つ警視庁捜査一課8係の刑事・蘭子(香里奈)は協調性が全くない。8係に異動したばかりの青山(加藤シゲアキ)はそんな蘭子と組み、人気モデル殺人事件を捜査することに。だが、独自の動きをする蘭子は、事件の鍵を握るモデル・真紀(南野陽子)が開く美容教室に勝手に入会し、青山も巻き込む。蘭子のやり方に閉口する青山に、係長の半田(升毅)は、大学の心理学科教授・大文字(椎名桔平)の元へ行く任務を与える。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年1月15日更新】
■ あらすじ(第2話  2017/1/19放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
蘭子(香里奈)から刑事に向いていないと言われ憤慨する青山(加藤シゲアキ)に、大文字(椎名桔平)はアドラーの「目的論」に答えがあると諭す。そんな中、会社の窓から執行役員・市川(神農直隆)が転落死した。現場の部屋では1年前に市川の部下・成美(仲村瑠璃亜)が自殺。蘭子は成美の同期・竹内(笠原秀幸)らが仕事の大変さをこぼしながら現状を変えようとしない姿を見て「変わらないという決断を下している」と口にする。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年1月20日更新】
■ あらすじ(第3話  2017/1/26放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
高校教師・沙織(上野なつひ)が自宅で刺殺され、蘭子(香里奈)らは捜査を開始。事情聴取を受ける第一発見者の教え子・恵(高月彩良)の落ち着いた態度を不審に思った蘭子は、恵の同級生や母・美子(霧島れいか)から話を聞く。成績優秀な恵は美子から大きな期待を寄せられ、学校では孤立した存在だった。一方、青山(加藤シゲアキ)は大文字(椎名桔平)に犯人像を尋ねる。大文字は事件を解くヒントは「競争」の中にあると言う。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年1月29日更新】
■ あらすじ(第4話  2017/2/2放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
青山(加藤シゲアキ)は大文字(椎名桔平)に行動が自由過ぎる蘭子(香里奈)への不満を訴えるが、「自由とは他者から嫌われること」と論じられる。国会議員・狸穴(山田明郷)の死に関して捜査を開始した蘭子たち。妻・治子(朝加真由美)が死因究明を拒否し、殺人の疑いが浮上していた。蘭子は、治子と娘で芸術家のさゆり(前田亜季)、息子で第二秘書の寿也(水橋研二)、第一秘書の武藤(平野貴大)に対し全員が容疑者だと言い放つ。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年2月4日更新】
■ あらすじ(第5話  2017/2/9放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
大文字(椎名桔平)の元教え子・美沙(中島亜梨沙)の夫で大学准教授の山岸(六角慎司)の遺体が自身の研究室内で見つかる。蘭子(香里奈)は研究室にあったイベントのチラシに注目。主催者は大文字の元教え子・塔子(内山理名)で、美沙は塔子が自分に隠れて夫と会っていたと激怒する。もみ合う2人だが、蘭子は「自分の課題ではない」と意に介さない。青山(加藤シゲアキ)は大文字から蘭子が実践する「課題の分離」について聞く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年2月11日更新】
■ あらすじ(第6話  2017/2/16放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
蘭子(香里奈)が男性(堀井新太)に路上で抱き付く姿を見た青山(加藤シゲアキ)は、蘭子は男性の言葉を信じてだまされるタイプに違いないと大騒ぎ。それに対し大文字(椎名桔平)は、「信用」と「信頼」の違いを論じる。そんな中、めい子(相楽樹)の元恋人・諒(渋江譲二)の遺体が河川敷で発見され、彼と不倫関係を告発された遥(知花くらら)の関与が疑われる。事件当日の諒の足取りを探る蘭子は彼がめい子と会う約束だったとにらむ。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年2月18日更新】
■ あらすじ(第7話  2017/2/23放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
青山(加藤シゲアキ)は蘭子(香里奈)の「嫌われる勇気」という考えをなかなか理解できない。悩む青山に大文字(椎名桔平)は、蘭子が併せて持つ考え方「共同体感覚」を説明する。そんな中、青山は爆発事故を起こした犯人に狙われているという男性・佐藤(板尾創路)を保護し、警視庁に連れて行く。すると、佐藤のバッグから時限爆弾が。佐藤は犯人に脅されたと言う。そこへ電話をかけてきた犯人は、蘭子と勝負をしたいと告げる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年2月25日更新】
■ あらすじ(第8話  2017/3/2放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
会社員の松田(横井優一)が撲殺される。松田は15年前に起きた中学生殺害事件の加害者の一人で、当時の被害者・将也(阿久津秀寿)の指紋が松田殺害の凶器から見つかる。蘭子(香里奈)と別行動を取る青山(加藤シゲアキ)は一人で大文字(椎名桔平)を訪ね、犯人の心理にある「安直な優越性の追求」について聞く。青山は将也の自宅に行き、蘭子と遭遇。そこで2人は、将也と蘭子の弟・悠真(堀井新太)が並んだ写真を見つける。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年3月9日更新】
■ あらすじ(第9話  2017/3/9放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
青山(加藤シゲアキ)が大文字(椎名桔平)の研究室を訪ねた帰りに何者かに刺され、その現場付近で会社員の男性・近藤の刺殺体が発見される。近藤は、蘭子(香里奈)の父の物である実家の鍵を所持していた。蘭子は、この事件と18年前に起きた自身の誘拐事件との関連を確信する。蘭子は大文字に犯人の心当たりを聞きに行く。ところが、大文字は、事件の解決には蘭子がトラウマに支配されている現状から脱却する必要があると説く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年3月15日更新】
■ あらすじ(第10話  2017/3/16放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
大文字(椎名桔平)が蘭子(香里奈)を呼び出す。けがの治りきらない青山(加藤シゲアキ)が同行する中、大文字は18年前の蘭子誘拐事件当時の捜査状況や、蘭子の父・道則(勝村政信)が失踪直前に「メシア」を名乗る犯人にたどり着いたことなど自らが知る情報を2人に明かす。大文字はさらに、蘭子が犯人につながる手掛かりを過去に目撃したが、記憶を封印していると指摘。事件解決には蘭子が過去と向き合うことが必要だと告げる。
関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック