FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

2017年冬、金曜ドラマ ドラマ24『バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~』

kage

2017/03/31 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★1月13日スタート 

テレビ東京系 毎週金曜 深夜0:12~深夜0:52

 ドラマ24「バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~」

Arika注目1hおじさん版”テラスハウス”日本の名俳優が結集!
6人の俳優が本人役で出演し、共同生活するさまを描くコメディードラマ。6人の名脇役たちは、海外の動画配信サイトから、ある大物俳優主演のドラマのオファーを受ける。しかし、監督から「役作りで絆を深めるために、3カ月間シェアハウスで暮らしてほしい」との要望があり、戸惑いつつも和気藹々の彼らだったが…。笑いの中にも、長年、現場の第一線で役者として生きてきた男たちの凄みや矜持、こだわりが随所に現れる”ゆる渋コメディー”。
----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本・監督:松居大悟/脚 本:ふじきみつ彦 宮本武史/監 督:横浜聡子 竹村謙太郎 守下敏行/音 楽:佐藤洋介/プロデューサー:濱谷晃一(テレビ東京) 田辺勇人(テレビ東京) 浅野敦也/チーフプロデューサー:浅野太(テレビ東京)/制作:テレビ東京 ドリマックス・テレビジョン/製作:「バイプレイヤーズ」製作委員会

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
■シェアハウス


緑に囲まれた郊外にある一軒家。「ここから現場へ行く」「他人の訪問不可」「家事、料理も自分たちでやる」などルールが存在。

遠藤憲一
大河ドラマ「真田丸」(NHK総合ほか)などに出演。コワモテ俳優の筆頭。55歳。
コメント:それぞれ共演したことはあっても一堂に揃うのは初めて。全員感性が大好きな役者さんばかりで撮影が楽しみです。先輩の大杉さんを中心にいいチームになると思います。

大杉漣
「レンタル救世主」(日本テレビ系)などに出演。”300の顔を持つ男”と呼ばれる。65歳。
コメント:いつの日かこのメンバーでと願って十数年!やっとの実現です。六人の個性がどんな化学反応を起こすのか、日本のオジサン俳優の底力をお観せできる作品になるよう励みたいと思います。

田口トモロヲ
「吉祥寺だけが住みたい街ですか?」(テレビ東京ほか)などに出演。マルチに活躍。59歳。
コメント: いやぁ遂に実現しちゃうんですね!?ドッキリじゃないですよね?ホントですよね!役者稼業の同志であり、ライバルであり、目指すべき先輩であり、才能溢れる後輩である方々となんとテラスハウス状態で!?「死ぬまでに実現したい!でも無理なのかな・・・?」と思っていた夢の共演!ここまで漕ぎ着けたスタッフの方々に感謝です!!他のメンバーに振り落とされないよう懸命について行くのみです!みなさま、ヨロシクお願い致しますっ!!

寺島進
北野武監督映画の常連として注目を浴びる。「IQ246-」(TBS系)などに出演。53歳。
コメント:6人で集まるのは久しぶり。非常に楽しみにしています。

松重豊
公開中の映画「ミュージアム」などに出演。悪役から善良な市民まで幅広く演じる。53歳。
コメント: 待ち時間に健康や老後について語り合うのが楽しみです。

光石研
「砂の塔ー」(TBS系)では刑事役。渋さと優しさのある演技に定評がある。55歳。
コメント:ゾクゾクしております!10数年前、このお仲間に入れていただき、それぞれの出演映画をかけていただく上映会がありました。その時、このメンバーで何か出来たら良いね、面白いね、などと話しておりました。それがとうとう実現します!55歳のこの歳で、物凄い刺激になります!楽しみで楽しみで、本当にゾクゾクしております!

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
名脇役が揃い踏みでまさかの共同生活!各話の豪華ゲスト出演者も決定! ! 
ドラマ24「バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~」の各話のゲスト出演者が決定した。役所広司をはじめ荒川良々、池松壮亮、山口紗弥加、滝藤賢一など豪華な顔ぶれが揃い、主演の名脇役6人との相乗効果でドラマは更に面白くなりそうだ。役所広司、荒川良々、池松壮亮、山口紗弥加、滝藤賢一など豪華ゲスト出演者が決定!中盤以降も豪華ゲスト出演者を予定しているので乞うご期待!


----------------------------------------------------------------------------------------
【2016年12月19日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
1つ屋根の下、6人のおじさん達が強制的共同生活を送る!
リアルなようでしっかりドラマ!ドラマの割にはかなりユルい!
おじさんたちの微笑ましい共同生活を通して、
役者としての生き様がキュートに浮かび上がる!
渋くてカッコイイのにゆる面白い!“ゆるシブコメディー”誕生!

----------------------------------------------------------------------------------------
【2016年12月19日更新】
■ あらすじ(第1話「バイプレイヤーとシェアハウス」  2017/1/13放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
遠藤憲一、大杉漣、田口トモロヲ、寺島進、松重豊、光石研の6人の俳優(=いずれも本人)は、中国の動画配信サイトから大型ドラマの出演オファーを受ける。主演は大物俳優で、監督も世界的な人物だ。しかし監督から、役作りで絆を強めるためにシェアハウスで3カ月間、共同生活を送ってほしいという要望が。6人は戸惑いつつも和気あいあいと生活する。そんな彼らだが、実は10年前、仕事が原因でそれぞれにしこりが残っていた。

【ゲスト】役所広司

----------------------------------------------------------------------------------------
【2016年12月19日更新】
■ あらすじ(第2話「バイプレイヤーと共演NG 」  2017/1/20放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
寺島は、遠藤と松重が「キャラクターがかぶっているため共演NG」と書かれたインターネット記事を見つける。遠藤と松重は記事を穏やかに否定し、刑事ドラマ「相方」でW主演すると明かす。「相方」の撮影現場では、共演の荒川(荒川良々)が助監督から、遠藤と松重の前では「かぶる」という言葉を徹底的に禁止すると言われる。過去に2人が乱闘騒ぎを起こしたと聞いた荒川は、ピリピリとした雰囲気に緊張する。

【ゲスト】荒川良々・池松壮亮

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年1月20日更新】
■ あらすじ(第3話「バイプレイヤーとスキャンダル 」  2017/1/27放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
光石(光石研)は連続ドラマ「W不倫の悲劇」で共演中の山口(山口紗弥加)に誘われ、自宅を訪問。手料理を堪能して楽しい時間を過ごし、気分よく帰ろうとした光石は、ほろ酔いの山口に引き留められる。そんな光石に「不倫大キャンペーン中」の週刊誌の影が忍び寄る。シェアハウスでは、大杉が、松重(松重豊)に深刻な顔で「10年前に撮影した自主映画フィルムが盗まれた。犯人は同居する6人の中にいる」と相談する。

【ゲスト】滝藤賢一・山口紗弥加

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年1月29日更新】
■ あらすじ(第4話「バイプレイヤーとアクション 」  2017/2/3放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
直感派の寺島(寺島進)と理論派の田口(田口トモロヲ)は、役作りにおいても気が合わない。自主映画頓挫の一因ともなった不仲の2人が、アクション映画で共演することに。だが、田口のこだわりで撮影が遅れ、寺島は彼に駄目出し。しかし、クライマックスシーンで高所恐怖症の寺島がためらい、険悪な空気になる。2人のやりとりを見ていた主演女優も困惑してしまい…。

【ゲスト】清水富美加・平田満

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年2月4日更新】
■ あらすじ(第5話「バイプレイヤーと撮影中止 」  2017/2/10放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
朝食中、松重(松重豊)以外の5人は、10年前に撮影した自主映画のフィルムを盗んだのは彼ではないかと密談していた。そんな中、6人は女性シンガーのミュージックビデオに全員で出演することに。しかも内容は学園ドラマ仕立ての‘フケメンパラダイス’とのことで、一同は戸惑う。松重は、イケメン若手俳優と女性シンガーを取り合う高校生役を演じる羽目になり…。

【ゲスト】野村周平

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年2月11日更新】
■ あらすじ(第6話「バイプレイヤーとパクリ疑惑 」  2017/2/17放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
大杉(大杉漣)が「‘バイプレイヤーズ’の企画が売られた」と大騒ぎ。大杉は遠藤(遠藤憲一)に、企画書が持ち込まれたテレビ東京に確認してほしいと頼む。遠藤が松重(松重豊)を連れて訪ねたプロデューサーは、制作会社の担当者が辞めて困っていた。企画は担当者と脚本家が考えたもので、その脚本家はある俳優だという。大杉は、松重、光石(光石研)と共に俳優を待ち伏せする。

【ゲスト】竹中直人・滝藤賢一・古舘寛治・眞島秀和・森下能幸

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年2月18日更新】
■ あらすじ(第7話「バイプレイヤーと悪役 」  2017/2/24放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
自主映画フィルムの盗難も脚本の盗作も、全て大杉(大杉漣)のうそだった。「うそはなしにしよう」という松重(松重豊)の言葉に皆が同意する中、テレビでは寺島(寺島進)が悪役を演じる時代劇が流れる。寺島には、毎週のように手紙を送ってくる保育園児の兄と妹のファンがいた。感激した寺島は2人に会いに保育園へ。しかし、寺島が悪役のせいで、彼らはからかわれていた。それを見た寺島は、悪役をやめることを決意する。

【ゲスト】椎名桔平・松村邦洋

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年2月28日更新】
■ あらすじ(第8話「バイプレイヤーとキー局制覇 」  2017/3/3放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
大杉は4カ月前から「七人の侍」のリメーク企画の頓挫を知っていた。映画のフィルムを盗んだ犯人が5人の中にいると思いうそをついて共同生活をしていたのだ。激怒した5人は家を出て行く。そんな中、大杉は、不倫騒動でどん底だったが再起した俳優に遭遇。信頼回復の方法を聞くと、ゼロからやり直す覚悟で仕事をしたという。大杉は仕事を求めてテレビ局を回る。

【ゲスト】志田未来・滝藤賢一

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年3月8日更新】
■ あらすじ(第9話「バイプレイヤーと監督」  2017/3/10放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
10年前、ラストシーンを目前に撮影中止になった自主映画「バイプレイヤーズ」。大杉(大杉漣)は失踪中の監督・鬼屋敷を捜し出し、ラストシーンを撮ってもらいたいと他の5人に話す。だが、寺島(寺島進)らは「あの作品を終わらせた張本人」だと言い、協力を渋る。捜索を託された遠藤(遠藤憲一)と田口(田口トモロヲ)は、鬼屋敷が移住したと噂の「栗卒村」へ。そこは、住人が有名人にそっくりだという不思議な村だった。

【ゲスト】安田顕・川島海荷・村上淳・ダンディ坂野・岩松了

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年3月10日更新】
■ あらすじ(第10話「バイプレイヤーとマドンナ」  2017/3/17放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
盗まれたはずの映画「バイプレイヤーズ」のフィルムが、マドンナを演じた女優の家で見つかった。6人で確かめに行こうと盛り上がるが、光石だけは黙ったままだ。10年前、彼女の恋人役を演じて本気になり、ラブシーンをキャンセル。怒った彼女が降板し、撮影も中止になったからだ。ジャスミン(北香那)は光石に、彼女に謝るためにバラエティー番組出演の仕事を提示。応援団として、遠藤と松重の出演も決まる。

【ゲスト】夏川結衣・大地洋輔(ダイノジ)

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年3月20日更新】
■ あらすじ(第11話「バイプレイヤーとタブー 」  2017/3/24放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
「バイプレイヤーズ」のフィルムを取り戻した6人。大杉(大杉漣)が「帰ったら上映会をしよう」と言う横で遠藤(遠藤憲一)、松重(松重豊)、光石(光石研)の顔は浮かない。夜、6人とジャスミン(北香那)は上映会をする。ラストシーンを撮れば完成だと意気込む大杉だが、光石は「これ以上は無理だ」と言い出す。‘芸能界のドン’が愛人と映り込んでいるのだ。強行すれば芸能界追放の危機という状況の中、ある提案が舞い込む。

【ゲスト】佐々木希、岡田将生、大森南朋

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年3月27日更新】
■ あらすじ(第12話「バイプレイヤーとバイプレイヤーズ」  2017/3/31放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
仲たがいや芸能界追放の危機などの困難を乗り越えた遠藤(遠藤憲一)、大杉、田口(田口トモロヲ)、寺島(寺島進)、松重(松重豊)、光石(光石研)は、俳優仲間の協力もあり、10年がかりで映画「バイプレイヤーズ」の製作にこぎ着ける。そんなある日、6人は‘芸能界のドン’に呼び出される。彼らの目の前には拳銃を持った男がいた。そして大杉ら‘バイプレイヤー’のシェアハウスでの共同生活が終わりを迎える。

【ゲスト】池松壮亮、佐々木希、大森南朋、岡田将生、天海祐希
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック