2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

2017年冬、金曜ドラマ『山田孝之のカンヌ映画祭』

kage

2017/03/24 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★1月6日スタート 

テレビ東京系 毎週金曜 深夜0:52~深夜1:23

 山田孝之のカンヌ映画祭

Arika注目1h山田孝之カンヌを目指す!?
2016年夏、山田孝之は、映画監督・山下敦弘を呼び出す。山田は山下に、世界最高峰のカンヌ映画祭で賞をとりたいと告げる。後日、とある場所で集まった山田と山下は、早速映画の内容について話し始めた。
----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
監督:山下敦弘/監督:松江哲明/プロデューサー:大和健太郎 藤野慎也 山本晃久

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
山田孝之
1983年鹿児島県生まれ。スターダストプロモーション所属。99年のデビュー以降、作品ごとに多彩なキャラクターを演じ分け、日本を代表する俳優にまで上り詰めた。ドラマ「白夜行」(TBS系)、映画「クローズZERO」シリーズ、「闇金ウシジマくん」シリーズなど代表作多数。

★受賞歴
┣2004年度エランドール賞 新人賞(2004年)
┣第42回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演男優賞(『世界の中心で、愛をさけぶ』)
┣2006年度第48回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演男優賞(『白夜行』)
┣2011年度ニューヨーク・アジア映画祭 (New York Asian Film Festival) スター・アジア・ライジング・スター賞
┣2012年度第34回ヨコハマ映画祭 助演男優賞(『その夜の侍』『のぼうの城』『悪の教典』)
┣第17回日本インターネット映画大賞 日本映画部門 助演男優賞(『その夜の侍』『のぼうの城』『悪の教典』)
┣第67回日本放送映画藝術大賞 映画部門 最優秀助演男優賞受賞(『その夜の侍』)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

芦田愛菜
2004年6月23日生まれ。子役、タレント、歌手。愛称は「愛菜ちゃん」など。兵庫県西宮市出身、東京都在住。所属事務所はジョビィキッズプロダクション、所属レコード会社はユニバーサルミュージック。

★受賞歴
2010年
┣第34回日本アカデミー賞 新人俳優賞(『ゴースト もういちど抱きしめたい』)
┣第65回 ザテレビジョンドラマアカデミー賞 ザテレビジョン特別賞・新人賞(『Mother』)
┣2010年 東京ドラマアウォード 特別賞(『Mother』)
2011年
┣第20回 TV LIFE 年間ドラマ大賞2010 新人賞(『Mother』)
┣第7回 ドラマ・オブ・ザ・イヤー2010 新人女優賞(『Mother』)
┣2011年 東京ドラマアウォード 主演女優賞(『マルモのおきて』)
┣2011 小学館DIMEトレンド大賞 話題の人物賞
┣第53回 日本レコード大賞 特別賞(「マル・マル・モリ・モリ!」)
┣第44回 日本有線大賞 新人賞・特別賞(『薫と友樹、たまにムック。』)
┣第28回 浅草芸能大賞 新人賞
2012年
┣第54回 ブルーリボン賞 新人賞(『うさぎドロップ』、『阪急電車 片道15分の奇跡』)
┣第26回 日本ゴールドディスク大賞 ベスト5ニュー・アーティスト(邦楽)、ベスト5ソング・バイ・ダウンロード(「マル・マル・モリ・モリ!」)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ムロツヨシ
1976年1月23日生まれ。俳優。神奈川県出身。東京理科大学理学部数学科中退。ASH&Dコーポレーション所属。1999年から単独で舞台活動を開始するも下積み時代が続くが[6]、2005年の映画『サマータイムマシン・ブルース』を足掛かりに映画にも出演するようになった。2008年から始めた、舞台「muro式」[9]では脚本・演出・出演をしている[4][10]。また、2009年12月から舞台『muro式』の広報活動の一環として、muro式トークライブ「ムロツヨシ、バナシ」を開催している。2014年、『日経トレンディ』が選ぶ「今年のヒット人」に選ばれる。映画 『踊る大捜査線』シリーズ(2005年・2010年・2012年) で倉橋大助役で知られてる。 映画『疾風ロンド』出演の際、スキーを練習した。それ以来、趣味はスキー。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
山田孝之が今度はカンヌを目指す!? 映画制作を記録したドキュメンタリードラマ! 
山田孝之がカンヌ国際映画祭に向けて始めた映画制作の過程を記録した異色のドキュメンタリードラマ。監督は、「リンダ リンダ リンダ」や「苦役列車」などで知られる山下敦弘と、ドキュメンタリー監督の松江哲明が共同で担当する。山田が山下を呼び出し、「(映画の)賞が欲しい」と告げるところからスタートする同作。世界最高峰のカンヌ国際映画祭で賞を取ろうと、映画製作に奔走する山田のひと夏の記録。果たして、山田が作る映画とは一体どのような内容なのか?


----------------------------------------------------------------------------------------
【2016年12月19日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
2016年、夏。俳優の山田孝之は、映画監督の山下敦弘を呼び出し、世界最高峰の映画祭であるカンヌ国際映画祭で賞を取りたいと告げる。後日、とある場所で集まった山田と山下は、早速映画の内容について話し始め、制作をスタート。カンヌに向けてまい進していく。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2016年1月6日更新】
■ あらすじ(第1話  2017/1/6放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
俳優の山田孝之は、親交のある映画監督・山下敦弘を呼び出して、「カンヌ映画祭で賞を取りたい」と言う。後日、2人はある場所で、早速、映画の内容について話し始める。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年1月6日更新】
■ あらすじ(第2話  2017/1/13放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
 カンヌ映画祭を目指して映画制作に取り組むことになった山田孝之は「合同会社カンヌ」を設立。カンヌ映画祭について学ぶため、山田は監督の山下敦弘と主演の芦田愛菜と共に日本映画大学を訪問する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年1月15日更新】
■ あらすじ(第3話  2017/1/20放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
カンヌ映画祭で賞を取るためのヒントを日本映画大学で学んだ山田孝之、山下敦弘、芦田愛菜。3人は資金集めのためにパイロットフィルム制作に取り掛かる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年1月20日更新】
■ あらすじ(第4話  2017/1/27放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
映画制作に必要な資金を集めるためにパイロットフィルムを制作した山田孝之。フィルムを携えた山田は、芦田愛菜と山下敦弘監督と共に大手映画会社へ向かう。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年1月29日更新】
■ あらすじ(第5話  2017/2/3放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
映画制作に必要な資金集めに難航していた山田孝之は、山田の大ファンという会社経営者から出資の約束を取り付ける。山田はカンヌへ下見に行きたいと言う。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年2月4日更新】
■ あらすじ(第6話  2017/2/10放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
山田孝之と山下敦弘監督はカンヌ映画祭の会場を下見し、カンヌ事務局のスタッフにパイロットフィルムを渡す。さらに2人はフランスの映画人に会いに行く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年2月11日更新】
■ あらすじ(第7話  2017/2/17放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
山田孝之と山下敦弘監督は芦田愛菜と共にカンヌと関係が深いある監督に会うため奈良へ。監督から出演オファーを受けた山田は作品への出演を決断する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年2月18日更新】
■ あらすじ(第8話  2017/2/24放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
山田孝之がプロデュースする映画「穢の森」は脚本は作らず斬新な手法で撮影を行うことに。山田は芦田愛菜以外の出演者決めでも斬新な発想を披露する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年2月28日更新】
■ あらすじ(第9話  2017/3/3放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
映画「穢の森」で重要な‘木’のキャスティングは候補が決まらず難航していた。一方で、父親役の役作りに励んでいた男性俳優に山田孝之はある提案をする。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年3月8日更新】
■ あらすじ(第10話  2017/3/10放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
山田孝之は映画「穢の森」の母親・さちこ役をある女優にオファーしていた。合同会社カンヌを訪れた彼女は、芦田愛菜や愛人・北沢役とリハーサルを行う。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年3月10日更新】
■ あらすじ(第11話  2017/3/17放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
映画「穢の森」に母親・さちこ役で出演予定だった女優から断られた山田孝之。山田はさちこ役は俳優ではなくオブジェを使用することを独断で決めてしまう。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年3月24日更新】
■ あらすじ(第12話  2017/3/24放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
映画「穢の森」クランクイン当日、予期せぬ方向へと動き出した山田孝之プロデュース映画の現場。数日後、山田はスタッフを誘い故郷・鹿児島へ向かった。

関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック