FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

2017年冬、火曜ドラマ『幕末グルメ ブシメシ!』

kage

2017/02/28 (Tue)

Arikaシネマ2014b4

★1月10日スタート(から2月28日(火)<連続8回>)

NHK BSプレミアム 毎週火曜 午後11:15~午後11:45

 幕末グルメ ブシメシ!

Arika注目1h料理経験ゼロの武士が殿様専属の料理人に!
時は幕末、ところはお江戸、殿の参勤交代でまかり越しました酒田伴四郎。花の都のまん中で、愉快な日々と思いきや、妻子恋いしや、涙涙の単身生活。けれど殿や同輩、町娘、はては相撲取りにまで頼られて・・・ 包丁片手に、さばいて見せます、人情料理。

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:土山しげる「勤番グルメ ブシメシ!」(リイド社)/脚本:櫻井剛/演出:山内宗信 金澤友也 雫石瑞穂/制作統括:出水有三(NHK) 藤尾隆(テレパック)/プロデューサー:井上季子

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
酒田伴四郎(瀬戸康史)
高野藩藩士。職務は、殿様の身なりを整える衣紋方。マイペースな性格で気が弱く、参勤交代で江戸へ来るもののホームシックにかかり、料理上手の妻・すずを思い出しては泣いている。初心者ながらも、すずが荷籠に忍ばせた“献立”を頼りに料理を作り、周囲の人々の悩み事を解決していく。

松平茂照(草刈正雄)
伴四郎が仕える、高野藩のお殿様。いつも毒味の済んだ、冷めた料理しか食べられないことを不満に思っている。養子でありながら先代以上に家中を厳しく統率している改革派。茂照を快く思わない者も藩に存在するが、気にせず我が道をいっている。実は誰にも内緒の秘密の趣味を持っている。

矢沢五郎右衛門(田中 圭)
故郷にいたころからの伴四郎の幼なじみで同僚。勤勉で向上心があり江戸に来てからも進んで私塾へ通うなど、真面目な若者。新しいことに挑戦的である改革派の高野藩藩主・松平茂照のことを尊敬している。

お菊(酒井若菜)
仕出し「川原屋」の主人。亡き夫の残した店を守るため、必死に切り盛りしている。料理絡みの出来事で、なにかとお菊の前に現れる伴四郎のことを、ライバル視しているが…。

酒田すず(三吉彩花)
故郷にいる伴四郎の妻。伴四郎のことを常に心配しており(特に食べ過ぎ)、勤番で江戸に行く前に料理の指南書が入った葛篭をもたせた。その指南書がいつも伴四郎のピンチを救うことに!

お羽(草刈麻有)
鶏鍋「きじや」店主の娘。番付にも載る人気店の看板娘。父親思いで笑顔がチャームポイント。その笑顔で江戸の町の人気者でもある。

与一(クロちゃん(安田大サーカス))
仕出し「川原屋」の手代。お菊の元で働いている。15 年以上、「川原屋」で奉公している古株。実は本人も、誰も知らない秘密があって…。

お里(吉田沙保里)
お羽の幼なじみで鶏鍋「きじや」のファンで常連客。好物は軍鶏鍋。大店の後継娘で良い入り婿募集中である。

千代(戸田恵子)
高野藩藩主・松平茂照の正室。最近、気が塞いでいるのだが、茂照に心配をかけさせたくないゆえに、本当のことを言えずにいる。

菊池庄兵衛(徳井 優)
高野藩賄頭。高野藩衣紋方の平三のことを快く思っておらず、常に言い合いをしている姿がよく見られる。藩邸に仕出しに来ている「川原屋」のお菊にめっぽう弱い。

宇治井平三(平田 満)
高野藩衣紋方。伴四郎の叔父。おいっ子である伴四郎のことを我が子のようにかわいがっているが、自分の出世のために、ずる賢く伴四郎を使おうと企んだりもする。しかし、いつもうまくいかない、憎めない叔父上。

謎の中間
たまに江戸の町にふらふらと現れる謎の中間。鶏鍋「きじや」で伴四郎と出会うが…?


----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
瀬戸康史がNHK連続ドラマ初主演。グルメ時代劇で料理姿を披露! 
幕末の江戸を舞台に、マイペースで気の弱い勤番武士が、料理上手な妻の“献立”を頼りに、周囲の人々の悩み事を解決する1話完結の“ほのぼの時代劇”。主人公・酒田伴四郎に扮するのは、同局連続ドラマ初主演の瀬戸康史。殿の参勤交代で江戸へやって来たはいいが、妻子を恋しがり泣きながら単身生活を送る中で、伴四郎は、殿や同輩、町娘、果ては相撲取りにまで頼られて、人情料理を振る舞っていく。共演は、お殿様である松平茂照を演じる草刈正雄のほか、田中圭、酒井若菜、三吉彩花、平田満ら多彩なキャスト。


----------------------------------------------------------------------------------------
【2016年12月19日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
武士らしくない気の弱い性格の高野藩藩士・酒田伴四郎(瀬戸康史)は、参勤交代で単身江戸にやって来たが、料理上手の妻・すず(三吉彩花)のことを思い出しては泣いてばかりの毎日。そんなある日、叔父の宇治井平三(平田満)が、出世のために藩主である松平茂照(草刈正雄)に献上した干物を巡り、騒動がぼっ発する。
事態の収拾のため、なぜか伴四郎が殿のために料理を作ることに。料理などからきしダメな伴四郎だったが、そのピンチを救ったのは、愛する妻が荷籠に忍ばせた“献立”だった。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年1月9日更新】
■ あらすじ(第1話「茶粥でチャ・チャ・チャ」  2017/1/10放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
高野藩・衣紋方の伴四郎(瀬戸康史)は藩主・松平茂照(草刈正雄)の参勤交代で国元から江戸へ。最愛の妻子と離れ失意の日々を送っていた。ある日、伴四郎の叔父・平三(平田満)が出世のためと茂照に献上した干物を巡り、騒動が発生。事態収拾のため、なぜか伴四郎が茂照の料理を作ることになる。料理などしたことがない伴四郎の危機を救ったのは、出発の日に妻・すず(三吉彩花)から手渡された、料理の手順を記した帳面だった。


----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年1月15日更新】
■ あらすじ(第2話「筍と蛤のルンバ」  2017/1/17放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
 伴四郎(瀬戸康史)が町で出会った中間の正体が藩主・茂照(草刈正雄)と判明。茂照は無礼を許す代わりに、最近、ふさぎがちな正室・千代(戸田恵子)を元気づけるための‘気が晴れる料理’を作るよう伴四郎に命じる。伴四郎は江戸から逃げ出そうとするが、その途中、寺を参拝中の千代を見掛ける。やがて伴四郎は、すず(三吉彩花)の指南書を参考に、千代に料理を振る舞う。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年1月20日更新】
■ あらすじ(第3話「蒟蒻エレジー」  2017/1/24放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
伴四郎(瀬戸康史)は茂照(草刈正雄)から立石藩の屋敷への使いを頼まれる。近々、藩対抗の相撲大会が行われるため、相手方を偵察してきてほしいというのだ。偵察先で伴四郎は、非力な力士・小車(森田甘路)と出会う。「自分が藩代表の力士になる」と言い張る小車が、代表にこだわるのには理由があった。その理由を知った伴四郎は、相手方ながらも小車を応援したいと思う。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年1月25日更新】
■ あらすじ(第4話「蒟蒻エレジー」  2017/1/31放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
勤勉な五郎右衛門(田中圭)の様子がおかしい。原因は鶏鍋屋の娘・お羽(草刈麻有)への恋心だった。店主亡き後、料理の味が落ちたと悩むお羽を助けるため、五郎右衛門は勉学もそっちのけで彼女と料理開発に取り組む。同じ頃、藩に提出した建白書が認められ、修正を命じられた五郎右衛門は、野望も捨て切れず、伴四郎(瀬戸康史)にお羽と一緒に料理を作ってほしいと頼む。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年2月4日更新】
■ あらすじ(第5話「鶏と卵の親コンチェルト」  2017/2/7放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
茂照(草刈正雄)の隠し子騒動は、瓦版がでっち上げたでたらめかと思いきや、真実だった。子どもに「二度と会いたくない」と言う茂照に、伴四郎(瀬戸康史)は怒りをあらわにする。どんな状況で別れたにしろ、親が子に愛情を持たないなんて信じられないのだ。その頃、反茂照派である藩の重役衆は、隠し子を消す目的で捜し始めていた。そんな中、伴四郎は隠し子の正体を知る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年2月11日更新】
■ あらすじ(第6話「鯛のセレナーデ」  2017/2/14放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
不景気の影響を受ける仕出し「川原屋」のお菊(酒井若菜)は、掛け金の回収もままならず、藩との取引も打ち切られてしまう。その上、亡き夫の親戚衆からは、商売存続のため、料理人・京一(坪倉由幸)との縁談を強いられていた。お菊は苦し紛れに「伴四郎(瀬戸康史)と恋仲だ」とうそをつく。そこから伴四郎とお菊は京一を相手に料理勝負をすることに。腕利きの京一相手に尻込みする伴四郎だが、お菊の秘めた思いを知り…。



----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年2月18日更新】
■ あらすじ(第7話「渋柿レクイエム」  2017/2/21放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
平三(平田満)が伴四郎(瀬戸康史)に悪い知らせを持ち込む。故郷にいるはずのすず(三吉彩花)が五郎右衛門(田中圭)とあいびきをしていたというのだ。居合わせた茂照(草刈正雄)と偵察に出た平三は、すずに似た青海藩のお松(三吉=2役)と行動を共にする五郎右衛門を発見。近頃良くない噂がある青海藩だけに茂照はいぶかしむ。一方、伴四郎は五郎右衛門から脱藩計画を聞かされる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年2月25日更新】
■ あらすじ(第8話「魂のブシメシ!」  2017/2/28放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
脱藩を企て、藩を去ろうとした五郎右衛門(田中圭)は伴四郎(瀬戸康史)の前で捕縛されてしまう。五郎右衛門を助けようと牢(ろう)を訪れた伴四郎だが、面会できない。その上、五郎右衛門が生きることを諦めていると聞かされる。思いを断ち切れない伴四郎は、お松(三吉彩花)に会いに行く。しかし、彼女も生きる気力を失っていた。伴四郎は、五郎右衛門のために料理を作る。
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック