2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

2017年冬、金曜ドラマ『BS時代劇 雲霧仁左衛門3』

kage

2017/02/24 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★1月6日スタート 

NHK BSプレミアム 毎週金曜 午後8:00~午後8:45

 BS時代劇 雲霧仁左衛門3

Arika注目1hいずこへか姿を消してより1年、あの雲霧仁左衛門が帰ってきた。
因縁の藤堂家、そして宿敵・安部式部との勝負に決着をつけるために――。

池波正太郎原作の人気時代劇シリーズ「雲霧仁左衛門」第3弾。宿敵・藤堂家との因縁に一区切りをつけ、消息を絶った雲霧仁左衛門ら雲霧一党。1年後、雲霧の名をかたり、残虐な手口で金品を奪う盗賊が江戸の町に現れる。それは、雲霧仁左衛門をおびき出し、復讐を果たそうとする藤堂家江戸家老・ 磯部主膳 (春風亭小朝)の策略だった。 中井貴一演じる盗賊が絶対絶命の危機に!?
----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原案:池波正太郎「雲霧仁左衛門」/脚本:前川洋一 岡本さとる 松下隆一/演出:山下智彦 服部大二 前原康貴 井上昌典/制作統括:陸田元一 渡邊竜 山本敏彦

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
・雲霧一党
雲霧仁左衛門 (中井貴一)
盗賊・雲霧一党の首領。「殺さず、犯さず、貧しき者からは奪わず」のおきてを守り、まるで雲か霧のように跡形もなく、鮮やかな手口で盗みを働く。姿を消していたが、再び盗みを始める。

七化けのお千代(内山理名)
雲霧一党の一人。女中から大店のお内儀まで変幻自在に化ける。仁左衛門の下で働き、心から慕っている。

三坪の伝次郎(近藤芳正)
新たに小頭となった一党の司令塔。声色使いの名人で誰の声でも真似できる。

州走りの熊五郎(手塚とおる)
古参の幹部。怖ろしく身が軽く、走れば誰も追いつけない。

大工小僧七松(大東俊介)
ニセ雲霧との関りから一党に加わった大工。盗み細工が得意。

およう(朝倉あき)
一党の治平の娘。まだ経験は乏しいが、敵方へも果敢に先入していく。

おもん(遠藤久美子)
利助(松澤一之)
安濃津の定七(モロ師岡)
富の市(渡辺哲)
おかね(黒沢あすか)
治平(山本亘)
お松(紅萬子)
山猫の三次(高橋和也)
おちか(大塚千弘)

・火付盗賊改方・御先手組
安部式部(國村隼)
重罪である放火や盗賊を取り締まる火付盗賊改方の長官。歴代長官きっての知恵者。長官の職を一度は退いたが、雲霧一党の復活によって再度表舞台に立つ。

山田藤兵衛 (村田雄浩)
火付盗賊改方のナンバー2で、雲霧一党の捕縛に情熱を傾ける。普段は温厚な人柄だが、捕り物の現場に出れば鬼の士官と化す。

高瀬俵太郎(松田悟)
安部式部が信頼を寄せる若手の同心。正義感が強く真っすぐな性格。

志岡田甚之助(甲本雅裕)
(浅草の)政蔵(中西良太)
井口源助(石川典佳)
村田又四郎(山口翔悟)

・密偵
粂三(やべきょうすけ)
火付盗賊改方の密偵。裏の仕事に通じる。

お京(京野ことみ)
鹿伏の留次郎(南条弘二)
おしの(美山加恋)
弁治( 須藤公一)

・藤堂家
磯部主膳 (春風亭小朝)
藤堂家の江戸家老で、藩を動かす実力者。仁左衛門への復讐をたくらんでいる。

関口雄介(板尾創路)
磯部主膳が使う浪人。剣の達人であり、雲霧仁左衛門を打ち果たそうと付け狙う。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
中井貴一主演の人気時代劇シリーズ第3弾。宿敵との勝負に決着が!! 
好評を博した池波正太郎原作の人気時代劇の新シリーズ。姿を消してから1年、因縁の藤堂家、そして宿敵・安部式部との勝負に決着を付けるために、盗賊の首領である雲霧仁左衛門が再び江戸に姿を現す。主人公の仁左衛門を演じるのは中井貴一。安部式部に扮する國村隼のほか、内山理名、村田雄浩らおなじみの豪華メンバーがそろい、更に今作からは大東駿介、やべきょうすけ、春風亭小朝ら新たなメンバーも加わり、一層バージョンアップする。



----------------------------------------------------------------------------------------
【2016年12月19日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
自分たちを陥れた藤堂家への復讐を果たし、消息を絶った雲霧仁左衛門(中井貴一)。それから1年後の江戸では、死んだと思われていた仁左衛門の名をかたり、残虐な手口で金を奪う盗賊が現れて、騒ぎとなっていた。それは、仁左衛門をおびき出して復讐を果たそうとする藤堂家江戸家老・磯部主膳(春風亭小朝)の策略だった。

磯部の執拗な挑発で盗みを再開することになった仁左衛門。そして、一度は火付盗賊改方長官の座を退いた安部式部(國村隼)も復帰したことで、雲霧一党と火付盗賊改、藤堂家による三つ巴の戦いの火ぶたが切られる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年1月1日更新】
■ あらすじ(第1話  2017/1/6放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
藤堂家への復讐を果たした雲霧仁左衛門(中井貴一)が姿を消して1年。江戸では雲霧の名をかたる残虐な盗賊一味が世情を騒がせていた。安部式部(國村隼)は‘偽雲霧’の捕縛を命じられるが、この騒動は仁左衛門をおびき出そうとする藤堂家江戸家老・磯部(春風亭小朝)の策略だった。再集結した雲霧一党は、偽雲霧の正体を暴こうとする。しかし、お千代(内山理名)が捕らえられ、その窮地に仁左衛門が現れる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年12月10日更新】
■ あらすじ(第2話  2017/1/13放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
 雲霧仁左衛門(中井貴一)への復讐(ふくしゅう)を誓う磯部主膳(春風亭小朝)は、剣客・関口雄介(板尾創路)に雲霧一党の隠れ家を襲わせる。急襲により、藤堂家を探ってきた定七(モロ師岡)が命を落としてしまう。雲霧一党は、定七の仇を討つべく、磯部の資金源となっている大店を狙う。動きに気付いた安部式部(國村隼)に追われることになった一党は、新たに仲間に加わった大工小僧七松(大東駿介)の腕を生かした一計を案じる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年12月15日更新】
■ あらすじ(第3話  2017/1/20放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
雲霧一党の首領・仁左衛門(中井貴一)はみそやしょうゆを扱う大店・豊田屋を次の標的に定める。だが、金は特注の錠前が付けられたみそ・しょうゆ蔵にあるらしく、容易に手が出せない。雲霧一党の狙いが藤堂家の懇意にする大店にあると察知した式部(國村隼)は、配下の高瀬(松田悟志)を職人として豊田屋に潜入させる。さらに、雲霧の仲間に新しく加わった大工小僧七松(大東駿介)に幼なじみを近づけて、動きを探る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年12月20日更新】
■ あらすじ(第4話  2017/1/27放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
下駄雪駄商・丸子屋の様子を探る仁左衛門(中井貴一)配下の小頭・伝次郎(近藤芳正)は、店で働くおなみ(櫻井淳子)を見て、動揺する。おなみは、伝次郎の昔の仲間で元恋人だったが、娘・お志乃(春本由香)の祝言のために再び盗賊の引き込み役をしていた。だが、おなみの頭・平助(森下能幸)はおなみ母娘を人質に取り、伝次郎から丸子屋の金の在りかを聞き出そうとする。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年1月29日更新】
■ あらすじ(第5話  2017/2/3放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
雲霧一党を捕縛することができなかった式部(國村隼)は、以前捕らえた一党の富の市(渡辺哲)とおかね(黒沢あすか)を死罪でなく遠島に処し、奪還に来るところを一網打尽にしようともくろむ。仁左衛門(中井貴一)はこの挑戦を受けるが、江戸での計画はやむなく中止に。最後の機会となる浦賀での出航待ちの夜、偽の人別帳を紛れ込ませて混乱させた一党は、2人を救出するが…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年2月4日更新】
■ あらすじ(第6話  2017/2/10放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
雲霧一党を救ったのは仁左衛門(中井貴一)の兄貴分の大盗賊・暁星右衛門(柄本明)だった。後日、星右衛門は仁左衛門に最後の盗(つと)めへの協力を依頼する。狙いは日本橋の薬種問屋・松井屋。かつて仁左衛門が事を急いで押し込んだためしくじり、星右衛門に今も残るけがを負わせてしまった因縁の大店だ。他と組まない仁左衛門だが、店の名を聞き、おとり役を引き受ける。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年2月11日更新】
■ あらすじ(第7話  2017/2/17放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
星右衛門(柄本明)が仁左衛門(中井貴一)を裏切ったのは、藤堂家の藩医となった息子・道庵(永岡佑)の立場が危うくなると磯部(春風亭小朝)に脅されたためだった。星右衛門は磯部から息子の身分を担保する証文を受け取るが、関口(板尾創路)に殺される。一方、火盗の高瀬(松田悟志)が出入りする道場に潜り込むおよう(朝倉あき)は関口を怪しみ、星右衛門殺しの犯人と見抜く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年2月18日更新】
■ あらすじ(第8話  2017/2/24放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
仁左衛門(中井貴一)は藤堂家に狙いを定める。藤堂家当主・和泉守(田口浩正)が江戸に入り、警護の厳しくなった上屋敷で盛大な茶会が開かれることに。茶会は表向きで、手土産に忍ばせて老中らに賄賂を渡すのが磯部(春風亭小朝)の計略だった。その磯部に、関口(板尾創路)の引き渡しと雲霧からの警護を申し出て断られた式部(國村隼)は、仁左衛門の狙いが茶会当日と確信。磯部も仁左衛門が来ると読み、復讐を果たそうとしていた。
関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック