2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

(2017年メディアミックス作品)1月21日に映画公開される原作&コミック

kage

2017/01/21 (Sat)

とり

2017年に映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!
 ■ 映 画 化 作 品(1月21日全国公開)

1月21日(土)公開
・新宿スワンII
・沈黙  サイレンス
・劇場版 カードキャプターさくら リバイバル上映
・劇場版 黒執事 Book of the Atlantic


映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!

映画公開前にチェックするもよし、見た後でじっくり復習するもよし。

合わせて原作本・コミックを楽しんでください!







ジャンル:ドラマ
 新宿スワンII   【1月21日公開】

新宿スワン(2) (ヤングマガジンコミックス)/和久井健

¥価格不明
Amazon.co.jp

■内容紹介
歌舞伎町スカウトサバイバル
ここは新宿歌舞伎町───。白鳥タツヒコは仕事ナシ金もナシのどーしようもない19歳‥‥だった。ところがある日、スゴ腕風俗スカウトの真虎(マコ)に気に入られ、スカウトデビュー!! 女のコに声を掛け、水商売を紹介し、その紹介料で飯を食う歌舞伎町裏ビジネスの世界に足を踏み入れたのであった。

東京新宿歌舞伎町――。スカウト会社バーストの見習い社員である白鳥(しらとり)タツヒコは、ウハウハ高収入生活を夢見てがんばる19歳。だが現実はそう甘くなかった……。あっというまに一文なし、住む家さえも失って、最底辺からの再出発。歌舞伎町でのしあがるのは強いうえに賢い男だけ……!!

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1タッちゃんの純情馬鹿っぷりは見てて楽しい♪
全く知らない世界なだけに好奇心がそそられる

単純に読んでみればその面白さが分かるはず。口では言えない面白さ・・・それがこのマンガの醍醐味(?)。 表紙から受ける印象は重い感じですがほどよく笑いもあり読後感はいい。話も考えさせられるものが多く。なにより、主人公が魅力的で自然に読み進めたくなる。登場するスカウトたちは、狡猾な手段でお金を稼ぎながらも体を張って組織を守っていたり自分の一線があったりとそれぞれに魅力を感じます。女の子たちも、それぞれが頑張って生きている感じがこの手の題材にしては読みやすい。絵は好きにはなれないが、内容は面白かった。 タッちゃんの純情馬鹿っぷりは見てて楽しい。これでヤンキーモノじゃなくてスカウトの話なんだからタッちゃん応援せずにはいられないんだなぁ。ヒデヨシは自業自得にしか見えないけどどういう裏が出てくるのやら…。真虎、関、南・・・、ストーリー中の描写から人物の風貌から、脇役たちの過去も気になってきます。



■映画ストーリー
スカウト会社の新宿バーストが横浜に勢力を広げることになり、エース格となった白鳥龍彦(綾野剛)がその命を受ける。だが、横浜には横浜ウィザードのタキ(浅野忠信)が君臨。警察やヤクザともコネクションのあるタキの工作により、新宿バーストはピンチを迎えてしまう。龍彦は、歌舞伎町を守るために立ち上がり……。

★映画チェック★
新宿・歌舞伎町を舞台にした和久井健のコミックを、『ヒミズ』などの園子温が監督し、『日本で一番悪い奴ら』などの綾野剛主演で実写化した『新宿スワン』の続編。水商売や風俗、AVなどに女性を送り込むスカウト会社に属する主人公が、勢力拡大をもくろみ殴り込みをかけた横浜を牛耳る最強の敵と衝突し、全面戦争を繰り広げる。綾野や伊勢谷友介らが続投するほか、新たに浅野忠信や広瀬アリス、椎名桔平らが出演。豪華キャストの競演とアクションが見どころ。


■スタッフ
プロデューサー: 山本又一朗
脚本: 水島力也
監督: 園子温
原作: 和久井健
主題歌: MAN WITH A MISSION
挿入歌: UVERworld / MY FIRST STORY
製作年:2017年
製作国:日本
日本公開:2017年1月21日
上映時間:2時間13分
製作・製作プロダクション:トライストーン・エンタテイメント
製作:講談社 / ジャパン・ミュージックエンターテインメント / ハピネット
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

■キャスト(役柄:俳優)
白鳥龍彦: 綾野剛
滝正樹: 浅野忠信
真虎: 伊勢谷友介
関玄介: 深水元基
時正: 村上淳
洋介: 久保田悠来
森長千里: 上地雄輔
小沢マユミ: 広瀬アリス
アリサ: 高橋メアリージュン
田坂晃: 中野英雄
砂子: 笹野高史
梶田: 要潤
涼子: 山田優
山城神: 豊原功補
天野修善: 吉田鋼太郎
住友: 椎名桔平







ジャンル:宗教/人間ドラマ
  沈黙  サイレンス  【1月21日公開】

沈黙 (新潮文庫)/遠藤 周作

¥価格不明
Amazon.co.jp

■内容紹介
第2回(1966年) 谷崎潤一郎賞受賞
島原の乱が鎮圧されて間もないころ、キリシタン禁制の厳しい日本に潜入したポルトガル人司祭ロドリゴは、日本人信徒たちに加えられる残忍な拷問と悲惨な殉教のうめき声に接して苦悩し、ついに背教の淵に立たされる……。神の存在、背教の心理、西洋と日本の思想的断絶など、キリスト信仰の根源的な問題を衝き、〈神の沈黙〉という永遠の主題に切実な問いを投げかける長編。

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1 人の思いの悲しみや強さなど人間の根源に語る本。
キリスト教徒でなくても、信じるということを考えた1冊 

日本人がこれを書いたということがまずすごいし、信仰のあり方、人間の内面の葛藤を見事に描いている。主人公の司祭の「信仰」が独りよがりの思い込みから、本当の心のそこからの信仰に移り変わっていく、その変遷がしっかりと丁寧に描かれている。本当の信仰とは何か、難しいところだが、「肯定と否定を乗り越え心の底から湧き出づる、何かを信ずるという衝動」とでも言おうか。江戸時代の、渡来した宣教師とキリスト教弾圧について書かれた小説です。信仰に関係なくとも、「苦しいときの神頼み」というように、誰しも神様の手助けが欲しいときがあるでしょう。そんなとき、神様があらわれてあなたを救ってくれることはありません。それどころか、もっとひどい戦争や災害にも、神様があらわれたためしはないのです。人間性を試されるような状況の中、現在でも同じ問いは繰り返されています。なぜ、神様は黙って見過ごしているのか?キリスト教の知識の土台がある、なしにかかわらず、読み終わった後で、読む前と同じ人間でいられない、強い衝撃を持った小説です。助けたかった人々が、自分が存在しているために死んでゆく。そして彼らを助けるためにはいちばん大切なものを捨てなければならない…。ロドリゴはどれだけ苦しかっただろう、と思うとともに、なぜ彼らはこの時代に生まれたがために苦しまなければならなかったのだろう、とやるせない気持ちになった。 人間の無力さ、西洋と日本の思想の違い、神の存在の有無…などに思いを巡らせたが、言葉にしたら陳腐になりそうで何も言えない。重く深く、踏み込んではいけない領域に踏み込む、そして考えさせられた一冊でした。宗教は気にせず読んで欲しい。





■映画ストーリー
江戸幕府によるキリシタン弾圧が激しさを増していた17世紀。長崎で宣教師のフェレイラ(リーアム・ニーソン)が捕まって棄教したとの知らせを受けた彼の弟子ロドリゴ(アンドリュー・ガーフィールド)とガルペ(アダム・ドライヴァー)は、キチジロー(窪塚洋介)の協力で日本に潜入する。その後彼らは、隠れキリシタンと呼ばれる人々と出会い……。

★映画チェック★
遠藤周作の小説「沈黙」を、『ウルフ・オブ・ウォールストリート』などの巨匠マーティン・スコセッシが映画化した歴史ドラマ。17世紀、キリシタン弾圧の嵐が吹き荒れる江戸時代初期の日本を舞台に、来日した宣教師の衝撃の体験を描き出す。『アメイジング・スパイダーマン』シリーズなどのアンドリュー・ガーフィールドをはじめ窪塚洋介や浅野忠信ら日米のキャストが共演。信仰を禁じられ、苦悩する人々の姿に胸が痛む。


■スタッフ
原作: 遠藤周作
監督: マーティン・スコセッシ
脚本: ジェイ・コックス
撮影: ロドリゴ・プリエト
美術: ダンテ・フェレッティ
編集: セルマ・スクーンメイカー
英題:SILENCE
製作年:2017年
日本公開:2017年1月21日
上映時間:2時間42分
配給:KADOKAWA
製作会社:Cappa Defina Productions / Fabrica de Cine / Sikelia Productions / Verdi Productions / Waypoint Entertainment

■キャスト(役柄:俳優)
ロドリゴ: アンドリュー・ガーフィールド
フェレイラ: リーアム・ニーソン
ガルペ: アダム・ドライヴァー
キチジロー: 窪塚洋介
通辞: 浅野忠信
井上筑後守: イッセー尾形
モキチ: 塚本晋也
ハル: 小松菜奈
チョウキチ: 加瀬亮
イチゾウ: 笈田ヨシ






ジャンル:美少女
 劇場版 カードキャプターさくら リバイバル上映  【1月21日公開】

なかよし60周年記念版 カードキャプターさくら(9)<完> (KCデラックス なかよし)/講談社

¥価格不明
Amazon.co.jp

■内容紹介
エリオルの魔法を破り、あつめた「クロウカード」を「さくらカード」に変えていくさくら。そんななか小狼が香港に帰ってしまう…!? いよいよ物語は感動のクライマックスへ。大完結の第9巻!! なかよし60周年を記念して伝説の名作が全9巻に再編されて甦る! 大人気だったトレカデザインのイラストカードを同梱。また書籍未収録の特別イラストを収録したデジタル版も読める(2018年8月31日まで)。

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1さくらカードに全て変わったあとの展開がグイグイキュンキュンくる  
さくらカード編完結。連載当時中学生の自分は「散らばったクロウカードが人に迷惑をかけない様に探して封印する」という部分が好きだった様で、サブキャラの事情などはまるで記憶に残っていなかった。お父さんとおじいさんの関係の修復とか、なかなか良い話だし、読み返して良かった。小狼とさくらは昔から好きで、ラストは鮮明に覚えていた。やっぱり今読んでも可愛い。世界最高の魔力を持ったエリオルの予知ですらさくらちゃんと小狼のハッピーエンドはわからなかったらしいけれど、どうも桃矢は小狼に初めて会った時点で分かっていた様子。これは…妹への愛がなせる業かな?こっからクリアカード編に入っていくってことですね!今から楽しみでならん!



Arika注目1hCLAMPによる人気漫画をアニメ化した「カードキャプターさくら」の1999年に公開された『劇場版 カードキャプターさくら』が、1月21日に新宿ピカデリーほか全国9か所の劇場でリバイバル上映
原作は「なかよし」(講談社)で1996年より連載された超人気コミック。主人公の木之本桜がカードキャプターさくらとなって、封印が解かれるとこの世に災いをもたらすという“クロウカード”の起こす事件を解決しながら回収していく物語だ。1998年にはNHKでテレビアニメ化され、2つの劇場版も製作された。連載開始20周年を迎えた今年は、新たなプロジェクトが始動。「なかよし」で16年ぶりとなる新章「クリアカード編」がスタートするなど、再び注目を浴びている。リバイバル上映されるのは、香港を舞台にさくらが最大のピンチに立ち向かっていく姿を描き、観客動員数50万人以上を記録した『劇場版 カードキャプターさくら』(1999年)。新宿、池袋、川崎、梅田、難波、京都、名古屋、福岡、札幌の全国9都市の劇場で上映される。


■映画ストーリー
「魔法騎士レイアース」や「xxxHOLiC」シリーズなどで知られる漫画家集団、CLAMPのコミックを原作にしたテレビアニメの劇場版。世界の命運を握るカードをめぐる戦いと冒険に身を投じる少女たちの活躍を追い掛ける。監督にテレビアニメ「ちょびっツ」などの浅香守生、ボイスキャストに丹下桜、岩男潤子、久川綾のほか、関智一、緒方恵美、林原めぐみらが結集している。ヒロインたちの個性豊かなキャラ造形、かわいらしいコスチュームに夢中になる。

★映画チェック★
さくらは、商店街の福引で特賞である香港旅行を当てる。出張に行かなければならない父親に代わって兄の桃矢が保護者として同行、親友の知世、桃矢の親友でさくらがひそかに憧れている雪兎も加わって香港へ向かうことに。日本とは違う香港の風景を目にしてはしゃぐさくらだったが、いつも奇妙な小鳥が自分のそばにいることに気付く。さらに、白い布が静かにたなびき、水をたたえた空間に謎めいた魔道士がたたずんでいる夢を見る。


■スタッフ
原作・ゲストキャラクターデザイン
原案・コスチュームデザイン: CLAMP
監督: 浅香守生
キャラクターデザイン: 高橋久美子
脚本: 大川七瀬
美術監督: 針生勝文
撮影監督: 白井久男
音楽: 根岸貴幸
音響監督: 三間雅文
製作年:1999年
製作国:日本
日本公開:1999年8月21日
制作:マッドハウス

■キャスト(役柄:声の出演)
木之本桜: 丹下桜
大道寺知世: 岩男潤子
ケルベロス: 久川綾
木之本桃矢: 関智一
月城雪兎: 緒方恵美
木之本藤隆: 田中秀幸
李小狼: くまいもとこ
李苺鈴: 野上ゆかな
魔導士: 林原めぐみ
李夜蘭: 井上喜久子
クロウ・リード: 林一夫






ジャンル:アクション/推理
  劇場版 黒執事 Book of the Atlantic  【1月21日公開】

【映画パンフレット】 劇場版 黒執事 Book of the Atlantic/東宝

¥価格不明
Amazon.co.jp

黒執事(11) (Gファンタジーコミックス)/スクウェア・エニックス

¥価格不明
Amazon.co.jp

■内容紹介
その執事、死亡。かーらーの!? 殺害されたセバスチャンの依頼でやってきた名探偵・ジェレミーの正体はセバスチャンだった!? そんな奇妙な状況を成立させるため、裏で行われていた執事による壮大な自作自演とは!? No.1執事コミック、酔狂な最新刊登場!!

黒執事(12) (Gファンタジーコミックス)/スクウェア・エニックス

¥価格不明
Amazon.co.jp

■内容紹介
あの死神、再登場DEATH★ 秘密結社・暁(アウローラ)学会の人体蘇生によって動き出した死体達。人間を襲う大量の“奴ら”のせいで、豪華客船上はパニックに!?

黒執事(13) (Gファンタジーコミックス)/スクウェア・エニックス

¥607
Amazon.co.jp

■内容紹介
見ないで! 可愛くなくて、強いあたしを。 豪華客船上を埋め尽くす動く死体。絶体絶命のピンチを救ったのは、シエルの婚約者・エリザベスだった―!! 天真爛漫な少女が明かす、胸に秘めた想いとは…。

黒執事(14) (Gファンタジーコミックス)/スクウェア・エニックス

¥607
Amazon.co.jp

■内容紹介
灰は灰に…悪魔を塵に…斬り刻まれた命が奏でる、笑えない葬送曲――。 葬儀屋の死神の鎌に斬り付けられたセバスチャン。その傷口から溢れ出す走馬灯劇場…演目は“シエルとの出逢い”。セバスチャン目線で語られる二人の過去とは!? 大人気豪華客船編最高潮!!

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1 船が死体でパニック。バイオハザードっぽい。
二人だけの閉じられた世界で成長するセバスチャンとシエル 

客船編(11-14巻)。死者の蘇生に成功したという暁学会の調査を命じられたシエルは、彼らが乗り込んだという豪華客船カンパニア号の処女航海にセバスチャン、そして新たに使用人となったスネークを伴い参加する。かねてよりシエルに声をかけていたリジーとミッドフォード一家も乗船しており、リジーはシエルと旅行できることを喜ぶ。さらには死神ノックスも一般人を装って乗り込んでおり、不吉な台詞を漏らす。夜、会員を装って暁学会の集会に先入したシエルらはそこで葬儀屋やドルイット子爵と出くわす。そして、会長のリアン・ストーカーより、蘇生のデモンストレーションが行われるが、復活した死体は生きた人間を襲い始める。船倉に積まれた数多の棺から出てきた動く死体を何とか殲滅し、被害を未然に防いだ上でリアンを捕まえたシエルらだったが、彼から、この10倍の死体が別の船倉にあることを明かされる。直接的な対応では既に手遅れと判断したシエルは、死体を止める装置があるというリアンの部屋を目指す。大勢の死体達が次々と乗員乗客を襲う混乱の中、さらに船は氷山にぶつかり、沈没し始める。

セバスチャンの努力が涙ぐましい…。食事の準備をしてるところで笑ってしまったwあれの犯人は思いもよらなかったというか、すっかり存在を忘れてたなぁ。偽物から本物になるための努力。最初から完璧ではなかった2人のあの日々を経ての、意地で掴んだ手。大量の動く死体に氷山との衝突怒濤の展開。そして、あの死神が再登場したかと思えば、リジーが大活躍。可愛いだけじゃない。ミッドフォード侯爵家好きです。そしてあの人の正体。しかもイケメンやないか。謎は残されたけど、セバスチャンの暗躍で豪華客船編が終わった。海面を埋め尽くすゾンビが怖すぎです。続く新章は寄宿学校編。生徒も寮監も、空席をどうやって作ったのか考えると怖いな(笑)。セバスチャンにとってシエルの魂は契約の報酬であり、ご馳走。簡単に死なせないのは、まさに熟成させているということか…。葬儀屋はどっか行っちゃったのかな。葬儀屋の謎は深まるばかりだし、イースターの話ではほのぼのしつつもシエルの謎も深まるし、そんな中で新編突入。謎が多すぎて気になるので、早い再登場を望む。







■映画ストーリー
19世紀の英国。名門貴族ファントムハイヴ家に仕える執事のセバスチャン・ミカエリスは、13歳の主人シエル・ファントムハイヴと一緒に、“女王の番犬”として裏社会の仕事にいそしんでいた。あるとき、シエルとセバスチャンは死者が生き返るといううわさを調べるべく、豪華客船カンパニア号に乗り込むことになり……。

★映画チェック★
テレビアニメや舞台、実写映画にもなった枢やなのコミックの中で、人気の高いエピソード「豪華客船編」をアニメ化した劇場版。19世紀の英国を舞台に、名門貴族に仕える執事と彼の主人である13歳の少年が、死者蘇生のうわさを調査すべく豪華客船で繰り広げる活躍を描き出す。監督は『BLEACH ブリーチ』『黒執事』シリーズなどの阿部記之。小野大輔と坂本真綾がそれぞれ執事と主人の声を担当。船上という究極のシチュエーションで起こる事件に立ち向かう二人の活躍が見どころ。


■スタッフ
原作: 枢やな
監督: 阿部記之
脚本: 吉野弘幸
キャラクターデザイン・総作画監督: 芝美奈子
サブキャラクターデザイン: 川口千里
プロップデザイン: 福世真奈美
美術監督: 渡辺幸浩
美術設定: 森岡賢一
色彩設計: ホカリカナコ
撮影監督: 増元由紀大
CG監督: 茶谷崇裕
編集: 後藤正浩
音楽: 光田康典
製作年:2017年
製作国:日本
日本公開:2017年1月21日
上映時間:1時間40分
制作:A-1 Pictures
配給:アニプレックス
製作:Project Atlantic

■キャスト(役柄:声の出演)
セバスチャン・ミカエリス: 小野大輔
シエル・ファントムハイヴ: 坂本真綾
エリザベス・ミッドフォード: 田村ゆかり
葬儀屋: 諏訪部順一
グレル・サトクリフ: 福山潤
ロナルド・ノックス: KENN
ウィリアム・T・スピアーズ: 杉山紀彰
スネーク: 寺島拓篤
バルドロイ: 東地宏樹
フィニアン: 梶裕貴
メイリン: 加藤英美里



関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック