2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

2017年冬~春、土曜ドラマ『豆腐プロレス』

kage

2017/07/01 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★1月21日スタート 

テレビ朝日系 毎週土曜 深夜2:35~深夜3:00

 豆腐プロレス

Arika注目1h「AKB48凋落」の烙印を覆せ! 結成12年のAKB48の新境地『豆腐プロレス』!
AKB48グループのメンバーが多数出演する女子プロレスをテーマとしたテレビドラマ。2クール放送予定。主演はHKT48の宮脇咲良。AKB48グループ総合プロデューサーの秋元康は「ヤンキー、キャバクラ嬢、次は、プロレスにしようとかなり前から企画していた」として、メンバーの賛同を得られたことからプロジェクトが開始した。

タイトルの「豆腐プロレス」にはプロレスの真剣勝負を言う「セメント」にはならず、所詮アイドルの「なんちゃってプロレス」になるにしても、気持ちは「セメント」、実際は「柔なもの」=「豆腐」という意味が込められている。公式略称は宮脇咲良が発案した「まめプロ」。

現役プロレスラーの下田美馬と元プロレスラーのミラノコレクションA.T.が指導者となり、加えてバラエティ番組でのプロレス経験者を2名(横山由依・島田晴香[注 1][7])出演させ、出演メンバーらは本格的なプロレスのトレーニングを行い、ドラマでありながらも真剣勝負を展開していく[4]。トレーニングの模様や撮影の裏側などは公式サイト(YouTube・tvasahi公式チャンネル)上で更新される動画コンテンツ『ROAD to W.I.P.』内で公開されている[8]。

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
企画・原作:秋元康/監督:豊島圭介/脚本:徳尾浩司/音楽:スキャット後藤/プロレス指導 :ミラノコレクションA.T.、下田美馬/コスチュームデザイン :えぐちりか/タイトルバックイラスト :広く。/コンテンツビジネス : 小野仁(テレビ朝日)/協力 : AKS、Y&N Brothers、新日本プロレスリング

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
■W.I.P.(ワールド・アイドル・プロレスリング)


テレビ中継もされ女子中高生に人気を誇るプロレスイベント。リーグ登録の条件は女子高生(年齢は問われない)レスラーであること、条件を満たすレスラーがジムに6人以上いることである。

■錦糸町道場


元プロレスラー・ウロボロス洋平の営むプロレス道場。宮脇豆腐店と併設。豆腐店経営の傍ら後進を育てていたが、後輩・矢崎の裏切りにあい、ほとんどの選手を白金ジムに引き抜かれる。キャッチフレーズは「泣きべそより汗をかけ!」。

宮脇咲良(宮脇咲良 )
普通の女子高校生。母親を早くに亡くし、豆腐店とプロレス道場「錦糸町道場」を営む父親・ウロボロス洋平と暮らしている。プロレスを嫌悪していたが父親が急死し、その思いを継いでプロレスの世界に入る。

向井地 美音(向井地美音)
咲良の親友。咲良につきあう形で、戸惑いながらも道場に入ることになる。コスチュームモチーフは「お菓子」。

横山 由依(横山由依(2006年時:原舞歌))
小学生の頃に道場に入門し、洋平によるトレーニングを積んできた。白金ジムに有望選手を引き抜かれた末、唯一残っていた門下生[3]。W.I.P.に参加するため、通信制高校に入学した。周りが現役高校生の中でひとり24歳であるため、オバサン扱いを受ける。プロレスをする傍ら、豆腐店も手伝う。

木﨑 ゆりあ(木﨑ゆりあ)
ヤンキー女子と喧嘩に明け暮れる孤高のアウトロー。咲良からスカウトを受ける。

加藤 玲奈(加藤玲奈)
ティーン雑誌「エイティーン」の読者モデルで校内の人気者。スクールカースト上位であり、取り巻きに囲まれている。咲良からスカウトを受けるが、「興味ない」と断ってしまう。

古畑 奈和(古畑奈和)
吹奏楽部所属で学内でいつもサックスを吹いているが、立場としては万年補欠にある。咲良からスカウトを受けるが、「興味ない」と断ってしまう。

ウロボロス洋平[宮脇 洋平](菅原大吉)
咲良の父親で、かつては「週刊プロレスの道」表紙も飾った帝国プロレスの元プロレスラー。宮脇豆腐店を営む傍ら、錦糸町道場を運営していたが急死する。プロレスに関してはエンターテインメント性より強さの追求を重んじるが、その信条が元で矢崎の離反につながってしまう。


■白金ジム


W.I.P.の主力ジム。有金スタジアムでの「有金スペシャルマッチ」のプロモートも行い、錦糸町道場の土地建物も保有する。

松井珠理奈/ ハリウッドJURINA(松井珠理奈)
白金ジムに所属する、W.I.P.(ワールド・アイドル・プロレスリング)のスター選手。通称「銀の雨」。エメラルドHARUKAと「パワーストーンズ」というペアを組む。必殺技はフライングJURINA。実は右足を怪我している[15]。演じる松井によると同郷のオカダ・カズチカをイメージして役作りをしている。

兒玉 遥 / エメラルドHARUKA(兒玉遥)
ハリウッドJURINAと「パワーストーンズ」というペアを組む。得意技は複合関節技であるジャベ。普段は地味で真面目でおとなしく、眼鏡を着用する。繊細で傷つきやすい性格で、リングネームもここに由来する。

島田 晴香 / ユンボ島田(島田晴香)
クイウチ松村とタッグチーム「工事現場同盟」を組むヒールレスラー。金髪のモヒカン頭で顔にはペインティングを施し、右腕にアームカバーをしている。得意技はジャイアントスイング。

松村 香織 / クイウチ松村(松村香織)
ユンボ島田と「工事現場同盟」を組むヒールレスラー。島田と同じく顔にペインティングを施し、左腕にアームカバーをしている。得意技はクイウチチョップ。

山田 野絵 / ボイス山田(山田野絵)
「工事現場同盟」のセコンドとして登場。目の周りに赤いアイメイクを施している。得意技はこけしで、技の為に常に水泳キャップを持参している。

白間 美瑠 / 道頓堀白間(白間美瑠)
W.I.P.の次世代エース候補。劣勢に陥ると「なんでやねん!」とツッコミし、ドラゴン・スクリュー、レッグスクリューで逆転するのが定番ムーブ。得意技はD-STF(道頓堀STF)。

須田 亜香里 / オクトパス須田(須田亜香里)
飛び付き卍固め(オクトパスホールド)の使い手。とどめを刺すときのチューチューポーズは中高生にも人気で、技が決まった後は須田がチューチューフェイスをしながら、客席も「チューチュー」という。体が柔らかくマトリックスも使用する。

高柳 明音 / バード高柳(高柳明音)ストリートファイトスタイルで戦うレスラー。蹴り技を得意にし、必殺技はPK。いじめられっ子で、飼っていたインコが唯一の友達だったという過去がある。

木下 百花 / イケメン百花(木下百花)
白金ジムメンバーを遠目から見守る謎の人物。

湯本 亜美 / コマネチ湯本(湯本亜美)
ロンダートエルボーをローリングコマネチの名前で使用する軽業戦士。勝利の際は「ゴールドメダルポーズ」を決める。

中井 りか / MAX中井(中井りか)
白金ジム練習生。

加藤 美南 / バトンかとみな(加藤美南)
白金ジム練習生。

矢崎 英一郎(渡辺いっけい)
白金ジムの創設者。かつて洋平の弟子であったが、師匠を裏切りジムを新設する。咲良にプロレスの世界に入るよう仕組んだ人物。洋平の死後、錦糸町道場を買収しようとするが、ジムを訪れた咲良を挑発し、プロレスの世界へ誘う。強さを追い求めるプロレスは時代に合わないと、美しさを求める華やかなアイドルプロレスを追及する白金ジムを設立。プロレスはショービジネスと捉えている。

アリゲート流司[坂巻 流司](今野浩喜)
かつて帝国プロレスでウロボロス洋平とタッグを組んでいた元プロレスラー。ワニの背骨を折ったという伝説を持つが、酒に溺れたのちにタッグ解消を言い渡され消息を絶つ。現在はスーパーの警備員をしており、断酒の集会に通っているが、密かに酒は飲んでいる様子。咲良と美音にトレーナーになってくれと懇願されるが、その誘いを断ってしまう。

フェアー・オオコウチ(江利川祐)
W.I.P.レフェリー

神宮寺 一馬( 野上慎平(テレビ朝日アナウンサー))
W.I.P.の実況アナウンサー。

時宗 正子(佐藤真弓)
W.I.P.の解説者。

咲良の母(田中あい(写真のみの出演))
咲良が幼い頃に病死。忌日に洋平の決勝試合があり、洋平は病室で付き添っていたものの、病室を追い出してまでチャンピオンベルトを望んでいた。

主要ゲスト
古舘 伊知郎 - 古舘伊知郎(試合実況アナウンサーとして声の出演)(1話)
土地建物の査定人 - 辻修(1話)
玲奈の取り巻き - 水野怜那、穴田ちひろ、二階堂姫瑠(2,3話)
女子高生ファン - シャーロック麗良(2話)
芸能プロダクション・森プロの馬場 - 村上航(3話)
アリゲート流司の住むアパート住人 - 小貫加恵(3話)

オープニングナレーション:加藤登紀子

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
AKB48グループのメンバーがプロレスラーに扮し、ガチンコの肉弾戦を展開! 
AKB48グループが「プロレス×ドラマ」という異色のテーマに挑むエンターテインメントドラマ。同グループのメンバーたちが女子プロレスラーに扮し、ガチンコの肉弾戦を展開する。彼女たちは現在、第一線で活躍したプロレスラーから本格的なトレーニングを受けており、そこで磨いたプロレス技を劇中でさく裂させる。
“アイドル×プロレス”という大型プロジェクトにふさわしい実力の持ち主、そして次世代のAKB48をけん引するメンバーという観点からプロデューサーの秋元康が選抜した“つわ者”たちが出演。宮脇咲良、松井珠理奈、兒玉遥、島田晴香、白間美瑠、松村香織、向井地美音、横山由依らが“参戦”する。 ----------------------------------------------------------------------------------------
【2016年12月19日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
母親を早くに亡くした女子高校生・宮脇咲良は、父・ウロボロス洋平(菅原大吉)と平穏に暮らしていたが、ある日、洋平が急死する。洋平はかつて王者にまで登り詰めたプロレスラーで、引退後は豆腐店のかたわら「錦糸町道場」を経営。道場から王者を輩出したいと選手の育成に力を注いでいた。

しかし、弟子の矢崎英一郎(渡辺いっけい)の裏切りで新設団体「白金ジム」に有望選手をごっそり引き抜かれ、残っている門下生は横山由依たった一人という落ちぶれようだった。これまでプロレスを嫌悪してきた咲良だったが、亡き父の家族への思いとプロレスへの情熱を知り、矢崎からも思わぬ挑発を受けたことで、プロレスの世界に身を投じることになる。


----------------------------------------------------------------------------------------
【2016年1月19日更新】
■ あらすじ(第1話  2017/1/21放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
母を早くに亡くした咲良(宮脇咲良)は、豆腐店とプロレス道場「錦糸町道場」を営む父・洋平(菅原大吉)と暮らす普通の女子高生。元プロレスラーの洋平は道場からチャンピオンをと頑張っていた。ところが、弟子・矢崎(渡辺いっけい)の裏切りによって新設団体「白金ジム」に有望選手を引き抜かれ、門下生は由依(横山由依)だけという事態に。そんな中、洋平が急死。父の思いを知った咲良はプロレスの世界へと足を踏み入れる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年1月20日更新】
■ あらすじ(第2話  2017/1/28放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
洋平(菅原大吉)の道場を守ると決めた咲良(宮脇咲良)だが、現役高校生による女子プロレスリーグ「WIP」に参戦するには選手6人以上の団体をつくることが条件。咲良は美音(向井地美音)と学校で募集を始めるが、相手にされない。24歳の由依(横山由依)は通信制高校に入り直す。そんな中、咲良と美音は、洋平と昔組んでいた坂巻(今野浩喜)にトレーナーを依頼しに行く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2016年12月29日更新】
■ あらすじ(第3話  2017/2/4放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
女子高生プロレスラーになる仲間を探す咲良(宮脇咲良)と美音(向井地美音)は、粘り強く玲奈(加藤玲奈)や古畑(古畑奈和)らに声を掛け続ける。「WIP」の登録締め切りが迫る中、咲良は矢崎(渡辺いっけい)から女子プロレスで勝って借金を返せないなら全てをもらうと宣告される。一方、試合会場では右足のけがを隠して戦っていた珠理奈(松井珠理奈)が、遥(兒玉遥)に見抜かれる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年2月5日更新】
■ あらすじ(第4話  2017/2/11放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
横山(横山由依)の指導の下、咲良(宮脇咲良)たちは練習を始めるが、最初は受け身の練習ばかりで木崎(木崎ゆりあ)は不満だ。一方、美音(向井地美音)は悩んでいる様子だが、早くプロのトレーナーを呼ぼうと焦る咲良は気付かない。そんな中、矢崎(渡辺いっけい)の招待で初めて試合を観戦した咲良らは、珠理奈(松井珠理奈)らの激闘に大興奮。咲良は再び坂巻(今野浩喜)を訪ねる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年2月15日更新】
■ あらすじ(第5話  2017/2/18放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
坂巻(今野浩喜)をトレーナーに迎え、練習を始めた咲良(宮脇咲良)たち。すると坂巻はペンキで道場の壁を塗れと命令。戸惑う咲良たちだが、昔の映画のようにこれで手首を鍛えるのかと思い、壁をカラフルに塗る。その一方、美音(向井地美音)からプロレスをやめると言われたことを隠している咲良は、美音が塗る場所を空けておく。そんな作業の様子を見ていた坂巻は…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年2月18日更新】
■ あらすじ(第6話  2017/2/25放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
初試合まで2週間を切り地獄の合宿を行う咲良(宮脇咲良)たち。だが、木崎(木崎ゆりあ)だけはいまだやる気を見せない。その頃、けがをしている珠理奈(松井珠理奈)はグラビアの撮影や取材で忙しく、島田(島田晴香)らは不快感を抱く。そんな中、咲良らは揃いのジャージを作ることに。一同が盛り上がる中、無関心な様子の木崎は古畑(古畑奈和)に用事があると言って道場を去る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年2月28日更新】
■ あらすじ(第7話  2017/3/4放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
初めての試合を控えたある日、咲良(宮脇咲良)は珠理奈(松井珠理奈)に密着したドキュメンタリー番組がテレビで放送されていることに気付き、興味津々で見入る。その中で、珠理奈のストイックな練習風景や、普通の女子高生らしい一面、そして15歳でチャンピオンになったことによる孤独が語られる。その一方で、珠理奈は大事なパートナーの遥(兒玉遥)ではなく、新たに白間(白間美瑠)と組むことになり、苦悩していた。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年3月10日更新】
■ あらすじ(第8話  2017/3/11放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
白金ジムと対戦する「錦糸町道場マッチ」まで残り7日。古畑(古畑奈和)が風邪をひいて休む中、咲良(宮脇咲良)たちは最後の追い込みにかかる。一方、新パートナーの白間(白間美瑠)と練習をしていた珠理奈(松井珠理奈)は、メキシコへ修業に行く遥(兒玉遥)に別れを告げる。そんな折、かつて錦糸町道場に在籍していた「WIP」の初代チャンピオンで、タレントに転身した小嶋(小嶋陽菜)が咲良たちの取材にやって来る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年3月12日更新】
■ あらすじ(第9話  2017/3/18放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
古畑(古畑奈和)が現れないまま、「錦糸町道場」のお披露目試合が幕を開ける。緊張しながらリングインした咲良(宮脇咲良)たちは、ファンの黄色い声援を受けて華やかに入場する「白金ジム」のメンバーのオーラに奮い立つ。そして、木崎(木崎ゆりあ)対須田(須田亜香里)の第1試合が、神宮寺(野上慎平)の実況と時宗(佐藤真弓)の解説で始まる。だが、木崎は須田の華麗なプロレス技の数々に苦戦を強いられてしまう。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年3月20日更新】
■ あらすじ(第10話  2017/3/25放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
お披露目試合が盛り上がる中、咲良(宮脇咲良)と湯本(湯本亜美)が対戦する第3試合が始まった。勢いよく攻める咲良だが、湯本の華麗な技に圧倒される。しかし、咲良の目はプロレスをする喜びできらきらと輝く。その頃、近くの公園のトイレにこもる島田(島田晴香)と松村(松村香織)は、メインマッチをつぶそうと待ち構えていた。一方、追い詰められた咲良は無意識のうちに強烈なローリングエルボーをヒットさせる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年3月27日更新】
■ あらすじ(第11話  2017/4/1放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
錦糸町道場のお披露目会から半年後。矢崎(渡辺いっけい)は、けがで休養中の珠理奈(松井珠理奈)が王座を返還したため、改めて王者を決める「WIP王者決定トーナメント」の開催を発表した。咲良(宮脇咲良)は1回戦で、移籍先の白金ジムで「工事現場同盟」に仲間入りしてヒールに転向した美音(向井地美音)と対戦する。コンビを組んでいた美音の変心に戸惑う咲良は、美音が島田(島田晴香)たちから習った反則技に追い詰められる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年4月2日更新】
■ あらすじ(第12話  2017/4/8放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
「WIP王者決定トーナメント」の会場が熱気に包まれる中、けがで半年間もリングから離れていた前王者・珠理奈(松井珠理奈)と、謎の天才レスラー・百花(木下百花)との試合が始まる。咲良(宮脇咲良)は、ずっと目標にしてきた珠理奈の復帰戦を、横山(横山由依)と彼女の夫・浜屋(菅原大吉)の3人で見守る。序盤のリングでは、百花が珠理奈の攻撃を受けるだけの一方的な展開に。ところが、百花は思わぬ技で反撃を開始する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年4月10日更新】
■ あらすじ(第13話  2017/4/15放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
「WIP最強クイーン決定トーナメント」の1回戦で工事現場同盟の島田(島田晴香)と松村(松村香織)が対戦することに。松村が恋人・カズ君(加藤仁志)とキスをするところを目撃した島田は、‘方向性の違い’を理由に試合終了後の同盟解散を宣言する。対戦当日。珠理奈(松井珠理奈)の休養中、「WIP」を支えた白間(白間美瑠)と玲奈(加藤玲奈)の試合終了後、島田と松村の戦いが始まる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年4月16日更新】
■ あらすじ(第14話  2017/4/22放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
横山(横山由依)と山田(山田野絵)の対戦前。横山の長いスピーチで試合はなかなか始まらず、セコンドの咲良(宮脇咲良)は木崎(木崎ゆりあ)と須田(須田亜香里)が戦う別会場へ。そこではファンを大切にする須田への大歓声が渦巻き、木崎にとっては完全アウェーだ。さらに、錦糸町道場マッチで須田に負けた際、キスされたことがトラウマになっている木崎は苦戦を強いられる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年4月23日更新】
■ あらすじ(第15話  2017/4/29放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
湯本(湯本亜美)と美南(加藤美南)の熱戦が続く中、別会場では古畑(古畑奈和)と高柳(高柳明音)の対戦が始まろうとしていた。サックスを吹いて入場する古畑に、優勝できなかったら「WIP」を卒業する覚悟の高柳は1分で終わらせると宣言する。一方、坂巻(今野浩喜)に恋心を抱く古畑は咲良(宮脇咲良)らに心配されながらも猛特訓し、試合に勝って思いを伝えようとする。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年5月2日更新】
■ あらすじ(第16話  2017/5/6放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
「WIP王者決定トーナメント」の1回戦が終わり、咲良(宮脇咲良)たち2回戦に進出する選手が出揃う。一方、1回戦で敗退した珠理奈(松井珠理奈)には、海外移籍を決めたという噂が広まっていた。噂の出所が矢崎(渡辺いっけい)だと思った珠理奈は抗議する。だが、矢崎は珠理奈にアイマスクを着けさせ、地下の闘技場へと連れていく。そこでは「敗者復活戦」が始まろうとしていた。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年5月10日更新】
■ あらすじ(第17話  2017/5/13放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
「WIP」の王者を決めるトーナメントの2回戦が始まり、咲良(宮脇咲良)はWIPの事実上のトップである白間(白間美瑠)と対戦することに。ところが、1回戦の後に首を痛めたという白間は、首にコルセットを巻き、医師団まで引き連れて入場してくる。咲良のセコンドを務める横山(横山由依)は抗議するが、認められずそのまま試合開始。しかし、咲良はエルボーで白間の首を狙うことをためらってしまい、苦境に立たされる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年5月14日更新】
■ あらすじ(第18話  2017/5/20放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
勝利を収めた咲良(宮脇咲良)は破れた白間(白間美瑠)の力をたたえる。島田(島田晴香)と木崎(木崎ゆりあ)の一戦は、凶器使用ありの「ハードコアマッチ」。プロレスの楽しさに目覚めた木崎は咲良に感謝する。続いて、横山(横山由依)が対戦するのは錦糸町道場マッチで敗れた高柳(高柳明音)。勝ったら引退すると約束した横山は、同じく引退を懸ける高柳と激突する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年5月20日更新】
■ あらすじ(第19話  2017/5/27放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
敗者復活戦の2回戦。制服に着替えさせられた珠理奈(松井珠理奈)、美音(向井地美音)、須田(須田亜香里)、松村(松村香織)の4人はとある学校の教室に連れてこられ、バケツやモップなどそこにあるものなら何でも使っていいというルールの下、本選復帰をかけてバトルロイヤルを行うことに。3回戦に入った本選の試合会場で島田(島田晴香)と百花(木下百花)が戦う中、珠理奈は美音と、須田は松村と激しくぶつかり合う。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年6月2日更新】
■ あらすじ(第20話  2017/6/3放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
「ハリウッドJURINA、世界最大のプロレス団体“WWZ”に電撃移籍決定!」と、スポーツ紙が書き立てた。「“WIP”でもう一度チャンピオンになりたい」という意思を固めたJURINAは記者会見を開き、「移籍はしない、これからもWIPで頑張って行く」と説明するが、WIPファンは彼女の言葉を信用せず、バッシングが巻き起こる。
 
矢崎英一郎(渡辺いっけい)はそんなJURINAに「プロレスラーなら試合で証明しろ」と言い、なんと特別試合をセッティング。WWZのチャンピオン、デビー・コングと闘って自らの手でデビーを下し、WWZとの決別を証明しろと告げる。
 
デビーは昨年、WWZのタイトルを総なめにした注目の女子レスラーで、JURINAとは体格も経験値も違いすぎる相手だった。負けたらWWZに移籍、という条件を聞いたファンたちは、この試合は茶番ではないかと騒ぎ立てるが、はたしてJURINAはデビーに勝利してWIPに残ることができるのか…!?

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年6月5日更新】
■ あらすじ(第21話  2017/6/10放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
“WIP最強クイーン決定トーナメント OVER THE TOP” 準決勝、“チェリー宮脇VSロングスピーチ横山”の試合が近づいてきた。初めての同門対決にして、伝説のレスラー・ウロボロス洋平(菅原大吉)の娘・咲良と、ウロボロス洋平最後の弟子・横山由依というカードに、世間の注目も高まっていた。そんな中、咲良はトレーニング中にファンから「アイドルのプロレスなんて本気じゃない」と心ない言葉をかけられ、深く傷つく。
 
一方、横山は、かつてウロボロス洋平と特訓した山に入って、独自の鍛錬を続けるが…!?
 
そしていよいよ当日、2人がリングイン! 拮抗した試合展開の中、横山はかつてウロボロス洋平から伝授された、“ある技”を繰り出すが…!?

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年6月15日更新】
■ あらすじ(第22話  2017/6/17放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
珠理奈(松井珠理奈)と島田(島田晴香)が戦う準決勝の第2試合。珠理奈のデビュー戦で負けて以来、9戦9敗している島田は、この試合に全てを懸けて臨む。そんな島田に憧れる山田(山田野絵)は、島田の勝利を信じて祈り続ける。激しい攻防が続く中、島田の反則攻撃によって血に染まった珠理奈は、猛反撃を開始。珠理奈に初めて負けた時と同じ腕ひしぎ逆十字を決められた島田は、過去の屈辱とともに、彼女を投げ飛ばす。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年6月18日更新】
■ あらすじ(第23話  2017/6/24放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
咲良(宮脇咲良)と珠理奈(松井珠理奈)が戦う決勝戦の前日。調印式に寝坊した咲良は大急ぎで会場に向かい、へとへとになりながら珠理奈と握手を交わす。その後、白金ジムで調整をする珠理奈の前に矢崎(渡辺いっけい)が現れ、急成長中の咲良を目覚めさせるなと忠告する。一方、錦糸町道場に戻った咲良は仲間たちにみんなの分も頑張ると話す。そんな咲良に、横山(横山由依)はみんなで寄せ書きをした錦糸町のフラッグを見せる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年6月28日更新】
■ あらすじ(第24話  2017/7/1放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
決勝戦。咲良(宮脇咲良)は珠理奈(松井珠理奈)の攻撃に押され、苦戦していた。それでも諦めず反撃する咲良だが、珠理奈に関節技を決められ、絶体絶命の状況に。試合前、矢崎(渡辺いっけい)から咲良を目覚めさせるなと忠告された珠理奈だったが、ここであえて手を緩めて咲良を逃がし、彼女の頬をたたいて本気を引き出そうとする。すると咲良は雄たけびを上げ、本物のプロレスラーとして珠理奈と真っ向勝負を繰り広げる。
関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック