2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

2017年冬春、土曜ドラマ『連続ドラマW 北斗 -ある殺人者の回心-』

kage

2017/04/22 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★3月25日スタート 

WOWOWプライム 毎週土曜 午後10:00~午後11:00

 連続ドラマW 北斗 -ある殺人者の回心-

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:石田衣良「北斗 ある殺人者の回心」(集英社文庫)/脚本:瀧本智行/監督:瀧本智行/プロデューサー:岡野真紀子

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------

端爪北斗 (中山優馬)
殺人の罪で拘留中の20才の青年。幼いころから両親に虐待されて育ち、心に闇を抱えている。里親の綾子と暮らすようになってから、生まれて初めての心穏やかな毎日を過ごしていたが、残酷な運命に巻き込まれる。

高井聡一 (松尾スズキ)
北斗の国選弁護人。多くを語ろうとしない北斗の極刑を回避するために、関係者に会って話を聞くなど手を尽くし、徐々に北斗の胸の内を引き出していく。

端爪至高(村上淳)
北斗の父親。成績優秀な学生だったが、大学受験に失敗してから何事も思うように行かなくなり、転職を繰り返す。その鬱憤から、家族に理不尽な暴力を振るう。

端爪美砂子(中村優子)
北斗の母親。夫・至高の暴力に長年さらされるうちに心を病み、北斗を夫と一緒に虐待するようになる。

近藤綾子 (宮本信子)
北斗の里親。夫を亡くして一人きりになったのをきっかけに、里親となって里子を実の子のように愛情を掛けて育て上げてきた。最後の里子として北斗を引き取るが、一緒に暮らしている間に末期がんに侵される。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
中山優馬が12キロ減量し壮絶な過去を持つ殺人犯役を熱演! 
「池袋ウエストゲートパーク」などで知られる直木賞作家・石田衣良の小説を連続ドラマ化。殺人を犯した青年・端爪北斗の裁判を通じて、激しい虐待を受けた少年時代や、里親との生活で訪れた心穏やかな日々、そして、運命のいたずらから殺人者となってしまう、彼の壮絶な半生が明らかになるさまを描く。

12キロ減量して北斗を演じる主演の中山優馬のほか、北斗の国選弁護人・高井聡一役に松尾スズキ、北斗に激しい虐待を加える両親役に村上淳と中村優子、北斗に愛を注ぐ里親の近藤綾子役に宮本信子が扮する。映画「脳男」「グラスポッパー」などを手掛けた瀧本智行が、原作を読んで「自らの手で映像化したかった」と熱望し、監督・脚本を務める。


----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年2月5日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
殺人犯として勾留されている20歳の端爪北斗(中山優馬)は、国選弁護人の高井聡一(松尾スズキ)に、「僕を、死刑にしてください」と言い放つ。自分は生まれてはいけなかったと語る北斗の口から徐々に明らかになるのは、壮絶な彼の半生だった。
実の両親である端爪至高(村上淳)・美砂子(中村優子)から受けた激しい虐待、児童相談所による保護、里親となる近藤綾子(宮本信子)との出会い。北斗は、綾子と暮らしていくうちに初めて知る愛情や幸せによって、徐々に心の闇から解放され、生まれ変わっていった。しかし、程なくして綾子の体ががんに侵されていることが分かる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年3月19日更新】
■ あらすじ(第1話  2017/3/25放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
2016年、殺人を犯し勾留されている20歳の北斗(中山優馬)は、国選弁護人となった高井(松尾スズキ)に「僕を、死刑にしてください」とだけ伝える。幼い北斗(大西利空)は誰にも抱き締められた記憶がなかった。父・至高(村上淳)からは激しい虐待を受け、母・美砂子(中村優子)は自身に被害が及ぶのを恐れて、北斗を守ろうともしなかった。真冬のある夜、美砂子から「悪魔の子」とののしられた北斗は、置き手紙を残して家を飛び出す。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年3月27日更新】
■ あらすじ(第2話  2017/4/1放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
北斗(中山優馬)を虐待し続けてきた父・至高(村上淳)の死後、暴力に依存していた母・美砂子(中村優子)が、高校生の北斗に対し自分に暴力を振るうよう求め始めた。北斗は破壊衝動が抑えられなくなる自分に恐怖を抱き、以前、訪ねてきた児童相談所の富岡(二階堂智)に「助けてください」と訴える。そして、現在。面会に訪れた国選弁護人の高井(松尾スズキ)から、里親の綾子(宮本信子)について聞かれた北斗は、綾子への思いを口にする。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年4月2日更新】
■ あらすじ(第3話  2017/4/8放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
北斗(中山優馬)は里親となった綾子(宮本信子)の無償の愛に包まれて、日々、生きることの喜びをかみしめていた。大学合格と誕生日の祝いを兼ねた食事会には、児童相談所の富岡(二階堂智)に加え、同じく綾子の里子で、今は東京の看護学校に通う明日実(伊藤沙莉)も駆け付ける。しかし、この幸せは長くは続かなかった。綾子が末期の肝臓がんと診断されたのだ。綾子を失うことを何よりも恐れる北斗は、ある行動に出る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年4月10日更新】
■ あらすじ(第4話  2017/4/15放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
北斗(中山優馬)は「がんが治る」というインチキな水で荒稼ぎし、綾子(宮本信子)の最期をめちゃくちゃにした詐欺師・生田(矢島健一)を自らの手で殺すこと以外、何も考えられなくなっていた。綿密な計画を立てた北斗は、20歳になった翌日、「生田波洞研究所」へと向かう。1年後の現在。北斗は高井(松尾スズキ)から、綾子との‘約束’が勘違いだったことを指摘され、がくぜんとする。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年4月16日更新】
■ あらすじ(第5話  2017/4/22放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
女性2人を殺害した北斗(中山優馬)の裁判が幕を開けた。被害者遺族に深々と頭を下げた北斗は、高井(松尾スズキ)が実の両親のことを持ち出して情状酌量を求めても、自分は死刑になるべきで、控訴するつもりはないと言い切る。一方、死刑回避のために全力で裁判に挑む高井が、富岡(二階堂智)、明日実(伊藤沙莉)に続く証人として召喚したのは北斗にとって想定外の人物だった。
関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック