2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

2017年冬、日曜ドラマ『連続ドラマW 楽園』

kage

2017/02/12 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★1月8日スタート 

WOWOWプライム  毎週日曜 午後10:00~午後11:00

 連続ドラマW 楽園

Arika注目1h仲間由紀恵が「模倣犯」の9年後…
----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:宮部みゆき「楽園」(文春文庫)/監督:権野元/脚本:篠崎絵里子/プロデューサー:青木泰憲、伊藤仁吾

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
前畑滋子 (仲間由紀恵)
小さな編集プロダクション「ノアエディション」で働くライター。9年前に起きた「死の山荘事件」に関わったことで心に傷を負い、いまだに引きずっている。“他人の記憶が見える”という特殊能力を持つ少年・等が描いた絵に出合い、酷似した事件を調べるうちに真相に迫っていく。

高橋治美 (黒木瞳)
土井崎元・向子夫妻の担当弁護士。実の娘を殺害し、その遺体と暮らしていたというショッキングな事件だったため、当事者たちを世間から守るために働く。隠れて暮らす夫妻に連絡を取ることのできる唯一の人間。

井上誠子 (夏帆)
土井崎家の次女。両親の起こした事件のことでマスコミに追われ、人生が一変する。その後、両親から縁を切りたいと言われ、納得できず居場所を探す中で、滋子と関わるようになる。

土井崎元 (小林薫)
当時15歳だった長女・茜を、妻の向子と共謀して殺害。遺体を16年間自宅の床下に隠していたが、近所からの出火で自宅が半焼したことをきっかけに、警察に自身の犯行を明かし事件となった。時効を迎えているため逮捕されなかったが、以降、夫婦で世間から身を隠している。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
仲間由紀恵が「模倣犯」の9年後を描いた宮部みゆきの大ベストセラー作で主演! 
宮部みゆきの代表作の一つで、2002年に芸術選奨文部科学大臣賞文学部門を受賞した、傑作ミステリー小説「模倣犯」。その物語の9年後を描いたベストセラー小説を、連続ドラマW初出演の仲間由紀恵主演で実写化する。「死の山荘事件」のトラウマを抱えながらも、小さな編集プロダクションで働くライター・前畑滋子に仲間が扮し、一人の少年の描いた絵から、ある殺人事件の真相へと迫っていくさまを描く。

共演は黒木瞳、夏帆、金子ノブアキ、松田美由紀、石坂浩二、小林薫ら。監督は同局の連続ドラマW枠で放送された「悪貨」「テミスの求刑」などの権野元、脚本は「ヒポクラテスの誓い」などの篠崎絵里子が務める。


----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年1月1日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
当時15歳だった長女を殺害し、遺体を自宅の床下に16年間隠していた土井崎元・向子夫妻(小林薫・松田美由紀)の事件がマスコミを騒がせていたある日、ライターとして働く前畑滋子(仲間由紀恵)の元に、シングルマザーの萩谷敏子(西田尚美)が訪ねてくる。敏子の10歳になる息子・等(黒澤宏貴)が以前描いた絵が、事件の状況に酷似しているという。
“他人の記憶が見える”という等の特殊能力に、半信半疑の滋子。そんな折、等は交通事故で亡くなってしまう。一方、土井崎家の次女・誠子(夏帆)は、両親の代理人である、弁護士の高橋治美(黒木瞳)から、両親が自分と縁を切ろうとしていると聞かされ戸惑っていた。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年1月7日更新】
■ あらすじ(第1話  2017/1/8放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
ライターの滋子(仲間由紀恵)の元に、敏子(西田尚美)が息子の等(黒澤宏貴)の絵を調べてほしいと依頼に来る。娘を殺害し、遺体を隠していた土井崎夫妻(小林薫・松田美由紀)の事件と酷似している絵を描いていたからだ。一方、弁護士の治美(黒木瞳)は土井崎夫妻を守るために動き始める。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年1月14日更新】
■ あらすじ(第1話  2017/1/15放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
16年前の土井崎(小林薫)の事件の絵を描いたと思われる等(黒澤宏貴)が事故で亡くなり、滋子(仲間由紀恵)は本腰を入れて調べることに。土井崎の窓口となった弁護士・治美(黒木瞳)を訪ねるが、滋子に批判的な治美は取り次ぎを拒む。一方、滋子は等の母・敏子(西田尚美)からあるボランティア団体の存在を知らされる。そんな中、土井崎の次女・誠子(夏帆)が滋子を訪ねてくる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年1月19日更新】
■ あらすじ(第3話  2017/1/22放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
「あおぞら会」への疑念を深める滋子(仲間由紀恵)は、取材と偽り接近するが、会長の金川(石坂浩二)に阻まれてしまう。一方、治美(黒木瞳)は、土井崎(小林薫)が恐喝されていた可能性があるという滋子の言葉が気になり、直接問いただすが、土井崎は口をつぐむ。そんな中、ある仮説を立てて殺された茜(伊藤沙莉)の交友関係を調べていた滋子の元を、再び誠子(夏帆)が訪ねてくる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年1月18日更新】
■ あらすじ(第4話  2017/1/29放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
土井崎(小林薫)は滋子(仲間由紀恵)に、茜(伊藤沙莉)の交際相手‘シゲ’から恐喝されていたと告白。しかし、誠子(夏帆)の身を守るため、直接会って話すべきだという滋子の説得には応じない。滋子と治美(黒木瞳)はそれぞれ、シゲを捜そうとする。一方、ボランティアスタッフとして「あおぞら会」に潜入していた敏子(西田尚美)は事務局にかかった不穏な電話に気付く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年2月1日更新】
■ あらすじ(第5話  2017/2/5放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
‘シゲ’の正体が明夫(金子ノブアキ)だと突き止めた滋子(仲間由紀恵)は、明夫の自宅で血痕を発見。治美(黒木瞳)は土井崎(小林薫)の代理人を解雇されるが、彼がまだ何かを隠しているとにらむ。明夫の手が誠子(夏帆)に及ぶことを危ぶむ滋子と治美は「あおぞら会」会長の金川(石坂浩二)を訪ねるが、土井崎が警察沙汰にしないのは後ろ暗いことがあるからではと指摘されてしまう。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年2月11日更新】
■ あらすじ(第6話  2017/2/12放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
捜査の手が明夫(金子ノブアキ)に及び、家宅捜索が行われている最中、明夫が近所に住む小学生・昌子(田牧そら)を連れ去る事件が発生。誠子(夏帆)は土井崎(小林薫)と向子(松田美由紀)の部屋を訪ね、明夫について知っていることがあるなら警察に話してほしいと訴える。一方、滋子(仲間由紀恵)は明夫がなぜ誠子には手を出さなかったのかを考え、ある可能性に思い当たる。
関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック