2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

2017年冬春、日曜ドラマ『連続ドラマW ヒトヤノトゲ~獄の棘~』

kage

2017/04/23 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★3月19日スタート 

WOWOWプライム 毎週日曜 午後10:00~午後11:00

 連続ドラマW ヒトヤノトゲ~獄の棘~

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:大門剛明「獄の棘」(角川文庫)
脚本:鈴木智
監督:平山秀幸
プロデューサー:青木泰憲、堤口敬太、角田朝雄、宮内眞吾
音楽:安川牛朗

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------

刑務官

武島良太 (窪田正孝)…新人刑務官
北関東刑務所の新人刑務官。親子3代に続く刑務官の一家。大学卒業後、就職ができずにアルバイトを転々とした後、嫌っていた父と同じ刑務官になった。刑務官という職業に嫌悪感を抱いているが、自分なりの正義感で先輩に楯突くことも。和久井より、刑務所内のスパイを頼まれる。刑務所の在り方に疑問を持ち始める。

名久井惣一 (小澤征悦)…看守長 法務省キャリア組
北関東刑務所の新任看守長で、法務省のキャリア組出身。規則や秩序を重んじる性格で、着任して早々30人の職員を更迭するという冷徹さを持つ。刑務所内の腐敗を一層しようと、良太にスパイを指示する。

岩本康隆 (池田成志)…副看守長
第一区長である、北関東刑務所の副看守長。最も威圧感のある刑務官で、罵倒と暴力で受刑者たちを押さえつけて恐れられている。神宮がいる房を担当しており、神宮とは癒着のうわさがある。

秋村繁晴 (萩原聖人)…看守部長。良太の教育係。
北関東刑務所の看守部長で、良太の教育係。名久井とは対照的な、現場出身の刑務官。清濁併せ飲む食わせ者だが、後輩思いの一面もある。刑務官になる前は、警察官を目指していた。無類の博打好き。

平沼秀直(中村育二)・・・処遇部長
刑務所のナンバー2。所内にはびこる悪の一掃に名久井ともに尽力する。家に招くなど良太に親身で良太にとっても信頼できる存在。

田崎孝太郎(螢雪次朗)…刑務所長
北関東刑務所のトップに君臨するが、典型的な“事なかれ主義”ゆえに長年刑務所の問題に目をつぶっている節がある。

小田優一(駒木根隆介)…看守
良太と歳の近い同僚で、親子三代刑務官という家柄の若手刑務官。神宮是清が接近して、取り入れようとしている。神宮の房担当になったことにより、運命が大きく変わっていく…。



武島耕介(モロ師岡)…良太の父(13年前に他界)
良太と同じ刑務所に勤めていた真面目な刑務官で、職業柄、良太に対しても厳格であった。転落による事故死とされていたが…。

与田悦子(野波麻帆)…元刑務官の「月灯」女主人
刑務所の実態に疑問を抱いている。常連客には秋村、川岸、生前の良太の父など多くの刑務官たちがいる。気が強くクールで姉御肌。


受刑者

≪4舎304号房≫神宮是清 (泉谷しげる)…暴力団 神宮組組長
殺人罪で服役中の、暴力団・神宮組の組長。収監されている房には組の手下のみが集められており、次々と刑務官をも懐柔し、刑務所内にもかかわらず不自由なく暮らしている。生前の良太の父を知っていて、良太に近づいてくる。

≪4舎304号房≫森本譲治(中野英樹)…神宮組No・2

≪4舎304号房≫高村隆志(イモガクジ)…神宮組

≪3舎104号房≫楠美明人(古河耕史)…元ロックシンガー

≪3舎104号房≫奈良岡一翔(稲荷卓央)

≪3舎104号房≫野口真一(江藤漢斉)

≪2舎103号房≫長谷川義人(辻本祐樹)…三好、山口から暴行を受ける

≪2舎103号房≫三好和則(松角洋平)
≪2舎103号房≫山口功一(日向とめ吉)
┗暴行



神宮省吾(田中要次)…神宮の甥 組長代行
収監中の叔父(神宮是清)の指示通りに神宮組を仕切り、所内の諸悪の一端を担う。叔父の存在に怯えているが、水面下では組長の座を狙っている。

竹内美代子(河井青葉)…謎の女。≪3舎104号房≫楠美明人と接近

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
窪田正孝が刑務所内の闇に迫る社会派サスペンスで刑務官役に挑戦! 
第29回横溝正史ミステリ大賞とテレビ東京賞をダブル受賞した「雪冤」で2009年に作家デビューし、「テミスの求刑」が連続ドラマWで映像化された大門剛明の社会派ミステリー「獄の棘」をドラマ化。刑務所を舞台に、閉ざされた世界が抱える闇に迫る。
連続ドラマW初主演の窪田正孝が、腐敗した刑務所内の刑務官たちや、一癖も二癖もある受刑者らと対峙しながら成長していく、新人刑務官・武島良太役を熱演。共演には小澤征悦、泉谷しげる、池田成志、萩原聖人ら実力派俳優が脇を固める。監督は、映画「愛を乞うひと」で多くの賞を受賞した平山秀幸。脚本は、映画「金融腐蝕列島 呪縛」「誰も守ってくれない」などの鈴木智が手掛ける



----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年2月9日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
北関東刑務所で働くことになった新人刑務官・武島良太(窪田正孝)。そこで彼は、正義とは程遠い刑務官の姿を目の当たりにする。そんな中、法務省のキャリア官僚出身である名久井惣一(小澤征悦)が、看守長として着任する。

副看守長・岩本康隆(池田成志)が管轄する工場で、受刑者であるにもかかわらず刑務所内で力を持つ暴力団組長の神宮是清(泉谷しげる)に、手荒い歓迎を受けていた良太は、先輩・秋村繁晴(萩原聖人)から助言を受けるが、秋村の不可解な行動に困惑する。

ある日、良太は神宮から、刑務官だった良太の父の死について、何かを知っているようなことをほのめかされる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年3月18日更新】
■ あらすじ(第1話  2017/3/19放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
 良太(窪田正孝)は、アルバイトを転々とした後、嫌っていた父と同じ刑務官になり、北関東刑務所に赴任。そこで目にしたのは、受刑者同士のいじめの黙認など、腐った刑務官の姿だった。そんな中、法務省から名久井(小澤征悦)が看守長として着任し、受刑者ながら力を持つ暴力団組長・神宮(泉谷しげる)をマークする。一方、所内の闇に戸惑う良太は、先輩・秋村(萩原聖人)から助言を受けるが、それは思い描く正義ではなく…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年3月25日更新】
■ あらすじ(第2話  2017/3/26放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
副看守長・岩本(池田成志)が受け持つ神宮(泉谷しげる)の房は、事実上の無法地帯。名久井(小澤征悦)は看守の関与を確信し、現場担当者を全員変えることに。一方、良太(窪田正孝)は、飲酒運転による殺人の未決囚で元ラーメン店店主・志田(綾田俊樹)の面会に付き添う。その後、秋村(萩原聖人)らの今回の賭博が、志田の事件をネタにしていると知る。そして、秋村の行動に不信感を募らせる良太も、事件の真相に迫ることになる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年3月27日更新】
■ あらすじ(第3話  2017/4/2放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
神宮(泉谷しげる)が亡父の話を持ち出し、良太(窪田正孝)はその死に疑問を持ち始める。そんな中、殺人の罪で懲役15年の元ロック歌手・楠美(古河耕史)の元に、美代子(河井青葉)という女性が面会に訪れる。良太は秋村(萩原聖人)から、受刑者に恋愛感情を抱く‘プリズングルーピー’だと教えられ、秋村たちの次の賭けの対象が、その美代子だと知る。一方、名久井(小澤征悦)は、賭博の証拠をつかむため、良太にある指示を出す。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年4月5日更新】
■ あらすじ(第4話  2017/4/9放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
良太(窪田正孝)の父の死にも関与が疑われる美代子(河井青葉)の背後には、神宮(泉谷しげる)のおいで組長代行の省吾(田中要次)の存在があった。しかし、良太は秋村(萩原聖人)から、むやみに動くなと警告される。所内では息子を殺された遺族・子安(外波山文明)の講話を聞いた感想文の中に殺意をつづったものが見つかる。名久井(小澤征悦)は書いた人物を捜せと良太に指示。一方、秋村の賭博の証拠が岩本(池田成志)に渡る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年4月10日更新】
■ あらすじ(第5話  2017/4/16放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
良太(窪田正孝)は父・耕介(モロ師岡)が残したメモから、病死と処理された受刑者の「暴行死」を疑っていたと推理。一方、名久井(小澤征悦)は、受刑者たちが自分への襲撃を計画していると気付き、神宮組とつながりのある看守捜しに乗り出す。そして、ついにある幹部と神宮(泉谷しげる)の癒着を突き止める。そんな中、良太は看守の小田(駒木根隆介)から相談を受けるが…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年4月18日更新】
■ あらすじ(第6話  2017/4/23放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
名久井(小澤征悦)が神宮(泉谷しげる)の移送を極秘に決め、良太(窪田正孝)は護送の大役を任される。ところが、それに気付いた岩本(池田成志)が受刑者らをたきつけ、暴動が発生。良太はとっさに自分と神宮を手錠でつなぎ、鍵を捨てる。暴徒化した受刑者たちは、良太と岩本を人質に立てこもり、秋村(萩原聖人)も負傷。その騒ぎの中で、良太は父・耕介(モロ師岡)の死の真相を知る。
関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック