2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

(2017年メディアミックス作品)2月10日に映画公開される原作&コミック

kage

2017/02/10 (Fri)

とり

2017年に映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!
 ■ 映 画 化 作 品(2月10日全国公開)

2月10日(金)公開
・王様のためのホログラム


映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!

映画公開前にチェックするもよし、見た後でじっくり復習するもよし。

合わせて原作本・コミックを楽しんでください!








ジャンル:ドラマ
  王様のためのホログラム  【2月10日公開】

王様のためのホログラム/早川書房

¥価格不明
Amazon.co.jp

■内容紹介
舞台はサウジアラビア。王の名を冠した建設中の大都市に、ホログラム技術を売り込むためアメリカから送り込まれたアラン・クレイ。しかし国王陛下の予定はなかなか判明せず、運転手兼ガイドは変人、首にはできものができるし、何もかもが思ったように進まない…崖っぷちのアランは逆転できるのか?“ニューヨーク・タイムズ”、“ボストン・グローブ”などの有力紙誌で年間ベスト・ブックスに選ばれた傑作長篇小説。

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1 中東の砂漠の都市に乗り込んだセールスマンを悲喜劇が襲う。
起死回生の大口注文はとれるのか?

トム・ハンクス主演の映画化。原作.舞台はサウジアラビア。建設中の大都市に、ホログラム技術を売り込むためにアメリカから送り込まれたアラン。しかし何もかもが思ったようには進まない…。有力紙誌で年間ベスト・ブックスに選ばれた傑作長篇小説。異国の地の文化に戸惑ったり、今までの人生や、解決しなければいけないアレコレを考えるアラン。リアルに感じられたのは、現実にあったことも書いてあるからかな…。本ではグローバル経済に苦しむ米国の製造業に従事する営業マンの苦悩が描かれ興味深いです。今のアメリカの問題とリンクしていろいろ考えるとやるせなさが漂う。主人公が最後に選んだ道の先にはきっと、幸せがあるはず。遠い国サウジアラビアの若者の現実。と、シリアスな現実もありつつ、コミカルさもあり、映画化されてしかも主演がトム・ハンクス!読んでいてもうこの語り口調や小話をするシーンはトム以外考えられなくなってきた。それでもラストに近づくにつれやっぱりモヤモヤとしてしまった。一発逆転のサクセスストーリーを期待すると拍子抜けしかねないが、アメリカ現代「文学」の最先端という触れ込みを知っていて読んでいれば期待通りの作品に舌鼓打つこと間違いなしの秀作。映画版はそこら辺りを履き違えて前述したサクセスストーリーへと変えてそうな気がして不安です。トレーラーを見た限りでの印象に過ぎないんですけど…。




■映画ストーリー
大手自転車メーカーの取締役を解任され何もかも失ったアラン・クレイ(トム・ハンクス)は、何とかIT企業に再就職する。早速出張を言い渡された彼は、祖国から遠く離れたサウジアラビアのジッダにやって来る。アランはまな娘の大学の学費を稼ぐためにも、何とかして国王に最新鋭のテレビ会議システムである「3Dホログラム」を売り込もうとするが……。

★映画チェック★
『クラウド アトラス』のトム・ハンクスとトム・ティクヴァ監督が再び組んで、デイヴ・エガーズの著書を映画化した人間ドラマ。がけっぷちの主人公が見知らぬ土地で奮闘するものの、異文化の中で次から次へと災難に見舞われる様子が、笑いを交えて描かれる。『しあわせへのまわり道』などのサリタ・チョウドリーが医者を好演。人生に行き詰まりながらも、必死に頑張る男の姿に元気をもらう。


■スタッフ
音楽: ジョニー・クリメック
視覚効果: ロベルト・ピンノウ / ドミニク・トリムボーン
衣装: ピエール=イヴ・ゲロー
ヘアメイク: ダニエル・パーカー / ハイケ・メルケル
編集: アレクサンダー・バーナー
美術: ウリ・ハニッシュ
撮影: フランク・グリーベ
音響編集: フランク・クルーゼ
リレコーディング: マティアス・レンペルト
音響: ローランド・ウィンケ
キャスティング: ミシェル・ギッシュ / ギャビー・ケスター / アヴィ・カウフマン
ラインプロデューサー: マーカス・ロジェス
プロダクションマネージャー: ミキ・エメリッヒ
原作: デイヴ・エガーズ
共同プロデューサー: レオナルド・グロウィンスキ
共同製作総指揮: マシュー・J・マレク
製作総指揮: スティーヴン・シェアシアン / ガストン・パヴロヴィッチ / クローディア・ブリュームフーバー / イレーネ・ガル / ゲロ・バークニヒト / ジム・セイベル / ビル・ジョンソン / シャーヴィン・ピシェヴァー
製作: ウーヴェ・ショット / シュテファン・アルント / アルカディ・ゴルボヴィッチ / ティム・オヘア / ゲイリー・ゲッツマン
監督・脚本・音楽: トム・ティクヴァ
英題:A HOLOGRAM FOR THE KING
製作年:2016年
日本公開:2017年2月10日 (TOHOシネマズ シャンテほか)
上映時間:1時間38分
配給:ポニーキャニオン
製作会社:Playtone / X-Filme Creative Pool / Primeridian Entertainment

■キャスト(役柄:俳優)
アラン: トム・ハンクス
ユセフ: アレクサンダー・ブラック
ザーラ: サリタ・チョウドリー
ハンナ: シセ・バベット・クヌッセン
デイヴ: ベン・ウィショー
ロン: トム・スケリット








関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック