2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

2017年冬、水曜ドラマ『スリル!~赤の章~警視庁庶務係ヒトミの事件簿』

kage

2017/03/15 (Wed)

Arikaシネマ2014b4

★2月22日スタート 

NHK総合  毎週水曜 午後10:25~午後11:15

 スリル!~赤の章~警視庁庶務係ヒトミの事件簿

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
作:蒔田光治、徳尾浩司/演出:河合勇人、原正弘、滝本憲吾、麻生学/制作統括:海辺潔、蒔田光治、中村高志/プロデューサー:阿部謙三

主題歌:邪邪邪VSジャスティス/キュウソネコカミ

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
中野瞳(小松菜奈)
警視庁の庶務係に勤務する一般職員。詐欺師の父親に育てられたため、犯罪の知識が豊富。外河を利用して捜査情報を入手し、的確な推理で難事件を解決に導く。

外河猛(小出恵介)
警視庁捜査一課の刑事。事務処理が苦手なため、領収書に不備が多い。正義感は強いが、瞳に捜査手帳を盗み見されたり、相棒の黒岩からミスを押し付けられたりと、不器用な面がある。

黒岩壮吉(木下ほうか)
警視庁捜査一課の刑事。外河の相棒だが、「自分のミスは外河のミス、外河の手柄は自分の手柄」という性格で、外河を窮地に追い込む。

白井真之介(山本耕史)
悪徳弁護士。割のいい仕事を求めて事件をねつ造したり、弁護士倫理に反する依頼を引き受けては、結局は一銭にもならないことばかり。実は事務所の家賃を滞納し、立ち退きを迫られている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
小松菜奈が連続ドラマ初主演! 警視庁庶務係で働きながら難事件を推理する! 
NHK総合とNHK BSプレミアムが連動して、2つの視点でミステリーの謎をあぶり出す、複眼エンターテインメントドラマ。NHK総合では、地上波の連続ドラマ初主演となる小松菜奈が、警視庁庶務係で働きながら事件を推理する中野瞳に扮する。

詐欺師の父親に育てられ、犯罪知識が豊富な瞳が、刑事の外河猛(小出恵介)を利用して捜査情報を入手し、的確な推理で難事件を解決に導くさまを描くストーリー。NHK BSプレミアムでは、瞳と外河に関わりを持つ悪徳弁護士の白井真之介(山本耕史)が主人公の、「スリル!~黒の章~弁護士・白井真之介の大災難」も放送。それぞれ全4話の構成でおくる。


----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年1月19日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
関連がないと思われていた2つの殺人事件の被害者の名前が書かれ、さらなる犯行を暗示させる文書が警視庁に届き、刑事の外河猛(小出恵介)らは捜査に乗り出す。一方、庶務係の中野瞳(小松菜奈)は、捜査とは無縁の業務を行っていたが、領収書の不備を見つけて呼び出した外河の捜査手帳を盗み見て、次の被害者の名前が「後藤」であると推理する。
実は瞳は、詐欺師の父親に育てられ、犯罪知識が豊富だった。直後に後藤明子(櫻井淳子)という女性が意識不明の状態で発見され、事件は新たな展開を見せる。


----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年2月19日更新】
■ あらすじ(第1話  2017/2/22放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
警視庁庶務係で働く瞳(小松菜奈)は、刑事が立て替えた捜査費用の領収書などを厳しくチェックするのが仕事だ。詐欺師の父に育てられたためか事件に対する嗅覚が極めて鋭い瞳は、ある日、領収書の不備を見つけたことがきっかけで捜査一課の刑事・外河(小出恵介)と知り合う。外河が追う連続殺傷事件の被害者の名前が‘しりとり’でつながっていると気付いた瞳は、外河や腹黒い弁護士・白井(山本耕史)を利用し、真相に迫る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年2月29日更新】
■ あらすじ(第2話  2017/3/1放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
国会議員の秘書が殺される。その死は占い師の祥子(釈由美子)に予言されていた。外河(小出恵介)の事情聴取に祥子は「人の隠し事が見える」と言い、飲食代を捜査費用として不正請求した刑事への査察を予言。その時、外河に瞳(小松菜奈)から飲み屋の領収書について確認が入る。外河も同行したことになっていたのだ。外河は瞳から、祥子の予言はインチキだと告げられる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年3月8日更新】
■ あらすじ(第3話  2017/3/8放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
ホテルの屋上で女子大生の遺体が見つかる。現場には彼女の足跡しか残っておらず、自殺と考えられた。一方、領収書に不備がある外河(小出恵介)を追う瞳(小松菜奈)は、彼に無視されたため休暇を取って捜査現場に押し掛ける。そのホテルでは宿泊客が失踪する事件が多発しており、5年間も宿泊を続ける兵藤(石橋蓮司)に疑惑の目が向けられていた。その頃、ホテルの過去に疑念を抱き、独自に調査を進める瞳に魔の手が忍び寄る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年3月12日更新】
■ あらすじ(第2話  2017/3/15放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
瞳(小松菜奈)は上司のめいとデート中の外河(小出恵介)に恥をかかせ、2人は大げんかになる。そんな中、化学工場で強盗事件が発生し、盗まれた薬品で神経ガスが生成可能と判明。警察は、テロ集団に利用されたと出頭してきた男をおとり捜査に使う。ところが、その男を尾行していた瞳がテロ集団に拉致されてしまう。「デートの約束を断る」と1回だけ電話をかけることを許された瞳は、外河に隠れたメッセージを託す。
関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック