2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

2017年冬、火曜ドラマ『嘘なんてひとつもないの』

kage

2017/03/28 (Tue)

Arikaシネマ2014b4

★3月7日スタート 

NHK BSプレミアム  毎週火曜 23:15~23:45

 嘘なんてひとつもないの

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原案:篠原誠
脚本:藤本匡太、篠原誠
演出:萩原健太郎
制作統括:篠原圭、陸田元一、小澤祐治

主題歌:時差/OKAMOTO’S

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
山崎真 (須賀健太)
うそをつかれたある出来事から対人恐怖症になり、7年間自宅に引きこもっている。パイロットになる夢を持ち、日夜フライトシミュレーションゲームに興じている。家から出ることができないため、航空大学を受験できないまま年齢制限ギリギリになってしまい焦っている。同姓同名のヤマザキマコトというパイロットがいると聞き、検索したことから大きく人生が動き始める。

山崎真琴 (石井杏奈)
ブログを通じて真と出会う、同姓同名の女性。ドッキリの仕掛け人という立場だったが、徐々に真に親近感を覚えるようになる。

山崎香津子 (戸田菜穂)
真の母親。引きこもっている真のことを心配しており、パイロットの夢を諦めて、まともな会社に就職してほしいと考えている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
須賀健太主演でCMプランナー・篠原誠原案の“ちょっと不思議な物語”をドラマ化! 
須賀健太主演で、うそに傷ついて引きこもっていた主人公・山崎真(須賀)が、石井杏奈演じる「ドッキリ番組」の仕掛け人である山崎真琴に何度もだまされながら、「うその中のまこと」に触れ、再びうそまみれの世界へ自分の足で一歩踏み出していくまでを描く。
CMプランナー・篠原誠が手掛けた物語を原案に、30代半ばの若さで“サンダンス・インスティテュート/NHK賞”を受賞した期待のコンビである藤本匡太と萩原健太郎がそれぞれ脚本と演出を務め、CMやショートムービーで培ったノウハウとセンスで、スタイリッシュかつメッセージ性の高いドラマをつむぐ。


----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年3月1日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
24歳の山崎真(須賀健太)は、対人恐怖症で引きこもり生活7年。パイロットを夢みて、ネットゲーム仲間と徹夜でフライトシミュレーションゲームに興じる日々を送っている。そんなある時、真はかわいい女の子の写真を載せた、自分と同姓同名のヤマザキマコトのブログを見つける。
真がパイロットの振りをしてメールを送ってみると、マコトは対人恐怖症だと悩みを明かした。外出できるようにと具体的なアドバイスをしてみると、あっさりクリアするマコトに、焦る真。マコトに刺激を受け、なんとか外で新聞を買うことに成功し、帰宅した真を待っていたのは、「世直しドッキリ大成功!」と称する、素人参加型番組の撮影隊だった。


----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年3月7日更新】
■ あらすじ(第1話  2017/3/7放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
24歳の山崎真(須賀健太)の夢はパイロット。だが、対人恐怖症のため7年間も家から出られず、航空大学の受験も年齢制限ぎりぎりだ。ある日、母・香津子(戸田菜穂)から自分と同姓同名のパイロットがいると聞いた真は調べるうちに‘ヤマザキマコト’のブログを発見。真はパイロットのふりをし、やはり対人恐怖症だというマコトに外出の課題を与える。次々とクリアするマコトに刺激された真は、ついに外で新聞を買うが…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年3月14日更新】
■ あらすじ(第2話  2017/3/14放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
だまされていたと知った真(須賀健太)はパニックに陥る。真は高校時代、親友にうそではめられてから対人恐怖症になり、かつ極端なうそ嫌いになったのだ。マコトのことも番組の仕掛けでうそだと聞かされた真は、マコト本人に真偽を確認するが、うそではないと否定される。勢いでマコトと会うことになった真は、ドッキリではないかと疑いつつも待ち合わせ場所へ向かう。そこにいたのはかわいい女性・真琴(石井杏奈)だった。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年3月17日更新】
■ あらすじ(第3話  2017/3/21放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
ショックを受けた真(須賀健太)は本気で航空大学受験を目指し、真琴(石井杏奈)を忘れることを自らに課した。ところが、偶然再会した真琴から、友達にだまされて借金があり、金が必要だったと聞かされる。ドッキリ番組の仕事は辞めたという真琴のため、真は大事な飛行機模型を売ったり、アルバイトをしたりして金を捻出する。しかし、借金の話は案の定、真琴のうそだった。そして、またしてもドッキリ番組の撮影隊が現れる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年3月27日更新】
■ あらすじ(第4話  2017/3/28放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
家に入れなくなり、母・香津子(戸田菜穂)とも真琴(石井杏奈)とも連絡が取れなくなった真(須賀健太)だが、何とか航空大学の受験に臨むことに。その直前、警察から真琴が拘留されたとの電話が入る。試験を諦めて駆け付けた真は、真琴とルームシェアをして暮らすことになった。そして、真は生活のために旅行代理店で働き始める。ある日、職場にフライトシミュレーションの仲間である‘コツカ’を名乗る男性(山中崇)が現れる。



関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック