2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

(2017年メディアミックス作品)3月18日に映画公開される原作&コミック

kage

2017/03/18 (Sat)

とり

2017年に映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!
 ■ 映 画 化 作 品(3月18日全国公開)

3月18日(土)公開
・劇場版 黒子のバスケ LAST GAME
・3月のライオン  前編
・結城友奈は勇者である-鷲尾須美の章-〈第1章〉「ともだち」
・ひるね姫~知らないワタシの物語~
・映画プリキュアドリームスターズ!


映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!

映画公開前にチェックするもよし、見た後でじっくり復習するもよし。

合わせて原作本・コミックを楽しんでください!







ジャンル:アニメ/スポーツ/バスケ
 劇場版 黒子のバスケ LAST GAME   【3月18日公開】

劇場版 黒子のバスケ LAST GAME (JUMP j BOOKS)/平林 佐和子

¥価格不明
Amazon.co.jp

■内容紹介
3月18日(土)公開、大注目の劇場版「黒子のバスケ」が小説となって登場!
黒子たちが2年生となり、夏のインターハイが終わるころ、世界最強のストリートバスケチーム「Jabberwock(ルビ:ジャバウォック)」が来日した。
対戦チームを圧倒的な実力でねじ伏せ、傍若無人に振舞う彼らに対し、誠凛の「光」と「影」、そして「キセキの世代」が再集結する!?
「キセキ」のドリームチーム誕生! 小説版でしかゲットできない豪華特典付き!!




■映画ストーリー
誠凛高校バスケットボール部に入部した黒子テツヤと火神大我は、“影”と“光”の名コンビとして全国制覇を達成。そして高校2年の夏、来日したアメリカのストリートバスケットボールチームとの親善試合で日本チームは完敗してしまう。その様子を見ていた誠凛高校の相田リコ監督の父・景虎は、黒子や火神たちを集め、全国制覇を目指すライバルであった“キセキの世代”と共に「VORPAL SWORDS」を結成し、リベンジマッチに臨む。

★映画チェック★
人気コミックの続編「黒子のバスケ EXTRA GAME」を基に、原作者・藤巻忠俊による新エピソードを追加して描かれたアニメ。誠凛高校バスケットボール部の黒子テツヤら強豪校の選手で結成されたドリームチーム「VORPAL SWORDS」が、アメリカのストリートバスケチームとの再試合に挑むさまが活写される。ボイスキャストにはテレビアニメ版の小野賢章や小野友樹のほか、アメリカチームの選手を緑川光と稲田徹が担当。監督を、シリーズを支えてきた多田俊介が務める。


■スタッフ
原作: 藤巻忠俊
監督: 多田俊介
脚本: 高木登
キャラクターデザイン・総作画監督: 菊地洋子
総作画監督: 後藤隆幸
美術監督: 鈴木路恵
色彩設計: 竹田由香
撮影監督: 荒井栄児
CGIディレクター: 磯部兼士
編集: 植松淳一
音響監督: 三間雅文
音楽: 池頼広
主題歌: GRANRODEO
製作年:2017年
製作国:日本
日本公開:2017年3月18日
アニメーション制作:プロダクションI.G
配給:松竹
製作:劇場版「黒子のバスケ」製作委員会

■キャスト(役柄:声の出演)
黒子テツヤ: 小野賢章
火神大我: 小野友樹
赤司征十郎: 神谷浩史
青峰大輝: 諏訪部順一
緑間真太郎: 小野大輔
黄瀬涼太: 木村良平
紫原敦: 鈴村健一
ナッシュ・ゴールド・Jr: 緑川光
ジェイソン・シルバー: 稲田徹






ジャンル:将棋/ドラマ/友情
 3月のライオン  前編   【3月18日公開】

3月のライオン (1) (ジェッツコミックス)/白泉社

¥価格不明
Amazon.co.jp

■内容紹介…第35回(2011年) 講談社漫画賞受賞
少年・桐山零(きりやま れい)は、幼いころに交通事故で家族を失い、父の友人である棋士、幸田に内弟子として引き取られ、15歳で将棋のプロ棋士になった。幸田の実子の香子たちとの軋轢もあり、六月町にて1人暮らしを始めた零は、1年遅れで高校に編入するが、周囲に溶け込めず校内で孤立し、将棋の対局においても不調が続いていた。

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1棋士の少年の人間模様を描く話  
将棋のことはまったくわからないが、棋士の世界を描いた映画、TVドラマをみたり、小説も読んでいるので、プロ棋士のなる厳しさは知っていた。主人公の桐山零は17歳で五段、つまりこの時点では奨励会をすでに卒業しているプロ棋士。初めに全部説明しない感じがとても良いなぁ。一人ぼっちとなった零の生い立ちのこと、ライバルのこと、川本三姉妹を含め零の周りの人たちのこと等々、今後徐々に明らかになっていくだろうが、零が段位をあげ、タイトルへの挑戦など、徐々に、回が進むごとに分かって来る、どうしてこの人たちが同じ場所に居るのか、何をしてる人たちなのか。1人でもがく桐山零くん。そんな彼の周りにだんだん人が集まって、停滞していた彼の人生がゆっくりと動いていく。零くんだけでなく、ひなたちゃんたち姉妹も、二階堂も、香子たちも、皆悩みを抱え、何とか生きている。そんな彼らがこれからどうなっていくのか、見守りたいと思います。素晴らしい。登場人物の感情が突き刺さってくる。漫画としては読みにくいけど、すごくいい。この作品は読ませる作品です。すごく静かに、でも確実に読ませる力がある。まだまだ物語はこれから。零くんの成長が楽しみ。







■映画ストーリー
幼少期に交通事故で両親と妹を亡くした17歳のプロ棋士、桐山零(神木隆之介)。父の友人である棋士・幸田柾近(豊川悦司)に引き取られるが、そこから離れざるを得なくなってしまう。以来、東京の下町で一人暮らしをする彼だったが、川向こうに暮らす川本家の3姉妹のもとで一緒に食事をするように。彼女たちとの触れ合いを支えにする桐山だったが……。

★映画チェック★
羽海野チカの人気コミックを、2部作で実写化したドラマの前編。家族を亡くして孤独に生きてきた17歳のプロ棋士が、ある3姉妹と心を通わせながら厳しい将棋の世界を突き進む。メガホンを取るのは、『るろうに剣心』シリーズなどの大友啓史。『るろうに剣心』シリーズにも出演した神木隆之介、『映画 ビリギャル』などの有村架純、『ヒミズ』などの染谷将太、テレビドラマ「カインとアベル」などの倉科カナらが出演。緊張感に満ちた対局シーンに目を奪われる。


■スタッフ
原作: 羽海野チカ
監督・脚本: 大友啓史
脚本: 岩下悠子 / 渡部亮平
前編主題歌: ぼくのりりっくのぼうよみ
エグゼクティブプロデューサー: 豊島雅郎 / 上田太地 / 友田亮
プロデューサー: 谷島正之 / 竹内文恵 / 守屋圭一郎
撮影: 山本英夫
照明: 小野晃
録音: 湯脇房雄
美術: 古積弘二
装飾: 渡辺大智
VFXスーパーバイザー: 小坂一順
編集: 早野亮
DIプロデューサー・カラーグレーダー: 齋藤精二
音響効果: 大河原将
ミュージックエディター: 石井和之
衣裳デザイン・キャラクターデザイン: 澤田石和寛
ヘアメイクデザイン・ヘアーチーフ: ShinYa
将棋監修: 先崎学
キャスティング: 飯田美保
スクリプター: 松澤一美
助監督: 長野晋也
制作担当: 下村和也
スチール: 菊池修
宣伝プロデューサー: 櫻糀恵介
ラインプロデューサー: 梅本竜矢
製作年:2017年
製作国:日本
日本公開:2017年3月18日
上映時間:2時間18分
協力:公益社団法人日本将棋連盟
製作:映画『3月のライオン』製作委員会
制作プロダクション・配給:アスミック・エース
制作プロダクション:ROBOT
配給:東宝

■キャスト(役柄:俳優)
桐山零: 神木隆之介
幸田香子: 有村架純
川本あかり: 倉科カナ
二海堂晴信: 染谷将太
川本ひなた: 清原果耶
島田開: 佐々木蔵之介
宗谷冬司: 加瀬亮
川本相米二: 前田吟
林田高志: 高橋一生
神宮寺崇徳: 岩松了
柳原朔太郎: 斉木しげる
三角龍雪: 中村倫也
松本一砂: 尾上寛之
山崎順慶: 奥野瑛太
安井学: 甲本雅裕
川本モモ: 新津ちせ
美咲: 板谷由夏
後藤正宗: 伊藤英明
幸田柾近: 豊川悦司





ジャンル:ファンタジー/少女/アクション
 結城友奈は勇者である-鷲尾須美の章-〈第1章〉「ともだち」   【3月18日公開】

結城友奈は勇者である (1) (電撃コミックスNEXT)/かんの糖子

¥価格不明
Amazon.co.jp

結城友奈は勇者である (2) (電撃コミックスNEXT)/かんの糖子

¥価格不明
Amazon.co.jp

■内容紹介
TVアニメ「結城友奈は勇者である」公式コミカライズ。アニメのストーリーを漫画で再現! 作画はしっとりとした絵柄とストーリー構成に定評のある人気作家・かんの糖子が手がける。

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1「苗字呼びなのは本人の希望」に何の意味があるのでしょう  
凄い速度で進んでいくので、アニメのダイジェスト版的。アニメのダイジェスト的な内容であるため+αはない。ストーリーに関しては既視感があり嫌な予感しかしない…絵は綺麗で作風に合ってはいるけれども動きがちょっと分かりづらいかも。しかしボリュームが少なく消化不良気味。セリフまでほぼ同じ)な上、戦闘シーンはアニメの知識があってようやく何してるか(各キャラクターがどう動いているか)わかるレベル。動きがわかりにくかったので、大人しく原作、というか、これは大人しくアニメを見ろって事でしょうね。設定的には……なーんか嫌なオチが待ってそうですけどどうなるやら。日常シーンの雰囲気は良い感じ。




■映画ストーリー
神世紀298年。小学6年生の鷲尾須美は、神樹により世界を守る勇者に選ばれる。責任感が強く護国思想の持ち主である須美は、天然気質のお嬢様の乃木園子と、元気過ぎるトラブルメーカーの三ノ輪銀の同級生二人と共に、お役目をこなそうと張り切るが……。

★映画チェック★
シナリオライター兼プロデューサーのタカヒロによる4作品共同プロジェクトのうち、イラストノベル「鷲尾須美は勇者である」を基にしたアニメ。テレビアニメ「結城友奈は勇者である」の2年前にあたる神世紀298年を舞台に、小学6年生の鷲尾須美が世界を守る役目を果たそうと奮闘する姿を描き出す。「結城友奈は勇者である」の監督を務めた岸誠二が総監督を務める。ボイスキャストを三森すずこ、花澤香菜、花守ゆみりらが担当。結城友奈の先代の勇者たちの活躍に注目。


■スタッフ
原作: Project 2H
企画原案・脚本: タカヒロ
総監督: 岸誠二
監督: 福岡大生
シリーズ構成・脚本: 上江洲誠
キャラクターデザイン原案: BUNBUN
アニメーションキャラクターデザイン・総作画監督: 酒井孝裕
コンセプトアート: D.K&JWWORKS
音楽: 岡部啓一 / MONACA
製作年:2017年
製作国:日本
日本公開:2017年3月18日
上映時間:56分
配給:ポニーキャニオン
アニメーション制作:Studio 五組

■キャスト(役柄:声の出演)
鷲尾須美: 三森すずこ
乃木園子: 花澤香菜
三ノ輪銀: 花守ゆみり






ジャンル:アニメ/少女/ファンタジー
 ひるね姫~知らないワタシの物語~   【3月18日公開】

小説 ひるね姫 ~知らないワタシの物語~ (角川文庫)/KADOKAWA

¥価格不明
Amazon.co.jp

■内容紹介
昼寝が得意な女子高生の森川ココネは最近、同じ夢ばかり見ていた。時は2020年、東京オリンピックの3日前。岡山でともに暮らす父親が、突然警察に東京へ連行される。ココネは父を助けようと、幼なじみのモリオと東京に向かうが、その道中は夢の世界とリアルをまたいだ不思議な旅となる。それは彼女にとって、“知らないワタシ”を見つける旅でもあった。アニメーション映画『ひるね姫』の、神山健治監督自らによる原作小説。

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1神山健治監督・長編アニメの原作小説!
未来をライトに書き上げたエンターテイメント 

映画公開に先立って発売された、映画「ひるね姫」の小説版。著者は監督である神山健治氏本人。新海誠監督といい、最近は監督の手によるアニメ映画のノベライズが増えている気がします。「公式」という点においては、これ以上無いぐらいの公式なのだから、たぶん良い事なのだろう(笑) 物語は、岡山に住む女子高生・森川ココネがいつも通りの朝を迎えるところから始まる。幼い頃に母を亡くしたココネは、ヤンキー上がりで今は自動車整備工場を営む父親と二人暮らし。家事と勉強に忙しい日々だが、そんな彼女の特技は「どこでもすぐに眠れること」。東京オリンピックの3日前に岡山でともに暮らす修理工を営む父親が突然警察に東京へ連行され、幼馴染のモリオと東京に向かう道中が夢の世界とリアルをまたいだ不思議な旅となる映画の原作小説。ココネがしばし見る王国と囚われた魔法使いの姫のおとぎ話のような夢。自動運転技術を狙う渡辺一派の暗躍。夢とリアルの世界が交互に進んでゆく中で亡き母の想いとココネの知られざる関係が明らかになり、時を超えて失われかけていた想いが再び紡がれ、そして未来に繋がってゆく爽やかな結末はなかなか良かったです。とにかく映画が観たい。映像で見ればカラフルであったり動きのインパクトがあったりするであろうし、場の空気感も出て、人物もリアクションや会話のイントネーションで立ち上がってくるんだろう。そこが神山監督ぽくない、ような、ぽいような…。 私的にはこの人の文章はダイレクトに映像が自分の中に喚起されるというより、じわじわくる。 おそらくアニメ映画見てから読んだりすると裏設定がわかってハマるかも。







■映画ストーリー
高校生の森川ココネは家でも学校でも常に眠気に襲われ、ついウトウトと居眠りばかりしていた。2020年、東京オリンピックが間近に迫った夏の日、彼女の家族は事件に見舞われる。実は両親にはココネも知らない秘密があり、その謎を解く鍵は彼女の夢の中にあった。

★映画チェック★
『攻殻機動隊』『東のエデン』シリーズなどの神山健治監督が手掛けたアニメーション。岡山県倉敷市児島を舞台に、瀬戸大橋のたもとののどかな町で暮らす親子の絆を、夢と現実を結び付けつつ描写する。NHKの連続テレビ小説「とと姉ちゃん」などの高畑充希が、主人公の森川ココネの声を担当。そのほか、満島真之介、古田新太、前野朋哉、高橋英樹、江口洋介といった面々がキャスト陣に名を連ねる。


■スタッフ
原作・脚本・監督: 神山健治
音楽: 下村陽子
主題歌: 高畑充希
キャラクター原案: 森川聡子
作画監督: 佐々木敦子 / 黄瀬和哉
演出: 堀元宣 / 河野利幸
製作: 中山良夫 / 石川光久 / 高橋雅美 / 桜井徹哉 / 堀義貴 / 長澤一史 / 垰義孝 / 井上伸一郎 / 沢桂一 / 薮下維也 / 高橋誠 / 坂本健
エグゼクティブプロデューサー: 門屋大輔 / 高橋望 / 森下勝司
プロデューサー: 岩佐直樹 / 櫻井圭記
アソシエイトプロデューサー: 櫛山慶 / 佐藤圭介
ラインプロデューサー: 山下賢治 / 小川拓也
ハーツデザイン原案: コヤマシゲト
クリーチャーデザイン: クリストフ・フェレラ
エフェクト作画監督: 竹内敦志
原画: 井上俊之 / 西尾鉄也 / エロール・セドリック
色彩設計: 片山由美子
色彩設計補佐: 菅原美佳
美術監督: 鮫島潔 / 日野香諸里
美監補佐: 本田敏恵 / 大森崇 / 芳野満雄
3D監督: 塚本倫基
3Dレイアウト: 佐藤千織
撮影監督: 田中宏侍
音響監督: はたしょう二
製作年:2017年
製作国:日本
日本公開:2017年3月18日
上映時間:1時間50分
製作:プロダクションI.G / 博報堂DYメディアパートナーズ / ホリプロ / Hulu / バンダイ / KADOKAWA / バップ / 読売テレビ放送 / KDDI / ローソンHMVエンタテイメント / STV / MMT / SDT / CTV / HTV / FBS / RNC
企画製作・製作:日本テレビ放送網
制作スタジオ:シグナル・エムディ
配給・製作:ワーナー・ブラザース映画

■キャスト(役柄:声の出演)
森川ココネ: 高畑充希
モリオ: 満島真之介
渡辺: 古田新太
ジョイ: 釘宮理恵
佐渡: 高木渉
雉田: 前野朋哉
イクミ: 清水理沙
志島一心: 高橋英樹
森川モモタロー: 江口洋介





ジャンル:アニメ/少女/ファンタジー/アクション
 映画プリキュアドリームスターズ!   【3月18日公開】

プリキュアオールスターズ まるごと大ずかん (講談社 Mook(おともだちMOOK))/著者不明

¥価格不明
Amazon.co.jp

■内容紹介
従来の「オールスターズ」シリーズとは違う、まったく新しい物語「ドリームスターズ!」が登場。新プリキュアが活躍する夢と感動に溢れた最新作を1冊にまとめた、映画絵本です。




■映画ストーリー
美しくきらびやかな異世界・桜が原からやって来たという謎めいた少女、サクラと出会った宇佐美いちか。彼女と心を通わせるうちに、桜が原に鴉天狗という悪人が現れて親友であるキツネのシズクと美しく咲き誇っていた桜を奪い、サクラがそれを取り返す鍵となる、スイーツ・宝石・鍵のプリキュアたちを捜している途中であることを知る。サクラを助けようと、いちかはほかのプリキュアたちと共に桜が原へ乗り込み……。

★映画チェック★
『プリキュア』シリーズの劇場版第22弾。美しいものを奪い去る鴉天狗に挑むプリキュアたちの戦いの行方、その中で育まれる友情を映す。監督を務めるのは、『映画 Go!プリンセスプリキュア Go!Go!!豪華3本立て!!!』の宮本浩史。『僕らのごはんは明日で待ってる』などの美山加恋がキュアホイップの声を務め、木村佳乃、南海キャンディーズの山里亮太、お笑いコンビのライスがゲストとして登場。作品の枠を超えてプリキュアたちが集結する展開が見どころ。


■スタッフ
原作: 東堂いづみ
監督・キャラクターデザイン: 宮本浩史
脚本: 坪田文
オリジナルキャラクターデザイン・総作画監督: 中谷友紀子
オリジナルキャラクターデザイン: 宮本絵美子 / 井野真理恵
演出: 佐藤宏幸 / 村上貴之
作画監督: 大田和寛
美術監督: 倉橋隆
音楽: 林ゆうき
CGディレクター: 鄭載薫
CGアニメーションスーパーバイザー: 金井弘樹
色彩設計: 澤田豊二
撮影監督: 中村俊介 / 高橋賢司
製作担当: 澤守洸
CGプロデューサー: 野島淳志
エンディングテーマ: 木村佳乃
製作年:2017年
製作国:日本
日本公開:2017年3月18日
上映時間:1時間10分
配給:東映
製作:映画プリキュアドリームスターズ!製作委員会

■キャスト(プリキュア/キャラ名:声の出演)
キュアホイップ/宇佐美いちか: 美山加恋
キュアカスタード/有栖川ひまり: 福原遥
キュアジェラード/立神あおい: 村中知
キュアマカロン/琴爪ゆかり: 藤田咲
キュアショコラ/剣城あきら: 森なな子
ペコリン: かないみか
サクラ: 阿澄佳奈
キュアミラクル/朝日奈みらい: 高橋李依
キュアマジカル/十六夜リコ: 堀江由衣
キュアフェリーチェ/花海ことは: 早見沙織
モフルン: 齋藤彩夏
キュアフローラ/春野はるか: 嶋村侑
キュアマーメイド/海藤みなみ: 浅野真澄
キュアトゥインクル/天ノ川きらら: 山村響
キュアスカーレット/紅城トワ: 沢城みゆき
パフ: 東山奈央
アロマ: 古城門志帆
シズク: 木村佳乃
鴉天狗: 山里亮太
赤狗・黄狗: ライス








関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック