2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

(2017年メディアミックス作品)3月≪火曜≫スタート!冬ドラマ化される原作&コミック「笑う招き猫」

kage

2017/03/21 (Tue)

2017年冬ドラマ(1月~3月)
とり

2016年に映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!
 ■3月≪火曜≫スタート!冬ドラマ化される原作&コミック

【3月21日(火)放送スタート!】
・笑う招き猫/山本幸久(著)

ドラマを見る前にチェックするもよし、見た後でじっくり復習するもよし。

合わせて原作本・コミックを楽しんでください!





【3月21日(火)放送】
 笑う招き猫/山本幸久(著)

笑う招き猫 (集英社文庫)/山本 幸久

¥価格不明
Amazon.co.jp

■ドラマタイトル:「笑う招き猫」

■放送日:3月21日スタート 

TBS系 毎週火曜 25:28~25:58 


■原作/原案…原作:山本幸久「笑う招き猫」(集英社文庫)

■スタッフ
脚本:飯塚健

エンディング:どこかで日は昇る/Mrs.GREEN APPLE

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
高城ヒトミ(清水富美加)
アカコと共に漫才コンビ「アカコとヒトミ」を結成して5年目。ツッコミ担当。

本田アカコ (松井玲奈)
ヒトミと共に漫才コンビ「アカコとヒトミ」を結成して5年目。ボケ担当

----------------------------------------------------------------------------------------
■ドラマ内容紹介…清水富美加と松井玲奈が漫才コンビに! 映画公開に先駆けたアナザーストーリー!  
----------------------------------------------------------------------------------------
同名映画の公開に先駆け、漫才コンビ「アカコとヒトミ」が芸人として奮闘する日々を描くアナザーストーリーを全4話で放送。山本幸久の同名小説を原作に、夢を追いかける漫才コンビのボケ担当・本田アカコを松井玲奈、突っ込み担当・高城ヒトミを清水富美加が演じ、2人の友情と青春を描く。

監督・脚本は、ドラマ「荒川アンダーザブリッジ」(同系)などで知られる飯塚健が手掛け、既存のフォーマットに捉われない、斬新な構成のドラマとなることが明かされている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
≪原作内容紹介≫
オトコより、お金より、あなたの笑いがほしい!
新人女漫才コンビ、アカコとヒトミ。彼氏もいない、お金もない、だけど夢は忘れない2人に、テレビ出演のチャンスがきて??。第16回小説すばる新人賞受賞の青春小説。(解説・ラーメンズ 片桐 仁)

【すばる新人賞受賞作】
笑いありホロリあり、そして友情あり!表紙まんまの女漫才コンビの青春な作品!!

Arikaアイコン(小)1女の子同士の漫才コンビのお話。大学時代に知り合った、身長170以上の大女「ひとみ」と、ちびでぶの「あかこ」。突然即興で歌いだす、「あかこ」にいきなり次をふられ、つい歌ってしまう「ひとみ」。お笑いコンビとしてのお互いの相性にめざめ、泣いたり笑ったりしながら、なにより舞台を大切にする漫才師をめざします。特に、大学を卒業した後、おしゃれな青山とは名ばかりの、小さな会社の事務所で、嫌な上司や同僚に囲まれ、なんとなく毎日を送っている「ひとみ」に「あかこ」が、漫才をやろうと言ってきたときの描写は、うなずける。このままいれば、そこそこお給料も貰え、プロポーズしてくれる人もないわけじゃないから、そのうち結婚して子供を産む人生。「安心そうだけど、それは私の人生じゃない」と、ひとみは漫才師をめざす決心をします。表紙まんまのかなりベタな作品だけど、しかし、たまにはベタベタな話を読みたいこともある。人情味と生き生きとしたキャラクターとお約束展開をきっちりこなし、最後まで楽しませてくれる。少しほろ苦い意外性もありつつ、最後はちゃんと笑顔で終わる。情景の浮かぶ描写。説教臭くない等身大の文章。軽妙な会話。読んでてとてもすがすがしい文章だった。人生を変えるような作品ではないし、心を大きく揺さぶることもない。でも、心地よい揺れはある。たまには読むにはとても良い小説。なにが自分の人生かって若い頃から、見つけられる人ってすごく数少ないと思う。漫才師って職業と、かけがえのない相棒と。羨ましいです。最後の『アカコとヒトミ』の主題歌を読んでいたら不意に泣けてきてしまった。


関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック