2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

2017年春、木曜ドラマ『この世にたやすい仕事はない』

kage

2017/05/25 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

★4月6日スタート 

NHK BSプレミアム  毎週木曜 23:00~23:30<全8回>

 この世にたやすい仕事はない

Arika注目1h木曜に新ドラマ枠が誕生!燃え尽きた女性が新たな仕事に挑戦!

真野恵里菜さんが連ドラ初主演。

この世にたやすい仕事はない

「仕事」…それは世にも奇妙で、厳しい、愛すべきあなたのパートナー!?


どんな仕事にも、計り知れない大変さがあり、同時に計り知れない楽しさがある!

真野恵里菜さんがNHK連ドラ初主演“お仕事ファンタジードラマ”

塚本高史さんは恋人役、浅野温子さんはハローワークの職員。

真野恵里菜演じる主人公が夢だった小学校の先生となりますが、オーバーワークで退職、そして周りの人々やハローワークで紹介された不思議な職種を通して働くことの意味を見出していく、というドラマです。

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:津村記久子「この世にたやすい仕事はない」(日本経済新聞出版社)
脚本:土田英生
脚本:ブラジリィー・アン・山田
演出:松田礼人
制作統括:出水有三、中尾幸代

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
霧中かすみ(真野恵里菜)
子供のころからの夢だった小学校教諭になるが、オーバーワークで燃え尽きて退職。仕事を探そうと訪れたハローワークで、不思議な職員・正門と出会い、さまざまな“どこか奇妙な仕事”を紹介される。

百合岡純 (塚本高史)
かすみの恋人。勝手に家を飛び出したかすみの心境を測りかねている。

正門 (浅野温子)…ハローワークの職員
ハローラボでかすみが出会った不思議な職員。何事にも一生懸命なかすみに、奇妙な仕事ばかりを紹介する。

江里口麻理(馬場園梓byアジアン)
かすみがハローラボから紹介されるカナリアバスの先輩。総務とアナウンス作成をしている。仕事ができ、後輩からの信頼が厚いのだが…

藤田藤子(高橋ひとみ)
とある理由で鶴千製菓でのボランティアをしている。そしてかすみのライバルに?

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
真野恵里菜が新設ドラマ枠で主演を務めるお仕事ファンタジードラマ! 
2017年度から新設される木曜の連続ドラマ枠・第1弾作品。芥川賞作家・津村記久子の同名小説をベースに、元小学校教諭の女性が奇妙な仕事に携わっていくうちに働く意味を見いだしていくさまを描く“お仕事ファンタジードラマ”。

主人公の霧中かすみを演じるのは、同局連続ドラマ初主演の真野恵里菜。

かすみに不思議な仕事を紹介するハローワークの職員・正門を浅野温子、かすみの恋人・百合岡純を塚本高史が演じる。

Arika注目1hドラマ【この世にたやすい仕事はない】のみどころ
----------------------------------------------------------------------------------------
真野恵里菜さんの前向きな姿勢に共感を呼ぶ?

このドラマはお仕事ファンタジードラマ。

現実世界では「そんな仕事あり得ない!」というようなお仕事がたくさん登場します。

しかし、その一つ一つの”良さ”を見出し共感していく主人公のかすみ。

普通のお仕事ドラマは木曜の夜にはちょっと重いような気もしますが、「この世にたやすい仕事はない」は辛い現実を明るく見せてくれる、明日への希望が湧いてくる、そんなドラマとなっています。

「この世にたやすい仕事はない」の原作者は津村記久子さんは新卒で入社した会社をパワハラで退社、職業訓練校を経て転職したという経歴の持ち主です。

今では太宰治賞作家・芥川賞作家として知られていますが過去の辛い転職経験があったからこそ書けた作品なのかもしれません。


この世にたやすい仕事はない/日本経済新聞出版社

¥価格不明
Amazon.co.jp

津村 記久子(つむら きくこ)
1978年1月23日生。小説家。大阪府大阪市出身、大阪府立今宮高等学校、大谷大学文学部国際文化学科卒業。2000年、新卒で入社した会社で上司からパワーハラスメントを受け、10ヶ月で退社。その後、職業訓練校などを経て2001年に転職。2005年に「マンイーター」(単行本化の際『君は永遠にそいつらより若い』に改題)で第21回太宰治賞を受賞し、小説家デビュー。兼業作家として、会社から帰った後、睡眠を二回に分けてその合間に小説を執筆していた。2012年、10年半勤めた会社を退職し、専業作家となる。作風としては自身の会社員生活の経験を元に、働く人々や女性を描いた作品が多い。また大阪在住であり、近畿地方を舞台にした作品、関西弁を話す登場人物も多く描かれる。スポーツ観戦が趣味で、海外サッカーやロードレース、フィギュアスケートのファンである。


受賞歴
2005年 - 「マンイーター」で第21回太宰治賞受賞
2008年 - 「カソウスキの行方」で第138回芥川賞候補
2008年 - 「婚礼、葬礼、その他」で第139回芥川賞候補
2008年 - 『ミュージック・ブレス・ユー!!』で第30回野間文芸新人賞受賞
2008年 - 咲くやこの花賞文芸その他部門受賞
2009年 - 「ポトスライムの舟」で第140回芥川賞受賞
2011年 - 『ワーカーズ・ダイジェスト』で第28回織田作之助賞受賞
2013年 - 「給水塔と亀」で第39回川端康成文学賞受賞
2016年 - 『この世にたやすい仕事はない』で芸術選奨新人賞受賞

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年4月1日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
霧中かすみ(真野恵里菜)は、子供のころからの夢だった小学校教諭になるが、有り余る熱意がオーバーワークを引き起こし、志半ばで燃え尽きて退職してしまう。働かなければ食べていけないと、社会復帰に向けて短期の仕事からリハビリを始めたかすみは、ハローワークの不思議な職員・正門(浅野温子)と出会う。

どんな条件でも「希望ぴったりの仕事」を紹介してくる正門だが、そのどれもが“どこか奇妙なお仕事”。現実にあるようでないようなお仕事と、それぞれの職場で出会う人々との交流を通じて、かすみは恋人・百合岡純(塚本高史)との関係にもある結論を下し、徐々に仕事への向き合い方、働く意味を見いだしていく。

(出典:この世にたやすい仕事はない公式HP)

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年4月1日更新】
■ あらすじ(第1話「バスのアナウンスの仕事 前編」  2017/4/6 放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
元小学校教諭の霧中かすみ(真野恵里菜)は、有り余る熱意が災いし、志半ばで燃え尽きて退職してしまった。しかし、働かねば食べていけない! 社会復帰に向けてリハビリを始めたかすみは、ハローラボの不思議な職員・正門(浅野温子)から「バスのアナウンスのしごと」を紹介される。だが出社初日、課長(正名僕蔵)から命じられたのは、先輩・江里口(馬場園梓)の『見張り』。彼女が作るアナウンスには不思議な力があったのだ。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年4月8日更新】
■ あらすじ(第2話「バスのアナウンスの仕事 後編」  2017/4/13 放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
アナウンス制作にいそしむかすみ(真野恵里菜)は、江里口(馬場園梓)が作るアナウンスに不思議な力があるのではないかと疑う。そんな折、不審者の出没情報が入る。課長の風谷(正名僕蔵)は、江里口のアナウンスで不審者を撃退しようとするが、彼女は突如、退社を決めてしまう。焦った風谷が暴走したことにより、広告主は大量撤退。廃線の危機に陥ったバスを救うべく、かすみに全ての仕事が委ねられるようになっていく。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年4月16日更新】
■ あらすじ(第3話「おかきの外装の仕事(前編)」  2017/4/20放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
かすみ(真野恵里菜)は、老舗煎餅会社「鶴千製菓」で「おかきの外装を作る仕事」に就く。だが、その仕事は一筋縄ではいかなかった。しかも、社長・鶴岡(山崎大輔)に「業績アップを担う救世主」と持ち上げられ、重圧に押しつぶされそうになる。「鶴千ボンバーズ」なる即売会のイベントにいきなり引っ張り出された上、社員からの自分に対する失望の声を聞いてしまったかすみは、ハローラボの正門(浅野温子)に転職を願い出る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年4月22日更新】
■ あらすじ(第4話「おかきの外装の仕事(後)」  2017/4/27放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
かすみ(真野恵里菜)がおかきの外装に書いた豆知識のおかげで、山で遭難した藤子(高橋ひとみ)は命拾いする。注目を浴びた新商品「ふじこさん」は大ヒット。さらに、恩返しにとボランティアを申し出た藤子が広告塔となり業績は急上昇する。社長の藤岡(山崎大輔)や社員は喜ぶが、社内を支配していく藤子にかすみは不信感を抱く。やがて藤子はかすみの仕事まで侵し始める。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年4月29日更新】
■ あらすじ(第5話「路地を訪ねるしごと」(前編)」  2017/5/4放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
かすみ(真野恵里菜)は恋人・純(塚本高史)からのプロポーズの返事を保留にする。彼と距離を置くべく新たに始めたのは、盛永(高橋洋)が作るポスターを路地に張る仕事。だが、町には‘さびしくない’というポスターが既に大量に掲示されており、かすみは1枚も張らせてもらえない。そんな中、かすみはボランティアサークルを運営する美千留(大野いと)と出会い、親しくなる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年5月5日更新】
■ あらすじ(第6話「路地を訪ねるしごと」(後編)」  2017/5/11放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
かすみ(真野恵里菜)は美千留(大野いと)が田所(長谷川朝晴)ら町の人々をだましていると知り、ショックを受ける。美千留を止めたいかすみだが、雇用主の盛永(高橋洋)に制される。美千留は盛永の妹だった。しかし、純(塚本高史)まで使ってかすみを味方につけようとする美千留に、盛永は激怒。かすみと盛永は監視会社の染谷(六角慎司)も巻き込み、美千留のアジトに乗り込む。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年5月14日更新】
■ あらすじ(第7話「大きな森の小屋での簡単なしごと」(前編)  2017/5/18放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
かすみ(真野恵里菜)は「教師になりたい」と希望を出すが、正門(浅野温子)はなぜか却下し、大林森林公園での幽霊退治の仕事を強引に押し付ける。その職場には、同居を解消したばかりの純(塚本高史)が勤めていた。気まずい中、仕事に励むかすみは、迷子の小学生・潤布田(須田瑛斗)を見つけ出す。潤布田は「大林原人の幽霊を見た」と主張。かすみはもっと話を聞きたいが…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年5月20日更新】
■ あらすじ(第8話「大きな森の小屋での簡単なしごと」(後編)  2017/5/25放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
梅ノ井小学校の児童が集団で行方不明になる事件が発生する。児童たちを捜すかすみ(真野恵里菜)は、「カナリアバス」時代の先輩・江里口(馬場園梓)から、数カ月前に同小学校の教師・菅井(浜野謙太)が失踪したと聞いて胸騒ぎを覚える。だが、業務外のことに首を突っ込み、熱中してしまうかすみを、純(塚本高史)は批判する。かすみは、潤布田(須田瑛斗)から聞いた「大林原人の幽霊」が菅井なのではないかとの疑いを抱く。
関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック