FC2ブログ
2019 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 01

2017年春、金曜ドラマ『立花登青春手控え2』

kage

2017/05/26 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★4月7日スタート 

NHK BSプレミアム  毎週金曜 20:00~20:43≪連続8回≫

 立花登青春手控え2

Arika注目1h藤沢周平没後20年の2017年、時代劇ファンの期待に応える続編を放送!

「人を知らずして医はその技を揮(ふる)えず 心を知らずしてその道を歩めず…。」

NHK BSプレミアムで放送予定の「立花登青春手控え2」は藤沢周平原作の時代劇。

出演者はかなり豪華なのでそれだけでも見る価値アリだと思います

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:藤沢周平「獄医立花登手控え」(講談社文庫)
脚本:古田求/田村惠/小林政広
演出:山下智彦/服部大二
演出:前原康貴
制作統括:原克子/吉永証/山本敏彦

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
立花登(溝端淳平)…江戸・小伝馬町の牢医者
江戸・小伝馬町の牢医者。医者である叔父の玄庵を頼って出羽・亀田から江戸へと上京し、居候をしながら医学の勉強に励んでいる。起倒流柔術の使い手でもある。

ちえ(平祐奈)…登のいとこ
玄庵の娘で、登のいとこ。美人だが、おてんばな性格で、年上の登を呼び捨てにしては、家来のように扱い、からかうこともしばしば。しかし、実は登を頼りにしている。父譲りでお酒が好き。

松江(宮崎美子)…登の叔母
玄庵の妻で、登の叔母。口が達者、登に対しては厳しい人。言葉はきついが、登の良き理解者となる。庭木の手入れや雑巾がけなど、なにかと登に雑用を頼もうとする。

平塚平志郎(マキタスポーツ)
小伝馬町牢屋敷の牢屋同心。クールで実直。お茶好き。

土橋桂順(正名僕蔵)
小伝馬町牢屋敷の牢医者。登の先輩にあたる。

直蔵(波岡一喜)
藤吉配下の下っ引き。仕事ぶりはきっちりしている

久坂道之丞(渡辺佑太朗)
旗本の三男坊。起倒流柔術の道場に通う登の後輩。うぬぼれやすい性格。登を慕っている。

きよ(鷲尾真知子)
小牧家の女中。登の味方になってくれる存在。思ったことを口に出して、災いを招くことも。

藤吉(石黒賢)…深川・八名川町の岡っ引き
江戸の深川・八名川町の岡っ引き。事件のことについて、登に相談をしたり、時には登とともに、事件の真相を追う。女房のおせんに「どん助」という小料理屋を任せている。

小牧玄庵 (古谷一行)…登の叔父、町医者
登の叔父で、公儀の御用を務める江戸の開業医。幼少期は神童といわれたが、江戸での評判は良くない。無類の酒好きで、仲間と飲むため、登に仕事を押し付けることも。妻の松江には頭が上がらない。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
溝端淳平主演でリメークした藤沢周平原作の時代劇、続編が登場! 
時代小説の名手・藤沢周平の原作で、数あるテレビ時代劇の中でも異色の“監獄もの”をリメークした連続ドラマの続編。1話完結型の物語の中で、牢獄の青年医師がさまざまな人との交流を通して成長していく姿を描く。青年医・立花登を、前作に引き続き溝端淳平が演じるほか、平祐奈、宮崎美子、マキタスポーツ、正名僕蔵、波岡一喜、鷲尾真知子、石黒賢、古谷一行らレギュラーキャストが続投。今作より渡辺佑太朗が新たに加わる。



----------------------------------------------------------------------------------------
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
小伝馬町の若き牢医者・立花登(溝端淳平)は、正義感が強く、柔術の腕も抜群。一人前の医者になるために、叔父の小牧玄庵(古谷一行)を頼って秋田から出てきた登にとって、牢医者の務めは実に刺激的だった。なぜなら仕事柄、獄の内外で起こるさまざまな事件やそれに関係する人物と深く関わることができるからだ。

登は、人間が持つ欲望や苦しみ、悲しみ、希望に向き合い、持ち前の正義感と柔術の力で事件を解決していく。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年4月1日更新】
■ あらすじ(第1話「片割れ」  2017/4/7放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
登(溝端淳平)は東北の故郷を離れ、江戸・小伝馬町の牢(ろう)医者として働いていた。町医者の叔父・玄庵(古谷一行)と叔母・松江(宮崎美子)が留守のある日、登といとこのちえ(平祐奈)は、玄庵の診療室に現れた人相の悪い男(木村祐一)の手当てをする。数日後、牢に刃物の傷をこじらせた与吉(津田寛治)が入ってくる。与吉は二人組で米屋に強盗を働いた罪で捕まったのだ。登は、先日の人相の悪い男が与吉の相棒ではないかと疑う。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年4月8日更新】
■ あらすじ(第2話「幻の女」  2017/4/14 放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
牢(ろう)内で、間もなく島送りになる巳之吉(忍成修吾)という男を診察した登(溝端淳平)は、彼から幼なじみのおこま(朝倉あき)の話を聞く。巳之吉にとって、おこまはいとしい人。だが、彼女の消息は不明だった。登は巳之吉のために、おこまを捜すことにする。おこまは亡くなった親の借金を返すために職を変え、悪所にいるという噂があった。登は同じ道場の後輩・久坂(渡辺佑太朗)の手を借りて捜索を続ける。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年4月16日更新】
■ あらすじ(第3話「化粧する女」  2017/4/21 放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
畳刺し職人の房五郎(岡田義徳)は連日、与力の高瀬(小木茂光)からひどい拷問を受けていた。登(溝端淳平)は行き過ぎた拷問と考えるが、どうやら高瀬は房五郎が隠している別の強盗の罪を吐かせようとしているらしい。登は、房五郎が女房・おつぎ(玄理)とグルであると疑い、彼女に会いに行く。しかし、おつぎは、登が思っていたような女性とは違い、地味な印象だった。さらに真相を探ると、意外なことが明らかになる…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年4月22日更新】
■ あらすじ(第4話「押し込み」  2017/4/28放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
唐辛子売りの源次(和田正人)、湯屋の釜番・金平(ラサール石井)、元雪駄(せった)問屋の若旦那・保次郎(姜暢雄)が足袋屋の川庄に押し込み強盗をしようとしていた。源次は、同じ長屋に住む病弱なおしづ(笛木優子)を不幸にした川庄に復讐をするつもりだ。だが同じ頃、川庄を別の悪党が狙っていた。それを知った登(溝端淳平)は、源次たちの計画をやめさせようとするが…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年5月2日更新】
■ あらすじ(第5話「みな殺し」  2017/5/5放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
2ヶ月の間に、本所・深川の一帯で男たちが次々変死する事件が起きる。そんな折、登(溝端淳平)は、牢で一人の囚人の不審な死に立ち会う。死んだのは研ぎ屋の芳平。登は病死として扱うが、岡っ引きの藤吉(石黒賢)が、登のところ事情を詳しく聞きにやって来る。藤吉は変死事件との関わりを疑っていた。話をするうちに登は、芳平殺しの犯人がまだ牢内にいるのでは、と考え始める。どうやらその男は、とんでもない悪党らしいのだ…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年5月5日更新】
■ あらすじ(第6話「見張り」  2017/5/12放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
登(溝端淳平)は、町中で具合の悪そうな女・おとし(富田靖子)と出会う。おとしの亭主・酉蔵(浅野和之)は、傘張り職人だったが、酒飲みの怠け者で、おとしは一膳飯屋で働かざるを得なかった。そんなある日、登は牢の囚人から、押し込み強盗の計画を聞く。押し込みを企む連中は、酉蔵に見張りを頼もうとしているらしい。おとしを心配する登は、酉蔵に、おとしが死にそうだと嘘をつく。すると、慌てた酉蔵が、ある行動に出る…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年5月14日更新】
■ あらすじ(第7話「待ち伏せ」  2017/5/19放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
牢(ろう)から解き放ちになった3人が連続で襲われ、登(溝端淳平)は次に牢を出る馬六(田山涼成)の命が危ないと考える。そんな折、玄庵(古谷一行)が倒れ、登は叔母・松江(宮崎美子)とちえ(平祐奈)から頼りにされる。数日後、馬六が解き放ちに。嫁いだ娘・おかつ(富山えり子)が一人暮らしの馬六を引き取ろうとしていた。登は藤吉(石黒賢)の助けを借りて、馬六を守ろうとする。しかし、馬六は不審な男たちに襲われてしまう…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年5月20日更新】
■ あらすじ(第8話「処刑の日」  2017/5/26放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
商家の主人・助右衛門(国広富之)は女を殺した罪で捕らわれていたが、娘・おゆき(北浦愛)が父は犯人でないと登(溝端淳平)に訴える。そんな中、ちえ(平祐奈)が助右衛門の妻・おえん(大路恵美)と手代の新七(田中幸太朗)の親しげな様子を目撃。不審に思った登は調べに携わった南町奉行所などを訪ね、やがて藤吉(石黒賢)の協力で事件の真相と助右衛門の家の事情が徐々に明らかに。だが、助右衛門の処刑の日が迫っていた。

関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック