2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

2017年春、金曜ドラマ24『孤独のグルメ Season6』

kage

2017/06/30 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★4月7日スタート 

テレビ東京系  毎週金曜 24:12~24:52
放送局:テレビ東京、テレビ北海道、テレビ愛知、テレビ大阪、テレビせとうち、TVQ九州放送 
※テレビ大阪のみ毎週月曜深夜0時12分〜

 孤独のグルメ Season6

Arika注目1h松重豊が巻き起こす深夜の”飯テロ”シーズン6!

月クールに『孤独のグルメ』を放送するのは初。

松重豊は今クール話題となったドラマ『バイプレイヤーズ』に引き続き「ドラマ24」枠での主演を務めます!


松重豊さんが、街角でふと見かけた“よさげな店”で、ひたすら“ひとり飯”を実況するグルメドキュメンタリードラマ【孤独のグルメ】の第6シリーズがスタート!

メニューを見てはどんな料理かと妄想したり、周りの人が食べているものや店の主人やスタッフを観察したり。日常的な外食のシーンがなぜこんなにも面白いのでしょうか。初めてのお店を探訪するときに誰もが体験する“あるある”がいっぱいの親近感。そしてもちろん松重豊さんの味のある演技と、登場する個性的なお店やおいしそうな料理の数々が魅力なんですね。

原作マンガ『孤独のグルメ』の画を手がけていた巨匠・谷口ジローさんが2017年2月に死去され、マンガの新作が見られなくなったのは本当に残念ですが、ドラマはまだまだ続きます。

谷口さんへの追悼の意もこめながら、思い切り楽しんでいきたいと思います。

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:久住昌之、作画:谷口ジロー「孤独のグルメ」(週刊SPA!)
脚本:田口佳宏、児玉頼子
音楽:The Screen Tones
久住昌之、フクムラサトシ、河野文彦、Shake、栗木健
チーフプロデューサー:浅野太
プロデューサー:川村庄子、吉見健士・菊池武博(共同テレビジョン)
演  出:溝口憲司・井川尊史・北畑龍一(共同テレビジョン)
制作協力:共同テレビジョン
製作著作:テレビ東京

オープニングテーマ:「哀愁のグルメ」作曲:久住昌之
井之頭”松重”五郎のテーマ:「Joy Alone」作曲:久住昌之/フクムラサトシ
エンディングテーマ:「五郎の12PM」(作曲:久住昌之 歌:伝美)

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
井之頭五郎 (松重豊)
自由な生き方をモットーとし、個人で輸入雑貨商を営んでいる。
仕事で訪れた街で雰囲気のある店を探し、そこで食事を取ることを楽しみとしている。
未婚で、酒は飲めない。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
松重豊主演の“夜食テロ”、待望の第6シーズン始動。あの食の聖地へ出張も! 
松重豊が主演を務める異色グルメドラマの第6シーズン。輸入雑貨商・井之頭五郎(松重)が、仕事で訪れた街で1人絶品料理に舌鼓を打つ姿をドキュメンタリータッチで描く同シリーズは、小腹がすく深夜帯に料理を味わうさまが視聴者から“夜食テロ”と称されているほか、登場する店が全て実在することから、放送後、その店にファンが殺到するなどさまざまな話題を振りまいてきた。
今シーズンも、ドラマの基本コンセプトは踏襲。五郎のホームグラウンドである東京都内でのロケはもちろん、地方やあの“食の聖地”へも出張し、さまざまな国やジャンルのグルメが登場する。

Arika注目1h★ドラマ【孤独のグルメSeason6】の見どころ
----------------------------------------------------------------------------------------
Season6に向けて、制作陣も「最高の癒しの時間」を届けたい! と気合いが入っているようです。Season6では、吾郎がどこを訪ね、どんなグルメに出会うのか?

詳細はまだ発表されていないので、番組公式ホームページのコメントから予想してみましょう。

五郎のホームグラウンドである都内ロケに加えて、地方出張も健在です。今回はあの食の聖地へも出張が決まり、スタッフ一同やる気満々です!また、4月クールに『孤独のグルメ』を放送するのは初。初めての春を迎える『孤独のグルメ』は、いつにも増していろいろな国やジャンルのグルメが続々登場、これまでにない食が満載です!それでも今までと変わらず、ほっこりグルメと癒しの時間をお届け致します。

これによるとSeason6の気になるキーワードは・・初めての春→春が旬のグルメが登場!?

・“あの食の聖地”へ出張→“あの食の聖地”とは、未登場の街のようなので、ひとまずこれまで吾郎が訪れた地方をおさらい。

【Season2】 
群馬県邑楽郡大泉町/ブラジル料理(4話)

【Season3】 
静岡県賀茂郡河津町/生ワサビ付きわさび丼(3話)
新潟県十日市市/ドライブインの牛すじ煮込みと五目釜めし(11話)

【Season4】 
神奈川県足柄下郡箱根町/ステーキ丼(3話)
愛知県知多郡日間賀島/しらすの天ぷらとたこめし(5話)
福岡県福岡市博多区/鯖ごまと若どりのスープ炊き(スペシャル)

【Season5】 
台湾宜蘭県羅東/三星葱の肉炒めと豚肉の紅麹揚げ(4話)
台湾台北市永楽市場/鶏肉飯と乾麺(5話)
北海道旭川市/新子焼、味噌汁ライス、カニクリームコロッケ、ほっけフライ(お正月スペシャル 真冬の北海道・旭川出張編)
宮城県仙台市・牡鹿郡女川町/牛タンセット、テール焼き、海鮮五色丼、穴子の天ぷら、殻うに、サバ出しらーめん(スペシャル 真夏の東北・宮城出張編)

ドラマに登場する店は原作に登場するものではなく、実在する“味な店”を、毎回番組スタッフが自らの足で探している。

ということなので、原作マンガを見てもわからないのですが、これまで吾郎さんが行っていなくて、食の聖地といえば大阪、オリジナル色が濃い名古屋めしもおもしろそうです。また、いろいろな国やジャンルのグルメが続々登場(→これまでアフリカ、タイ、インド、ブラジル、台湾、韓国など)しエスニック系が多かったので、ヨーロッパ系の料理が出てくるかも?

Season6の夜めしテロはどんな攻撃を仕掛けてくるのでしょうか(笑)

ドラマの終わりには、「ふらっとQUSUMI」という原作者である久住昌之さんが、舞台となった店を訪ねるコーナーもあるということで、こちらも楽しみです。



----------------------------------------------------------------------------------------
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
個人で輸入雑貨商を営む井之頭五郎(松重豊)は日々、商用でさまざまな街を訪問する。

そして一人、ふと立ち寄った店で食事をする。

そこで、言葉で表現できないようなグルメたちに出合うのだった――

仕事で出張することも多い五郎は、この春も各地を訪問。

そこでまだ見ぬ一品料理との邂逅(かいこう)を果たしていく。

料理のうんちくを述べるのではなく、ひたすら主人公の食事シーンと心理描写をつづり、ドキュメンタリーのように淡々とストーリーが流れていく人気マンガ、『孤独のグルメ』を実写化した作品。ドラマに登場する店は原作に登場するものではなく、実在する“味な店”を、毎回番組スタッフが自らの足で探している。 また、ドラマの終わりには、原作者・久住昌之が舞台となった店を訪れる「ふらっとQUSUMI」コーナーを設けているほか、ドラマのシナリオや音楽にも原作者が関わっている。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年4月1日更新】
■ あらすじ(第1話「大阪府美章園のお好み焼き定食と平野の串かつ」  2017/4/7放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
個人で輸入雑貨商を営む井之頭五郎(松重豊)は、仕事で訪れたさまざまな街で一人、ふと立ち寄った店で食事をする。そこで彼は、言葉にできないようなグルメたちに出合う。料理のうんちくを述べるのではなく、ひたすら五郎の食事シーンと心理描写をつづり、ドキュメンタリーのように淡々とストーリーが流れていく。また、ドラマの終わりには原作者・久住昌之が、その回で舞台になった店を訪れるコーナーも放送する。

【ゲスト】六角精児 波岡一喜 池乃めだか下柳剛

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年4月8日更新】
■ あらすじ(第2話「東京都新宿の豚バラ生姜焼き定食」  2017/4/14 放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
早朝6時半。五郎(松重豊)は東京・大久保駅近くの喫茶店で、洋食器の展示販売の準備を手伝っていた。店主のさくら(東風万智子)は陳列に駄目出しをするが、それは五郎の指示によるもので、スタッフに微妙な空気が流れる。8時半、ようやく仕事を終えた五郎は辺りを歩き、「淀橋市場」の看板を発見。「今朝は市場めしだ」と決め、若女将(久保田磨希)の案内で食堂へ。‘トマト酢漬け’というメニューに目が留まる。

【ゲスト】東風万智子 久保田磨希 池田道枝

【皆様へのお願い】
市場へお越しの際は、お店に近い「南門」より入場してください。
市場で働かれている皆様の妨げにならぬよう、ご通行の際は十分ご注意ください。


----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年4月16日更新】
■ あらすじ(第3話「東京都目黒区三田のチキンと野菜の薬膳スープカレー」  2017/4/21 放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
五郎(松重豊)は緊張した面持ちで東京・目黒駅に降り立った。ホテルの客室インテリアのリニューアルに向けたプレゼンテーションのためだ。しかし、五郎の商品プランを見た担当の工藤(山崎樹範)は、けげんな表情を見せる。芳しくない結果にトボトボと歩く五郎がわれに返ると、そこは知らない住宅街だった。空腹に気付き、店を探すと、「薬膳スープカレー」の看板を発見。五郎は、店員(谷村美月)の案内で席に座る。

【ゲスト】山崎樹範、谷村美月

【皆様へのお願い】
4月30日(日)より店内リニューアル工事のため一時閉店予定です。
お店の営業に関しては、ご来店の前に事前にお店のHPをご覧頂くか、お電話にてお問い合わせをお願いいたします。


----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年4月22日更新】
■ あらすじ(第4話「東京都東大和市の焼き肉」  2017/4/28 放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
五郎(松重豊)はけがをした知人・真理子(手塚理美)を見舞うため、東京・東大和市駅に立ち寄る。カーテン店を営む彼女は中学3年生の息子・武(福地叶成)に手を焼いていた。真理子と別れた五郎は空腹だが、店が見当たらない。しかも、肉が食べたいと言っていた武を思い出し‘焼き肉モード’だ。焼き肉の看板を見て入店した五郎は「アゴ」というメニューを見つける。

【ゲスト】手塚理美、白石聖

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年4月29日更新】
■ あらすじ(第5話「東京都世田谷区 三軒茶屋の回転寿司」  2017/5/5 放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
五郎(松重豊)が東京・三軒茶屋駅からステンドグラス店へ向かうと、中で店長・彩(山下リオ)が泣いていた。驚く五郎だが、彼女の涙の理由は意外なものだった。五郎は大阪で頼まれたフロアスタンドを探すために、この店を訪れた。しかし、彩の祖父・次郎(若林豪)は突然、五郎を釣りに誘う。なぜか彩も負けじと、五郎にステンドグラスの体験教室を勧める。店を後にした五郎は、腹が減る中、回転寿司店を発見する。

【ゲスト】山下リオ、若林豪、岡本麗

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年5月10日更新】
■ あらすじ(第6話「東京都新宿区高田馬場のシャン風 豚高菜漬け炒めと牛スープそば」  2017/5/12 放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
五郎(松重豊)は東京・高田馬場駅で降り、空手道場へ。師範代・鈴木(高橋努)に頼まれた商品を届けに来たが、厳しい稽古の最中で声を掛けづらい。だが、商品の注文理由は恐ろしげな鈴木の様子からは想像もつかない内容だった。道場を出ると、午後3時半。昼食の店を探すがどこも「準備中」だ。後悔する五郎だったが「ミャンマー料理・シャン料理」の看板を発見する。

【ゲスト】髙橋努

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年5月13日更新】
■ あらすじ(第7話「東京都渋谷区道玄坂の皿うどんと春巻」  2017/5/19 放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
商談で東京・渋谷のクラブを訪ねた五郎(松重豊)は、慣れない空間に戸惑っていた。オーナー・冴島(窪塚俊介)との打ち合わせもやりづらい。疲れて空腹になった五郎は、店を探し始める。若者で埋め尽くされた渋谷で「もう自分の来る所ではないのかな」と思い始めた時、道玄坂の路地に渋いたたずまいの店を発見。皿うどんや中華料理などのメニューに心躍らせて中へ入ると、若女将(川上麻衣子)がなぜか相席に案内する。

【ゲスト】川上麻衣子、窪塚俊介

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年5月20日更新】
■ あらすじ(第8話「東京都台東区御徒町のラム肉長葱炒めとスペアリブ」  2017/5/26放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
五郎(松重豊)は東京・御徒町の宝石加工専門店へやって来た。デパートの催事場に初出店する社長・竹内(岡田浩暉)は、展示スペースの内装を五郎に依頼する。竹内は、イベントで職人の加工作業を見せたいと熱く語る。五郎もそんな竹内の思いに仕事で応えたい。ところが気合を入れた途端、五郎は急に腹が減る。しばらくして「羊」の文字が入った看板を発見。どうやら中華系の羊料理店らしいが、イメージが湧かない。

【ゲスト】岡田浩暉

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年5月30日更新】
■ あらすじ(第9話「東京都品川区旗の台のサルスエラとイカ墨パエリア」  2017/6/9放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
東京・旗の台の商店街を歩く五郎(松重豊)は、喫茶店で久しぶりのクリームソーダを堪能した後、もともと銭湯だった建物にたどり着く。フィンランド人の顧客からの依頼で、この建物を別のことに使えないか、視察に来たのだった。オーナー・藤堂(神尾佑)の案内で内部を見ながら、五郎は構想を膨らませる。その後、腹が減った五郎は、大通りでスペイン料理店を発見。店の奥さん(佐藤仁美)に案内されて、中に入る。

【ゲスト】神尾佑 佐藤仁美

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年6月5日更新】
■ あらすじ(第10話「千葉県富津市金谷のアジフライ定食」  2017/6/16放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
五郎(松重豊)は、千葉・富津の浜金谷駅に降り立つ。今回の依頼主の老舗温泉旅館専務・黒川(石井正則)は、最近増えてきた外国からの旅行者をもてなす計画を立てていた。帰りがけに漁港をぶらついていた五郎は、空腹に見舞われる。「漁師めし」と書かれたのれんをくぐると、客は常連らしき男性・松田(佐藤蛾次郎)だけ。そこは、松田いわく‘口は悪いが料理はうまい’女将(松本明子)が一人で切り盛りする店だった。

【ゲスト】
松本明子 佐藤蛾次郎 石井正則

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年6月17日更新】
■ あらすじ(第11話「東京都文京区茗荷谷の冷やしタンタン麺と回鍋肉」  2017/6/23放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
五郎(松重豊)は、千葉・富津の浜金谷駅に降り立つ。今回の依頼主の老舗温泉旅館専務・黒川(石井正則)は、最近増えてきた外国からの旅行者をもてなす計画を立てていた。帰りがけに漁港をぶらついていた五郎は、空腹に見舞われる。「漁師めし」と書かれたのれんをくぐると、客は常連らしき男性・松田(佐藤蛾次郎)だけ。そこは、松田いわく‘口は悪いが料理はうまい’女将(松本明子)が一人で切り盛りする店だった。

【ゲスト】
片桐仁 水沢エレナ

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年6月24日更新】
■ あらすじ(第12話「東京都品川区五反田の揚げトウモロコシと牛ご飯」  2017/6/30放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
五郎(松重豊)はこの日最後の仕事で東京・五反田へ。商談相手の渡辺(長谷川朝晴)と妻・恵子(伊佐美紀)は、約束より早く着いた五郎になぜか取り乱す。母・百合子(原田千枝子)の外出を確認した2人は事情を説明する。その後、腹が減った五郎が直感を信じて川沿いを歩き始めると、飲み屋街にたたずむ食堂を発見。「常連酒場だったら最悪だ」と思いつつ入ると中にはマスター(ムロツヨシ)と妻(永池南津子)がいて…。

【ゲスト】
ムロツヨシ 長谷川晴朝 ANI(スチャダラパー)
関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック