2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

2017年春、土曜ドラマ『4号警備』

kage

2017/05/20 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★4月8日スタート 

NHK総合 毎週土曜 20:15~20:45

 4号警備

Arika注目1h凸凹コンビが依頼人を守るため奮闘!

拳銃なし、手錠なし。

スゲェ怖いけど、全力でお守りします!

「人を守るって、一体何だろう?」

彼らがたどり着く地平にあるのは、希望か、それとも絶望か――。


NHKの土曜ドラマが夜21時から夜20時台にリニューアル。

その第一弾として、民間警備会社のボディーガードによる「身辺警護」を描きます。

この「4号警備」は、ちゃんと「第四号警備業務」として日本の警備業法で認められています。

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
作:宇田学
演出:石塚嘉/松園武大/宇佐川隆史
制作統括:須崎岳/藤澤浩一

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------

🏢警備会社「ガードキーパーズ」
本田を2代目社長に据え、さまざまな依頼を受ける。

朝比奈準人 (窪田正孝)元警察官
警備会社「ガードキーパーズ」の警備員。元は警察官だったが、とある挫折を経験して、警備の世界に入った。普段はノリの軽い若者だが、警備の現場では高い身体能力を発揮。25歳。“4号警備”の任務で、さえない中年男性の石丸とコンビを組む。格闘技ジムの2階に間借りして住んでいる。

石丸賢吾(北村一輝)元社長
警備会社「ガードキーパーズ」の警備員。さえない中年男性だが、かつては会社経営者で妻子もいたが、今は 独り暮らし。 警備員に転職後は、慎重過ぎる性格から、社内では臆病者呼ばわりされている。50歳。

┣本田薫 (木村多江)…2代目社長
警備会社「ガードキーパーズ」の2代目社長。朝比奈と石丸のワケありコンビに懐疑的な目を向ける。亡父から受け継いだものの、警備業は無難に採算が取れれば良いと思っており、アパレル事業の方にいそしんでいる。いつも池山と意見が合わない。47歳。

┣池山幸雄 (片岡鶴太郎)…警部部長
警備会社「ガードキーパーズ」警備部長で、朝比奈と石丸にコンビを組ませた張本人。一見柔和だが、「4号警備」に対して確固たる信念を持っている。元は警視庁のSP。

┣金沢茜(濱田マリ)…金庫番
ガードキーパーズの金庫番。経理、事務のほか、リサーチや分析の能力にも長ける。本田社長を尊敬している。

┣遠藤恵輔(高木渉)…リーダー格
ガードキーパーズ警備部のリーダー格。本田や金沢に頭が上がらない。

上野由宇(阿部純子)元ホテルのフロント係
ホテルのフロント係をしていたが、謎のストーカーにつけ狙われ、朝比奈・石丸に助けを求める。後に、ガードキーパーズの一員として、朝比奈たちの同志となる。朝比奈と石丸が身辺警護を担当する。23歳。


🏢格闘ジム
┣江本六郎(麿赤兒)…オーナー
朝比奈が通う総合格闘技ジムのオーナー。周囲からは会長と呼ばれる。

┣山田剛志(神戸浩)…清掃員
ジムの清掃員。朝比奈と同じく、そこに住み込んでいる。

🏠松下家
┣松下楓(久保田紗友)…石丸の娘
石丸の娘で、高校生。両親が離婚した後は、石丸と別居している。


┣小林三喜男(賀来賢人)
朝比奈の過去に深く関わる男。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
窪田正孝と北村一輝のコンビでおくる、ボディガードの最前線を描くオリジナルドラマ! 
民間警備会社のボディーガードによる“身辺警護”の最前線を描くオリジナルドラマ。窪田正孝と北村一輝のコンビで、ユーモアあり、アクションあり、感動ありのストーリーを展開する。

阿部純子、麿赤兒、木村多江、片岡鶴太郎といった個性的なレギュラー出演者に加え、各話には豪華ゲストも登場。ストーカーや逆恨み、子供の連れ去りなどの危機が絶えない現代社会で、警察のSPとは異なり、逮捕権限も拳銃も持たない民間警備会社の“普通の警備員たち”の奮闘を描く。

脚本は、「99.9─刑事専門弁護士─」(TBS系)などを手掛けた宇田学が担当する。

Arika注目1hドラマ【4号警備】の見どころ
----------------------------------------------------------------------------------------
『99.9』や『ボーダーライン』の宇田学さん作のオリジナルストーリーということで、とても期待ができるドラマです。NHKのドラマということで、制作はしっかりしていると思います。見やすい時間帯ですし、この時間帯の視聴率を狙ってきている意気込みが見て取れます。ただ、時間が短いのがとても勿体ない作品です。

 「4号警備(※1)」とは「ボディーガード」のことです。ボディーガードっていうと、セレブの警備などが思い浮かびますよね。でも、華やかな仕事ではありません。体力だけでなく、周りを観察し危険を察知する能力も要求されますし、いざとなると身体を張って守らなければいけないのです。そんな厳しい仕事を窪田正孝さんと北村一輝さんが演じます。果たして依頼人となる社長やストーカー被害者などをどのように守っていくのでしょうか?お二人の体当たりの演技が楽しみですね。

しかし、なぜ北村一輝さんが、冴えない中年なのでしょうか・・・?片岡鶴太郎さんも一癖ありそうな役どころ、不思議な魅力の木村多江さんは社長役って珍しいですよね。このキャスティング、豪華ですし見事な組み合わせだと思います。

※1:「四号警備」という同じタイトルの漫画がありますが、そちらはボーイズラブのボディーガードで、このドラマとは関係ありません。

----------------------------------------------------------------------------------------
【4号警備】って何?
----------------------------------------------------------------------------------------
このドラマを期に、「4号警備」について、色々リサーチしてみました。

日本には、第一号から第四号までの警備業があります。

道路工事の時に旗を振ってくれるおじさまや、プールの監視員、現金輸送車等の貴重品の運搬など、様々な警備の仕事がありますが、これらの仕事は、全て資格がないとできないのです。聞いた所、警備の資格試験って、簡単に受かりそうで受からない・・・らしいです。

警備業務の種類

☑第1号警備業務
施設警備業務
警備員が施設等に常駐し、出入管理、巡回、監視業務を行い、盗難や事故等の防止を警戒し、防止する警備です。ビルの総合管理と警備業務が重複する部分が多いため、警備、管理、清掃等の業務を同時に請け負い、サービスを行っている警備会社もあります。

【警備対象】
1.官公署や事務所(オフィスビル等)
2.駐車場
3.遊園地、公園
4.店舗、スーパー、デパート、複合商業施設
5.工場、研究所
6.倉庫
7.ホテル、病院
8.銀行、金融機関
9.港湾、空港 他

巡回警備業務
警備員が常駐せず、警備計画書、警備指令書等に基づき、定期的または不定期に施設等を訪ね、異常の有無を点検する警備です。特に夜間、無人になる施設で盗難等の犯罪の抑止、火災等の事故防止を目的に行われる警備です。

保安警備業務
不特定多数の人々が出入りする施設(店舗、デパート、スーパー等)において、店舗内犯罪等による商品の不法なロスを防止して、店舗およびテナントの収益性を確保するとともに、違法行為、不良不快な行為などの防止を図ることによって犯罪等を抑制し、店舗内の良好な環境を保全し、店舗を訪れる人々に快適な時間を提供することを目的とした警備業務です。

【警備対象】
1.万引き行為
2.置引き行為
3.値札を取り替える行為(詐欺行為)
4.恐喝行為
5.器物破壊行為
6.悪戯行為
7.不良行為
8.異物および毒物等の混入
9.店舗荒し
10.卑わい行為
11.不審物の設置行為
12.車上狙い
13.自動販売機荒らし
14.自転車盗難 他

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☑第2号警備業務
雑踏警備業務
「雑踏」とは、祭礼、興業、競技、その他催し物等に際して、一定の限られた場所に不特定多数の人や車が集中し、混雑する状態のことをいいます。雑踏警備業務では、これらの雑踏内の重要地点・地域に警備員を配置し、交通誘導、入退場整理等を行って、雑踏内の事故の発生を警戒・防止します。また、事故が発生した場合は、速やかに事態を収拾し、事故の拡大を防止します。 群衆の協力を求める警備ですから、常に謙虚で正しい言葉使いを行う「礼節」をもって警備業務を行います。

【警備対象】
1.祭り等の各種イベント会場
2.コンサート等催し会場 他

交通誘導警備業務
道路工事現場や駐車場等へ出入りする車両が道路を通行する車両等や歩行者に迷惑を及ぼすことのないよう、その出入りを誘導したり、道路工事等が一般交通に及ぼす迷惑を軽減するため、安全に一般車両や歩行者の通行を誘導する警備業務です。
交通誘導を受ける人・車両の自発的な協力に基づき、道路交通法に従い警備業務を行います。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☑第3号警備業務
貴重品運搬警備業務
運搬中の現金、有価証券、貴金属、美術品等の盗難事故の発生を警戒し、防止する業務です。複数の警備員によって行うことを原則とし、運搬専用車両を利用する場合が多い警備業務です。列車、飛行機、船舶等を利用する場合もあります。 警備業者が、警備業務のみを担当する場合と、輸送業務および警備業務を併せて行う場合とがあります。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☑第4号警備業務
身辺警備業務
一般的には「ボディーガード」と呼ばれている警備業務で、生命または身体、財産に危害を受けるおそれがある人を身辺で警戒し安全と平穏を守ります。警備対象者をテロ行為等の人的被害からだけではなく、火災・地震・交通事故等による被害からの身辺の安全も視野に入れて警備を行います。警備対象者をいち早く安全な場所に避難させ、その身辺の安全を確保することを最優先とする極めて防御的性格の強い警備業務です。最近では、ストーカー、盗聴、痴漢等の被害から身を守ったり、児童の登下校・塾の往復、高齢者・一人暮らしの方の警護等、一般市民の利用者も増えています。

【警備対象】
1.民間企業等の要人、芸能人、スポーツ選手、来日著名人等のボディーガード
2.位置情報サービス
3.子供や一般女性に対するエスコート・サービス

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ちなみに私は『第2号警備業務』の資格を持っています。

第4号の試験って、とっても難しく、「警備員指導教育責任者」(身辺警護)という資格試験があるそうですが、この試験を受ける前に警備員としての実務経験が3年以上必要だそうです。

民間でも色々な警備員学校があって、びっくりしました。

☑一流のボディーガードには、6つの技術が必要だそうです。

┣1:エスコート技術—徒歩で移動中の安全確保。

┣2:特殊運転技術—車両で移動中の安全確保。

┣3:通信機器に対処する技術—盗聴器などの電子機器に関する知識と、その発見。

┣4:爆発物に関する知識—爆発物に関する知識と、発見する技術。

┣5:身体的技術—ストーカーやなどに対する脅威、身体的攻撃などに対処する技術。

┣6:救急処置に関する技術—急な病気、持病の悪化、襲撃等によるけがへの対処。緊急搬送技術。


■映画などでは華やかに見えますが、実際はとても地味なようです。

食事や休憩は決まっておらず、トイレに行くのも大変なので、水分を取らないようにしているようです。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年4月1日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
警備会社「ガードキーパーズ」の警備員・朝比奈準人(窪田正孝)は、警備の中で最も危険でスキルを求められる“4号警備”の任務を命じられる。朝比奈は、とある挫折のために警察官を辞めて、警備の世界に入っていた。相棒役に指名されたのは、石丸賢吾(北村一輝)というさえない中年男性。かつては企業の社長だった石丸は、警備会社では慎重過ぎる性格から“臆病者”のレッテルを張られている人物だった。

「なぜ自分がこんなヤツとコンビを?」ふたりは互いに文句を言うが、上司の池山(片岡鶴太郎)には何やらねらいがあるらしく、意味ありげに笑うばかり。一方、2代目の女社長・本田(木村多江)は、果たしてこのコンビでうまくいくのかと、懐疑的だ。

朝比奈と石丸はしょっちゅう対立しながらも、さまざまな事情を抱えた人々の身辺警護に挑む。目の見えない男性、ブラック企業の社長、市長選に立候補した主婦・・・。そんな中ふたりは、ストーカー被害に悩まされている上野(阿部純子)という女性と出会う。朝比奈、石丸、そして上野。彼らは身辺警護を通してクライアントたちの“生きざま”に触れ、己の過去にも向き合ってゆく。

互いに文句を言い合い、対立してばかりの2人だったが、次第に身辺警護の仕事を通じて、クライアントたちの生きざまに触れ、自身の過去とも向き合うようになる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年4月1日更新】
■ あらすじ(第1話  2017/4/8放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
警備会社ガードキーパーズの警備員・朝比奈(窪田正孝)は、上司の池山(片岡鶴太郎)から「4号警備」の任務を命じられる。相棒に指名されたのは、冴えない中年男・石丸(北村一輝)。初めての警護対象者は、目の見えない広瀬(水橋研二)という男性で、多額の遺産相続に絡んで何者かに命を狙われていた。朝比奈らは通勤路を変えるよう進言するが、広瀬はなぜか変えようとせず、あえて危険に身をさらすかのように振舞う…

●ゲスト出演❶:広瀬秀嗣(水橋研二)
視覚障害のある男性。巨額の遺産相続をめぐり、何者かから命を狙われている。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年4月10日更新】
■ あらすじ(第2話  2017/4/15放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
ホテルのフロントで働く上野(阿部純子)は正体不明のストーカーに悩まされていた。朝比奈(窪田正孝)と石丸(北村一輝)は、通勤時と勤務中だけという契約で上野を警護することに。しかし、朝比奈は上野の帰宅後も自発的に張り込みをし、ストーカーの正体を突き止めようとする。石丸はその熱心さをいぶかしむが、そこには朝比奈の過去が深く関わっていた。そんな折、警護の隙を突いてストーカー・小川(小沢一敬)が上野を襲う。

●ゲスト出演❷:小川(小沢一敬)
上野を執拗につけ狙うストーカー。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年4月16日更新】
■ あらすじ(第3話  2017/4/22放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
大手不動産会社の本社で爆発物が見つかる。社長の原(中山秀征)は、社員を過労自殺に追い込んだブラック企業のトップとして世間から激しい批判を浴びていた。朝比奈(窪田正孝)と共に原を警護することになった石丸(北村一輝)は、いつにも増して任務を嫌がっている様子。実は原は、経営コンサルタントをしていた頃の石丸をよく知る人物だった。そんな中、石丸の元に、別れて暮らす娘・楓(久保田紗友)が数年ぶりに現れる。

●ゲスト出演❸:原正(中山秀征)
大手不動産会社社長。凄腕の経営者だが、ブラック企業との噂がある。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年4月23日更新】
■ あらすじ(第4話「市長候補を守れ!」  2017/4/29放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
 地方の市長選に立候補した熊田典子(伊藤蘭)。無名の新人ながら懸命に選挙活動を行う彼女の陣営に現職側からと思われる嫌がらせが続いていた。朝比奈(窪田正孝)、石丸(北村一輝)、上野(阿部純子)は典子の警護につく。ある日、典子の選挙事務所にトラックが突っ込み、逃走。事務長の甲本(高橋光臣)は「卑劣な手に屈するな」とスタッフを励ます。そんな中、朝比奈はあることに気付く。

●ゲスト出演➍:熊田典子(伊藤蘭)
市長選に立候補した無名の新人ながら懸命に選挙活動を行う彼女の陣営に、現職側からと思われる嫌がらせが…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年5月2日更新】
■ あらすじ(第5話「ワケあり主婦を守れ!」  2017/5/6放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
朝比奈(窪田正孝)と石丸(北村一輝)は、奈津子(壇蜜)という主婦の警護につく事になった。「無言電話などの嫌がらせに妻が悩まされている」という夫・啓介(柏原収史)からの依頼だった。しかし何日経っても無言電話は無く、奈津子がボランティア活動を行う老人ホームに同行しても怪しい気配はない。奇妙な警護に見えたが、ある日家の中で警戒中に、ふとしたきっかけで奈津子が激しく取り乱す。やがて事情を知った朝比奈と石丸は、警護方針を巡って意見が真っ二つに割れることに…


●ゲスト出演❺:奈津子(壇蜜)
「無言電話などの嫌がらせに妻が悩まされている」という夫・啓介(柏原収史)からの依頼。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年5月10日更新】
■ あらすじ(第6話「もっとも危険なミッション!」  2017/5/13放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
弁護士・渋谷(塚本晋也)の事務所に銃弾が送りつけられる。外国人労働者が人身売買の標的となっている実情を調べる渋谷から警護を依頼された池山(片岡鶴太郎)は、この危険な仕事を受けるべきか悩む。一方、仲たがいしたままの朝比奈(窪田正孝)と石丸(北村一輝)は、‘2人で1人を守る’身辺警護の意味も見いだせずにいた。そんな中、朝比奈らの会社が買収されるという噂が広がる。

●ゲスト出演➏:弁護士・渋谷(塚本晋也)
外国人労働者が人身売買の標的となっている実情を調べる渋谷から警護を依頼。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年5月14日更新】
■ あらすじ(第7話「守るとは? 生きるとは?」  2017/5/20放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
人身売買を告発しようとする弁護士・渋谷(塚本晋也)の警護を引き受けることになった朝比奈(窪田正孝)と石丸(北村一輝)。朝比奈は上野(阿部純子)、石丸は娘の楓(久保田紗友)と改めて会い、それぞれ無事で帰って来ることを胸に期する。かくして警護当日、朝比奈たちは、犯罪組織の造反分子から取引場所として指定された巨大な地下道へと向かう。その頃、朝比奈の恋人を殺したストーカー・小林(賀来賢人)が不審な動きを見せていて…。
関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック