2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

2017年春、水曜ドラマ『警視庁捜査一課9係』

kage

2017/06/07 (Wed)

Arikaシネマ2014b4

★4月12日スタート 

テレビ朝日系 毎週水曜 21:00~21:54

 警視庁捜査一課9係

Arika注目1h2006年にシーズン1が放送され、今回で連ドラ12作目を迎える9係

先日亡くなった渡瀬恒彦さんがこのドラマの代名詞となっていますが今作はどのような形となるのでしょうか。

法医学の権威として竹中直人がシリーズ初参戦!

井ノ原快彦演じる直樹にとっては、かつての恋敵!?

園田俊介役として中村俊介が久々の登場!

事件が、人間ドラマが、更なる進化を遂げ、本格群像刑事ドラマ「9係」は12年目も飛躍する!

どんな形になるにしても「9係」でしか見る事のできない濃密な人間ドラマを見せてくれることでしょう。



----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:深沢正樹、岡崎由紀子、真部千晶、瀧川晃代
監督:杉村六郎、新村良二、長谷川康
プロデューサー:松本基弘、神田エミイ亜希子、金丸哲也

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
警視庁捜査一課9係
個性豊かなメンバーがぶつかり合いながらも事件を解決!!

加納倫太郎(渡瀬恒彦)…警視庁捜査一課9係係長【階級:警部】
警視庁捜査一課9係係長。警部。捜査の指揮を執る立場にありながら神出鬼没で、同僚たちから「捜査をしない指揮官」と言われている。性格的にもつかみどころがなく、不可解な言動も多いが、それら全てに“理由”があることを周囲は後から気付かされる。娘の倫子とは、最近やっと和解したが、相変わらず距離は置かれている。

浅輪直樹 (井ノ原快彦)…警視庁捜査一課9係刑事【階級:巡査部長】
警視庁捜査一課9係刑事。巡査部長。倫太郎とコンビを組む。頭脳明晰で運動能力も高く、人一倍、正義感も強い。倫子と交際しており、パリの世界菓子コンクールから帰国した倫子と同居中。

小宮山志保(羽田美智子)…警視庁捜査一課9係刑事【階級:警部補】
警視庁捜査一課9係刑事。警部補。9係では主任を務める。勝ち気な性格で、9係の紅一点という扱われ方をするのを最も嫌っている。幾多の恋を繰り広げてきたが結局、どれも実らず、仕事に生きる覚悟を決めた節がある。

青柳靖 (吹越満)…警視庁捜査一課9係刑事【階級:警部補】
警視庁捜査一課9係刑事。警部補。富裕層を毛嫌いしている皮肉屋。かつて暴力団員に覚せい剤漬けにされた女性を救出し、恋人関係となり同居中。その恋人との関係を警察組織がよく思っていないため、刑事という職業に葛藤することもある。

矢沢英明 (田口浩正)…警視庁捜査一課9係刑事【階級:巡査部長】
警視庁捜査一課9係刑事。巡査部長。青柳の捜査上の相棒。持ち前の大きな心で変わり者の青柳を受け止め、巧みにコントロールする。売れっ子の漫画家を妻に持つ。

村瀬健吾(津田寛治)…警視庁捜査一課9係刑事【階級:警部補】
警視庁捜査一課9係刑事。警部補。ノンキャリアだが自信過剰で、自分の能力はキャリア組を上回っていると信じている。出世のことばかり考えているようだが、実際、何でもそつなくこなし、熱い刑事魂も秘めている。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

早瀬川真澄(原沙知絵)…東京都監察医務院に勤務する監察医
監察医。臨床例を求めて、大学の法医学研究室から東京都監察医務院に転職して法医学者。その動機には近親者の不審死が関わってるらしいが、真相を知る者はいない。遺体に関する徹底的なプロフェッショナル。度が過ぎて生身の人間より遺体とのコミュニケーションを大切にする変わり者。女同志、そして友達がいない者同士、志保と仲がいい。

石川倫子(中越典子)…パティシエ―ル。倫太郎の実の娘
倫太郎の一人娘。パティシエ。仕事に没頭して家庭を顧みず、亡き母を苦しめた倫太郎を恨んでいることから警察官を嫌っている。母の旧姓を名乗ってるいるのもそれが理由。父とは和解したとはいえ、距離は置いている。交際中の直樹とは互いの仕事を尊重するあまり、なかなか結婚まで行き着かない。パリの世界菓子職人コンクールで優勝を目指すものの2位に。失意の帰国後は直樹と同居し、菓子作りの役に立つと信じて主婦業に励む。しかし、菓子作りへの新たな思いがわいてきたようで…

園田俊介(中村俊介)…画家
倫子がパリ留学中のルームメイトだった画家。倫子と”同居”していたことで直樹に関係を疑われるが、本人は”誤解”と一笑。直樹とは親友と思い込んでいる。絵を描き始めると寝食を忘れて打ち込み、栄養失調になることもしばしば。3年前にニューヨークで知り合った静香を頼り帰国。静香と同居することに。

黛 優之助(竹中直人)…有名な法医学者<初出演>
早瀬川真澄の大学時代の恩師で、現代は世界的に有名な法医学者。海外で活動していたが最近になって日本に帰国した。若い頃は関東学生チャンピオンになったほどの空手の使い手らしいが・・・?「監察医たるもの、真っ先に現場に駆けつけてご遺体と対面しろ!」が教え。冷静沈着な検視で9係の事件解決に貢献する。

早乙女静香(野沢陽子)…倫太郎の亡き前妻の従姉
長く海外の生活が続けていたが、最近になって帰国。倫子と同様、倫太郎を良く思っていなかった。また、なかなか進展しない直樹と倫子の関係を気にかけている。現在居住する団地の自治会長。花壇で花を育てることを趣味にしている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
「9係」12年目のシリーズがスタート! 法医学の権威として竹中直人が新加入! 
警視庁捜査一課9係に属する個性的な刑事たちの活躍を描いた、本格的刑事サスペンスの第12弾。今シリーズでは、これまで以上にバリエーションに富んだ難事件が、9係の捜査官たちの前に立ちはだかる。

“昼あんどん”と呼ばれる神出鬼没の係長・加納倫太郎を演じる渡瀬恒彦や、曲がったことが大嫌いな浅輪直樹を演じる井ノ原快彦らおなじみのレギュラー陣のほか、竹中直人がセミレギュラーとして新加入。竹中は世界的な法医学者・黛優之介を演じる。
さらに、第2シリーズで登場した直樹の恋敵・園田俊介役の中村俊介が再び出演するなど、9係をめぐる人間模様が新たな局面を迎える。

Arika注目1hドラマ【警視庁捜査一課9係】の見どころ
----------------------------------------------------------------------------------------
2006年4月にスタート、2015年4月には記念すべき10年目のアニバーサリーを迎えた「警視庁捜査一課9係」が、2017年4月、12年目のシリーズをスタートさせます。
 
個性豊かな6人の刑事たちが、個性が強すぎるがゆえに!?捜査中に対立。とはいえ、最後はそれぞれの熱い正義感でひとつにまとまり難事件を解決する…。精密に練られた先の読めない展開はもちろん、刑事たちを個々の“生活者”として魅力的に描く重厚かつ濃密な人間ドラマとして、他の刑事ドラマとは一線を画す新しい群像劇が幅広い支持を獲得してきました。


法医学の権威として竹中直人が登場!

直樹の恋敵!?も久々の復帰!


12年目となる2017年の“season12”では、これまで以上にバリエーションに富んだ難事件が立ちはだかります。

それら難事件の解決へ、個性的な捜査官が活躍!スピード感あふれる展開で、より本格的な刑事サスペンスドラマとしてシーズン12も走りだします。さらに「9係」のもう一つの魅力でもある人間ドラマにも磨きをかけ、深く味わいのあるストーリーが展開されていきます。

そんなドラマを盛り上げるために、新たなセミレギュラーとして竹中直人が登場します。役どころは、世界的な法医学者・黛優之介。原沙知絵扮する監察医・真澄の恩師でもあります。 “恩師”の登場で9係刑事たちと真澄との関係にも変化が?さまざまな“化学反応”が予想される魅力的なキャラクターとして「9係」を進化させてくれるでしょう。

さらに「season2」で登場した井ノ原快彦扮する直樹の恋敵(?)園田俊介役の中村俊介が久々にセミレギュラーとして加わります。結婚間近のようにも思えた直樹と倫太郎の娘・倫子(中越典子)の関係にどのような影響を与えていくのでしょうか。こちらの展開も目が離せません。

もちろん、羽田美智子、原沙知絵、吹越満、田口浩正、津田寛治といった個性的で豪華なキャストによる「9係」メンバーそれぞれが抱える人間ドラマもさらに深まり、捜査やプライベートでも新たな展開をみせていきます。

個性が際立つ捜査官たちの12年目の活躍にご期待ください!

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年4月3日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
殺害した遺体をかかしにくくり付けるという異様な事件が、1カ月で3件も発生。そんな中、早乙女静香(野際陽子)が花壇に立てたかかしに、くくり付けられたかのようにもたれかかる男を発見する。
現場に急行した浅輪直樹(井ノ原快彦)ら9係のメンバーだったが、男は遺体ではなく、絵を描くことに没頭し空腹で倒れていた園田俊介(中村俊介)だった。

拍子抜けする9係だったが、加納倫太郎(渡瀬恒彦)は俊介のスケッチブックに描かれた各地のかかしの絵に感嘆。そんな騒動の直後、今度は本当に第4の“かかし事件”が発生する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年4月10日更新】
■ あらすじ(第1話「かかし連続殺人」  2017/4/12放送15分拡大 21:00 - 22:09)
----------------------------------------------------------------------------------------
郊外の田畑でかかしにくくりつけられた身元不明の遺体が相次いで見つかる中、直樹(井ノ原快彦)は静香(野際陽子)に呼び出される。団地の花壇でもかかし遺体が見つかったというのだ。9係が駆け付けるが、食事を抜いて行き倒れ寸前の画家・俊介(中村俊介)がもたれていただけだった。そんな中、新たに4人目のかかし遺体が発見される。恩師の黛(竹中直人)と検視した真澄(原沙知絵)は4人目と他の遺体との違いに気付く。

●ゲスト
┣小松原圭吾(伊藤孝明)
┣宮澤民夫(平野貴大)
┣吉本智子(富永沙織)

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年4月13日更新】※第2話からは井ノ原に主演交代。
■ あらすじ(第2話「消えた水死体」  2017/4/19放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
早朝、大学の研究室で夜を明かした黛(竹中直人)が屋上から見下ろすと、プールに人が浮かんでいた。ところが、駆け付けると人は消えており、黛は真澄(原沙知絵)を呼び出す。黛は着衣から浮いていたのは経済学部長の来栖(上杉祥三)だと思ったという。来栖の妻・杏子(筒井真理子)から話を聞く志保(羽田美智子)らに、海で来栖の遺体が見つかったと知らせが入る。解剖により来栖は海水ではなく淡水で溺死したと分かる。

●ゲスト
┣来梄杏子(筒井真理子)
┣来梄康利(上杉祥三)
┣下田栞(広澤草)

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年4月20日更新】
■ あらすじ(第3話「殺人ピアノ曲」  2017/4/26放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
音楽出版社の社長・良美(藤真利子)が自宅で殺された。第一発見者で良美宅に姉妹で同居する盲目のピアニスト・響子(夢咲ねね)は異変には気付かなかったと言い、妹・真子(梶原ひかり)も犯行時刻はアルバイト先だったと話す。直樹(井ノ原快彦)は、現場のごみ箱に捨てられていたCDが気になる。さらに、3年前の響子の映像を見た直樹は、共演するクラリネット奏者が現場近くの監視カメラに写っていた男だと気付く。

●ゲスト
┣春日良美(藤真利子)
┣桜坂響子(夢咲ねね)
┣桜坂真子(梶原ひかり)
┣一之瀬子音(黒川芽以)


----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年4月29日更新】
■ あらすじ(第4話「ねらわれた監察医」  2017/5/3放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
解剖中の遺体から有毒ガスが発生し、真澄(原沙知絵)が意識不明の重体に陥る。埠頭(ふとう)で見つかった遺体の身元は、IT企業の社員・柳沢(永井裕久)で、別の場所で殺されたと思われる。解剖を引き継いだ黛(竹中直人)によると柳沢は絞殺されており、特定された毒物は、監察医の命を狙って、死後、遺体に仕込まれた可能性が高いという。直樹(井ノ原快彦)らは、殺人事件と毒物が遺体に仕込まれた事件の両方を同時に追う。

●ゲスト
┣富田一郎(白州迅)
┣古川和夫(河西健司)
┣栗田弘美(松下恵)

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年5月1日更新】
■ あらすじ(第5話「殺しの刺しゅう」  2017/5/10放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
ファッションブランドの社長・影山(石田佳央)が殺された。現場は、被害者が仕事場に使っていたホテルの客室で、新作を着たトルソーが並んでいた。凶器となった裁ちばさみがチーフデザイナーの詩織(万里紗)のものと判明するが、詩織は2日前にはさみを盗まれたと話していた。直樹(井ノ原快彦)は、影山の不倫相手で5年前に自殺した女性の元の職場が、詩織の母親・結子(根岸季衣)が営む洋品店だったと気付く。

●ゲスト
┣並川詩織(真里紗)
┣並川結子(根岸季衣)
┣本橋裕也(加藤虎之介)

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年5月14日更新】
■ あらすじ(第6話「犬の毛の殺意」  2017/5/17放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
直樹(井ノ原快彦)らは、ペットショップ経営者・真奈美(山本南伊)の遺体が公園の池で見つかった事件を捜査。近くにある真奈美のマンションの部屋を調べた鑑識の猪狩(伊東四朗)は部屋が犯行現場だと指摘。犯人がなぜ池に遺体を捨てたのか分からない。そんな中、真奈美が電気機器会社の社長・佐野山(せんだみつお)の愛人だと分かる。佐野山は、真奈美との別れ話の交渉を部下に任せ、半年間一度も会っていないと話す。

●ゲスト
┣津村燎子(松本紀保)
┣小池真奈美(山本南伊)
┣津村正(青山勝)

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年5月21更新】
■ あらすじ(第7話「殺人フェイク」  2017/5/23放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
神社の境内で殺されていた男性が、窃盗容疑で逮捕されたものの証拠不十分で釈放された杉谷(笠兼三)と分かる。ポケットには20万円入りの封筒が残されていた。所轄署によると杉谷は主犯の名前を明かさなかったという。直樹(井ノ原快彦)は所持品のお茶のペットボトルの中の水が気になる。調べると、水は整水器で作られたものだった。やがて、杉谷が事件前に介護施設の看護師・理沙(下村愛)と会っていたことが分かる。

●ゲスト
┣小川優一(小林健)
┣小川静子(小林綾子)
┣小川春江(池田道枝)

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年5月25更新】
■ あらすじ(第8話「9時41分の殺意」  2017/5/31放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
 直樹(井ノ原快彦)は、9係に電話をかけてきた爆弾予告犯の指示に従って、東京都内を走り回っていた。三つの爆弾を仕掛けたという男は、直樹を指定した公衆電話まで走らせ、ヒントを一つずつ告げる。ヒント通りに一つ目の爆弾が見つかった。志保(羽田美智子)たちは、直樹と連絡を取りながら、犯人の特定を急ぐ。一方、非番の青柳(吹越満)と連絡がつかない矢沢(田口浩正)は、第二の爆弾を捜すために暴力団の事務所に乗り込む。

●ゲスト
┣松野博(中西良太)
┣本城(木村栄)

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年6月3更新】
■ あらすじ(第9話「殺人カーテン」  2017/6/7放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
スナック店主の長峰(稲荷卓央)が店内で刺殺体となって見つかる。遺体には火が付けられ、現場はスプリンクラーで水浸しだった。大家の正川(不破万作)によると、長峰は仕事をせず、妻の乃梨子(藤田瞳子)を風俗店で働かせていたらしい。直樹(井ノ原快彦)らが連絡のつかない乃梨子の行方を捜すと、DV被害者の救済施設にいると判明。しかし、施設を訪ねた青柳(吹越満)らは、職員のアイリス(七瀬なつみ)に門前払いされてしまう。そこで志保(羽田美智子)がDV被害者に成り済まし、施設に潜入する。

●ゲスト
┣久宝綾芽(七瀬なつみ)
┣長峰乃梨子(藤田瞳子)
┣長峰金次(稲荷卓央)
┣正川洋平(不破万作)
関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック