2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

2017年春、木曜ドラマ『人は見た目が100パーセント』

kage

2017/06/15 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

★4月13日スタート 

フジテレビ系 毎週木曜22:00~22:54(初回:22:00~23:09≪初回15分拡大≫)

 人は見た目が100パーセント

Arika注目1h女子力ゼロの理系女子が美を研究!

フジテレビ22時からは桐谷美玲さん主演。

桐谷美玲さんは2016年夏ドラマ月9『好きな人がいること』でヒロインを務め、春ドラマで再びフジテレビで主演となりました。

このドラマは、『人は見た目が9割』なんて言うけど、『人は見た目が100パーセント』よね~と日々『美』の追及に励む、理系女子(=リケジョ)を面白く描いたギャグ満載のドラマになっています。

笑い転げること間違いなし!(私は原作を読んでゲラゲラ笑いました。)

大久保ヒロミさん原作のマンガで、4巻完結となっているので気になる方は先にマンガを読んでネタバレをどうぞ(笑)

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:大久保ヒロミ「人は見た目が100パーセント」(講談社「BE・LOVE」)
脚本:相沢友子
演出:松山博昭、品田俊介、永山耕三
チーフプロデュース:中野利幸
プロデュース:草ヶ谷大輔
演出:松山博昭、品田俊介、永山耕三
制作:フジテレビ第一制作センター

主題歌:JY「女子モドキ」(ソニー・ミュージックレコーズ)

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
🏢八王子製紙


城之内純 (桐谷美玲)
製紙会社に勤務する研究員。真面目だが、「自分に自信がない」「男性にモテたことがない」「メークやおしゃれもほとんどしない」など“無い無い尽くし”で、研究に没頭するあまり、おしゃれ偏差値最底辺になってしまった理系女子。仕事の都合から、自分は“女子”ではなく“女子モドキ”なのかもしれないということに気が付く。30歳(マンガ設定)。細身で長身・スタイル抜群だが、とにかく地味でダサい。つぶらな裸眼がコンプレックスであり普段は眼鏡をかけ、長い髪をしばっている。見た目はインテリリケジョ風。

前田満子(水川あさみ)
製紙会社に勤務する研究員(純の同僚)。既婚者で子持ち。若いころは、当時流行していたルーズソックスやミニスカートをはき、派手なメークをするイケイケのギャルだったが、結婚をして子供が生まれてからは、家事と育児に追われ、“美”や流行から取り残されてしまった。「妻であり、母であるが、女でない」という残念なタイプ。40歳(マンガ設定)。3人の中で子供もいる唯一の既婚者。「美」についての知識が少しズレていて、流行を学び若返りを望んでいる。

佐藤聖良 (ブルゾンちえみ)
製紙会社に勤務する研究員(純の同僚)。自分に圧倒的な自信があるが、男性と付き合った経験がないぽっちゃり女子。自分には甘い。食べることが大好き。おしゃれをすればかわいくなると思っているが、やり方が分からない。個性的で独特なメークをしている。25歳(マンガ設定)。小柄でぽっちゃりでおかっぱが特徴の自称おやじ女子。本当は服を買うより美味しいものにお金を使いたいと思ってしまうのが弱点。

┣丸尾拓馬 (町田啓太)
純らと同じ会社に勤める、さえない理系男子。仕事が終わった後に密かに行われている、純たちの「美の特別研究」を不思議がっていて、“美”や“女子力”と大真面目に向き合い苦戦する彼女たちに、容赦ないキレのあるツッコミを入れる。

┣三沢基樹(堤下敦)
純たちと同じ会社に勤務する冴えない理系男子研究員。同僚の丸尾と共に3人が密かに行っている「美の特別研究」を不思議がっており、容赦ないキレのあるツッコミを入れていく。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

🏢クレエラジャパン
純らが仕事で関わることになる大手化粧品メーカー

┣國木田修 (鈴木浩介)…ラボの責任者
丸の内の大手化粧品メーカーの社員で、栄子の右腕。“美”や“女子力”に疎い純たちに、最新のメークやファッションを指南していく。

┣松浦栄子 (室井滋)…統括マネージャー
丸の内の大手化粧品メーカーの社員。「人は見た目が100パーセント」だと誰よりも思っていて、社員たちからも恐れられている。純や満子たちと仕事で関わる。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

榊圭一 (成田凌)
純が運命的に出会い、恋に落ちるイケメン美容師。

岡部和人(中尾暢樹)
ドラマオリジナルキャラクターの美容師。純が恋をする美容師・圭一と一緒に働く後輩美容師。

岸根香澄(足立梨花)
美優とのコンビでステキ女子。最新のファッションをさらりと着こなし、流行のメイクなどにも敏感で、男性の目を引く存在。3人に時にアドバイスもしていく女子力の高い存在。

森村美優(岡崎紗絵)
香澄とのコンビでステキ女子。最新のファッションをさらりと着こなし、流行のメイクなどにも敏感で、男性の目を引く存在。3人に時にアドバイスもしていく女子力の高い存在。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
桐谷美玲が女子力ゼロの理系女子役で主演するラブコメディー! 
現代女性のリアルな心情を描いてきた大久保ヒロミによるコミックを原作に、製紙会社に勤務する真面目でさえない理系女子研究員の3人が、流行のメークやファッション、美容などに大真面目に向き合い研究するさまを描くラブコメディー。

女子力ゼロの理系女子・城之内純役で主演するのは桐谷美玲。「VOCE」(講談社)が選ぶ「2016年最も美しい顔」を受賞するなど、若い女性の憧れの的である桐谷が、今までのイメージとは全く違う役どころをどう演じていくのかにも注目。同じく女子力ゼロで純の同僚・前田満子役で水川あさみ、佐藤聖良役でブルゾンちえみが共演。ほか、成田凌、劇団EXILEの町田啓太、鈴木浩介、室井滋らが脇を固める。

Arika注目1hドラマ【人は見た目が100パーセント】のみどころ
----------------------------------------------------------------------------------------
三者三様の悩みで世間の女性のハートを掴む?

☑主な3人のキーワードは・・・

「女子モドキ」=「JSM」

マンガの中ではではこう記されているようですが「一応」これやってるし!「一応」これしてるから大丈夫でしょ!と言っている方いませんか!?何かにつけて言い訳をし、目を背けてはいませんか!?!?そう!そんなあなたも「女子モドキ=JSM」なのです!!

純:
❶仕事のできるイメージをなのに、自分に自信がない
❷男性にモテたことがない
❸ガールズトークが得意ではない
➍イケメンや美女には目も合わせられない
❺自分の容姿を褒められたことがない

・・・という「タラレバ」ならぬ「ないない」づくしの女性。


満子:
❶若いころはイケイケのギャルだったのに対し、今では「細眉」「肩パット」などの発言が目立ってしまうのアラフォー女性。
❷感覚がバブル期のままで、異常に濃いノーズシャドウだけが身についている。
❸美意識が高まるにつれ、息子の彼女にライバル心を燃やしてしまう。


聖良:
❶若く一番流行に敏感なはずが、
「おやじ女子」「ぽっちゃり女子」という言葉に自信を持ちモテないことを不思議がっている。


といった感じです。

研究に没頭しすぎてしまったせいで「女子力」や「美」に背を向け生きてきた純。

結婚し家事と育児に追われ「美」や「流行」から取り残され女でないという満子。

変な自信を持ち「モドキ」になってしまった聖良。

前途多難な3人ですが、「研究員」の力を揮し世の女性たちが求める「美」を徹底的に研究してくれることでしょう。

新しい自分=「ステキ女子」になって、素敵な恋を見つけてほしいものです。

『人は見た目が100パーセント』は、オシャレというものがイマイチ分からない人(私です)や女らしい振る舞いって?となっている人(私です)、つい!「美」に対しての努力を怠けてしまう人(私です)などが見れば、女子力が必ずUPするであろうそんなドラマです。

さぁ!「JSM」のみなさん!私と一緒に立ち上がりましょう!

もともと女子力の高い方は、ドラマ「人は見た目が100パーセント」を見て思う存分笑ってください。

ちなみに、原作を見て・・・・

人は見た目が100パーセント(1) (BE・LOVEコミックス)/講談社

¥価格不明
Amazon.co.jp

ドラマ化にあたり「佐藤聖良」役は意外な人物が決定している???と聞いた時、

ブルゾンちえみさんしか見えなくて・・・で、本当にブルゾンちえみさんだったので爆笑しました。


----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年4月3日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
製紙会社に勤務する研究員の城之内純(桐谷美玲)は、真面目でさえない理系女子。研究に没頭するあまり、“女子力”や“美”に背を向けた人生を歩んできたため、おしゃれ偏差値最底辺の人間になってしまっていた。
しかし仕事の都合から、自分は“女子”ではなく“女子モドキ”なのかもしれないと思い始め、研究室の同僚女子たちと3人で、流行のメーク・ファッション・美容などに関する「美の特別研究」を始めることに。果たして彼女たちは、女性たちが求める“美”を自分たちのものにして、“ステキ女子”になれるのか。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年4月9日更新】
■ あらすじ(第1話  2017/4/13放送《初回15分拡大》)
----------------------------------------------------------------------------------------
純(桐谷美玲)は、東京・八王子にある製紙会社の研究員。真面目で優秀だが、おしゃれには無関心で、‘女子力’や‘美’とは無縁の人生を送ってきた。同僚の満子(水川あさみ)、聖良(ブルゾンちえみ)も同類だ。ところが、所属する研究室が化粧品メーカーに吸収され、4月から丸の内にある会社に移ることが決定。純たちは同社の新春パーティーに参加し、自分たちは進化の過程で女子になり損ねた‘女子モドキ’であると気付かされる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年4月16日更新】
■ あらすじ(第2話  2017/4/20放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
丸の内に初出勤した純(桐谷美玲)たちは、庶務課の香澄(足立梨花)らに研究室へと案内され、統括マネジャー・松浦(室井滋)を紹介される。その後、週末の親戚の結婚式に、松浦も新郎側から招待されていると知って慌てた純は、満子(水川あさみ)、聖良(ブルゾンちえみ)の協力を得て、ドレスを選び、バッグを用意。それでも自信が持てない純に、香澄が会社と同じビル内にある美容室の榊(成田凌)にヘアメークを頼めばいいと提案する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年4月22日更新】
■ あらすじ(第3話  2017/4/27放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
純(桐谷美玲)に続き、満子(水川あさみ)と聖良(ブルゾンちえみ)も、松浦(室井滋)の目的と、自分たちがお荷物であることを知ってしまう。國木田(鈴木浩介)は見た目を改めないと居場所がなくなると忠告し、手本を見つけてまねてみてはと助言する。退社時、純は香澄(足立梨花)と美優(岡崎紗絵)に遭遇し、榊(成田凌)ら美容師との合コンに参加する羽目に。生きた心地のしない純だったが、香澄や美優を手本にしようと思い立つ。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年4月29日更新】
■ あらすじ(第4話  2017/5/4放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
純(桐谷美玲)は美容師の榊(成田凌)に恋をしてしまったことを、満子(水川あさみ)と聖良(ブルゾンちえみ)に打ち明ける。しかし、アクションを起こすことはできず、榊に褒められた髪をもっと美しくするため、シャンプーについて研究することに。3人はいつもよりも高額な商品を買い求めるが、そのシャンプーを巡って、満子は夫の芳彦(山崎樹範)へのストレスを募らせる。一方、純は香澄(足立梨花)が榊と急接近していると気付く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年5月5日更新】
■ あらすじ(第5話  2017/5/11放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
月曜日、出社してきた純(桐谷美玲)の‘落ち武者’のような髪形に、満子(水川あさみ)と聖良(ブルゾンちえみ)はあぜん。前日、榊(成田凌)にカットの後、編み込みをしてもらったが、朝には崩れていて再現できなかったという。それでも、純はいつになく前向きだ。そんな中、3人は傘を研究して新調するが、置き忘れが気になって仕方がない。すると、香澄(足立梨花)が「なくしても得るものがあったりする」と、意味深な発言をする。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年5月14日更新】
■ あらすじ(第6話  2017/5/18放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
眼鏡のフレームを曲げてしまった純(桐谷美玲)は出勤前、会社近くの眼鏡店を目指す。ところが、ガラスのドアに顔面をぶつけて倒れてしまい、居合わせた榊(成田凌)に病院まで送ってもらう羽目に。一方、出社した満子(水川あさみ)と聖良(ブルゾンちえみ)は、パソコンの作業がうまくいかず、悪戦苦闘。そこにやって来た丸尾(町田啓太)に手助けを頼む。満子は、丸尾を前にした聖良の態度を見て、その思いに気付く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年5月20日更新】
■ あらすじ(第7話  2017/5/25放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
純(桐谷美玲)は、榊(成田凌)が有名アーティストのコンサートのチケット2枚を、知人から受け取る場面に遭遇。さらに、香澄(足立梨花)と美優(岡崎紗絵)の会話を聞き、それに行く相手が香澄だと気付いてショックを受ける。一方、丸尾(町田啓太)のことが気になる聖良(ブルゾンちえみ)はダイエットを決行。そんな中、週末に高校時代の同窓会を控える満子(水川あさみ)の提案により、3人は‘リフトアップ’の研究をすることになる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年5月30日更新】
■ あらすじ(第8話  2017/6/1放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
ファッション誌から、開発中の新ファンデーションに関する取材の申し込みが入った。先方が八王子製紙から来た研究員に、写真付きで登場してほしいと言っていると聞かされた純(桐谷美玲)、満子(水川あさみ)、聖良(ブルゾンちえみ)は青ざめる。写真写りに全く自信のない3人は、香澄(足立梨花)たちに助言を求める。そんな中、機密情報の外部漏えいが発覚。噂で、自分たちが犯人だと名指しされていることを知った純たちは…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年6月2日更新】
■ あらすじ(第9話  2017/6/8放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
純(桐谷美玲)と榊(成田凌)の仲が急展開。「あじさい祭り」に誘われた純に、満子(水川あさみ)、聖良(ブルゾンちえみ)が新しい服を買うよう提案する。さらに、慣れないメールのやりとりや弁当作りなど緊張が続く純に、榊は「今のままでいい」と優しい言葉を掛ける。一方、聖良は、丸尾(町田啓太)が自分のことを意識している気配を感じる。そんな中、純は奈緒子(関めぐみ)たちの実験を率先して手伝い、一目置かれることに…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年6月9日更新】
■ あらすじ(第10話  2017/6/15放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
榊(成田凌)の言動と恋愛観に戸惑う純(桐谷美玲)は、自ら別れを切り出す。満子(水川あさみ)、聖良(ブルゾンちえみ)は、その決断を支持。しかし、初めての失恋の痛手は大きく、見かねた満子たちは、あの手この手で純を元気づける。ところが、路上で榊と遭遇した純は、感情に流されてよりを戻す。その上、これまで温かく見守り、今回はいろいろ気遣ってくれた満子たちを怒らせる発言をしてしまい、純は2人から孤立することに…。
関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック