2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

2017年春、金曜・ドラマ10『ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~』

kage

2017/06/02 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★4月14日スタート 

NHK総合 毎週金曜22:00~22:50≪連続8回≫

 ドラマ10「ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~」

Arika注目1h伝えたい思い、ありませんか? その手紙、あなたに代わって書きます。

春クール「日暮旅人」でも大人気だった多部未華子さんが今度はNHK総合の主演に!

八幡様の脇を入った鎌倉宮の程近くにあり、大きな藪椿の木が目印の小さな古い文房具屋「ツバキ文具店」。

文房具は一通り扱うものの、先代の祖母が子供には鉛筆が一番と譲らず、シャーペンなど言語道断。

鶴岡八幡宮の鳩に因んで命名され、「ポッポちゃん」と呼ばれる店の主・鳩子は文具店を営む傍ら、手紙の代書を請け負う、代々続く代書屋さん。

お悔やみ状、和食のお品書きから、祝儀袋の名前書き、離婚の報告、借金のお断り、さらには天国からの手紙まで。

文字に関することなら何でも承る代筆屋。

先代の祖母が亡くなって、20代の鳩子がその後を継ぐことになった。個性的な依頼に応えながら、鳩子は成長していく。

週末にNHKが送る優しい気持ちになれる多部未華子さん主演のドラマ10『ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~』。

2017年本屋大賞にノミネートされている小川糸さん原作の『ツバキ文具店』。

ネットの普及により、年賀状はもとより手紙を書くなんてことはなくなってきています。

そんな忘れている気持ちを思い出させてくれるドラマ。

最近では珍しいドラマかもしれませんが、最近人気上昇中の多部未華子さんが、どういう成長を見せてくれるのでしょうか。

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:小川糸「ツバキ文具店」(幻冬舎)
脚本:荒井修子
音楽 :白石めぐみ
演出:黛りんたろう、榎戸崇泰、西村武五郎
制作統括:内田ゆき、中村高志

主題歌:コトノハ/絢香

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
雨宮鳩子(多部未華子)…文具店の娘(カシ子の孫)
かつては祖母と一緒に住み、代書の厳しい指導を受けていた。それに反発して高校卒業とともに上京し、就職活動に失敗して海外に出ていた。祖母が亡くなり8年ぶりに故郷の鎌倉に戻った鳩子は、祖母から「ツバキ文具店」を受け継いだ。だが文具店とは名ばかりで、手紙の代筆屋であり、鳩子で11代目になる。あだ名はポッポ。26歳。

白川清太郎 (高橋克典)…鎌倉の観光ガイド。
鎌倉の観光ガイド。以前は商社のエリートサラリーマンで、英語が堪能。鳩子の祖母・カシ子に書道を習っていたことがある。鳩子のことを何かと気遣ってくれるが、自身は老いた母親の介護に悩む日々をおくる。50歳。

守景蜜朗 (上地雄輔)…鎌倉の「むぎカフェ」の店主
ツバキ文具店の近くの「むぎカフェ」の店長。男手一つで娘の陽菜を育てるシングルファーザー。穏やかで控えめな性格の守景さんとの会話ができるカフェは、鳩子にとっては癒しの場となる。34歳。

守景陽菜(新津ちせ)…守景さんの娘
通称はーたん。守景さんの娘で、手紙を書くのが大好きな5歳の女の子。鏡文字が交ざった手紙を鳩子にくれる「文通相手」。

バーバラ婦人(江波杏子)…鳩子の隣人
ツバキ文具店の隣に住む、上品でちょっとミステリアスな婦人。その朗らかな言葉には、自由に楽しく生きる人生のヒントが。フランスなど外国で生活していた時期があり、目利きの画商という一面も。生前のカシ子と仲が良く、鳩子とも交流する。鳩子を温かい目で陰ながら見守っている。72歳。

男爵 (奥田瑛二)…カツ子の旧知
鎌倉の人々から「男爵」と呼ばれている謎の紳士。高台に住むお金持ちと噂されている。祖母のカシ子と親交があり、鳩子のことは幼い頃からよく知っている。ぶっきらぼうな態度とずばずば言う性格で、鳩子はちょっと苦手にしている。65歳。

雨宮カシ子(倍賞美津子)…鳩子の祖母(故人)
鳩子の祖母で、代書屋の「先代」。娘が出奔したのち、女手一つで鳩子を育てた。鳩子を厳しくしつけ、自分の後継者として指導。反抗した鳩子は高校卒業と同時に家を飛び出した。以来、鳩子とは会えないうちに亡くなってしまった。鳩子には厳しいが、仕事熱心で近隣の人々の信頼が厚い。生前、鎌倉で「ツバキ文具店」を営み、客に頼まれると美しい文字で手紙を代筆していた。

楠 帆子(片瀬那奈)…小学校の教師
パンを焼くのが得意な小学校の教師(ティーチャー)であることから、パンティーと呼ばれている。手紙にまつわる出来事がきっかけで鳩子と友達に。明るくて前向きな女性。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
多部未華子主演で小川糸の小説をドラマ化。
人の心の奥底に眠った思いを手紙に乗せる! 

2017年の本屋大賞にノミネートされた小川糸のベストセラー小説「ツバキ文具店」を原作に、多部未華子主演でドラマ化。古都・鎌倉を舞台に、バリからふるさとに帰ったばかりの主人公・雨宮鳩子(多部)が、亡き祖母から文具店を受け継ぎ、手紙の代筆をなりわいとする“代書屋”として成長していく姿を描く。鳩子は依頼者の思いもくみ取り、手紙を一から考えて代筆する日々の中で、風変わりな人々と触れ合い、日常の小さな幸せを感じていく。高橋克典、上地雄輔、片瀬那奈、新津ちせ、江波杏子、奥田瑛二、倍賞美津子らが共演する。

Arika注目1h★NHKドラマ【ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~】のみどころ
----------------------------------------------------------------------------------------
原作の小川糸さん著「ツバキ文具店」は、2017年本屋大賞ノミネートのベストセラー。

古都鎌倉が舞台。

手紙を書くことを生業(なりわい)とする、若い女性のみずみずしい成長の物語をお届けします。


8年ぶりにふるさと鎌倉に戻った鳩子。亡き祖母から「ツバキ文具店」を受け継ぐはめに。実は、文具店とは名ばかりで、本業は美しい文字を代筆する「代書屋」だったのです。しかも「ツバキ文具店」は、手紙を一から考えて書いてくれる、一風変わった代書屋でした。 新米の代書屋となった鳩子は、次第に才能を発揮。さまざまな手紙の依頼に応えていきます。どうしても言葉に表せない、心の奥底の思いを、最高の形で伝えるのが、鳩子の新たな仕事です。そしてツバキ文具店に集まる、ちょっと風変わりな人々とのふれあい。小さな幸せのピースが、鳩子の心を満たし、それは新しい一歩へとつながっていきます。

依頼によってペンの色や紙を変えるなどの心配り。

鎌倉の四季を感じながら、日本語の美しさを再認識。

原作では基本的にニックネームで登場する人々。

主役の鳩子も、ポッポちゃんと呼ばれています。他にも、身ぎれいで明るく、男性にモテモテの隣人バーバラ婦人、スタイル抜群の小学校教師楠帆子こと通称パンティー、謝絶状の依頼主で着物姿が粋な男爵、鳩子の最年少の友人QPちゃん等。どの俳優さんがどの役になるのでしょう。

主題歌「コトノハ」は、実力派シンガー・絢香さんによる書き下ろしです。

時間も空間も越えて紡がれる、愛に満ちた言葉の数々。

大切な人に手紙を書きたくなるドラマです!

ツバキ文具店/幻冬舎

¥価格不明
Amazon.co.jp



----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年4月5日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
雨宮鳩子(多部未華子)は、「ツバキ文具店」を営んでいた祖母・カシ子(倍賞美津子)が亡くなり、その葬式に出るために8年ぶりにふるさとの鎌倉に戻った。文具店とは名ばかりで、カシ子は客の依頼を受けて手紙を代筆する“代書屋”を本業としており、鳩子も幼い頃に代書の手ほどきを受けていたが、厳しい指導に反発し、家を出ていた過去があった。

残された店舗兼住居を売却しようとしていた鳩子だったが、「ツバキ文具店」は代書屋として地元の人々に愛されており、引き継ぐことを余儀なくされる。

新米の代書屋となった鳩子は、手紙の依頼に応えるうちに、さまざまな人々と心を通わせていく。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年4月10日更新】
■ あらすじ(第一話「奇妙なお悔やみ状」  2017/4/14放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
鳩子(多部未華子)は8年ぶりに故郷・鎌倉へ戻る。「ツバキ文具店」という小さな文具店を営んでいた祖母・カシ子(倍賞美津子)が亡くなったのだ。ツバキ文具店は、依頼者が書けない手紙を本人に成り代わって書く店だった。幼い頃、母に捨てられ、厳しいカシ子に反抗して家を飛び出した鳩子は、店を継ぐ気はない。そんな中、カシ子が亡くなる直前、彼女に手紙の代筆を依頼したという客・マダムサイダー(冨士眞奈美)が現れる。鳩子は、その代書を無理やり引き受けさせられてしまう。いわくつきのお悔み状に四苦八苦する鳩子。ご近所さんのバーバラ婦人や白川らの言葉に、鳩子の気持ちには次第に変化して...。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年4月16日更新】
■ あらすじ(第ニ話「幸せの修了証書」  2017/4/21放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
新米の‘代書屋’となった鳩子(多部未華子)の元に、三津田(高橋和也)という男性から離婚を知らせる手紙の依頼が持ち込まれる。妻に好きな人ができたのが離婚の原因だという。三津田は妻の唯一の要望である、封ろう用のシーリングスタンプを渡す。円満離婚を強調する三津田に、鳩子は違和感を抱く。鳩子は手紙のヒントを得ようと三津田を訪ねるが、話すうちに三津田は動揺し、離婚の知らせを出すかどうか迷い始める。カフェのマスターの守景さんの何気ないひとことから、鳩子はシーリングスタンプにこめられた妻の思いに気づき...。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年4月22日更新】
■ あらすじ(第三話「けじめの断り状」  2017/4/28放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
ツバキ文具店を鳩子(多部未華子)の元恋人・武田(松澤傑)が訪ねてきた。出版社で編集者として働く彼は、有名エッセイストに送る執筆依頼を代わりに書いてほしいという。安易な依頼に気分を害した鳩子は断り、武田を追い返す。そんな中、鳩子は男爵(奥田瑛二)に、友人からの借金の依頼を断る手紙の代筆を頼まれる。男爵が苦手な鳩子は戸惑うが、次第に彼の優しい一面を知る。男爵の断り状に取り組むうちに、武田のことを考え直した鳩子は、ある方法を思い付く。そして、男爵からの思いがけない言葉で、亡き祖母・カシ子や生き別れた母に思いをはせるのだった...。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年4月29日更新】
■ あらすじ(第四話「最後のラブレター」  2017/5/5放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
鳩子(多部未華子)は園田(川口覚)という男性から、昔別れた恋人・桜(桜川博子)への手紙の代筆を依頼される。ただ自分が元気であることを伝えたいという園田には既に妻子がおり、桜も結婚している。帆子(片瀬那奈)から「不倫の誘いの片棒を担がされつつある」と忠告された鳩子だが、そうは思えず、ひたすら桜の幸せを思う園田の気持ちを手紙にしようとする。その一方、鳩子は守景(上地雄輔)親子と親しくなっていく。また白川の母の介護など、周囲の人々みんなが何かを抱えて生きていることに思いをはせるように。そして園田の手紙には、思いがけない結末が待っていた...。


----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年5月10日更新】
■ あらすじ(第五話「母へ贈る文字」  2017/5/12放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
鳩子(多部未華子)のことを聞き回る怪しげな外国人青年(アレックスJD)がツバキ文具店の周囲に現れた。周りの人たちが心配する中、男爵(奥田瑛二)が鳩子の元に花蓮と名乗る美しい女性(芦名星)を連れてくる。客室乗務員の花蓮は鳩子に義母への誕生日カードの代筆を依頼。快く引き受けた鳩子だが、どうやら花蓮と義母はうまくいっていないらしい。花蓮を問いただすと、彼女は文字がとんでもなく下手なのだと打ち明ける。実母とは早く別れており、義母との絆を大切にしたいという花蓮。鳩子も、幼い頃自分を捨てて出ていってしまった母を思う。一方で、守景親子にも暗い影があることに気づき...。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年5月13日更新】
■ あらすじ(第六話「愛するチーちゃんへ」  2017/5/19放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
ツバキ文具店に白川(高橋克典)が現れる。母・千代(草村礼子)の介護に悩んでいた白川は、ついに母を施設に預けることを決意。ところが、亡き夫からの手紙が来るはずだから家に戻ると言う千代に困り果てていた。鳩子(多部未華子)に父からの手紙を書いてほしいという白川は、参考にと、父が生前、出張先から母に送ったたくさんの手紙を渡す。白川の両親の間の深い愛情に、鳩子は果たして自分が代書できるのかと不安になる。一方、鳩子のことを訊きまわる怪しい外国人ミスターX(アレックス・JD)がついに文具店に現れるが…。そんなある日、バーバラ婦人の発案で、男爵、パンティーとともに、鎌倉の寺社に七福神めぐりにでかけることになる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年5月20日更新】
■ あらすじ(第七話「話せなかった思い」  2017/5/26放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
鳩子は守景の妻の死の詳細を聞いて、言葉を失う。一方、絶縁状を書いてほしいという匿名の女性(平山さとみ)からの依頼が。人を幸せにできない手紙なのでは、と、悩む鳩子。そんな折、イタリアからの留学生の青年が訪れる。亡き祖母のカシ子が、青年の母と文通をしていたと告げ、大量の手紙を鳩子に手渡す。不仲だったカシ子の手紙に、自分についての記述がたくさんあると聞いて、鳩子は戸惑う。手紙を焚き上げる「手紙供養」を終え、ようやく読みはじめるが、書かれていたのは思いがけないカシ子の告白だった。あまりの衝撃に、茫然として守景を訪ねた鳩子だったが…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年5月30日更新】
■ あらすじ(第八話「解き放たれた言葉」  2017/6/2放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
亡くなった祖母・カシ子の残された手紙によって、自分への深い愛情を知った鳩子。ショックのあまり手紙を書けなくなってしまう。一方、守景さんは、はーたんを連れて鎌倉を去る決意を固めていた。鳩子は思いを伝えられないまま動揺する。そんな折、バーバラ婦人の発案でお花見会を開くことに。桜の花の下に集う一同。そしてある日、守景さんとはーたんと一緒に向かった寺で、亡きカシ子の思い出がよみがえってくる。守景さんと鳩子は…。

関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック