FC2ブログ
2020 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 07

2017年春、日曜劇場『小さな巨人』

kage

2017/06/18 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★4月16日スタート 

TBS系 毎週日曜 21:00~21:54(初回25分拡大スペシャル:21:00~22 :20)

 日曜劇場「小さな巨人」

Arika注目1h敵は味方のフリをする 「警視庁本庁」VS「所轄」

長谷川博己と岡田将生を主体とした刑事ドラマ

問題を起こして警視庁から所轄に飛ばされた刑事・香坂(長谷川博己)。

彼が問題だらけの所轄刑事たちを引っ張って本庁と揉めながらも果敢に事件に立ち向かっていくという王道刑事ドラマ。

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:オリジナルドラマ(アメリカの映画「小さな巨人」とは関係無し)
脚本:丑尾健太郎、八津弘幸
演出:田中健太、渡瀬暁彦
プロデューサー:伊與田英徳、飯田和孝
監修:福澤克雄
製作著作:TBS

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
🌸所轄(芝署)
管轄内で起きた事件の捜査に当たる。捜査一課に後方支援をするように言われる。

三笠洋平(春風亭昇太)署長/前捜査一課長
元捜査一課長で警察署の署長。現捜査一課長の小野田とは考えが180°違い、度々ぶつかる。自らと同じ警務畑を歩む香坂をかわいがり、高く評価する。現在は、所轄署の署長を務める。

香坂真一郎(長谷川博己)…刑事・課長代理/元捜査一課課長
警視庁捜査一課のエースで、ノンキャリ最高峰の「未来の捜査一課長間違いなし」と将来を嘱望されていた警視庁の刑事。しかし
、ある日、三笠と会食をした後に行った取り調べの際に犯したたった一つのミスで所轄に左遷されてしまう。捜査一課への返り咲きを狙う。父も警察官だったが万年所轄で引退。妻・美佐と暮らしている。

渡部久志(安田顕)…刑事
現場たたき上げの所轄署の刑事で香坂の異動先の同僚。出世欲は無し、単独行動も多く扱いにくいのだが、彼には絶対に曲げたくない正義への信念がある。香坂とは度々衝突することに…。

中村 俊哉(竜星涼)…若手刑事
杉本学(池田鉄洋)…副署長
東山智介(加治将樹)…刑事
石倉慎之介(丸一太)…刑事
神尾梢(夏緒)…刑事


🌸警視庁
日本の首都・東京を守る役割を担う首都警察。約4万人。

【捜査一課】…警視庁が誇る精鋭集団。東京の治安を根底から支える。

小野田義信(香川照之)…第74代捜査一課長
警視庁捜査一課長。高卒のノンキャリから、たたき上げで事件現場の最高指揮官である捜査一課長までのぼりつめた実力の持ち主。対立する元捜査一課長・三笠のお抱えである香坂を自分の部下に引き入れたのは、優秀な道具だと認めたため。しかし、香坂が左遷される要因となる証言をし、関係に亀裂が生じる。

山田春彦(岡田将生)…刑事・捜査一課長付運転担当
警視庁捜査一課の刑事。香坂の元部下で、捜査一課長・小野田の車の運転担当。東大出身ながら現場最高峰の捜査一課長になる為に敢えてノンキャリを選んだ警視庁の刑事。父は元警視庁のキャリアで内閣官房副長官にまで上り詰めた人物。果たして何故彼は自らノンキャリの道を選んだのか。そこにはある過去の未解決事件が関わっている。

三島祐里(芳根京子)…警視庁人事課職員
警視庁の新任職員。警察犬のブリーダーに憧れて入庁したが、志望とは異なる警務部人事課に配属された。昇任試験の問題の準備や採点の補助、人事案の整理の仕事を行っている。警察内部の人事情報に精通することで、ある決意をする。

藤倉良一(駿河太郎)…刑事・捜査一課係長
警視庁捜査一課の刑事。香坂の同期。

柳沢肇(手塚とおる)…警務部監視官
警視庁刑務部監察官。警察官による不正を調査する役職であり、香坂の左遷を言い渡す人物。

片山昭三(神尾祐)…特殊犯捜査担当管理官


🏠香坂家
香坂 敦史(木場勝己)…真一郎の父

香坂真由美(未発表)…進一郎の母

香坂美沙(市川実日子)…香坂真一郎の妻。


🏠中田家
中田和正(桂文枝)…ゴーンバンク社長

中田隆一(加藤晴彦)…ナカタエレクトロニクス社長

謎の女??(佐々木希)

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
長谷川博己&岡田将生共演、組織の中で奮闘する男たちを描く警察エンターテインメント! 
今までにはないリアルな警察官の姿を描く、警察エンターテインメントドラマ。警視庁のノンキャリアの最高峰である捜査一課長を目指す刑事・香坂真一郎役で長谷川博己が主演。たった一つのミスで捜査一課から所轄の刑事に左遷された香坂が、出世街道から外されながらも自らが信じる“正義”を貫き、“悪”と対峙していく姿が描かれる。

同じく捜査一課長を目指す刑事・山田春彦を岡田将生、香坂の人生を大きく変え、“最大の敵”となる捜査一課長・小野田義信を香川照之が演じる。ほか安田顕、春風亭昇太ら個性派が脇を固める。

Arika注目1h★ドラマ【小さな巨人】のみどころ
----------------------------------------------------------------------------------------
とある出来事で所轄に飛ばされた刑事(長谷川博己)と本庁捜査1課の刑事(岡田将生)のバチバチのバトルが見どころ。

TBS日曜劇場は2013年春クールで放送された「空飛ぶ広報室(主演:新垣結衣)」以来ずっと男性が主演し続けている”THE男枠”であり、重厚なストーリーが持ち味。

半沢直樹はじめ、2000年代を代表するドラマ枠であり、否が応でも注目が集まります。

【見どころ1】監修はあの大ヒットドラマの生みの親!

「小さな巨人」に監修として福澤克雄さんが参加!

福澤克雄さんといえばTBS日曜劇場の大ヒットメイカー。
◾半沢直樹
◾下町ロケット
◾LEADERS
◾華麗なる一族
◾ルーズヴェルト・ゲーム
◾GOOD LUCK!!

と、携わった作品はどれも超有名ドラマばかり。

福澤克雄さんの演出ではアップのシーンが比較的多く「近くで見ているような感覚」「まるでその世界に入ったみたい」と感じる工夫が成されています。「小さな巨人」でもきっと世界観に引き込まれることになるでしょう。


【見どころ2】岡田将生の役どころに注目!

岡田将生さんが演じる山田春彦には既に謎が呈されています。

それは「彼がキャリアにならなかった理由」。

山田は東大法学部を卒業しており、父親も警察出身の官僚、キャリアで入庁できたにも関わらず、敢えてノンキャリを選択したのです。彼はノンキャリとして警視庁捜査一課長に上り詰め、「ある過去の未解決事件」の指揮を取りたかったそう。恐らく並々ならぬ思い入れがある事件なのでしょう。親族が関わっているパターン、もしくは現捜査一課長の小野田が関わっているパターンでしょうか。どちらにしてもこのドラマの核となる部分ではありそうです。



----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年4月5日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
警視庁捜査一課の刑事・香坂真一郎(長谷川博己)は、今年3度目の捜査本部事件を解決。その“祝勝会”が行われた料亭の前で、中小企業社長の中田隆一の飲酒運転を疑い、取り調べの際にその車に傷をつけてしまう。

翌朝、大手ニュースサイト・ゴーンバンクに「飲酒状態の刑事、車を破損」という記事が掲載され、警察の名誉を傷つけたとして所轄署への異動を命じられる。左遷されて早々に、ゴーンバンクの社長・中田和正の誘拐事件が発生するが、香坂は捜査一課で部下だった山田春彦(岡田将生)から「所轄は後方支援」と冷たく言い放たれてしまう。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年4月5日更新】
■ あらすじ(第1話  2017/4/16放送※初回25分拡大スペシャル:21:00~22 :20
----------------------------------------------------------------------------------------
警視庁捜査一課強行班1係長の香坂(長谷川博己)は、今年三度目の捜査本部事件を解決する活躍をみせていた。その祝勝会と称して、前捜査一課長で今は所轄の署長をしている三笠(春風亭昇太)と料亭で会食していると、どこで聞きつけたのか現捜査一課長・小野田(香川照之)が現れる。三笠と小野田は優秀な部下の香坂を評価しているという共通点はあるが、互いの捜査理論の違いから腹の底ではいがみあっている。

会食を終えた香坂は、料亭の前で中小企業の社長・中田隆一の飲酒運転を疑い取り調べた際、偶然、隆一の車を傷付けてしまう。すると翌朝、大手ニュースサイト・ゴーンバンクの見出しに“飲酒状態の刑事、車を破損”と記事が掲載されていた。香坂は警察官による不正を調査する監察官・柳沢(手塚とおる)に呼び出され、宴席の直後に取り調べをしたのではないかと問いただされる。黙秘を続けるが、上司にあたる小野田が呼び出され、日本酒を飲んだことを打ち明けられ、警察の名誉を傷付けたとして所轄への異動を命じられてしまう。

香坂が所轄にやってくると、日本経済のトップに立つIT企業ゴーンバンク社の社長・中田和正(桂文枝)が誘拐される事件が発生する。誘拐犯は身代金を要求している。捜査一課の時と同様に捜査をしようとする香坂であったが、これまで部下であった警視庁捜査一課長付運転担当・山田(岡田将生)に「所轄は後方支援。現場は本庁に任せてください」と釘を刺される。香坂のもとに残されたのは、問題だらけの所轄刑事のみ。彼は窮地を脱し、捜査一課に返り咲くことはできるのか!?

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年4月5日更新】
■ あらすじ(第2話  2017/4/23放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
捜査一課によって誘拐犯・風見(長江英和)が逮捕され、IT企業社長・中田(桂文枝)の誘拐事件は幕が下りようとしていた。署長・三笠(春風亭昇太)が小野田(香川照之)に頭を下げたことで、香坂(長谷川博己)ら所轄署の刑事は処分を免れる。だが、香坂はこの誘拐事件にはまだ裏があると考え、三笠を通じて捜査一課と対立する捜査二課の協力を仰ごうとする。香坂の動きを知った小野田は、山田(岡田将生)に香坂の件を一任する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年4月26日更新】
■ あらすじ(第3話  2017/4/30放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
所轄署の香坂(長谷川博己)と渡部(安田顕)は、風見の娘を殺害した真犯人として、中田(桂文枝)の息子・隆一(加藤晴彦)に目を付ける。だが、三笠(春風亭昇太)は後は捜査一課に任せるよう忠告する。そんな中、捜査一課が所轄署に同事件の捜査協力を求めてくる。態度を一変させた小野田(香川照之)を、香坂は不審に思う。捜査会議では、事件の最重要人物として隆一の名前が挙がる。一方、事件当日の隆一にはアリバイがあった。

だが、アリサの写真を見た香坂は、左遷させられた一件の時に、隆一とアリサが一緒にいたことを思い出す。
二人の関係次第ではアリバイを崩せると考え、指示に逆らって捜査をするため、一課に合流した中村(竜星涼)から情報を得てアリサの店に向かうが…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年5月2日更新】
■ あらすじ(第4話  2017/5/7放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
隆一(加藤晴彦)のアリバイを証言したバーのオーナー・アリサ(佐々木希)が姿を消し、香坂(長谷川博己)と山田(岡田将生)は、小野田(香川照之)が中田(桂文枝)・隆一親子と内通していたと確信。だが、彼らが最近接触した事実は見つからない。そこで香坂は、誘拐事件を取材する新聞記者・佐川(好井まさお)に警察しか知らない情報を流す。世間を騒がせ、事態収集のために中田側と小野田が再び接触した場を押さえる作戦だった。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年5月10日更新】
■ あらすじ(第5話  2017/5/14放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
中田(桂文枝)、隆一(加藤晴彦)親子と内通していたのは三笠(春風亭昇太)だった。香坂(長谷川博己)と山田(岡田将生)は、小野田(香川照之)に疑いの目を向けたことを謝罪する。だが、小野田は隆一に関する今後の捜査は全て捜査一課が取り仕切ると宣言し、所轄は指示があるまで待機するよう命じる。そんな中、香坂らは、三笠が隆一の殺人の証拠を隠し持っていると考え、独自に三笠の周囲を洗うが、手掛かりは全くつかめない。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年5月15日更新】
■ あらすじ(第6話  2017/5/21放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
東京・芝署から豊洲署の刑事課に異動した香坂(長谷川博己)。そこには警視庁人事課から来た祐里(芳根京子)や、やはり異動してきた山田(岡田将生)もいた。ある日、香坂らは失踪した男性・横沢(井上芳雄)の捜索を始める。横沢は私立学校「早明学園」で経理課長を務めており、学園の専務・富永(梅沢富美男)は元警視庁捜査一課長。富永は香坂の父・敦史(木場勝己)を所轄へ異動させた過去があり、小野田(香川照之)を一課長に引き上げた人物だった。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年5月25日更新】
■ あらすじ(第7話  2017/5/28放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
山田(岡田将生)が、「早明学園」を内偵捜査中だった警察官・江口(ユースケ・サンタマリア)を殺害した容疑で身柄を拘束された。山田は容疑を否定し、現場から逃げた人物がいたと証言する。小野田(香川照之)率いる捜査一課は豊洲署に特別捜査本部を設置。現場からは第三者の毛髪が発見され、その人物を容疑者として指名手配する。一方、香坂(長谷川博己)は一課の報告と、以前、山田から聞いていた情報との食い違いに気付く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年5月30日更新】
■ あらすじ(第8話  2017/6/4放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
小野田(香川照之)が、任意同行した富永(梅沢富美男)をあっさり釈放した。取り調べの途中、富永の無罪を示す新たな証拠が提出されたためだという。小野田は改めて横沢(井上芳雄)を、江口(ユースケ・サンタマリア)の殺害容疑で指名手配。香坂(長谷川博己)ら所轄刑事も捜査に加わることになる。家族を優先する横沢は妻・亜美(中村アン)と接触する可能性が高く、彼女に信頼されている祐里(芳根京子)が見張り役を命じられる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年6月5日更新】
■ あらすじ(第9話  2017/6/11放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
香坂(長谷川博己)たちは、横沢(井上芳雄)の身柄を豊洲署で確保することに成功する。「早明学園」の裏帳簿を持つ横沢を押さえ、富永(梅沢富美男)の追及に乗りだす矢先、祐里(芳根京子)が衝撃の報告をしてくる。山田(岡田将生)と横沢が姿を消したというのだ。香坂は、激高した小野田(香川照之)から山田と横沢を逃がした共犯の疑いを掛けられ、自宅謹慎処分に。一方、山田は内閣官房副長官を務める父・勲(高橋英樹)の家に乗り込む。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年6月15日更新】
■ あらすじ(第10話  2017/6/18放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
山田(岡田将生)は捕らえられ、殺人の容疑が掛かる横沢(井上芳雄)の身柄と「早明学園」の裏帳簿も捜査一課に奪われた香坂(長谷川博己)たち。さらに、香坂は小野田(香川照之)から、父・敦史(木場勝己)の収賄の証拠となる裏帳簿の一部を突き付けられてしまう。そのまま留置場に連行された香坂は、がくぜんとしながらも、小野田が口にした「17年前の過ち」とはいったい何かを考えていた。そんな香坂の前に藤倉(駿河太郎)が現れ、事件の夜の富永(梅沢富美男)の通話記録が判明したことを告げる。
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック