2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

2017年春、火曜ドラマ『あなたのことはそれほど』

kage

2017/06/20 (Tue)

Arikaシネマ2014b4

★4月18日スタート 

TBS系 毎週火曜 22:00~22:54(初回15分拡大:22:00~23:09)

 あなたのことはそれほど

Arika注目1h私は、2番目に好きな人と結婚しました。

波瑠主演の大人の四角関係を描く


描かれるのはW不倫

波瑠、東出昌大の異常な愛に恐怖?


”2番目に好きな人”と結婚した主人公が、初恋の男性と再会したことで巻き起こるいびつな恋物語。

封印していた恋を再燃させる主人公をはじめとした、4人の男女の揺れる恋模様を描く。

最近流行の題材だけにストーリーが問われる作品になりそうです。

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:いくえみ綾「あなたのことはそれほど」(祥伝社「FEEL YOUNG」連載中)
脚本:吉澤智子
演出:金子文紀、竹村謙太郎、福田亮介
プロデューサー:佐藤敦司
編成:池田尚弘、中島啓介

主題歌:CQCQ/神様、僕は気づいてしまった

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
🏠渡辺家夫が妻にぞっこんの夫婦。結婚生活を続けようと奮闘
渡辺美都(波瑠)…医療事務受付
旧姓、三好美都。眼科で医療事務として勤務。乙女で思い込みが激しく、向こう見ずな性格。
中学時代に同級生だった有島に恋をし、この人と結婚すると思い込んでいたが、占い師に「2番目に好きな人と結婚するといい」と言われショックを受ける。以後、中学を卒業してから有島とは疎遠になり、勤務先の病院に患者としてやってきた涼太と結婚。結婚して幸せな矢先、運命の男、有島と奇しくも再会し…W不倫が始まる。27歳。

渡辺涼太(東出昌大)…美都の夫
インテリア関係の会社の総務部に勤めている。ものもらいができたことで眼科に通い、そこで勤める美都に一目惚れをして結婚まで至った。料理好きで穏やかで、愛妻家の完ぺきな男。
有島と再会してからの美都のわかりやすい嘘に気付きながらも責めず、幸せな結婚生活を続けようと努力奮闘する。基本的には優しい性格だが、とにかく彼女が好きすぎて美都の携帯電話を盗み見する癖が付いてしまうなど一途すぎる愛が歪んでいる。それゆえに徐々に精神が崩壊し、激しい愛が狂気へと変貌する。30歳。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

🏠有島家夫が同級生と親密になる中、妻は出産のため帰省
有島麗華(仲里依紗)…有島の妻
旧姓、戸川麗華。光軌の妻で、高校時代のクラスメイト。見た目は地味だが、しっかりしていて人にこびない性格。洞察力が鋭く、したたかな面もある。光軌に鮮烈な行動で気持ちを伝え、高校卒業後から付き合い始め結婚に至った。父親の浮気が原因で両親が別居していて、学生時代苦労をしていた。そんな時、支えてくれていたのが有島だった。家庭環境が複雑だったため、昔からしっかり者で冷静。公務員として働いていたが、結婚後は専業主婦に。出産を控え、実家に里帰りをする。27歳。

有島光軌(鈴木伸之)…美都の初恋相手
美都の小中学校時代の同級生。美都の初恋相手で麗華の夫。中学時代に一度美都と体の関係を持ったことがある。学生時代からイケメンでモテて、かわいい子が好きなのだが、高校の同級生だった地味な麗華になぜか惹かれて、卒業後に交際スタートし、結婚に至る。妻・麗華が里帰り出産中に、偶然、美都と再会し、軽い気持ちで会う。基本的には家庭第一なのだが、根が優しく流されやすい性格のため、泣きつかれると弱い。冷めた性格のようで人の好さを併せ持っている。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【内装インテリア会社「D-CROSS」】…渡辺涼太の職場。
┣小田原真吾(山崎育三郎)…涼太の親友
涼太が働くインテリア会社の同期。オフィスデザインや内装設計などを手掛けるインテリアデザイナー。大学時代の同級生で、会社の同僚でもある涼太の相談相手。涼太の仕事での悩みや結婚まで相談に乗ってきた。いわゆるインテリ系で一見サバサバとしているが、中身は実直で男っぽい性格。30歳。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【眼科】…美都の職場。個性的な医師が働いている。
┣森瑠美(黒川智花)…美都の勤務先である眼科クリニックの同僚。
眼科で美都と一緒に医療事務として働いている。趣味や習い事から自然な出会いを求める積極的タイプ。でも実は将来のこと結婚のことを自分の力で未来を切り開くしっかり者。25歳。

┣花山司(橋本じゅん)…美都の上司で眼科医病院長
美都の働く眼科の医師で、バツ3の独身。今も複数の女性と付き合っている。美都の不倫を知っても説教めいたことも言わず、下心が見え隠れするものの話を聞いて助けてくれる。「人間恋できる期間は限られている。今はどんな恋もいとおしい心境だ」と笑いとばす達観した人物。50歳。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

三好悦子(麻生祐未)…美都の母≪物語のキーパーソン≫
現在、横浜の元町でスナックを営んでいる。シングルマザーとして美都を育てながら、常連のおやじ達をうまく転がし生計を立てていた。美都は母親に感謝はしつつも母親のようにはならない、幸せになりたいと切実に願って生きてきた。ズケズケとものを言う悦子と涼太はとても仲が良い。54歳。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

飯田香子(大政絢)…美都と中学校時代からの親友で何でも相談できる姉的存在。
アパレル会社勤務。美都の中学からの親友ではっきりものをいう。美都に正しい言葉をかけるが正しい言葉しかかけられない自分が妙に悔しくもあり、美都にあきれつつもそれだけ溺れられる恋をみつけた美都が羨ましい気持ちもある。27歳。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

横山皆美(中川翔子)…有島夫婦と同じマンションの隣人
有島と麗華が暮らすマンションに引っ越してきた“距離ナシ”主婦。夫と不仲。30歳。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【Ber Suerte】…有島の行きつけのバー
榎本祐樹(成田偉心)…イケメンバーテンダー。
美都と有島が密会するバーのイケメン店員。バーを若くして任されている。二人の関係を誰よりも近くで見ている。24歳。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
波瑠主演でいくえみ綾のコミックを映像化。
夫婦の恋模様を描く大人のラブストーリー! 

いくえみ綾の同名コミックを原作に、2組の夫婦の結婚生活と恋愛模様を描く、予測不可能な展開が見どころの大人のラブストーリー。主人公で“二番目に好きな人”と結婚した渡辺美都に波瑠が扮し、これまでとは異なる役柄で新境地に挑む。

美都の夫で愛妻家の渡辺涼太を東出昌大、浮気する夫を手のひらで転がす有島光軌の妻・麗華を仲里依紗、美都が忘れられない初恋相手・光軌を鈴木伸之が演じるほか、山崎育三郎、麻生祐未らが共演。一度きりの人生で誰と結ばれるのが本当の幸せなのか、“忘れられない人”がいる全ての大人たちへ問い掛ける。脚本は「ダメな私に恋してください」(同系)を手掛けた吉澤智子が担当する。

----------------------------------------------------------------------------------------
★ドラマ【あなたのことはそれほど】のみどころ
----------------------------------------------------------------------------------------
1:引き込まれる「いくえみ綾」さんの世界観
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

第一巻から、気になってしまうセリフがバンバン出てきます。

「私はいつかきっと罰が当たるー」

「二番目に好きな人と結婚したら幸せになれるー」


美都は思い込みが激しいこともあり、光軌に子供が生まれたと聞いても関係を終わらせる気なんてありません。

ずっと1番好きで、初めての相手で、運命の相手だから、と自信まで持ってしまうタイプの女性です。

私たちは続くと思う。確信がある。

「運命」「宿命」「必然」「奇跡」「確信」

どこまで行くか 

夢見続ける気満々の乙女


重くて怖い、いくえみ綾さんの世界観に思わず引き込まれていく。


2:東出昌大演じる美都の夫・涼太が怖すぎる!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

美都(波瑠)が寝言で光軌(鈴木伸之)の名前を呼ぶと、そこから涼太(東出昌大)の携帯チェックが始まります。

そして、美都と涼太の結婚記念日&美都の誕生日には携帯を盗み見していたことを伝え、「プレゼント」とこんなことを言います。

「僕はそうやって覗き見て自分の浅ましさや、君の狡さに耐えられなくてもう確かめることをやめたんだ」

「みっちゃん僕はこの先どうあろうと、今の君がどうあろうとずっと君を愛する。大丈夫なんだずっと君を変わらず愛することができるよ。誓うよ」


…怖いよね? 

不倫も含めて愛すると歪んだ愛情を持つ涼太の全てのセリフがホラーなんです。

『奪い愛、冬』とはまた違った恐怖が待ち受けてそうで……

東出昌大さん演じる”異常な愛の恐怖夫” 、とても楽しみです。

Arika注目1h最近よく目にする「不倫ドラマ」ですが、このドラマはさらに上を行く「W不倫」をテーマにした大人のラブストーリーとなっています。原作はいくえみ綾さんのマンガ「あなたのことはそれほど」.。いくえみ作品の中では初の連続ドラマ化となります。2組の夫婦・4人の感情や関係性がとてもよく描かれている作品なので、もしかしたら誰かに感情移入してしまうかも?


----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年4月5日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
眼科クリニックで医療事務として働く三好美都(波瑠)は、患者として知り合った渡辺涼太(東出昌大)に交際を申し込まれる。これまでは中学時代の初恋の人・有島光軌(鈴木伸之)が忘れられず、彼と似た男ばかりと付き合ってきたが、穏やかで優しく、何よりも美都を一番に考えてくれる涼太は結婚相手としても申し分がなかった。い師に「二番目に好きな人と結婚した方が幸せになれる」と2回も告げられたことで、美都は結婚を決意し、順風満帆な結婚生活をスタートさせる。

しかし、渡辺美都(波瑠)はある日の飲み会の帰りに偶然「初めての相手」・有島光軌(鈴木伸之)に再会したことで、封印していた気持ちを抑えきれなりまた体の関係を持つ。だが美都には心の優しい、料理上手な夫・渡辺涼太(東出昌大)がいる。一方の光軌は洞察力が鋭く、里帰り出産から戻ったばかりの妻・有島麗華(仲里依紗)がおり、こちらも既婚者だった。美都と光軌はW不倫の関係になっていく。占い師に「二番目に好きな人と結婚したほうが幸せになれる」と言われたことから美都は涼太と結婚したが、ずっと思い続け、好きだった人が目の前に現れドンドンとハマって抜け出せなくなってしまう。光軌との再会に舞い上がる美都の異変に気付いた涼太、実家から戻った麗華も光軌の様子に違和感を覚える。そこから少しづつ夫婦関係にひずみが生じ始め、美都と光軌の関係に亀裂が入っていくのだった…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年4月5日更新】
■ あらすじ(第1話  2017/4/18放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
眼科クリニックで医療事務として働く美都(波瑠)は、患者として来ていた涼太(東出昌大)に交際を申し込まれる。

涼太は穏やかで優しい人。食事の趣味も合い、なにより美都を一番に考えてくれる。これまで付き合ってきた明るく面白いいわゆるモテ系男子とは全く違うが、居心地のよさを感じる。美都には実家でスナックを経営している母がいるが、涼太はその母のことも大切にしてくれる。仕事もまじめ。結婚相手≒生活をともにする人としては申し分ない。条件もいい。美都だって好きだ。

でも一番好きなのは…美都の脳裏に中学の頃好きだった有島光軌(鈴木伸之)が蘇る。自分に別れを告げることなく引っ越してしまった有島。今でも彼に似た人を見つけるとつい目で追ってしまっていた。

美都はあれから有島と似た男とばかり付き合ってきた。中学の時占い師に「二番目に好きな人と結婚するのがいい」と言われたことが今もずっと心に引っかかっていた。再び占いに行くと「二番目に好きな人と結婚したほうが幸せになれる」とまた言われてしまい…。幸せになりたい美都は涼太との結婚を決意。多くの人たちから祝福を受ける美都と涼太。多くの女は皆どこか妥協して結婚するものだと、文字通り幸せな結婚をするが──。

ある日美都は、飲み会の帰り道に偶然運命の人だと信じていた有島に再会する…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年4月20日更新】
■ あらすじ(第1話  2017/4/25放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
有島(鈴木伸之)と再会した美都(波瑠)は、夫・涼太(東出昌大)がいながらも有島と肉体関係を持ってしまう。帰宅後も高揚感を隠しきれない美都。不審に思った涼太は、美都が眠った後に携帯電話を盗み見て、有島の名前を見つける。中学時代以来のどきどきする恋に浮かれる美都は、自分が既婚者であることを隠して、頻繁に有島と連絡を交わし合う。一方の有島も、出産を控えた妻・麗華(仲里依紗)がいることを美都に隠していた。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年4月26日更新】
■ あらすじ(第3話  2017/5/2放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
美都(波瑠)と温泉旅行を楽しんでいた有島(鈴木伸之)の元に、麗華(仲里依紗)が娘を出産したという連絡が。有島が既婚者だと知った美都は動揺を隠し、自分も結婚していると告白する。そんな折、美都の母・悦子(麻生祐未)が階段から転落して足を骨折。涼太(東出昌大)が悦子を病院から2人のマンションに連れ帰る。一方、美都は小田原(山崎育三郎)から高級ワインをもらったお礼に、手料理を振る舞うことを涼太に提案する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年5月2日更新】
■ あらすじ(第4話  2017/5/9放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
美都(波瑠)と有島(鈴木伸之)は互いに既婚者だと分かってからも関係を続行。涼太(東出昌大)は、美都が有島と連絡を取っていると知りながらも言い出せない。そんな涼太の様子を気に掛ける同僚・小田原(山崎育三郎)や美都の母・悦子(麻生祐未)。その悦子は自宅に戻り、出産のため実家にいた麗華(仲里依紗)は、娘を連れて有島の元に帰ってきた。一方、有島から趣味を持てと言われた美都は、職場近くの陶芸教室を訪ねてみる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年5月15日更新】
■ あらすじ(第5話  2017/5/16放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
初めての結婚記念日、美都(波瑠)に「この先どうあろうと、今の君がどうあろうと、ずっと君を愛する」と誓った涼太(東出昌大)。全てを知られていたことにがくぜんとする美都は、その日以降も笑顔で接してくる涼太の気持ちを測りかねていた。そんな中、美都は陶芸教室の人が麗華(仲里依紗)に本を借りているという話を聞き、思わず「自分が返しておく」と名乗り出る。美都は有島(鈴木伸之)の不在時を狙い、自宅に麗華を訪ねる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年5月21日更新】
■ あらすじ(第6話  2017/5/23放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
美都(波瑠)は、自分をなじろうともせず笑顔で接しつつも、ひそかに有島(鈴木伸之)に会いに行った涼太(東出昌大)の態度に戸惑う。涼太はそんな美都に別れる気はないと宣言。これからをどう楽しくやっていくか話し合おうと告げる。涼太の話を聞いた美都は有島を呼び出し、自分たちは別れる必要がないと言い張る。そんなある日、涼太は歯科医に行くと言って会社を早退。その様子に、小田原(山崎育三郎)は違和感を覚える。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年5月25日更新】
■ あらすじ(第7話  2017/5/30放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
有島(鈴木伸之)は美都(波瑠)に「友達にならないか」と提案。美都は今まで通りの関係にしがみつこうとするが、有島の決意は固い。有島から「家に帰れ」と言われ失意の美都は、病院の仕事を休み、悦子(麻生祐未)の元に転がり込む。一方、有島は自宅に戻ったものの、罪悪感から麗華(仲里依紗)に対し平静ではいられなくなっていた。夜、悦子のスナックに駆り出された美都は、店にやって来た涼太(東出昌大)と対峙(たいじ)する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年6月3日更新】
■ あらすじ(第8話  2017/6/6放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
離婚を決意した美都(波瑠)は1人暮らしの準備を始める。だが、涼太(東出昌大)はのらりくらりと話をそらし、離婚届に名前を書かない。一方、有島(鈴木伸之)は麗華(仲里依紗)に顔向けができず、精神的に追い詰められつつあった。そんなある日、有島と麗華は、娘・亜胡(渡部伽南)を連れて動物公園へ行くことに。張り切る有島だったが、ひょんなことから皆美(中川翔子)と娘、皆美の夫・横山(山岸門人)も一緒に行く羽目になる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年6月5日更新】
■ あらすじ(第9話  2017/6/13放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
中傷ビラにより、美都(波瑠)と有島(鈴木伸之)のダブル不倫が美都の暮らすマンションの住人や職場の同僚たちに知られてしまう。追い詰められた美都は、小田原(山崎育三郎)に今後の身の振り方について相談する。一方、涼太(東出昌大)は麗華(仲里依紗)と接触し、今回の一件を暴露した人物に心当たりがないか尋ねる。そんな中、美都は小田原と協力し、涼太に内緒で家を出る準備を進め、そこで小田原の秘密を聞かされるが…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年6月15日更新】
■ あらすじ(第10話  2017/6/20放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
涼太(東出昌大)と離れて1人暮らしを始めた美都(波瑠)。涼太は離婚届を書くことを約束するが、美都は半信半疑だ。有島(鈴木伸之)は、娘を連れて実家に帰った麗華(仲里依紗)を連れ戻そうと連絡するが、静かに怒る麗華には取り付く島もない。さらに、涼太からは呼び出しを受け、責められてしまう。そんな中、香子(大政絢)は涼太に離婚届の証人欄への署名を頼まれる。仕方なく引き受けるものの、涼太の様子に不気味さを感じる。
関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック