2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

2017年春、木曜ドラマ『緊急取調室』

kage

2017/06/15 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

★4月20日スタート 

テレビ朝日系 毎週木曜 21:00~21:54

 緊急取調室

Arika注目1h天海祐希の弾丸トークバトル再び!被疑者の”裏の顔”を取り調べで暴く!

あなたをマル裸にする。

極限の心理戦。真実は、暴かれる。


第2シーズンのテーマは「普通の人間が一番怖い」

人生を積み重ねる中で、超えてはいけない一線を越えてしまった普通の人々――

彼らの時にゾッとさせ、時にやるせなさや悲しさを感じさせる“裏の顔”を、

鉄壁の取り調べ集団「キントリ」がマル裸にします!

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:井上由美子
演出:常廣丈太、本橋圭太
ゼネラルプロデューサー:黒田徹也 三輪裕見子
プロデューサー:三輪祐見子、都築歩、松野千鶴子、神馬由季
音楽:林ゆうき
制作協力:アズバーズ

主題歌:最後は必ず正義が勝つ/AI

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
🌸警視庁

磐城和久(大倉孝二)…警視庁刑事部部長。
警視庁刑事部部長。過去の不正などによる、警察不信、警察批判を払しょくすべく、「開かれた警察」をモットーとしている。梶山勝利をライバル視しており、彼が率いるキントリの活躍を内心では面白く思っていないが、彼らをうまく利用し、自分のポジションを確立しようとしている。

捜査一課
緊急事案対応取調班【通称:キントリ】

可視化設備の整った特別取調室で取り調べを専門的に行うチーム。

真壁有希子(天海祐希)元・女性初の特殊犯捜査(SIT)第3係長主任
警視庁捜査一課「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」の刑事。キャリア不合格組の警部補だったが、その能力を認められ、警視庁捜査第一課へ。女性初の特殊犯捜査(SIT)第3係長主任になる。バスジャック事件で交渉に失敗し、犯人に発泡。キントリに配属された。一匹おおかみだったが、今はチームの連帯感を大事にしている。被疑者を「マル裸にする」を信条に、取り調べに臨む。47歳。

梶山勝利(田中哲司)緊急事案対応取調班・管理官(出世を狙う中間管理職)
警視庁捜査一課「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」の管理官。警察組織の階級主義、縄張り争いに苦労するが、出世もしたい中間管理職。冷徹な判断力と要領の良さでノンキャリアでも出世をしてきた。決断力で部下を引っ張る男。昔からよく知る有希子の卓越した交渉能力に目を付け、キントリメンバーに抜てきした。冷徹な判断力と決断力で部下たちを引っ張る。48歳。

菱本進(でんでん)緊急事案対応取調班の刑事(刑事人生の大半がマル暴一筋)
警視庁捜査一課「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」の刑事。刑事人生の大半がいわゆる”マル暴一筋”で、犯罪の生き字引。見た目も物言いも態度もヤクザのよう。取り調べにかんしてもは、おだてたり、脅しや取引をもちかけたりする。おだてたり、脅したり、取引をもちかけたりと、悪賢い駆け引きと経験で犯人を落としていく。女性警察官など邪魔だと思っていた過去がある。有希子のことを「おばはん」と読んだりするが、有希子の能力は認めている。58歳。

中田善次郎(大杉漣)緊急事案対応取調班の刑事(誠実に対応、情で落とす)
警視庁捜査一課「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」の刑事。通称「ホトケの善さん」と呼ばれる。優しく、人情味があり、とにかく良い人。どんな凶悪犯でも更生できると信じており、取り調べでも無駄にテクニックを駆使せず、情で落とす。有希子との間に、信頼関係が出てきている。59歳。

小石川春夫 (小日向文世)緊急事案対応取調班の刑事(チームきっての頭脳派)
警視庁捜査一課「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」の刑事。キントリチームきっての頭脳派で、被疑者への対応は穏やかでソフトだが、その実、徹底した鋭い洞察力を発揮して犯人を追い込んでいく。いつも笑顔だが、周囲は彼が本当に笑っているとは思っていない。いつも笑顔でいる。でも、誰も彼が本当に笑っているとは思っていない。有希子を有能と認めている。57歳。


捜査一課一係
緊急事案対応取調班(通称・キントリ)と連携を取りつつ捜査。

沢渡 巌(三上市朗)…新しい捜査一課長
新しい警視庁捜査一課長。叩き上げ。一筋縄ではいかないキントリに手を焼いているが、それは磐城刑事部長の手前で、実はどこか頼りにしているところもある。

■渡辺鉄次(速水もこみち)…殺人捜査第一係の刑事(監物のどんな命令にも従う)
警視庁捜査一課一係、殺人捜査第一係の刑事。係長である監物大二郎とコンビを組んでおり、周囲から「もつなべコンビ」と呼ばれる。恐怖心や駆け引きの機微というものを持たない怪力男。上司である監物の命令ならば、どんなことでも従順に従う。キントリ・チームとの関係をうまく利用していけばいい、という合理的な面も垣間見える優秀な刑事。32歳。

■監物大二郎(鈴木浩介)…殺人捜査第一係の係長(キントリチームを敵視)
警視庁捜査一課の殺人捜査第一係長。部下の渡辺鉄次とコンビを組んでおり、周囲から「もつなべコンビ」と呼ばれる。徐々にキントリチームの実力を認めつつあるが、相変わらず自分たちが検挙した犯人を横取りしていく緊急事案対応取調班(通称・キントリ)に対して、敵意を抱いている。すぐ物に当たる、度量の小さい男。徐々にキントリ・チームの実力を認めつつあるが、相変わらず「俺たちはパシリじゃねぇ」が口癖。43歳。


居酒屋 しんじ🍶
緊急事案対応取調班(通称・キントリ)のメンバーが仕事終わりによく訪れる居酒屋

かやの (中村 静香)
居酒屋『しんじ』の店主。夫・しんじと二人三脚で店を切り盛りしている。

しんじ(生島 勇輝)
居酒屋『しんじ』の店主。妻・かやのと二人三脚で店を切り盛りしている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
天海祐希が真実を追い求めるプロの取調官を演じる連続ドラマの第2弾! 
天海祐希が主演を務める人気シリーズの刑事ドラマの連ドラ第2弾。2014年に連続ドラマ第1弾が、2015年9月にはスペシャルドラマが放送された。同作は、可視化設備の整った特別取調室で厄介な被疑者を取り調べる警視庁の専門チーム「緊急事案対応取調班」(通称・キントリ)の活躍を描く。

天海演じる真壁有希子らキントリの刑事たちが、一筋縄ではいかない被疑者と緊迫の心理戦を繰り広げる。今回のテーマは“普通の人間が一番怖い”。人生を積み重ねる中で、超えてはいけない一線を越えてしまった人々。時にゾッとさせ、時にやるせなさや悲しさを感じさせる彼らの闇を、真壁らが暴いていく。

----------------------------------------------------------------------------------------
ドラマ【緊急取調室】事前チェック事項
----------------------------------------------------------------------------------------
天海祐希演じる叩き上げの取調官・真壁有希子が、可視化設備の整った特別取調室で取り調べを行う専門チーム「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」のメンバーとともに、数々の凶悪犯と一進一退の心理戦を繰り広げる『緊急取調室』。天海をはじめとする実力派俳優たちの魂のこもった演技で、大きな話題を呼びました。さらに2015年9月27日には、スペシャルドラマとして復活! “スリリングかつ爽快感あふれる世界観”をよりパワーアップさせ、多くの視聴者をとりこにしました。

その『緊急取調室』が、取り調べの録音録画(可視化)を義務付ける「刑事司法改革関連法案」の可決(2016年5月)を経た今春、連ドラ第2弾として再復活! 豪華キャスト陣がた固い団結力を発揮しながら、“密室の銃撃戦”ともいうべき緊迫の取り調べ劇を展開します。第2シーズンのテーマは、「普通の人間が一番怖い」。人生を積み重ねる中で、超えてはいけない一線を越えてしまった普通の人々――彼らの時にゾッとさせ、時にやるせなさや悲しさを感じさせる“裏の顔”を、天海らがマル裸にしていきます!

天海祐希率いる無敵の取り調べチームが、今度は“普通の人間”の闇を暴く!
Arika注目1h2014年にシーズン1が放送され、2015年にスペシャルドラマに、そして2017年春ドラマで再び連ドラに。簡単な情報しかない第2シーズンですが、『普通の人間の闇を暴く、普通の人間が一番怖い。越えてはいけない一線を超えてしまった普通の人』ということなので、ここは素直に「事件を起こすように見えない人が、実は残忍な事件の犯人だった。ということになるのでしょうね。日常でもそのような犯罪者はたくさんいます。テレビでは”近所の人”が「いい人でしたよ。挨拶もするし、勉強もよくできてたし」なんて言うコメントをしています。「仕事の事で口喧嘩をした」「犬の声がうるさい」「浮気をした」「人を殺してみたかった」etc.。こんな闇に陥る人が、どうしてそうなってしまったのかという、そのあたりの心理を解明してくれることを期待しちゃいます。

主人公・有希子を演じる天海は、連ドラ第1弾のときに役のイメージに合わせ、長い髪を約20cmもカット。直線的でマニッシュな黒髪ショートボブと、硬軟併せ持つ巧みな演技で、真実を追い求める正義の取調官・有希子像を確立しました。その後のスペシャルでは、終盤で被疑者に髪を切られるという物語の展開上、ロングヘアでの出演となりましたが、今回の第2シーズンでは長く美しい髪を25cm…と以前よりも大幅にカット。天海を含め、彼ら全員合わせて410歳(※2017年2月10日現在)! 豊富な人生経験と芝居経験を武器に一丸となって戦う彼らは、今回どんな戦法を繰り出し、どんな“一筋縄ではいかない被疑者”をマル裸にしていくのか…!? さらに加速する、息もつかせぬ攻防戦から1秒たりとも目が離せません。(公式サイト

第2シーズンも田中哲司、速水もこみち、鈴木浩介、でんでん、大杉漣、小日向文世ら第1シーズンからおなじみの豪華メンバーが再集結!さらに、前回のスペシャルで初めて登場した現・警視庁刑事部部長を演じる大倉孝二も続投!このドラマはゲストも注目で、前回のスペシャルドラマでは松下由樹さんと斉藤由貴さんの「Wユキ」をゲストに迎え、話題となりました。主演・天海を中心に固い団結力をいかんなく発揮しながら、“密室の銃撃戦”ともいうべき緊迫の取り調べ劇を展開し、今回も毎話超豪華ゲストと心理戦を繰り広げてくれることでしょう。第1シーズンの視聴率は、最低11.2%〜最高16.1%、平均視聴率12.9%でした。スペシャルドラマは14.6%。この時間帯は、裏番組にドラマ枠はなく、ニュースとバラエティのみ、そこからすると、前回くらいの視聴率には届きそうな気がします。


----------------------------------------------------------------------------------------
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
警視庁のたたき上げ刑事・真壁有希子(天海祐希)は、数々の凶悪事件を解決に導き、優秀な人材のみが集められる捜査一課特殊捜査班(SIT)の長にまで上り詰めた人物。だがある折、バスジャック事件で失態を犯した真壁は、その全責任を負わされ、可視化設備の整った特別取調室で厄介な被疑者を取り調べる専門チーム「緊急事案対応取調班」(通称・キントリ)に配属された。
キントリを統括する管理官・梶山勝利(田中哲司)や、小石川春夫(小日向文世)ら一癖も二癖もあるベテラン取調官に囲まれながら、真壁は犯人たちと息の詰まる心理戦を繰り広げていく。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年4月5日更新】
■ あらすじ(第1話  2017/4/20放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
宅配便の配達車の中から、28歳の配達員・小牧修介(石田卓也)の遺体が見つかった。死因は薬物による中毒死。だが、遺体には奇妙な点があった。どういうわけか小牧は運転席で、必要ないはずの傘を差したまま死んでいたのだ! そんな中、地味で年老いた天涯孤独の未亡人・白河民子(三田佳子)が自首してくる。ところが困ったことに、民子は数時間と経たないうちに、自首した記憶さえ曖昧な状態に…。しかも畳みかけるように、事件の謎を深める要素が浮上する。車内の指紋はいずれも民子と一致しないばかりか、犯行に使われた毒物も彼女の自宅からは発見されなかったのだ。

この事件は重要案件に指定され、真壁有希子(天海祐希)ら緊急事案対応取調班(通称・キントリ)が取り調べを担当することに。だが、民子と向き合った有希子は、思わぬ苦戦を強いられることになる。

何が嘘で、何が真か――。有希子は一筋縄ではいかない民子に苛立ちを覚えながらも、あらゆる手を尽くし、彼女の深層心理と真実へつながる突破口を開こうとする。だが、探れば探るほど、民子の本音は深い霧に包まれる一方で…!?

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年4月22日更新】
■ あらすじ(第2話  2017/4/27放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
深夜の大学病院で、人工呼吸器につながれた入院患者・高木直明(高桑満)の容態が急変。当直医の糸山恵太(福士誠治)が処置に当たる。ところが、家族を呼びに行った看護師・桜井加代(和音美桜)が病室に戻ると…人工呼吸器を外されて絶命した高木に、なぜか糸山が靴下を履かせていた!

患者の人工呼吸器を外した容疑で逮捕された医師・糸山を‘キントリ’の小石川(小日向文世)と中田(大杉漣)が担当する。しかし糸山は記憶にないの一点張り。すると、糸山を連れてきた留置管理課の宮沢(村田雄浩)が取調室に籠城し、自ら取り調べをすると言って密造銃を構えた。中田が何とか取調室に転がり込む中、有希子(天海祐希)はSITの出動を要請した磐城(大倉孝二)に30分だけ説得の時間がほしいと頼む。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年5月2日更新】
■ あらすじ(第2話  2017/5/4放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
 ある朝、主婦のマユミ(酒井美紀)から庭のプールで男性が死んでいると通報があり、一課の監物(鈴木浩介)、渡辺(速水もこみち)らが急行する。そこに、前夜は仕事で事務所に泊まったという夫・小泉(入江雅人)も帰宅。2人とも男性に見覚えはないと証言するが、玄関から被害者の血痕が検出された。有希子(天海祐希)ら‘キントリ’の取り調べに対し、小泉は路上で絡んできたチンピラ、マユミはストーカーだと全く別の供述をして…。

食い違う夫婦の言い分は、一体どちらが正しいのか…。有希子らが頭を悩ませる中、やがて遺体の身元が判明。小泉夫妻の証言の裏には“大きな嘘”が存在する――そうにらんだ有希子らは、ついに“オウムの取り調べ”という前代未聞の任務を遂行する…!

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年5月5日更新】
■ あらすじ(第4話  2017/5/11放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
高校3年生の俊介(平岡拓真)が、担任・愛(矢田亜希子)の古文の授業中に毒物中毒で倒れ、意識不明に。海外への家族旅行を翌日に控え、両親は自殺の可能性を否定する。‘キントリ’が同級生29人への聴取を行う中、有希子(天海祐希)は同席した愛の言動に不審を抱く。翌日、有希子と中田(大杉漣)が、俊介の家で母親・愛(森尾由美)に話を聞いていると、担任の愛が来訪。母親が担任をひどく嫌っていることが分かる。

そんな中、俊介の意識が戻った! さらに、有希子らがまったく予期していなかった事態が起こり…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年5月14日更新】
■ あらすじ(第5話  2017/5/18放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
血の付いたワイシャツ姿で、タオルで巻いた包丁を手にオフィス街を歩いていた水越(塚本高史)を、監物(鈴木浩介)と渡辺(速水もこみち)が銃刀法違反で現行犯逮捕する。旅行会社に勤める水越は、朝起きたら包丁を握っていて、人を殺したかもしれないが記憶がないと主張。取り調べに当たる有希子(天海祐希)と小石川(小日向文世)にも、前夜10時ごろに退社し、気付いたら朝だったと証言した。ところが職場の退社記録は7時半で…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年5月20日更新】
■ あらすじ(第6話  2017/5/25放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
銀行員の雅美(阿南敦子)が自宅マンションから転落死を遂げ、自殺と断定された。ところが、死の直後までスマートフォンがつながり、相手がネイルサロンを経営する恭子(鶴田真由)と判明。しかも同店の客である主婦・和子(村松恭子)とホステス・茜(東加奈子)も過去に自殺し、恭子に大金を融通していたと分かる。聴取に当たる有希子(天海祐希)は恭子が3人を‘信者’にしたとにらむが、有希子自身もペースを乱される。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年5月20日更新】
■ あらすじ(第7話  2017/6/1放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
通販会社のクレーム対応部署の課長・理香(上野なつひ)の他殺体を出社した社員が発見。臨場した監物(鈴木浩介)と渡辺(速水もこみち)は、前日最後まで残っていた遅番パート従業員が愛美(西原亜希)、かずえ(田中美奈子)、聡子(阿知波悟美)だと知って驚く。監物たちは昨夜、居酒屋で3人と顔を合わせていた。有希子(天海祐希)たちが個別に事情聴取したところ、3人は揃って理香が責任感のある優しい上司だったと証言する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年5月20日更新】
■ あらすじ(第8話  2017/6/8放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
派出所の巡査長・池田(清水優)が2人組に襲われ、片方の男は拳銃を奪い逃走。もう片方の男(鶴見辰吾)は現行犯逮捕されるが、‘キントリ’の取り調べに黙秘する。一方、有希子(天海祐希)は、池田の証言に基づき作成された犯人のモンタージュを見て動揺。梶山(田中哲司)はそんな有希子に捜査から外れるよう促す。直後、弁護士の史子(渡辺真起子)が奪われた銃で撃たれた。史子は2人組に心当たりはないと供述するが…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年6月10日更新】
■ あらすじ(第9話  2017/6/15放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
拳銃を奪い逃走中の男が狙った第3の標的を、有希子(天海祐希)が体を張って守る。梶山(田中哲司)は関連が濃厚な過去の事件の再捜査を申し出るが、磐城(大倉孝二)は拒絶。‘キントリ’の面々は、「事件は終わっていない」と言ったまま黙秘を続ける勾留中の共犯(鶴見辰吾)から話を引き出そうと決意を新たにする。そしてついに共犯が口を開くが、磐城の命を受けた捜査一課長・沢渡(三上市朗)が取り調べの中止を言い渡す。
関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック