2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

2017年春、日曜ドラマ『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』

kage

2017/06/25 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★4月23日スタート 

フジテレビ系 毎週日曜 21:00~21:54

 櫻子さんの足下には死体が埋まっている

Arika注目1h”骨”好きの美人標本士が難事件を次々解決!

三度の飯より、”骨”が好きな標本士・九条櫻子。

豊富な知識と優れた観察力、洞察力で難事件を解決していくミステリー!?


『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』の原作は、2012年に小説投稿サイト「エブリスタ」で掲載された同名Web小説。同年、「電子書籍大賞ミステリー部門」優秀賞を受賞後、翌年2月に角川文庫より書籍化され、2016年7月現在10巻まで発刊されているシリーズの累計部数は100万部を突破。また、漫画版として、「ヤングエース」(KADOKAWA)にも好評連載中で、いま飛ぶ鳥を落とす勢いの最注目人気ミステリーです。

櫻子さんの足下には死体が埋まっている - BEAUTIFUL BONES/Section 23

¥5,497
Amazon.co.jp

小説〜アニメ化〜実写化・・・という流れですが、今回のドラマはアニメとの比較になるのでしょうか?

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:太田紫織「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」(エブリスタ/角川文庫)
キャラクター原案:鉄雄
脚本:山岡潤平
演出:山内大典
プロデューサー:森安彩
音楽:菅野祐悟
編成企画:稲葉直人
演出:佐藤祐市
制作:フジテレビ
制作著作:共同テレビ

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
🏢博物館
☑キツネの標本などを櫻子に依頼。櫻子を変人扱いする者が多い。

九条櫻子(観月ありさ)…骨格標本専門の標本士。
北海道旭川市在住。名家のお嬢さまで美人だが、口調は男勝りで、他人の目を気にせず歯に衣(きぬ)着せぬ発言をする。三度の飯より「骨」を愛し、美しい骨をめでるのが何よりも好き。法医学・自然人類学の豊富な知識、類いまれなる観察眼を武器に、骨から難事件を解決する。空気を読めず、他人や周囲の評判は全く気にならない。

梅沢〈通称:ばぁや〉(鷲尾真知子)…櫻子のお世話係
北海道・旭川から櫻子とともに上京し、九条家に暮らしている使用人。幼い頃から櫻子を世話しているため、櫻子のすべてを知り、時には叱咤激励する。正太郎に対して孫のように接するが、そこには秘められた思いがあり…。


🏢自然の森 博物館
館脇正太郎(藤ヶ谷太輔)…自然の森博物館勤務の“ドM”技術補佐員
自然の森博物館勤務の“ドM”技術補佐員。就職浪人中。浪人二年目でも希望の企業には入社出来ずに、大学の紹介で「博物館職員」になる。大学の就職課の紹介で何とくなく就職したため、博物館の展示物や剥製に興味もなく、気味が悪いとすら思っている。ひょんなことから新たな仕事を命じられ、櫻子と出会う。優しく純粋な性格で、正義感も強い常識人。嘘をつけず、思っていることがつい顔に出てしまう。ミステリー小説が大好物なのに、そのくせ異常な怖がりでもある。自らの仕事がデータをパソコンに打ち込むのがメインの事務職で本当によかったと内心思っているが、“ドS”の櫻子に振り回される自分も嫌いではない。

志倉愛理 (新川優愛)…自然の森博物館・学芸員補(正太郎の同僚)。
自然の森博物館・学芸員補。明るくて元気がいい現代っ子。スタッフルームの男連中の尻を叩く係も担うムードメーカー的存在。昔から化石大好き女子で、大人になったら博物館か科学館に務めるのが夢だった。櫻子が大の苦手で恐れているが、正太郎を介して徐々に櫻子ことを知っていくほどに「面白い人」と、徐々に櫻子のシュールな魅力にハマっていく。人との距離感が近いことで正太郎をドギマギさせ、少しずつ恋の予感も…。

磯崎齋(上川隆也)…自然の森博物館・主任学芸員(正太郎と愛理の先輩学芸員)
自然の森博物館・主任学芸員。学芸員で、正太郎と愛理の先輩。普段は仕事熱心に見えないが、珍しい植物の品種を前にすると途端にテンションが上がる“植物ヲタク”。仕事に関係がなくても、好奇心からさまざまな実験を行い、植物に関する研究をしている。プライベートは一切謎で、独自の価値観と世界観を持つ。櫻子に対して変人呼ばわりし、煙たがっているように振る舞うが、実は同じ”ヲタク”の匂いを感じるから、妙に通じ合うところも。また、その才能や知性を認めている。植物の専門家として櫻子と正太郎を陰ながらサポートする。

杉森重男(渡辺憲吉)…自然の森博物館・館長
自然の森博物館・館長。争い事が嫌いな平和主義者で、学芸員たちの間に不穏な空気が流れると、すぐさま仲裁に入る。櫻子の、標本士としての突出した才能を誰よりも評価していて、何かにつけて仕事を依頼する。

谷山和裕(近藤公園)…自然の森博物館・学芸員
自然の森博物館・学芸員。地質学のプロだが、研究以上に、職場のゴシップに興味がある。事なかれ主義で、面倒に巻き込まれるのが嫌いなため、櫻子との接触をできる限り避けようとしている。



🌸警察
山路輝彦(高嶋政宏)…刑事
ノリがいいが、実は上昇志向の強い刑事。ただ、犯罪も犯罪者も大嫌いで許せないことがたくさんある正義漢です。事件現場でたびたび遭遇する櫻子に、妙に興味をひかれてしまう。櫻子が事件に関わるのは、「人間の生と死」「人間の存在そのもの」への理解を深めたり、「真相を知りたい」という自らの好奇心を満たすためだが、山路には好都合である。最初は迷惑を掛けられるだけだと思っていたが、次第に櫻子の知識を頼りにするようになる。

近藤卓也(細田善彦)…山路刑事の部下
八峰署刑事。先輩の山路とともに捜査をする。バランス感覚にすぐれたスマートな男で、自己中心的になりがちな山路をさりげなくサポートする。


----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
観月ありさ、26年連続30作品目の連ドラ主演で変わり者の骨格標本士に! 
2012年に小説投稿サイト「エブリスタ」に掲載されたウェブ小説で、シリーズ累計100万部を突破した人気ミステリー小説が原作。同じ年に『E★エブリスタ 電子書籍大賞ミステリー部門』で優秀賞を受賞し、2013年2月に書籍化されました。それ以降、現在まで10巻が刊行されています。

美人で名家のお嬢さまにして、三度の飯より「骨」を愛する標本士の九条櫻子が、法医学・自然人類学の豊富な知識と類いまれなる観察眼によって、数々の難事件を解決していくさまを描く。

アニメ版は、2015年10月よりTOKYO MXテレビ・KBS京都テレビ等で放送開始し、全12話放送されました。

ドラマで主人公の櫻子を演じるのは、今作が26年連続の連続ドラマ主演作にして連ドラ主演30作品目となる観月ありさ。

共演は、Kis-My-Ft2・藤ヶ谷太輔、高嶋政宏、新川優愛、上川隆也ら。

----------------------------------------------------------------------------------------
■標本士とは?
----------------------------------------------------------------------------------------
九条櫻子の職業である「標本士」ですが、どういう仕事でしょうか? 通常は博物館に勤め、自然素材(動物や岩石など)を標本化する人。よく博物館にある恐竜などの大型標本を組み立てたり、標本化を待っている冷蔵庫の動物たちを骨格だけにして標本を作り上げる仕事がメインのようです。標本の種類としては骨格、はく製、昆虫、植物、地質などがある。櫻子は骨格標本専門で、骨格標本を組み立てるのが仕事。美しい骨を愛でるのが何より好きな櫻子は、博物館の依頼を受け、自宅アトリエで動物の骨を組み立てています。

主な標本士の分類は3つ
┣❶生物学標本士・・・動力物の標本の作成。
┣❷地学標本士…鉱物、 岩石などの薄片標本、 化石のクリーニング、 型取り、展示用の模型作りなど。
┣❸医学標本士…解剖学、病理学、法医学の分野で活躍していて、 病院や研究所で勤務。

櫻子は骨格標本専門でる。

他にも分類できないような細かい仕事もあるようです。

櫻子は、高校時代の恩師から標本を学び、大学時代は、教授で監察医でもあった叔父のもとで法医学を学びました。類まれな頭脳と洞察力を持ちながらも、法や行政のためにそれを使う気は特になく、自分の琴線に触れるものにしか興味を示しません。検視もできるのですが、それを本職にはせず、自分が一番好きな「骨」を扱う職に就いたのです。

櫻子は、死を前にしても恐れをなさないどころか、その“美しさ”や“荘厳さ”に感動し、愛でるほどの変わり者。ただ、ひとたび事件となれば、「死体は雄弁」と語り、目の前の死体や事件現場をくまなく観察分析し、真実を一つひとつあぶり出していくのです。事件の奥底に潜む、すべてを理解し明らかにするための最も重要な「芯」を、櫻子は「骨」と呼びます。それは、「何事にも必ず“骨”がある。それが通れば、真相はおのずと見えてくる」という考え方に基づいています。「骨」はときに証拠、ときに動機やきっかけ、そして誰かの感情や思いだったりもするのです。

そんな櫻子が、法医学・自然人類学の豊富な知識、類いまれなる観察眼、物事の本質を見抜く洞察力と人並み外れた想像力で、周囲の誰しもが疑うことすらしない細部にまで着目し、難事件を次々に解決に導きます。

Arika注目1hドラマ【櫻子さんの足下には死体が埋まっている】の見どころ
----------------------------------------------------------------------------------------
骨フェチは災いのもと?

マイペースの櫻子と熱血刑事・山路の口喧嘩も見もの。

正太郎は2人の間でオロオロするばかり?

極度の怖がり屋の正太郎だが、周りの変人たちに比べれば、ごく普通の青年。

実は正太郎が一番ノーマル?

藤ケ谷の自然な体の演技にも期待!

”骨”が大好きな櫻子が、その骨からどうやって事件の謎を解明していくかが見どころです。

彼女に翻弄されまくる正太郎のドMキャラも必見だ!!

----------------------------------------------------------------------------------------
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
九条櫻子(観月ありさ)は、日本に数人しかいない骨格標本を組み立てる標本士。博物館や研究・教育機関からの依頼を受け、日々動物の骨の組み立てを行っている。そんな櫻子のところに、博物館の職員・館脇正太郎(藤ヶ谷太輔)が訪れる。

櫻子と正太郎は、とある骨の謎を探るべく山を訪れ、そこで人間の白骨死体を発見する。櫻子が見つけた白骨死体は誰のものなのか、なぜその場所が分かったのか? 櫻子が、骨からの声をもとに独自の目線で謎を解き明かす。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年4月5日更新】
■ あらすじ(第1話  2017/4/23放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
九条櫻子(観月ありさ)は、日本に数名しかいない骨格標本を組み立てる「標本士」。博物館や研究・教育機関からの依頼を受け、日々動物の骨格標本の組み立てを行っている。そんな櫻子が家政婦のばあや(鷲尾真知子)と暮らす邸宅を、博物館の技術補佐員・館脇正太郎(藤ヶ谷太輔)が訪れる。館長に命じられるままにやってきた正太郎は、ずんどう鍋をかき混ぜる初対面の櫻子にあいさつするが、スルーされてしまう。とまどう正太郎を尻目に、櫻子は博物館から組み立てを依頼されていた骨を入れたトレイを手に戻ってくる。むき出しの骨に驚き、完全に逃げ腰になる正太郎に櫻子は、骨の発見場所を問いただし、「そこへ案内しろ」と言い出す。

博物館のスタッフ・志倉愛理(新川優愛)から場所を聞き、学芸員・磯崎齋(上川隆也)からは、珍しい草花の写真を撮ってくるように指示された正太郎は、櫻子の運転する車で骨の発見場所の山中へ。到着するとすぐに、櫻子は山を歩き回り、落ち葉や土などを払いのけ何かを探し始める。やがて動きを止めた先にあったのは、なんと人間の白骨死体。あまりの驚きに腰を抜かし、後ずさりする正太郎。一方の櫻子は「素晴らしい」と恍惚の表情を見せる。正太郎の通報で、刑事の山路輝彦(髙嶋政宏)、近藤卓也(細田善彦)と鑑識がやってくるが、遺体は完全に白骨化しているため、詳細は調べないと分からないと言う。ところが櫻子は、死亡推定時期、年齢、性別、利き手まで、スラスラと言い始める。驚く刑事たちに、何より気になるのが遺体の歯だと告げた。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年4月26日更新】
■ あらすじ(第2話  2017/4/30放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
正太郎(藤ヶ谷太輔)は、櫻子(観月ありさ)宅からの帰途、コンビニの前ではだしの女の子(吉澤梨里香)と遭遇。迷子の通報をし、櫻子の家で山路(高嶋政宏)たちの到着を待つことに。そんな中、櫻子は女の子が左手首を骨折後、しかるべき処置がされていないことに気付く。さらに、背中に引っかき傷もあり、母親による虐待の可能性が浮上した。翌日、女の子の家が判明し、送って行った櫻子と正太郎は、室内の状況に息をのむ。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年5月2日更新】
■ あらすじ(第3話  2017/5/7放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
高校時代の恩師・佐々木(モロ師岡)が他界し、櫻子(観月ありさ)は遺族から数多くの標本を託される。博物館の磯崎(上川隆也)や正太郎(藤ヶ谷太輔)らが仕分けを手伝うが、その中に火葬された人骨が見つかり、添えられた紙片には和歌と「玲子」という名前が記されていた。一方、博物館に櫻子の名前で注文された大量の弁当が届き、インターネットの掲示板に櫻子の悪口が書き込まれる。それは、高校生・入山(浦上晟周)の仕業で…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年5月10日更新】
■ あらすじ(第4話  2017/5/14放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
櫻子(観月ありさ)や正太郎(藤ヶ谷太輔)たちは、博物館のオーナー・清治郎(佐々木勝彦)の娘で同館代表・薔子(富田靖子)に依頼され、清治郎の誕生日を祝うため、前日から屋敷へ。清治郎の妻・君子(島かおり)、薔子の兄、妹夫婦、弟も顔を揃える中、清治郎が突如、明日、来季の事業計画のプレゼンをするよう命じ、結果次第で遺産の配分を決めると宣言した。翌朝、清治郎が遺体で見つかり、きょうだい間で犯人捜しが始まる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年5月15日更新】
■ あらすじ(第5話  2017/5/21放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
正太郎(藤ヶ谷太輔)は、仕事を休んだ磯崎(上川隆也)が、元教え子について聞いて回る場面に遭遇。櫻子(観月ありさ)と自宅を訪ねると、磯崎は重い口を開く。高校教師だった5年前、クラスに一重(中村ゆりか)、二葉(三浦透子)、三奈美(山谷花純)の仲良し3人組がいたが、二葉が失踪。磯崎は責任を感じて退職した。そして、一昨日、突然電話してきた一重に、連絡がつかないという。櫻子は、手掛かりは三奈美にあるとにらむ。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年5月15日更新】
■ あらすじ(第6話  2017/5/28放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
櫻子(観月ありさ)は、法医学者の叔父が20年前、自殺とされた事件に疑いを抱き、刑事だった山路(高嶋政宏)の亡弟も同様に考えていたと知る。その遺体からは「蝶形骨」が奪われていた。一方、一重(中村ゆりか)たちが二葉(三浦透子)を埋めた現場で発見された別の遺体にも「蝶形骨」がなく、山路は20年前の事件との関連を疑う。そんな中、正太郎(藤ヶ谷太輔)は三奈美(山谷花純)から、高校時代のあるエピソードを聞く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年5月30 日更新】
■ あらすじ(第7話  2017/6/4放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
刑事の近藤(細田善彦)は、小学校の同級生で作曲家の藤岡(裵ジョンミョン)と再会。藤岡が‘呪い’のせいで死期が近いと言うのを聞いた近藤は、正太郎(藤ヶ谷太輔)に櫻子(観月ありさ)を連れてくるよう頼む。櫻子に「呪いなんてない」と断言してほしいという。藤岡は櫻子たちに、叔父が半年前に亡くなる直前、家系にまつわる呪いを口にしたと話し、藤岡の会社の共同経営者・新谷(隈部洋平)は、藤岡家の死亡リストを見せる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年6月9 日更新】
■ あらすじ(第8話  2017/6/11放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
櫻子(観月ありさ)が正太郎(藤ヶ谷太輔)、愛理(新川優愛)と入った森に、白骨遺体があった。その場で櫻子は、70代以上の女性で、死因は頸(けい)髄損傷と断定する。後日、正太郎を中学の同級生・百合子(小林涼子)が訪ねてきて、白骨遺体は行方不明だった祖母・アサ(山口美也子)で、自殺と断定されたと話す。一方、遺体の「蝶(ちょう)形骨」が奪われた二つの事件を追う山路(高嶋政宏)に、櫻子はある疑問を投げ掛ける。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年6月15日更新】
■ あらすじ(第9話  2017/6/18放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
正太郎(藤ヶ谷太輔)は櫻子(観月ありさ)をかばって、20年前の事件の犯人と思われる沙月(櫻井淳子)に刺され、意識を失う。以降、アトリエに閉じこもりろくに食事も取らなかった櫻子は、法医学者の叔父・設楽(柴俊夫)に宛てた山路(高嶋政宏)の弟からの手紙に注目。そこには20年前の事件より前に発生した事件の新聞記事が同封され、弟は同一犯を疑っていた。そんな中、沙月が突然、自首。山路は黒幕について追及するが…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年6月20日更新】
■ あらすじ(第10話  2017/6/25放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
櫻子(観月ありさ)は「蝶(ちょう)形骨」を奪った連続殺人事件の黒幕「間宮」が、法医学教室の青葉(林泰文)だと察する。折しも、正太郎(藤ヶ谷太輔)が青葉を訪ねていて、櫻子は正太郎の危機に慌てるが、設楽(柴俊夫)が既に正太郎を連れ出していた。櫻子はその設楽の動きから、彼の記憶が戻ったことに気付く。一方、山路(高嶋政宏)は櫻子たちに、青葉逮捕は現状では難しいが、必ず証拠をつかむので手を出すなと言い含める。

関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック