2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

≪2017年4月号≫映画化・ドラマ化・アニメ化作品ピックアップ!

kage

2017/04/30 (Sun)

≪2017年4月号≫
メディアミックス酉

 4月に映画ドラマアニメ化された作品の中からピックアップ!

4月に公開された、

映画ドラマアニメ化されたメディアミックス作品の中からピックアップしました。

話題作と合わせて原作本・コミックを今一度お楽しんでください!


映画
夜は短し歩けよ乙女
ゴースト・イン・ザ・シェル
帝一の國 

ドラマ
「貴族探偵」「貴族探偵対女探偵」/麻耶雄嵩(著)
100万円の女たち/青野春秋(著)
あなたのことはそれほど/いくえみ綾(著)

アニメ
アトム ザ・ビギニング
 /原案:手塚 治虫 コンセプトワークス:ゆうき まさみ 漫画:カサハラ テツロー 監修:手塚 眞
BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS
 /原作・監修:岸本斉史 漫画:池本幹雄 脚本:小太刀右京
エロマンガ先生 /伏見つかさ 




Arikaシネマ2014b5

ジャンル:恋愛
arikaおすすめ
 夜は短し歩けよ乙女  【4月7日公開】

4月7日(金)全国公開!

≪アニメ映画公開記念!中村佑介氏のイラスト特別カバー版を電子書籍限定で配信!≫

黒髪の乙女にひそかに想いを寄せる先輩は、京都のいたるところで彼女の姿を追い求めた。

二人を待ち受ける珍事件の数々、そして運命の大展開。

第20回山本周五郎賞受賞、2007年本屋大賞2位、恋愛ファンタジーの大傑作!


夜は短し歩けよ乙女 映画カバー版 (角川文庫)/KADOKAWA / 角川書店

¥価格不明
Amazon.co.jp

■内容紹介
「黒髪の乙女」にひそかに想いを寄せる「先輩」は、夜の先斗町に、下鴨神社の古本市に、大学の学園祭に、彼女の姿を追い求めた。けれど先輩の想いに気づかない彼女は、頻発する“偶然の出逢い”にも「奇遇ですねえ!」と言うばかり。そんな2人を待ち受けるのは、個性溢れる曲者たちと珍事件の数々だった。山本周五郎賞を受賞し、本屋大賞2位にも選ばれた、キュートでポップな恋愛ファンタジーの傑作。

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1〈受賞情報〉大学読書人大賞(2010)
2000年代を代表する大学生小説!
京都を舞台に描かれる ちょっと風変わりな青春恋愛物語の金字塔  

2000年代を代表する大学生小説です。映画化を記念して再読。これで森見さんを好きになった作品なので、何度読んでも好きになる本なんだろうなと思います。彼女はとても天真爛漫で何も知らない子供を思わせてくれてとても魅力に溢れた人で、時々見せる可愛らしい様子が良くて、先輩は彼女に恋をしてビビリな所もあるけど踏み出したくて悶々とする様子が共感を感じます。それと、周りの個性豊かな人に溢れた世界観など好きで溢れた小説でした。私達が生活するのは限られた小さな世界だけど、そこでの過ごし方次第で広く愉快な世界にできると思いました。畏まって止まるのではなく踏み出す方が世界は楽しめる!面白い、絶妙な言葉のチョイスや捻った言い回し、そして「私」の狂おしいまでの(そして一歩間違えなくてもストーカー紛いの)純愛っぷりが、本当に面白い。「私は太平洋の海水がラムであればよいのにと思うぐらいラムを愛しております。」p13 が胸に突き刺さる。こんなことを言う女の子が黒髪の乙女だったら、恋をせざるえないだろう。ちなみに文庫版の解説は羽海野チカ先生!やっぱり先輩に肩入れしてしまい、黒髪の乙女を追い掛けてしまう(笑)。 このめちゃくちゃな世界がどう描かれるのか、映画を観るのが楽しみ半分不安半分。映画版は、第1章「夜は短かし歩けよ乙女」から第4章「魔風邪恋風邪」を一夜の出来事とした手腕の良い仕上がりらしい。





■映画ストーリー
クラブの後輩である“黒髪の乙女”に恋心を抱く“先輩”は、「なるべく彼女の目に留まる」略してナカメ作戦を実行する。春の先斗町に夏の古本市、秋の学園祭と彼女の姿を追い求めるが、季節はどんどん過ぎていくのに外堀を埋めるばかりで進展させられない。さらに彼は、仲間たちによる珍事件に巻き込まれ……。

★映画チェック★
第20回山本周五郎賞、第4回本屋大賞第2位に輝いた森見登美彦の小説をアニメ映画化。京都の移りゆく四季を背景に、パッとしない大学生と彼が片思いする後輩の恋の行方を、個性的な仲間たちが起こす珍事件と共に描く。主人公の声を、テレビドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」などの星野源が担当。監督の湯浅政明をはじめ、脚本の上田誠、キャラクター原案の中村佑介ら、森見原作によるテレビアニメ「四畳半神話大系」のスタッフが再集結する。


■スタッフ
原作 :森見登美彦(角川文庫刊)
監督 :湯浅政明
脚本 :上田誠(ヨーロッパ企画)
キャラクター原案 : 中村佑介
キャラクターデザイン・総作画監督: 伊東伸高
作画監督: 濱田高行、霜山朋久
フラッシュアニメーション:アベル・ゴンゴラ、ホアンマヌエル・ラグナ
色彩設計:ルシル・ブリアン
美術監督 :上原伸一、大野広司
撮影監督 :バテイスト・ペロン
音楽 :大島ミチル
音響監督 :木村絵理子
主題歌 :ASIAN KUNG-FU GENERATION「荒野を歩け」
製作年:2017年
製作国:日本
日本公開:2017年4月7日
上映時間:1時間35分
制作:サイエンス / SARU
製作:ナカメの会
配給:東宝映像事業部

■キャスト(役柄:声の出演)
先輩: 星野源
黒髪の乙女:花澤香菜
学園祭事務局長:神谷浩史
パンツ総番長 : 秋山竜次(ロバート)
樋口師匠 : 中井和哉
羽貫さん :甲斐田裕子
古本市の神様 :吉野裕行
紀子さん: 新妻聖子
ニセ城ヶ崎 : 諏訪部順一
プリンセスダルマ : 悠木碧
ジョニー :檜山修之
東堂さん: 山路和弘
李白 : 麦人





ジャンル:SF
 ゴースト・イン・ザ・シェル   【4月7日公開】

『ゴースト・イン・ザ・シェル』公式アートブック THE ART OF 攻殻機動隊 GHOST .../デビッド.S・コーエン

¥価格不明
Amazon.co.jp

■内容紹介
ハリウッド版攻殻機動隊「ゴースト・イン・ザ・シェル」の公式アートブックです。世界最高峰のSFX&VFX工房”WETA”の超絶CGメイキング技術は圧巻! 主演のスカーレット・ヨハンソンはじめ出演者の登場シーンや、CGをふんだんに使った背景など、攻殻の独特な世界観をハリウッドがどう表現したかがよくわかる、写真データ満載の大型本です。

攻殻機動隊 ゴースト・イン・ザ・シェル コミックトリビュート/トニーたけざき

¥価格不明
Amazon.co.jp

■内容紹介
ハリウッド実写映画化を機に豪華作家陣が集結! 影響を受けた『攻殻機動隊』のキャラクターと世界観を愛と敬意を持って描きおろす公式トリビュート!! 参加漫画家は、衣谷遊、Boichi、井上智徳、山本マサユキ、今井ユウ、多田乃伸明、小池ノクト、大山タクミ、トニーたけざき、平本アキラ(ポスター)。

攻殻機動隊(1) (ヤングマガジンコミックス)/士郎正宗

¥価格不明
Amazon.co.jp

■内容紹介
西暦2029年。より複雑化していく犯罪に対抗すべく結成された特殊部隊……公安9課に所属するその組織の名は、攻殻機動隊と呼ばれた。西暦2029年。通信ネットワークに覆われ、膨大な情報が世界を駆け巡っている超高度情報化社会。しかし国家や民族、そして犯罪は依然として存在していた。より複雑化していく犯罪に対抗すべく結成された特殊部隊……公安9課に所属するその組織の名は、攻殻機動隊と呼ばれた。

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)180年代に描かれたという奇蹟、  
2017年現在、漫画の世界がほぼ実現しているといっても過言ではない。

はてこんな話だったかと記憶があいまいだったこともあり、再度挑戦。初めて読んだときは自分が高校生の頃だったと思いますが、難しすぎて、セリフの内容はほとんど理解できませんでした。20年以上経って、やっと自分の脳が追いついたという感じです。いかに密度の濃い漫画であったか、いかに貴重な作品であるか、今こうして納得できることに、むしろ幸せすら感じてしまいます。内容としては、映画やテレビでは描ききれていない思想世界をより深く読み込むことができて◎です。 トータルでみたら「STAND ALONE COMPLEX」が一番好きなんですが、源泉たるこの作品の存在感はすごい。キャラやエピソードを流用しても、完成度の高い別作品を生み出す力強さがあるのは今さらながらわかります。素子が軽い性格だったり、トグサが家庭持ちっぽく見えなかったりと、アニメのほうが好きな人には向かない部分はあるかと思います。AIがようやく世間一般に認知されてきた今、この漫画の世界が、よりリアリティを持って迫ってきます。2017年現在、この漫画に描かれていることはほぼ実現しているといっても過言ではない。高度に高速化した情報社会。AIやドローン技術。国家や企業による支配体制。その全ての問題定義は約30年前に士郎正宗という稀代の天才が日本の漫画で描ききっている。私にとっては20年以上越しで理解しきれず、まだ理解したくなる手元に置いておきたいまさにバイブルです。



■映画ストーリー
近未来。少佐(スカーレット・ヨハンソン)は、かつて凄惨(せいさん)な事故に遭い、脳以外は全て義体となって、死のふちからよみがえった。その存在は際立っており、サイバーテロ阻止に欠かせない最強の戦士となる。少佐が指揮するエリート捜査組織公安9課は、サイバーテロ集団に果敢に立ち向かう。

★映画チェック★
『スノーホワイト』などのルパート・サンダーズが監督を務め、士郎正宗のSF漫画「攻殻機動隊」を、スカーレット・ヨハンソンやビートたけしらを迎えて実写映画化。近未来を舞台に、脳以外は全身義体の少佐が指揮する捜査組織公安9課の活躍を描く。『イングリッシュ・ペイシェント』などのジュリエット・ビノシュや『シルク』などのマイケル・ピットらが共演。敵と対峙(たいじ)する公安9課を、どのように描くのかに注目。


■スタッフ
原作: 士郎正宗
監督: ルパート・サンダーズ
製作: アヴィ・アラッド / アリ・アラッド / スティーヴン・ポール / マイケル・コスティガン
製作総指揮: ジェフリー・シルヴァー / 藤村哲哉 / 野間省伸 / 石川光久
脚本: ジェイミー・モス / ウィリアム・ウィーラー / アーレン・クルーガー
撮影監督: ジェス・ホール
衣装デザイン: カート・アンド・バート
視覚効果プロデューサー: フィオナ・キャンベル・ウェストゲイト
視覚効果スーパーバイザー: ギヨーム・ロシェロン
英題:GHOST IN THE SHELL
製作年:2017年
日本公開:2017年4月7日
上映時間:2時間0分
制作:パラマウント・ピクチャーズ
配給:東和ピクチャーズ

■キャスト(役柄:俳優)
少佐: スカーレット・ヨハンソン
バトー: ピルー・アスベック
荒巻: ビートたけし
オウレイ博士: ジュリエット・ビノシュ
クゼ: マイケル・ピット
トグサ: チン・ハン
ラドリヤ: ダヌーシャ・サマル
イシカワ: ラザラス・ラトゥーリー
サイトー: 泉原豊
ボーマ: タワンダ・マニーモ

(日本語吹き替え)
少佐: 田中敦子
バトー: 大塚明夫
トグサ: 山寺宏一




ジャンル:学園
 帝一の國   【4月29日公開】

帝一の國 1 (ジャンプコミックス)/古屋 兎丸

¥価格不明
Amazon.co.jp

映画ノベライズ 帝一の國 (JUMP j BOOKS)/久麻 當郎

¥価格不明
Amazon.co.jp

■内容紹介
超名門校・海帝高校で生徒会長を目指す赤場帝一。次期会長の有力候補・氷室ローランドに見込まれた帝一は、生徒総会で大役を任される。だが、帝一を敵視する東郷菊馬の妨害が…。そして夏合宿では、ルーム長達のみで校内バトルロイヤルが繰り広げられる。帝一は生き残れるか!?

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1これはお耽美の世界。生徒会長への道は、なかなか険しい!  
正直に言うと絵は好みではないが、そのタッチは昭和を舞台にした本作品においては合っており違和感なく帝一の世界へ引き込まれる。またストーリーはなかなか過剰なまでの一挙一動が面白い。そして紛れもなく少年マンガでもある。王道を走っていて、とにかく熱い!自分の國を作ろうとする帝一は総理になるための近道、生徒会長を目指すため、まずは有力な二年生に取り入るために奮闘する。高校入学式~生徒会報誌作成まで。生徒会長選挙に勝利すれば一生の栄誉が約束される海帝高校。主人公の帝一は、必勝を期して情報戦の鬼や、無欲のカリスマたちを相手に熾烈な謀略戦を繰り広げていく。雁屋哲の野望の王国の少年マンガ版みたいなノリで面白い。帝一は、勝つためにどこまでも手を汚していくのか、会長になるよりも綺麗なものを見つけることになるのか……。糸電話!?まあ、そういう昭和の時代、手作りで活動しなきゃならない描写が自分のツボ。なるほど、古き去りしもの・・・は主人公なのか? 男性生徒はみな美しく描かれているのに、オヤジ世代はみな脂ギッシュなところも、女性はこざっぱりした絵で書かれているのもピッタリです。たまに出てくる美美子が良いです。帝一を始め、登場人物がユニークで、一挙手一投足が大袈裟でうるさくて面白い!あっという間に読み終わって、映画プロモーションでテレビによく出ている俳優さんのイメージが強い中、強烈な印象を残す原作でした。主人公がちょっとセコイ性格に対しライバルがめっちゃ好青年なのもこの漫画の魅力、最終巻まで気持ちよく読めた作品でした。古屋兎丸さんの漫画表現は好きである。




■映画ストーリー
国内屈指の名門校である海帝高校で生徒会長の座に就いた人物には、将来の入閣が約束されていた。首席で入学を果たした新入生の赤場帝一(菅田将暉)には、いつか総理大臣になって己の国を作り上げるという大きな野望があった。彼は2年後に控えた生徒会長選を見据え、全国から集まったトップエリート800人の高校生相手に戦いを挑む。

★映画チェック★
『共喰い』『溺れるナイフ』などの菅田将暉を主演に迎え、古屋兎丸の人気漫画を映画化した学園コメディー。日本で一番有名な高校で、生徒会長の座をめぐって勃発する激しいバトルを衝撃のギャグ満載で活写する。共演は野村周平、竹内涼真、間宮祥太朗、志尊淳、千葉雄大ら。彼らが演じる個性的なキャラクターによる演技合戦、型破りな物語が熱い。


■スタッフ
原作: 古屋兎丸
監督: 永井聡
脚本: いずみ吉紘
音楽: 渡邊崇
主題歌: クリープハイプ
製作: 小川晋一 / 木下暢起 / 市川南
プロデューサー: 若松央樹 / 村瀬健 / 唯野友歩
ラインプロデューサー: 原田耕治
撮影: 今村圭佑
美術: 杉本亮
照明: 織田誠
録音: 石貝洋
装飾: 安藤千穂
編集: 二宮卓
音響効果: 岡瀬晶彦
VFXスーパーバイザー: 須藤公平
ヘアメイク: 望月志穂美
スタイリスト: 馬場恭子
スクリプター: 田村寿美
スタントコーディネーター: 吉田浩之
キャスティング: 田端利江
助監督: 藤江儀全
制作担当: 若林重武
製作年:2017年
製作国:日本
日本公開:2017年4月29日 (全国東宝系)
企画・製作:フジテレビ
制作プロダクション:AOI Pro.
配給:東宝

■キャスト(役柄:俳優)
赤場帝一: 菅田将暉
東郷菊馬: 野村周平
大鷹弾: 竹内涼真
氷室ローランド: 間宮祥太朗
榊原光明: 志尊淳
森園億人: 千葉雄大
白鳥美美子: 永野芽郁
駒光彦: 鈴木勝大
根津二四三: 萩原利久
佐々木洋介: 岡山天音
本田章太: 三河悠冴
古賀平八郎: 井之脇海
堂山圭吾: 木村了
大庭葉蔵: 榎木孝明
東郷卯三郎: 山路和弘
赤場桜子: 真飛聖
川俣豊冶: 中村育二
赤場譲介: 吉田鋼太郎




Arikaシネマ2014b4

Arika報告書y0001おすすめ
 「貴族探偵」「貴族探偵対女探偵」/麻耶雄嵩(著)

4月17日(月)21時~ 

フジテレビにて放送スタート!


信州の山荘で、鍵の掛かった密室状態の部屋から会社社長の遺体が発見された。

自殺か、他殺か? 捜査に乗り出した警察の前に、突如あらわれた男がいた。

その名も「貴族探偵」。

警察上部への強力なコネと、執事やメイドら使用人を駆使して、数々の難事件を解決してゆく。

斬新かつ精緻なトリックと強烈なキャラクターが融合した、かつてないディテクティブ・ミステリ、ここに誕生! 

傑作5編を収録。


貴族探偵 (集英社文庫)/集英社

¥価格不明
Amazon.co.jp

貴族探偵対女探偵 (集英社文庫)/集英社

¥価格不明
Amazon.co.jp

■ドラマタイトル:「貴族探偵」

■放送日:4月17日スタート 

フジテレビ系 毎週日曜 21:00~21:54(初回30分拡大:21:00~22:24) 


■原作/原案…原作:麻耶雄嵩「貴族探偵」「貴族探偵対女探偵」(集英社文庫)

■スタッフ
脚本:黒岩勉
演出:中江功、金井紘、相沢秀幸
プロデューサー:羽鳥健一、西坂瑞城

主題歌:I’ll be there/嵐

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
貴族探偵(相葉雅紀)…探偵を趣味にしている貴族(本人は一切推理しない)。
年齢、家族、学歴、住所、本名までも不明。己のことを貴族と名乗り、探偵を趣味にしている青年。しかし、本人は一切推理しない。事件の捜査は執事や召使い達に任せていて自分は動かない。召使い達が華麗に事件を分析し解決している最中、貴族探偵は事件の関係者の女性と会話を楽しむ。働いている様子はない。常にレディファーストを重んじており、女ったらしではなく紳士的。常に身ぎれい。由緒正しい上流階級の生まれということ以外、すべてが謎に包まれた紳士。趣味は『探偵』。心ある人々には貴族探偵と呼ばれ、その事件解決能力は社交界の噂の的。

☑貴族探偵に仕える優秀な召使い
┣佐藤 (滝藤賢一)…貴族に仕える運転手。
探偵貴族の運転手兼ボディーガード。貴族の代わりに事件の捜査をする。特筆すべき戦闘力を持ち、武闘派の犯人であっても決して怯まずに、瞬く間に鎮圧する腕っぷしの強さを誇る。運転手であると同時に貴族探偵を守るボディーガードとして、危険がないか常に鋭い目を光らせている。

┣田中 (中山美穂)…貴族に仕えるメイド。
控えめな性格で整理整頓が大好きなメイド。いついかなる時でも、紅茶の準備をするのが彼女の仕事。「紅茶を淹れさせたら右に出る者はいない」と貴族探偵は称賛してる。普段は控えめだが、ポップカルチャーへの愛情と造詣が深く、それらの話題が出ると饒舌になってしまうことがある。

┣山本(松重豊)…貴族に仕える執事
代々、執事として貴族探偵の一族に仕えてきた。貴族探偵が望んでいることは、言われなくても手を取るように分かる。どんな相手にも分け隔てなく柔和に接する人徳者。ただし少しのんびりな性格で、前書きが長いという癖がある。常に冷静沈着で、貴族の手足となって働く。貴族の代わりに捜査をする。


🏢喜多見切子探偵事務所

高徳愛香(武井咲)…新米の探偵。
名探偵・喜多見切子を師匠と仰ぐ新米探偵。貴族と事件現場において何かと相対する。飾らない性格で、誰とでも気兼ねなく話すことができるのが長所。ただ、思ったことを簡単に口に出してしまい、反感を買うことも。人並み以上に胴活力と推理力を兼ね備えている。貴族探偵にライバル心を持っており、先に事件を解こうといつも躍起になっている。探偵という職業に誇りを持っている。

喜多見切子(井川遥)…元探偵(高徳愛香の師匠)
愛香の憧れの女探偵。愛香に探偵のいろはを教えた切子は過去に貴族探偵との推理対決に敗れ、その後、謎の死を迎えた…というミステリアスな人物。

玉村依子(木南晴夏)…令嬢
日本有数の財閥グループの社長令嬢。第1話の事件の関係者。


🌸神奈川県警

鼻形雷雨(生瀬勝久)…刑事(上昇志向が強く、長い物に巻かれるタイプ。)
神奈川県警捜査一課の主任。警察官としての基本的な正義感は持っているが、上昇志向が強く、どちらかといえばモテたい、お金持ちになりたいという個人的な願いが、最大の原動力。貴族探偵と現場で出会い、人生が一転する。“貴族よりも先に謎を解く”という利害が一致し、愛香と行動を共にする。実は現場経験に乏しいが、事件解決にまい進する(※トリックの矢部警部補と近いキャラなのかもしれない)。

常見慎吾(岡山天音)…刑事
情熱はないが仕事はそつなくこなす、”省エネ勤務”がモットー。

冬樹和泉(田中道子)…鑑識
抜群に優秀。凄惨な現場ほど燃える。ぶっきらぼうなのがたまにきず。


謎??? (仲間由紀恵)…果たしてどこに出演?≪特別出演≫
神出鬼没の謎のキャラクター。
※どこに何の役で出演しているのかも不明。このドラマ最大の謎の1つ。視聴者に叩きつけられる「謎」となる存在。貴族探偵との関係は?

----------------------------------------------------------------------------------------
■ドラマ内容紹介
相葉雅紀、月9ドラマ30周年記念作品で“推理をしない”探偵に!!  
----------------------------------------------------------------------------------------
1987年4月よりスタートし、枠として30周年を迎える今春の月9ドラマは、「ようこそ、わが家へ」(同系)のスタッフが再集結し、“主人公が推理をして謎を解く”という常識を覆す “主人公が推理をせずに謎を解く”という、前代未聞の設定で送るミステリー。

ミステリー作家・麻耶雄嵩による本格推理小説「貴族探偵」とその続編「貴族探偵対女探偵」を原作に、主演の相葉雅紀をはじめ、武井咲、生瀬勝久、井川遥、仲間由紀恵、滝藤賢一、中山美穂、松重豊ら豪華俳優陣が集結。主演の相葉とは全員初共演となり、出演者の多くが今作でさまざまな初挑戦をする。

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
≪原作内容紹介≫貴族探偵 (集英社文庫)
信州の山荘で、鍵の掛かった密室状態の部屋から会社社長の遺体が発見された。自殺か、他殺か? 捜査に乗り出した警察の前に、突如あらわれた男がいた。その名も「貴族探偵」。警察上部への強力なコネと、執事やメイドら使用人を駆使して、数々の難事件を解決してゆく。斬新かつ精緻なトリックと強烈なキャラクターが融合した、かつてないディテクティブ・ミステリ、ここに誕生! 傑作5編を収録。

≪原作内容紹介≫貴族探偵対女探偵 (集英社文庫)
新米探偵・愛香は、親友の別荘で発生した殺人事件の現場で「貴族探偵」と遭遇。地道に捜査をする愛香などどこ吹く風で、貴族探偵は執事やメイドら使用人たちに推理を披露させる。愛香は探偵としての誇りをかけて、全てにおいて型破りの貴族探偵に果敢に挑む!事件を解決できるのは、果たしてどちらか。精緻なトリックとどんでん返しに満ちた5編を収録したディテクティブ・ミステリの傑作。

前代未聞の探偵! 新たなヒーローが登場(?)
Arikaアイコン(小)1『貴族探偵』は、自称「貴族」で趣味は「探偵」という謎の男が、コネと召使いを駆使して事件を解決! 斬新かつ精緻なトリックと過去に例のない強烈なキャラクターが融合した、奇跡の本格ミステリ集。久しぶりに麻耶作品読み。貴族探偵と名乗る男は事件が起こると何処からともなく現場に現れます。そして自分では決して動くことなく、捜査や推理を使用人達に任せっきりにして自分は美しい女性と紅茶を飲んでいる貴族探偵。使用人達を自分の頭脳と呼びどこまでも信頼しているからこそできる事だろう。ミステリーとしては本格で楽しめましたが、『貴族探偵』は癖の強いキャラクターなので好き嫌いが別れるかもしれません。 5篇収録されていますが、「こうもり」に痺れましたね。終盤のヤニ臭かったの証言が分からず、え?ヤニ臭かったのは違う人だよね?って何度も何度も前のページを読み直してもそんな記述が見つからず、誤植か?とまで思い少し残念な気持ちで先を読み進めて、真相を知ってたまげたのなんのって!!合わないなと思いつつ、使用人に推理させる探偵、嫌いじゃない。美人に弱いのも良い(笑)。そして実はすべてお見通しの貴族探偵であると思う。この「こうもり」は凄い、よっぽど注意して読まないと恐らく騙されます(笑)

続編『貴族探偵対女探偵』は、前作と趣が違い、本作の主人公(語り手?)は女探偵の愛香。女探偵高徳愛香の視点から、貴族探偵との対決が繰り広げられる短編集。貴族探偵がアレですから、愛香視点での貴族探偵へ対するアレコレも面白かったです。彼女が事件に巻き込まれる時には、関係者の中に必ず貴族探偵がいるという設定。お金持ちの別荘が舞台で、密室で殺人、犯人探しと絵に描いたようなミステリー。愛香は事件を推理し、貴族探偵を犯人だと名指しする。しかし、その推理は貴族探偵の使用人によって毎回否定される…。という『お約束』を4度繰り返した後の最終第5話の大オチは圧巻!「なほあまりある」は、本シリーズの根幹を成す部分で綺麗に物語を畳んでおり、脱帽。これは気づかなかったよ。最後の最後で汚名返上。愛香と共に貴族探偵に対してコンチクショー!と思ってしまう。頑張れ女探偵!

原作者:麻耶 雄嵩(まや ゆたか)
小説家、推理作家。三重県上野市(現・伊賀市)出身。三重県立上野高等学校、京都大学工学部卒。
大学在学中は推理小説研究会に所属、この時に短篇の執筆を始める。そこで知り合った綾辻行人・法月綸太郎・島田荘司の推薦をうけ、1991年『翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件』でデビュー。

いわゆる「問題作」を一貫して書き続けており、研究会OBの大勢と同じく長編・短篇を問わず寡作ではあるが、独特の世界観と手法的アプローチに強いこだわりを持った癖のある作風で、マニアックかつカルト的な支持を得ている。同業者やミステリ界隈からの評価に関わらず長い間無冠であったが、2011年に『隻眼の少女』で第64回日本推理作家協会賞・第11回本格ミステリ大賞をダブル受賞。2015年、『さよなら神様』で第15回本格ミステリ大賞受賞。





 100万円の女たち/青野春秋(著)

100万円の女たち(1)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)/小学館

¥価格不明
Amazon.co.jp

100万円の女たち(2) (ビッグコミックス)/小学館

¥価格不明
Amazon.co.jp

100万円の女たち(3) (ビッグコミックス)/小学館

¥価格不明
Amazon.co.jp

100万円の女たち(4) (ビッグコミックス)/小学館

¥価格不明
Amazon.co.jp

■ドラマタイトル:「100万円の女たち」

■放送日:4月13日スタート テレビ東京系 毎週木曜25:00~25:30 

■原作/原案…原作:青野春秋「100万円の女たち」(小学館)

■スタッフ
脚本:山田能龍
脚本:室岡ヨシミコ、中園勇也
監督:藤井道人、原廣利、桑島憲司
チーフプロデューサー:大和健太郎
プロデュ―サー:五箇公貴、堀尾星矢

主題歌:漂う感情/コトリンゴ

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
道間慎(野田洋次郎)
なぜか5人の美女と共に暮らすことになった売れない小説家。奇妙な共同生活に翻弄されていくうち、自身の身にも思いもよらなかった変化が起き始める。

100万円の女①白川美波(福島リラ)
コーヒーを愛する女。家の中では常に全裸で、妖艶な魅力と得体の知れないオーラを放っている。

100万円の女②塚本ひとみ(松井玲奈)
紅茶を愛する女。無類の読書好きで常に本を読んでいる。ヨガ好きでもある。

100万円の女③小林佑希(我妻三輪子)
ほうじ茶を愛する女。言葉数が少なく無駄話をしない。たまに優しい一面も。

100万円の女④鈴村みどり(武田玲奈)
アセロラジュースを愛する女。陰のある高校生で、生い立ちに何か秘密を抱えている。

100万円の女⑤開菜々果 (新木優子)
牛乳を愛する女。一見捉えどころがないが、大物感を漂わせている。

道間達之(リリー・フランキー)…主人公・道間慎の父親で死刑囚
花木ゆず(中村倫也)…人気作家
桜井誠二(山中崇)…慎を支える編集者
森口竜市(池田鉄洋)…慎を嫌う評論家
砂子(遠藤雄弥)
神田武(吉村界人)
ほたる(保紫萌香)
三浦菜穂(井端珠里)
水口栄子(筒井真理子)
千葉先生(古舘寛治)

----------------------------------------------------------------------------------------
■ドラマ内容紹介
RADWIMPS・野田洋次郎がドラマ初出演&初主演。5人の美女に翻弄される小説家に!  
----------------------------------------------------------------------------------------
木曜深夜に新設された「木ドラ25」第1弾は、青野春秋の同名コミックを基にした密室ミステリー。主人公の道間慎を演じるのは、人気バンド・RADWIMPSのボーカルである野田洋次郎。主演映画「トイレのピエタ」での好演も記憶に新しい野田が、今作でドラマ初出演にして初主演を果たす。

半年前から5人の美女たちとなぜか一つ屋根の下で暮らすことになった、売れない小説家の慎は、毎月100万円もの大金を女たちから支払われるが、彼女たちの目的も素性も全く分からない。回を追うごとに、一つ、また一つと解明されていく謎。やがて慎は、この奇妙な共同生活を通して、思いもよらなかった大きな運命に翻弄(ほんろう)されていく。謎が謎を呼ぶ、密室ミステリードラマ!!!

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
≪原作内容紹介≫
◆あらすじ◆売れない小説家、道間 慎。彼は5人の女たちと一緒に暮らしている。女たちは毎月、彼に100万円支払い、彼が女たちの世話をする…なぜ?金と愛と死の臭いが立ちこめる一軒家で、歪な六角関係が繰り広げられる…◆紹介◆『俺はまだ本気出してないだけ』の作者が、100%本気で挑む新境地!!散りばめられた秘密を追ううちに、いつしか女たちの虜に…謎が恋を呼ぶ、異色のミステリー×ラブコメディー!!

主人公・道間慎とまったく素性の知れない5人の女たち。
謎が恋を呼ぶ、異色のミステリー×ラブコメディー、完結全4巻!

Arikaアイコン(小)1原作は、「ビックコミックスピリッツ」(小学館)にて連載された青野春秋の同名コミックを基に描く、謎が謎を呼ぶ密室ミステリードラマ。主人公は売れない小説家・道間慎。ある日どこからともなくやってきた、全く素性の知れない5人の美女たちとひとつ屋根の下で暮らすことになる。5人の女たちは、家賃兼生活費として毎月100万円の家賃を慎に支払っているのだが、100万円もの家賃を支払える女たちにはそれなりの背景がある。彼女たちがなぜこの家に集まってきたのか、普段は何をやっているのか。様々な謎が毎回少しずつ明らかになっていく物語。冴えない小説家である主人公が、妙齢の女性5人と一つ屋根の下で暮らす…と聞くと、どこかで読んだハーレム物のような設定だし、実際そう思って読めばそう感じないでもないが…これはそういうものではない…、よな?少しずつ解き明かされていくであろう謎が、最終的にどういう形で結実するのか。パーティのシーンで、団結力を感じるところが好き。しかし、よく分からない終わり方だったが最終巻までゾクゾクした物語でした。いろんな穴はあるんだけど、よかったな。最終巻で新たな殺人が発生する一方、5人の女性に招待状を送った人物、そして開菜々課を殺害した人物が明らかになる。でも、動機が不十分な気がして、いまいち納得できないといyか・・・途中原作の打ち切り?が急に決まり、慌てて伏線の回収に走ったけど、伏線を回収しきれなかった、そんな感じ。終わるのが名残惜しい。もっとこの絵と空気を見ていたかった。人ってこわい。正直、命と月100万支払う価値のある男?だったろうか、と。ただ、私にとっては読む価値のあるストーリーだったし、強く引き付けられる物語だったことは確か。

原作者:青野春秋(あおの しゅんじゅう)
漫画家。茨城県出身。
2001年に「ヤングマガジン」(講談社)にて椎名春良名義で投稿した『スラップ スティック』が第45回ちばてつや賞(ヤング部門)優秀新人賞を受賞。しかし雑誌掲載には至らず、2005年に「月刊IKKI」(小学館)にて『走馬灯』が第17回イキマンを受賞し、デビュー。2007年に初連載『俺はまだ本気出してないだけ』を「月刊IKKI」で開始。2012年8月号にて完結。それと同時に、同作品の実写映画化が発表され、堤真一主演で2013年に公開された。主に小学館発行の青年向け月刊誌「月刊IKKI」誌上で活動している。





 あなたのことはそれほど/いくえみ綾(著)

あなたのことはそれほど(1) (FEEL COMICS)/祥伝社

¥価格不明
Amazon.co.jp

あなたのことはそれほど(2) (FEEL COMICS)/祥伝社

¥価格不明
Amazon.co.jp

あなたのことはそれほど(3) (FEEL COMICS)/祥伝社

¥価格不明
Amazon.co.jp

あなたのことはそれほど(4) (FEEL COMICS)/祥伝社

¥価格不明
Amazon.co.jp

■ドラマタイトル:「あなたのことはそれほど」

■放送日:4月18日スタート 

TBS系 毎週火曜 22:00~22:54(初回15分拡大:22:00~23:09) 


■原作/原案…原作:いくえみ綾「あなたのことはそれほど」(祥伝社「FEEL YOUNG」連載中)

■スタッフ
脚本:吉澤智子
演出:金子文紀、竹村謙太郎、福田亮介
プロデューサー:佐藤敦司
編成:池田尚弘、中島啓介

主題歌:CQCQ/神様、僕は気づいてしまった

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
🏠渡辺家夫が妻にぞっこんの夫婦。結婚生活を続けようと奮闘
渡辺美都(波瑠)…医療事務受付
旧姓、三好美都。眼科で医療事務として勤務。乙女で思い込みが激しく、向こう見ずな性格。
中学時代に同級生だった有島に恋をし、この人と結婚すると思い込んでいたが、占い師に「2番目に好きな人と結婚するといい」と言われショックを受ける。以後、中学を卒業してから有島とは疎遠になり、勤務先の病院に患者としてやってきた涼太と結婚。結婚して幸せな矢先、運命の男、有島と奇しくも再会し…W不倫が始まる。27歳。

渡辺涼太(東出昌大)…美都の夫
インテリア関係の会社の総務部に勤めている。ものもらいができたことで眼科に通い、そこで勤める美都に一目惚れをして結婚まで至った。料理好きで穏やかで、愛妻家の完ぺきな男。
有島と再会してからの美都のわかりやすい嘘に気付きながらも責めず、幸せな結婚生活を続けようと努力奮闘する。基本的には優しい性格だが、とにかく彼女が好きすぎて美都の携帯電話を盗み見する癖が付いてしまうなど一途すぎる愛が歪んでいる。それゆえに徐々に精神が崩壊し、激しい愛が狂気へと変貌する。30歳。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

🏠有島家夫が同級生と親密になる中、妻は出産のため帰省
有島麗華(仲里依紗)…有島の妻
旧姓、戸川麗華。光軌の妻で、高校時代のクラスメイト。見た目は地味だが、しっかりしていて人にこびない性格。洞察力が鋭く、したたかな面もある。光軌に鮮烈な行動で気持ちを伝え、高校卒業後から付き合い始め結婚に至った。父親の浮気が原因で両親が別居していて、学生時代苦労をしていた。そんな時、支えてくれていたのが有島だった。家庭環境が複雑だったため、昔からしっかり者で冷静。公務員として働いていたが、結婚後は専業主婦に。出産を控え、実家に里帰りをする。27歳。

有島光軌(鈴木伸之)…美都の初恋相手
美都の小中学校時代の同級生。美都の初恋相手で麗華の夫。中学時代に一度美都と体の関係を持ったことがある。学生時代からイケメンでモテて、かわいい子が好きなのだが、高校の同級生だった地味な麗華になぜか惹かれて、卒業後に交際スタートし、結婚に至る。妻・麗華が里帰り出産中に、偶然、美都と再会し、軽い気持ちで会う。基本的には家庭第一なのだが、根が優しく流されやすい性格のため、泣きつかれると弱い。冷めた性格のようで人の好さを併せ持っている。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【内装インテリア会社「D-CROSS」】…渡辺涼太の職場。
┣小田原真吾(山崎育三郎)…涼太の親友
涼太が働くインテリア会社の同期。オフィスデザインや内装設計などを手掛けるインテリアデザイナー。大学時代の同級生で、会社の同僚でもある涼太の相談相手。涼太の仕事での悩みや結婚まで相談に乗ってきた。いわゆるインテリ系で一見サバサバとしているが、中身は実直で男っぽい性格。30歳。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【眼科】…美都の職場。個性的な医師が働いている。
┣森瑠美(黒川智花)…美都の勤務先である眼科クリニックの同僚。
眼科で美都と一緒に医療事務として働いている。趣味や習い事から自然な出会いを求める積極的タイプ。でも実は将来のこと結婚のことを自分の力で未来を切り開くしっかり者。25歳。

┣花山司(橋本じゅん)…美都の上司で眼科医病院長
美都の働く眼科の医師で、バツ3の独身。今も複数の女性と付き合っている。美都の不倫を知っても説教めいたことも言わず、下心が見え隠れするものの話を聞いて助けてくれる。「人間恋できる期間は限られている。今はどんな恋もいとおしい心境だ」と笑いとばす達観した人物。50歳。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

三好悦子(麻生祐未)…美都の母≪物語のキーパーソン≫
現在、横浜の元町でスナックを営んでいる。シングルマザーとして美都を育てながら、常連のおやじ達をうまく転がし生計を立てていた。美都は母親に感謝はしつつも母親のようにはならない、幸せになりたいと切実に願って生きてきた。ズケズケとものを言う悦子と涼太はとても仲が良い。54歳。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

飯田香子(大政絢)…美都と小学校時代からの親友で何でも相談できる姉的存在。
アパレル会社勤務。美都の中学からの親友ではっきりものをいう。美都に正しい言葉をかけるが正しい言葉しかかけられない自分が妙に悔しくもあり、美都にあきれつつもそれだけ溺れられる恋をみつけた美都が羨ましい気持ちもある。27歳。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

横山皆美(中川翔子)…有島夫婦と同じマンションの隣人
有島と麗華が暮らすマンションに引っ越してきた“距離ナシ”主婦。夫と不仲。30歳。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【Ber Suerte】…有島の行きつけのバー
榎本祐樹(成田偉心)…イケメンバーテンダー。
美都と有島が密会するバーのイケメン店員。バーを若くして任されている。二人の関係を誰よりも近くで見ている。24歳。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

----------------------------------------------------------------------------------------
■ドラマ内容紹介
波瑠主演でいくえみ綾のコミックを映像化。夫婦の恋模様を描く大人のラブストーリー!  
----------------------------------------------------------------------------------------
いくえみ綾の同名コミックを原作に、2組の夫婦の結婚生活と恋愛模様を描く、予測不可能な展開が見どころの大人のラブストーリー。主人公で“二番目に好きな人”と結婚した渡辺美都に波瑠が扮し、これまでとは異なる役柄で新境地に挑む。

美都の夫で愛妻家の渡辺涼太を東出昌大、浮気する夫を手のひらで転がす有島光軌の妻・麗華を仲里依紗、美都が忘れられない初恋相手・光軌を鈴木伸之が演じるほか、山崎育三郎、麻生祐未らが共演。一度きりの人生で誰と結ばれるのが本当の幸せなのか、“忘れられない人”がいる全ての大人たちへ問い掛ける。脚本は「ダメな私に恋してください」(同系)を手掛けた吉澤智子が担当する。

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
≪原作内容紹介≫
いくえみ綾が描く、底無しW不倫。「私はいつかきっと罰があたる」 占い師は、中学生の美都(みつ)にこう言った。「二番目に好きな人と結婚するのがいい」 医療事務として働く美都は、飲み会の帰り道に想って想って想い続けた初恋の人・有島(ありしま)に再会、男女の仲に。しかし彼は既婚者で、美都にもすでに優しい夫がいて───。美都と夫、有島と妻。四者四様の視線と思惑が交錯する、出口なしのマリッジライフ、待望の第1巻。

描かれるのはW不倫
”2番目に好きな人”と結婚した主人公が、
初恋の男性と再会したことで巻き起こるいびつな恋物語

Arikaアイコン(小)1流行りの不倫ものなのです。初恋の人と再会し、まるで当然そうなるかのごとく浮気してしまう美都。30歳だけど、有島に対する考え方は中学生のままで止まっている。クールだった有島がチャラくなっていても別に何とも思わないのだから、別に有島が好きなわけではなく「一番好きな人」が好きなんだろうな〜と。浮気していることに対して逡巡するわけでもない美都は性格が悪いというより怖い。個人的には有島の地味な妻、麗華が好きでした。1巻は4人各々の馴れ初めが語れているので、2巻から本番という感じ。美都の夫は優しそうにみえて一回スイッチ入るとヤバいタイプだね、ありゃ。こういうことになるから2番目の人と結婚は危ないのか…と。いやこれは例外だろうけど・・・(´・ω・`)…有島はのらりくらりして結局妻のもとへ帰る奴だよ、なんだか、ざ、ざわざわする…!!! 主人公のような友達がいるので、結婚してもこうなりそうだなと思った。有島くんは好きになってくれないと思うよ。やめときな! っていっても聞かないんですよね。不倫ものとはいってもさすがのいくえみさん、どこかにさわやかさを残します。絵がきれい。無駄なセリフや描写がなく洗練されている。夫への罪悪感が一切感じられない美都。妻に疑惑を感じ始めた「優しい」夫が、寝ている妻のベッドに乱暴に腰かける「ぼすっ」という音がリアル。眼鏡の奥の目が光っているよ、こえ~!有島もふわふわしているけど結局一番愛しているのはあの地味な容姿の奥さん・麗華で、不倫が本気になるようなことはなさそう。麗華もそんな夫のことはちゃんと理解した上で、手のひらの上で転がしているタイプなのように見えた。しかし、夫の不倫だけにとどまらず、面倒な隣人にも煩わされるようになる。1番まっとうに生きているように見える麗華が、だらしない人たちに傷つけられる。私が麗華だったらあんなに冷静にはなれないな。麗華がどうするのかが気になる。涼太の生い立ちがわかったけれど、かと言ってあの怖さ、美都への執着の激しさが、なるほどそういうことだったのね・・・なんて思えるわけもなく。それぞれのキャラが魅力的で、これからどうなるかが楽しみ。マンガもドラマも、不倫は当たり前。ここまでくると結婚に夢も希望もなくなるようなお話しですが、これから人間模様がどう交差するのか、いくえみさん的にはどこに着地をさせるのか気になります。

原作者:いくえみ 綾(いくえみ りょう)
女性漫画家。北海道名寄市出身。東海大学付属第四高等学校卒業。血液型A型。北海道札幌市在住、既婚。
1979年、『別冊マーガレット』(集英社)にて「マギー」でデビュー。
2000年、『バラ色の明日』で第46回小学館漫画賞を受賞。
2009年、『潔く柔く』で第33回講談社漫画賞少女部門を受賞。
2013年、『潔く柔く』が実写映画化。
奥田民生が好きで、作品にも似た人物が登場。プライベートでも一緒に食事をしたことがある。彼の楽曲をモチーフにした漫画『スカイウォーカー』を発表している。またRCサクセション時代からの忌野清志郎の熱狂的なファンでもある。また、愛猫家として知られ、「潔く柔く」などの単行本に(本編とまったく関係のない)飼い猫たちの漫画を載せている。アンソロジー『猫本(ねこもと)』などにも漫画を描いた。飼い猫が死去した場合は単行本にメッセージを載せている(キヨ、チョビなど)。2008年からはスコティシュフィールド種である「ブンたん」との耽美的な生活を漫画化している。





Arikaシネマ2014b3

ジャンル…SF
Arika報告書y0001おすすめ
 アトム ザ・ビギニング
 /原案:手塚 治虫 コンセプトワークス:ゆうき まさみ 漫画:カサハラ テツロー 監修:手塚 眞


4月15日(土)23時~

NHK総合にて放送スタート!


原因不明の大災害に見舞われた近未来の日本。

それから5年後、復興が進む日本のとある大学に、ロボット開発にすべてを懸ける2人の若き研究者の姿があった──。

“ゆうきまさみ”דカサハラテツロー”という、ロボット漫画を描き続けてきた2人が新解釈で描く、永遠のヒーロー“鉄腕アトム”誕生までの物語がいよいよ開幕!!


アトム ザ・ビギニング1(ヒーローズコミックス)/ヒーローズ

¥価格不明
Amazon.co.jp

アニメタイトル:「アトム ザ・ビギニング」

最速放送日:2017年4月15日(土)23:00~(NHK総合)

■キャスト
中村悠一、寺島拓篤、井上雄貴、櫻井孝宏、小松未可子、佐倉綾音、河西健吾、飛田展男、南條愛乃

■スタッフ・制作会社
原案:手塚治虫、総監督:本広克行、監督:佐藤竜雄、プロジェクト企画協力・監修:手塚眞、コンセプトワークス:ゆうきまさみ、漫画:カサハラテツロー(「月刊ヒーローズ」連載)、協力:手塚プロダクション、シリーズ構成:藤咲淳一、キャラクターデザイン:吉松孝博、メカデザイン:常木志伸/石本剛啓/宮崎真一、プロップデザイン:めばち/今橋明日菜/吉田大洋、総作画監督:伊藤秀樹、色彩設計:田中美穂、美術:加藤浩、3DCG 監督:菅野高明、モニターグラフィックス:青木隆、特殊効果:村上正博、撮影監督:佐藤哲平、編集:本田優規、音響監督:岩浪美和、音楽:朝倉紀行 、制作会社:OLM、プロダクションI.G、Signal-MD

■主題歌
【OP】After the Rain「解読不能」
【ED】南條愛乃「光のはじまり」

≪あらすじ・作品解説≫
これは、まだ誰も知らない“鉄腕アトム”誕生までの物語。大災害後の日本に、未来を夢見るふたりの天才がいた。ひとりは天馬午太郎。もうひとりはお茶の水博志。天馬はその手で「神」を作り出すことを、お茶の水はその手で「友」を作り出すことを夢見て、日夜ロボット研究に明け暮れていた。そしてふたりの友情が生み出した1体のロボット、A106(エーテンシックス)。A106 は果たして「神」となるのか「友」となるのか。若き天才コンビは、来るべき未来を垣間見る――。

----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1これは、いずれ、天才と呼ばれるふたりの日常
これは、まだ誰も知らない“鉄腕アトム”誕生までの物語

「アトム ザ・ビギニング」は、「月刊ヒーローズ」で連載中のマンガ作品。原因不明の大災害に見舞われた近未来の日本。それから5年後、復興が進む日本のとある大学に、ロボット開発にすべてを懸ける2人の若き研究者の姿があった──。“ゆうきまさみ”דカサハラテツロー”という、ロボット漫画を描き続けてきた2人が新解釈で描く、永遠のヒーロー“鉄腕アトム”誕生までの物語。一気読み! 手塚治のアニメ見て育った私にはストライクなお話。コンセプトワークスとしては、アトムの人を助ける心みたいなものがいろんなエピソード交えて書いてあって、話の運びも手塚治っぽくしてあるけど、今風のテンポになってて漫画として非常に読みやすい。冒頭の災害復興を契機にした技術革新とか、ロボレスのマルスがパトレイバーのグリフォンっぽい部分がゆうき氏だと勝手に決めてます。アトムはAIロボットの理想。というよりアトムは日本人がロボットに抵抗や脅威を感じさせなくさせたシンボル的な存在ですね。海外で製作される多くの恐怖のAIのイメージの作品と異なり、日本の平和的でゆるいロボットイメージの多様な事といったらアトム成功イメージ゙に尽きるのではないかと思います。リアルにはメンテナスだけでも高そうで高価なボディのAIロボットを庶民が持つ日はまだまだ先の未来でしょうが、その日までは使う側も道徳のある心優しい人の子になる努力もしなくてはと思いますね。お茶の水博士の妹がウランちゃんの原型?続きも読んで見ようと思います。



ジャンル…アクション
 BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS
 /原作・監修:岸本斉史 漫画:池本幹雄 脚本:小太刀右京


BORUTO―ボルト― 1 ―NARUTO NEXT GENERATIONS― (ジャンプコミ.../池本 幹雄

¥価格不明
Amazon.co.jp

BORUTO―ボルト― 2 ―NARUTO NEXT GENERATIONS― (ジャンプコミ.../池本 幹雄

¥価格不明
Amazon.co.jp

アニメタイトル:「BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS」

最速放送日:

■キャスト
・うずまきボルト:三瓶由布子
・うちはサラダ:菊池こころ
・ミツキ:木島隆一
・奈良シカダイ:小野賢章
・秋道チョウチョウ:白石涼子
・山中いのじん:阿部 敦
・うずまきナルト:竹内順子
・うずまきヒナタ:水樹奈々
・うずまきヒマワリ:早見沙織
・奈良シカマル:森久保祥太郎
・油女シノ:川田紳

■スタッフ・制作会社
「BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS-」 原作・監修:岸本斉史 漫画:池本幹雄 脚本:小太刀右京 (集英社 「週刊少年ジャンプ」連載)、総監督:阿部記之、監督:山下宏幸、ストーリー監修:小太刀右京、シリーズ構成:上江洲誠、キャラクターデザイン:西尾鉄也/鈴木博文、色彩設計:今村友栄、美術監督:上野秀行、撮影監督:増野真衣、音響監督:名倉靖、音楽:高梨康治/刃-yaiba-、音響制作:楽音舎 、制作会社:ぴえろ

■ 主題歌
【OP】KANA-BOON「バトンロード」
【ED】the peggies「ドリーミージャーニー」

≪あらすじ・作品解説≫
平和と共に近代化が進んだ木ノ葉隠れの里。高いビルが立ち並び、巨大モニターには映像が流れ、区画と区画を結ぶ雷車が里の中を走り抜ける。忍の里とはいえ一般の人が増え、忍の生き方も変わりつつあるそんな時代――。里のリーダー、七代目火影・うずまきナルトの息子であるボルトは、忍者を育てる学校“忍者学校(アカデミー)”に入学する。周りの生徒達はボルトの事を“火影の息子”と偏見の目で見るのだが、ボルトは持ち前の破天荒な性格でそんなものは跳ね飛ばす! ボルトは新しい仲間と出会い、そして勃発する謎の事件にどう挑むのか? 皆の心の中を疾風の如く駆け抜けて行く“うずまきボルト”の物語が今、始まる!!

----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1うずまきボルト、参上だってばさ!!
原作コミックスが世界累計発行部数2億部を突破した岸本斉史先生によるマンガ「NARUTO-ナルト-」の続編マンガ「BORUTO-ボルト-」。前作の主人公・ナルトたちの息子・うずまきボルトら次世代キャラクターたちの活躍を描く。前作「NARUTO-ナルト-」完結を受けて、原作者の岸本斉史さんを脚本・キャラクターデザイン・製作総指揮に迎えてアニメ映画「BORUTO-NARUTO THE MOVIE-」が2015年に公開された後、今春より集英社「週刊少年ジャンプ」にて原作・監修を岸本さん、脚本を小太刀右京さん、漫画を池本幹雄さんがそれぞれ担当する形で、マンガ「BORUTO -ボルト-」の月一連載がスタート!忍界大戦ももはや過去、木ノ葉隠れの里も平和を享受する時代。七代目火影の息子・ボルトは、偉大すぎる父の影響か鬱屈した日々を送っていた。新たなる災いの影にも気づかずに…。新世代の伝説が今、開幕!!ナルト編のキャラ含め新キャラも次々と登場してきます。完結に向けてどう話しが展開するのか、まだ分かりませんが岸本先生の良さを踏襲しつつ池本先生ならではの作画で盛り上げていってほしいと思います。従来の『NARUTO』とは異なり、よりダーク色が強いように感じます。キャラの感情も少ないように見えますが、それはそれで味があって個人的にはとても好きなトーンです。これからどういう風に進化していくのか楽しみな作品ですね。 まあ、『NARUTO』好きなら間違いなく楽しめます。



ジャンル…コメディ
 エロマンガ先生 /伏見つかさ 

エロマンガ先生 妹と開かずの間 (電撃文庫)/伏見 つかさ

¥価格不明
Amazon.co.jp

エロマンガ先生(1)<エロマンガ先生> (電撃コミックスNEXT)/rin

¥価格不明
Amazon.co.jp

アニメタイトル:「エロマンガ先生」

最速放送日:2017年4月8日(土)24:30~(TOKYO MX)

■キャスト
藤田茜、松岡禎丞、高橋未奈美、大西沙織、木戸衣吹、石川由依、小松未可子、島﨑信長

■スタッフ・制作会社
原作:伏見つかさ「エロマンガ先生」(電撃文庫刊)、原作イラスト:かんざきひろ、監督:竹下良平、シリーズ構成:高橋龍也、キャラクターデザイン:織田広之、総作画監督:岡勇一/小林真平、色彩設計:ホカリカナコ、美術監督:小川友佳子、撮影監督:青嶋俊明、音響監督:山口貴之、音楽:菊谷知樹 、制作会社:A-1 Pictures

■主題歌
【OP】ClariS「ヒトリゴト」
【ED】TrySail「adrenaline!!!」

≪あらすじ・作品解説≫
高校生兼ラノベ作家の和泉マサムネには、引きこもりの妹がいる。 和泉紗霧。 一年前に妹になった彼女は、全く部屋から出てこない。 そんなある日、衝撃の事実をマサムネを襲う。 彼の小説のイラストを描いてくれている イラストレーター『エロマンガ先生』、 その正体が、なんと妹の紗霧だったのだ! 一つ屋根の下でずっと引きこもっている可愛い妹が、 いかがわしいPNで、えっちなイラストを描いていたなんて!?

アニメは監督は「NEW! GAME」副監督を務めた竹下良平さん、キャラクターデザインは「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」シリーズキャラデザインの織田広之さんで、アニメーション制作はA-1 Pictures。

----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1ライトノベル作家の兄とイラストレーターの妹が織り成す業界ドタバタコメディ!
「エロマンガ先生」は「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」で知られる伏見つかささんによるライトノベル(イラスト・かんざきひろ、KADOKAWA 電撃文庫)を原作。高校生兼ラノベ作家の和泉正宗と、彼の担当イラストレーター・エロマンガ先生こと引きこもりの妹・紗霧が繰り広げるラノベ業界ドタバタコメディ。「俺の妹がこんなにかわいいわけはない」の伏見つかさ先生の第二弾はまたまた妹萌えもの。血が繋がってなくて、かつ、ずっと引きこもってて会いもしていない妹を妹として認識するのはかなり難しいのではと思うけれど、そうあれかしと強く思うその姿に主人公性を見出すものかと納得もする。主人公は小説家でありお仕事系ではあるのだがやはり青春小説の色が強い。高校生小説家という設定が上手く活かされている。"若い"という要素があらゆる問題を追い抜いていく様はやはり、青春小説だろう。血の繋がっていない妹と二人暮らしということで、「俺妹」よりパワーアップ?馬鹿馬鹿しさもパワーアップした感じ♪エロマンガはイラストレーターの妹のペンネーム、エロい漫画ではなく、南洋の島の名…? 訳ありっぽい2人の関係の謎解きは2巻以降かな・・・・。とにかく妹の二重人格ぶりが素敵 ★★★☆☆


関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック