2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

(僕が女性に読ませたいマンガ-210)落日の桜 絢爛花子の絵巻/中村世子(著)

kage

2017/01/31 (Tue)

Arikaうさたく本2

Arika嬢から、「女性に読ませたいマンガや見てほしいアニメをテーマに書いてみませんか?」

その企画を聞いた時、僕は「書きたいです!」とふたつ返事した。

小説よりも、映画よりも、僕はマンガやアニメから学んだ事が多い。

そしてずっと、マンガやアニメと共に生きてきた。

僕にとって、マンガを読む、アニメを観ることは子どもの頃から生活の一部です。

という事でうさタクの企画☆顔文字アヒヒ


落日の桜 (花とゆめCOMICS)/白泉社

¥価格不明
Amazon.co.jp



第210回目
  
性別不在の美を愛でる。

落日の桜 絢爛花子の絵巻/中村世子(著)


回、僕が選んだのは、中村世子の『落日の桜 絢爛花子の絵巻』です。

架空の王朝を舞台に花子と呼ばれる男性の舞手を描いた連作集。

数多くの中から王に選ばれた花子は“気に入り"と呼ばれ王宮に仕えることを許される。

“気に入り"となり、盛りを過ぎることのない桜のようだとまで言われた花子・燕。

一番印象に残ったのは心のストーリーかな。

「美しい」という理由でのみ存在を許され王に踊りを献上することが至福とされる性別不在の美の世界は、儚さと背中合わせだからこそ一層輝く。

廉はベストエンドっぽい。

燕と善は切ないけど救いがあるハッピーエンド、心はバッドエンドな感じ。

4人の踊り手達が狭いながらも必死に生きるその世界で得たモノと、その向かう先に待っているのは幸せなのか?

それとも…?

想像にお任せって感じで、あとを引く終わり方で余韻があって綺麗なんだけど、もう少し先まで読みたかったかな。


|*-ω-)ノsee you NEXT Time☆★

では、また.。.:*・



関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック