2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

(4.5月特集)『古典』古くて良いもの〈古典文学〉世界編

kage

2017/04/20 (Thu)

2017年4月‐5月《前半》特集本
古典1a

堅苦しくて難しいという印象でも、

奥が深くて知れば知るほど面白くなってくるのが「古典の魅力」です。

現代向けに編集された本を案内役に、歴史をさかのぼってみませんか?


アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika


〈古典文学〉世界編


三国志入門者にも、愛読者にもおすすめの新趣向の『三国志』案内書
  三国志が面白いほどわかる本/三宅 崇広(著)

三国志が面白いほどわかる本/中経出版

¥価格不明
Amazon.co.jp

アイコンりす三国志が面白いほどわかる本/三宅 崇広(著) 【2017/04/14】






大人になってこそ楽しむアラビアン・ナイト
 バートン版 千夜一夜物語 第1巻 シャーラザットの初夜
 /画:古沢 岩美  訳:大場 正史


バートン版 千夜一夜物語 第1巻 シャーラザットの初夜 (ちくま文庫)/筑摩書房

¥価格不明
Amazon.co.jp

アイコンりすバートン版 千夜一夜物語 第1巻 シャーラザットの初夜
/画:古沢 岩美  訳:大場 正史 【2017/04/15】





死人の箱にゃあ15人、おいらにゃラム酒が1本だ♪
海賊たちとの争いの中で、様々な男たちの生きざまを、ジムは知る!
  宝島 (福音館古典童話シリージ(⒅))
  /作:ロバート・L・スティーブンソン  訳:坂井晴彦 画:寺島 龍一


宝島 (福音館古典童話シリーズ (18))/福音館書店

¥価格不明
Amazon.co.jp

≪内容紹介≫
入江を見下ろす静かな宿屋「ベンボー提督亭」に現れた老海賊。

彼の残した一枚の地図は、やがて宿屋の少年ジム・ホーキンズを思いもよらない冒険の待ち受ける大海原へと誘い出すことになる。

一本足の海賊ジョン・シルバー、隠された宝を示す謎の地図……。

冒険小説の名作中の名作です。

小学校上級以上。

アイコンりす宝島 (福音館古典童話シリージ(⒅))
/作:ロバート・L・スティーブンソン  訳:坂井晴彦 画:寺島 龍一 【2017/04/16】




ネモ艦長よ、永遠なれ(`・ω・´)ゞ‼
驚異と神秘にみちた海底の世界でくりひろげられる大冒険の行方は…。
 海底二万海里 (福音館古典童話シリーズ (11))
   /作:ジュール ヴェルヌ  画:A・ド・ヌヴィル  訳:清水 正和


海底二万海里 (福音館古典童話シリーズ (11))/福音館書店

¥価格不明
Amazon.co.jp

≪内容紹介≫
海上で「なにかばかでかいもの」に会ったという報告が、いくつかの船からなされた。

それはクジラよりはるかに大きく、ずっと速く海中を移動した。

しかし、巨大な海の生物にちがいないと追跡されたものの正体は、謎の男ネモ艦長の海底の城、潜水艦ノーチラス号であった。

物語はこの謎の男をめぐり、ノーチラス号の中で緊張した人間ドラマを展開していく・・・・・・。

小学校上級以上

アイコンりす海底二万海里 (福音館古典童話シリーズ (11))
/作:ジュール ヴェルヌ  画:A・ド・ヌヴィル  訳:清水 正和 【2017/04/17】





あの『十五少年漂流記』、その完訳がここに。
勇気と友情に満ちた孤島での2年間の冒険を一緒に共有できる爽快感!
  二年間の休暇 (福音館古典童話シリーズ (1))
   /作:ジュール ヴェルヌ  画:太田 大八  訳:朝倉 剛


二年間の休暇 (福音館古典童話シリーズ (1))/福音館書店

¥価格不明
Amazon.co.jp

≪内容紹介≫
「十五少年漂流記」として知られる、ベルヌの代表作。

孤島にうち上げられた少年たちが、力をあわせて種々の困難をのりこえ、自分たちの生活をつくりあげていく痛快な冒険物語。

小学校中級以上。

アイコンりす二年間の休暇(福音館古典童話シリーズ (1))
/作:ジュール ヴェルヌ  画:太田 大八  訳:朝倉 剛 【2017/04/18】




おもしろいのは白い犬! そう、尾も白いからねw
アリスの入り込んだナンセンスな世界を、楽しんでみてください。
 ふしぎの国のアリス (福音館古典童話シリーズ (4))
   /作:ルイス・キャロル  画:ジョン・テニエル 訳:生野幸吉


ふしぎの国のアリス (福音館古典童話シリーズ (4))/福音館書店

¥価格不明
Amazon.co.jp

≪内容紹介≫
チョッキを着たへんてこなウサギのあとを追って、アリスは不思議な世界に迷いこみます。そこで出会ったのは、奇妙な人物や動物たち、ちぐはぐな会話、とっぴょうしもないできごとの数々・・・・・・。

ユーモアのナンセンスな言葉遊びにあふれる、児童文学を教訓と道徳から解きはなった古典中の古典。

作者キャロルがこだわった初版の挿絵とともにお楽しみいただけます。

小学校中級以上。

アイコンりすふしぎの国のアリス (福音館古典童話シリーズ (4))
/作:ルイス・キャロル  画:ジョン・テニエル 訳:生野幸吉 【2017/04/19】





関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック