2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

(『古典』古くて良いもの)新版 あらすじで読む名作能50選/多田 富雄 (監修)  森田拾史郎(写真)  

kage

2017/04/27 (Thu)

2017年4月の特集本
古典1a

堅苦しくて難しいという印象でも、

奥が深くて知れば知るほど面白くなってくるのが「古典の魅力」です。

現代向けに編集された本を案内役に、歴史をさかのぼってみませんか?



アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika


 新版 あらすじで読む名作能50選  
   /多田 富雄 (監修)  森田拾史郎(写真)


新版 あらすじで読む名作能50選 (日本の古典芸能)/世界文化社

¥価格不明
Amazon.co.jp



Arikaアイコン(小)1美しく幻想的な「能」の世界へようこそ!!
演目を「男」「女」「鬼」にジャンル分けて能の魅力をわかりやすく解説

「安宅」「船弁慶」「葵上」「大原御幸」「隅田川」「巴」「石橋」「土蜘蛛」「紅葉狩」など、美しく幻想的な「能」の
演目を、「男」「女」「鬼・怨霊類」にジャンル分けして紹介。過酷な運命を生きた男性あるいは男神を主人公にした「男」の能。理不尽な運命を生きる老若女たちを描く「女」の能。天狗と鬼など、人間を超越した存在の主人公が登場する「鬼・怨霊類」の能など、人気の50演目をストーリーとともにわかり易く解説。台詞は文語体、謡(うたい)はお経のようで何を言っているのか分からないと能を敬遠されてるあなた!予備知識があれば、能を観ておのずと古典文学や日本の伝承、哲学、思想などに触れることが可能となります。本文写真は古典芸能の舞台写真を中心に、古典から現代劇までの舞台演出も手がける森田捨史郎。
関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック